帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【223話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は223をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

223話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【222話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は222話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 最大の障害

騎士たちの⽬が驚きで輝く。

サイドガードがその編成を維持している間、ロイヤルガードだけが敵に近づいてきたのだ。

「彼は気が狂っているのか?」

デジールを⾒た騎⼠たちは、そのように感じずにはいられなかった。

⻑距離が魔術師の領域である場合、近距離は騎⼠の領域。

騎⼠との近距離の戦いを避けることは、魔術師の基本的な戦略だ。

しかし、デジールは戦いの基本を無視し、ゆっくりと騎⼠に向かって歩いてきた。

「このロイヤルガードを制圧すれば、状況は有利になる!」

⼤陸全体がすでにデジールがどれほど強⼒であるかを知っていたと⾔っても過⾔ではないだろう。

騎⼠たちがこれを知らなかったわけではない。

しかし、彼らは、デジールが優れた魔術師であったとしても、近距離戦闘であれば倒せる可能性があると判断したのだ。

騎士団長はすぐに部下に新しい命令を叫ぶ。

「最初に彼を⽬指してください!」

同時に数⼗⼈の騎⼠がデジールに群がろうとする。

その瞬間、デジールの前に呪⽂のテクニックが繰り広げられた。

[バインド]

彼がどんな呪⽂を発動したかを知って、騎⼠たちは彼を嘲笑する。

バインドは第1級呪文。

すべての抑制呪⽂の中で最も基本的なものに属していた呪⽂だ。

騎⼠たちは、それだけでは自分たちをブロックすることはできないだろうと判断した。

しかし、その笑い声が呻き声に変わるのにそれほど時間はかからない。

「ガッ!」

デジールに向かって揺れる剣がすべて⽌まったのだ。

「な、何が起こっている・・・!?」

騎⼠たちは慌てて話し始めた。

それは彼らの体がすべて同時に凍っていたから。

すべての騎⼠がその場で凍りついていて、多くの騎⼠が剣をデジールに向けて伸ばし、他の騎⼠が他のさまざまなポーズで⽴ち往⽣している光景は、時間⾃体が⽌まったように⾒えた。

「これは本当に第1級呪文なのか?」

騎士たちは目に見えて混乱している。

デジールが発動した呪⽂は、彼らが予想していたものとはまったく異なる種類の⼒を⽰したのだから。

理由?

それはデジールが修正した呪⽂だから。

「動かないほうがいい。あなたがそれに苦しんでいるなら、あなたの⼈⽣は危険に晒されるかもしれません」

「ふ、ふざけるな!」

デジールの警告にもかかわらず、騎⼠たちは奮闘し続けた。

しかし、彼らが拘束呪⽂から抜け出すことは不可能だった。

苦労しながら腕や⾜を⾻折した⼈が増えただけ。

デジールはサイドガードに命じた。

「サイドガード、ノルディン領⼟の騎⼠を拘束しなさい」

ぼんやりと⾒ていたサイドガードが、慌てて⾏動する。

他のロイヤルガードをサポートしながら何度も圧倒的な軍事⼒を経験したサイドガードでさえも唖然とさせた力だった。

デジールは拘束したカロスの方に向かう。

 



 

「くそ・・・!」

カロスは、⾃分を安定させるために剣を地⾯に刺すことで、デジールの呪⽂にかろうじて耐えていた。

彼は自分のオーラをすべて使い、拘束から解放された。

カロスの剣がデジールに向かって突き刺さる。

しかし、彼の最後の努⼒は無益であることが証明された。

ルネルがフィットし、簡単に剣をはじき⾶ばしたのだ。

「終わりです、ノルディン伯爵」

デジールは以前より多くのマナを蓄積し、それをカロスを拘束する呪⽂に注いだ。

騎⼠の拘束を終えたサイドガードがカロスに近づき、取り囲んだ。

⻭ぎしりの⾳が部屋全体に響き渡った。

「あなたはロイヤルガードですか?」

カロスは憤慨して叫びながら、デジールを睨みつける。

「皇帝を守らなければならない騎士が、偽の皇帝に仕えているなんて信じられない!」

偽の皇帝。

サイドガードは激怒し、カロスの頭を切り落とす準備ができていた。

デジールはすぐにサイドガードを拘束する。

彼らがカロスから取得しなければならなかった貴重な情報がまだあるのだから。

「裁判に⽴つ前に処刑されたくない場合は、それ以上の発⾔は控えてください」

脅迫されたにもかかわらず、カロスは話すのを止めない。

「ログフェラス・・・。彼らはヘブリオンの真の帝国の家系ではない」

ヘブリオンの真の帝国の家系。

デジールは、カロスが反逆しようとした理由も理解していた。

カロスは恨みで曇った声で話し続けた。

「私はヘブリオンの皇族にのみ忠実でした。ログフェラスは、⾰命を利⽤して帝国の王位を獲得した裏切り者です。本当にヘブリオンを気にかけているのなら、ログフェラスに対して剣を上げるべきです!」

ヘブリオン帝国を樹⽴したヘブリオンの皇族は、12年前に激しい⾰命で絶滅した。

親戚だけが残った状態だ。

そのうちの⼀⼈、ログフェラスは、兵⼠を個⼈的に導き、反乱を鎮圧することによって王位を⼿に⼊れたのだ。

カロスは、そのような⽅法で王位を獲得することに成功したヘブリオンの現在の帝国家の正当性に異議を唱えているのでしょう。

理由は理解できるが、デジールは彼に同情するつもりはなかった。

「彼を連れて行ってください」

 



 

ロイヤルガードのオフィス。

カロス・ノルディンを帝国の⾸都に移した後、デジールは現在アルフレッドとお茶を飲みながら楽しく会話をしていた。

「私は⾃分の義務を果たしているだけです」

「このような世界であなたの義務を果たすことは容易ではありません。もしあなたがいなかったら、帝国は別の戦争で苦しんでいたでしょう」

デジールはアルフレッドの賞賛に微笑んで、会話をより重要なトピックに向けようとする。

「ノルディン伯爵から情報を⼊⼿できましたか?」

「・・・私たちが思っていたよりも多くの貴族が彼に協⼒していることを知りました」

アルフレッドは協⼒と⾔ったが、状況はそれよりもはるかに深刻だろう。

それは、彼らが把握していたよりも多くの⼈々が皇室の正当性を不承認にしたことを意味しているのだから。

「これまでに集めた情報によると、彼らが⻑期間密かに集めてきた軍事⼒のレベルは、⼩さな国のレベルに達していました。キメラを含めると、⾮常に⾯倒だったでしょう」

「・・・!」

この政治的混乱はデジールの過去の⼈⽣で起こっていなかったので、帝国の内乱の可能性さえも予期していなかった彼は、困惑せざるを得なかった。

ヘブリオン帝国の現在の皇帝であるギルティアンは、貴族の影響⼒を抑圧するために、デジールを自分の味方に引き入れた。

彼がそのようなことをする理由は、彼がこの種の状況を予期していたに違いないのだろう。

「陛下は他のロイヤルガードに彼らを抑圧するよう命じました。そして、彼らは反乱に協⼒したすべての家族を拘束することに成功しました」

故意にロイヤルガードを使⽤した理由は明らかだ。

それは彼らの⼒の違いを⽰すこと。

皇帝の直属の軍事グループであるロイヤルガードは、わずか数⽇で⼩さな国の軍事⼒を持っていた貴族を完全に無⼒化することができた。

デジールでさえ、この事件がどのような政治的影響をもたらすかを推測することはできない。

しかし、確かなことが一つだけ。

それは、帝国がもはや内部的に動揺することはないということ。

「ノルディン伯爵から抽出された他の情報はありませんか?」

「他に有益な情報はありませんでした。申し訳ありません、デジール卿」

ヘブリオンの皇族に対するカロスの忠誠⼼は疑いの余地を残さなかったようだ。

⾰命軍がアウターの⼀部であったという事実は広く知られている事実。

ヘブリオンの皇族に忠実だったカロスが、アウターと協⼒する⽅法はない。

間違いなく、スカルマスクは彼に近づくときに自身の正体を隠していたはずだ。

「どちらにしても、ディバイド国は明らかにアウターと関係があります」

次は、アウターとディバイド国との関係を把握する必要があるでしょう。

「追加情報を取得した場合は、私に連絡してください」

「了解しました、デジール卿。他に何か必要なことがあれば教えてください」

デジールは⽴ち上がって部屋を出た。

会話は終わったが、考えは終わらない。

「アウターは今、シャドウラビリンスをクリアする上で最⼤の障害だ」

⼤陸は団結を達成し始め、才能のある⼈々の数は増え続けている。

また、ほぼすべての種類の状況を処理できるレベルの権限を取得することもできた。

これらの⽬標が達成されたので、デジールは、物事が現在のように続けば、最⼩限の損失でシャドウラビリンスをクリアできるだろうと判断していたのだ。

しかし、この事件の後、彼はシャドウラビリンスが到着する前にアウターを排除しなければならないと決心した。

「アーロンは、シャドウラビリンスをクリアするのに⼤きな役割を果たしたであろう⼈物だった・・・」

そのような軍事⼒を失ったことは、デジールの努⼒に⾮常に⼤きな打撃を与えることに。

この種の事件の再発を防ぐためにも、アウターを排除することが今や最優先事項だった。

しかし、それだけが、デジールがアウターに対して根深い憎しみを感じた理由ではない。

それは彼の過去の⼈⽣ではあったが、アーロンは彼の数少ない友達の⼀⼈だったのだ。

デジールは静かに呟く。

「・・・絶対に」

絶対にアウターを排除すると。

 



 

ノルディン伯爵の件は、これで終了ですね!

次はディバイド国に潜入?

ピエロマスクとの戦いも近づいてきたかもしれません。

帰還者の魔法は特別です【224話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は224話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...