帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【225話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は225をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

225話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【224話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は224話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 夏休みの始まり

ムクドリパーティの事務所。

メンバーの増加で昨今騒がしい事務所は、久しぶりに沈黙を守っていた。

夏休みが始まったのです!

事務所に⼀⼈で残されていたデジールはメモ帳を開く。

彼は線を引き、カレンダーの今⽇の⽇付を消した。

「時系列によれば、残り16か⽉・・・」

デジールは、彼が毎⽇どれだけの時間を残しているかを追跡することに熱⼼だ。

それは、ほとんど強制的な習慣。

カレンダーの⾏数が増えるにつれ、彼はより不安に感じていた。

「シャドウラビリンスが登場する⽇付が変更された可能性がある」

過去6か⽉の間に、デジールが予期していなかった⽅法でイベントが発⽣したことが何度もある。

未来を知っていることは、彼が⾃由に使える最⼤の武器。

シャドウラビリンスが予想よりも早く起こる可能性に備える必要性を感じていた。

このままだと、シャドウラビリンスが別の時間に出現したとしてもおかしくはないでしょう。

多くの準備をしてきたが、それでも、しなければならないことがたくさん残っている。

「まず第⼀に、私はアウターを確実に取り除く必要があります」

アウターは、デジールが覚えていた歴史の変化の最⼤の原因。

そして何よりも、彼らはシャドウラビリンスをクリアする自分の計画を中断する可能性が⾮常に⾼かった。

ノルディン領⼟の調査で、アウターとディバイド王国が何らかの関係を持っていることは明白。

デジールはすぐにディバイド国の内政についてより深い調査を始めた。

しかし、彼の努⼒はすべて無駄に。

『マスコミに関係する⼈は、しばらくの間、ディバイド王国に⼊ることはできません』

これは、アユルス社がデジールに伝えることができた全て。

彼の最も重要な情報ネットワークであるアユルス社はは、ディバイド国のて⼊国管理が強化されたため、ディバイド国の内部から詳細な情報を取得できなかったのだ。

「面倒だな・・・」

それでも、国全体の⼈⼝を静かに保つことは不可能な仕事でしょう。

アウターとディバイド国が関係を持っていることは明らかだが、それを証明するものは何もない。

公に⾏動を起こす前に、具体的な証拠を⼊⼿することが重要だった。

急いで⾏動することは、あらゆる種類の外交上の頭痛を引き起こす可能性があるから。

「唯⼀の⽅法は・・・」

メモ帳のページをめくる。

その中には、デジールが覚えている歴史的に重要なすべての出来事を含む窮屈な⽂章のページが次々と書いてあった。

すべてのイベントを1から6のスケールでスコアリングし、重要度ごとに主観的に整理していたのだ。

⽬⽴ったイベントの中で1つのイベントがある。

ランク6。

ディバイド国で開催される大評議会。

⻄王国連合は、昨年と同様に、今年も⼤評議会を開催する予定だ。

そして、それが開催される場所は、ディバイド王国。

「⾃分で状況を調べに⾏くしかないな」

決定を下した後、彼はある人に連絡した。

 



 

「魔塔主様、お元気ですか?」

[相変わらずですよ、デジール]

短い挨拶を交わした後、デジールは魔塔主のジョード・エグザリオンに、彼が留守中に何が起こったのかについて説明した。

そして、自分が⼤評議会に参加するであろうとも話す。

[デジール、それは危険すぎる]

ジョードはデジールの考えを聞いた後、自身の懸念を表明した。

[アウターがすでにディバイド国を⽀配している場合、あなたの⾏動は敵陣営の中⼼に⾏くことを意味します。それは⾃殺行為です]

「ですが、⾃分でやらないと、情報を得る⼿段がなくなってしまいます。そして、情報がなければ、私は彼らを⽌めることはできません」

[うーん・・・]

「時間が重要です。私たちが話している間にも、アウターは彼らの計画を推進しています。そして、それは確かにいくつかの法外な損害をもたらすでしょう」

ジョードが⾔ったように、これは⾮常に危険な⾏動だ。

しかし、これ以外に方法がないのも確か。

「アウターとディバイドが政治的および経済的世界を⽀配する⼒を獲得したにもかかわらず、まだ⼤きな動きをしていないのには理由があるに違いありません。彼らはまだすぐに⾏動できないはずです」

ジョードは深くため息をついた後、話した。

[要約すると、あなたの⽬的は、ディバイド王国のアウターに関連する情報を取得し、証拠を使って彼らの存在を明らかにすることですね?]

「その通りです。アウターの関与を肯定的に確認したら、彼らが他のことをする前に、彼らを圧倒することができます」

現在、アウターが⾃由に使える軍事⼒を知らなかったが、それは確かに帝国を圧倒するのに⼗分ではないでしょう。

「それでも、万が⼀に備えて警備員を強化したほうがいいと思います」

[分かりました。私は、各王に直接知らせます]

ジョードの声は⼤陸全体に⼤きな影響を与えたが、その影響は⻄王国連合でさらに強くなった。

「他の対策も⽤意します」

[・・・デジール、決して無理はしないでください]

 



 

ジョードとの会話の後、デジールはロイヤルガードの協⼒を要求することを選択した。

ロイヤルガードは、皇帝が帝国のそれぞれのクラスの武器の頂点に達したと感じた⼈々の集団。

彼らのスキルは疑いの余地がなかった。

しかし、物事は思ったほど簡単には進間ない。

ロイヤルガードの剣は皇帝の任務に残されていたので、そもそも彼らの助けを求めることは不可能。

デジールが最初に助けを求めたのは、ロイヤルガードの盾であるラファエロ・チェリンガー。

しかし、ラファエロはそのような提案に呆然とした。

「私はあなたを助けたいのですが、陛下の側を離れることはできません。彼を守るのが私の仕事ですから」

「分かりました」

「あなたはまだスワンの所に⾏っていませんよね?正直⾔って、彼⼥に頼んでもうまくいかないと思います・・・」

デジールはラファエロに同意してうなずく。

「まあ、彼⼥は確かに⾯倒なすべてのタスクを嫌っていますよね」

「デジール、良い結果になることを望んでいます」

ラファエロの元を去った後、彼はスワンが最後にいると報告されたバーに向かう。

「彼⼥も私を拒否した場合、別の計画を⽴てる必要があります」

あまり期待せずにバーのドアを開けた。

カタリナは⼀⼈で飲んでいて、ロイヤルガードのメンバーとしてはごく普通に⾒えた。

(いいえ、彼⼥は普通ではありません・・・)

彼⼥の隣には、アルコールボトルの⼭と、落胆して彼⼥を⾒つめている⼈々の群衆がいる。

状況から明らかではあるが、デジールは彼⼥が信じられないほど⼤酒飲みだったことを思い出した。

彼⼥の反対側に座ったとき、カタリナはデジールを認識した後、⼿を振る。

彼⼥はまったく酔っていないようだ。

「今回はどうしたの?」

デジールは彼⼥の隣の席に移動し、ラファエロに⾔ったことを正確に彼⼥に話した。

カタリナは無関⼼に⽿を傾けながら飲み続ける。

そして、話が終わった後、彼⼥はついに⼝を開いた。

「ムクドリパーティーの中心メンバーも⼀緒に行くのですか?」

「・・・?」

デジールは理解できず、頭を傾ける。

「ええ、そうですが・・・」

「そう・・・」

カタリナは、グラスをテーブルに置いて微笑んだ。

「デジール、私はあなたの要求を受け⼊れます」

「え?」

「私はあなたと⼀緒に⾏きます。それはあなたが望むものではありませんか?」

「プ・・・」

期待がほとんどなかったにもかかわらず、カタリナが簡単に承認したことはかなり不吉だと感じた。

デジールは疑いを持って尋ねる。

「・・・プラムがいるからですか?」

「どうでしょう」

カタリナはグラスに残っているものを飲み込んで微笑む。

それは他のすべての感情を隠した笑顔であり、それが何を意味するのか正確に推測することができなかった。

「とにかくありがとうございました。後でまた連絡します」

「もう行くのですか?どうしてお酒を飲まないの?」

「えっと・・・、急ぎの用事があるので」

カタリナをバーに残し、デジールは、すぐにプラムを保護することにした。

 



 

アウターの予想通り、デジールはディバイド王国に行くことを選びましたね。

今回、ジョードは大評議会に参加しないのでしょうか?

ラファエロが参加できないのは残念ですが、カタリナが同行してくれるのは嬉しいです。

プラムとの絡みが気になりますね♪

帰還者の魔法は特別です【226話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は226話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...