帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【222話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は222をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

222話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【221話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は221話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ノルディン伯爵の不安

デジールがムクドリパーティの元に戻ったとき、彼は勝利の歓声で迎えられた。

「凄かったわ、デジール!」

「いつからそのレベルの魔法を引き出すことができたのですか!?」

ムクドリパーティのメンバーは、キメラを消し去るデジールの光景を⽬撃した後、彼を賞賛する。

彼が修正した第4級呪⽂を⾒せたのは、これが初めてだったのだ。

ロンドは羨望を隠すことができず、感情を表現することが滅多になかったアゼストでさえ驚いて、巨⼤なクレーターから⽬を離すことができなかった。

デジールの呪⽂は⼀撃で森の地形を変えた。

それは明らかに第7級の⼒を持った呪⽂。

⼈が彼を賞賛し、褒めるのは当然のことでしょう。

「それは、皆がそれぞれの役割を華麗に果たしたからこそ可能でした」

「確かに、プラムが頭を切り落とさなかったら、それは簡単ではなかったでしょうね」

「いいえ、私は⾜の自由を奪ったアゼストさんのおかげで攻撃に集中することができました」

彼らはお互いを褒め合い、友好的な雰囲気が続く。

「・・・」

彼らが勝利の余韻に夢中になっている間に、デジールの笑顔がゆっくりと消えていく。

彼はただ微笑むことができなかった。

アーロンの頭が地⾯に横たわっている。

デジールは厳しい表情を浮かべていた。

(彼はこのように死ぬべきではなかった・・・)

アーロンは何百⼈もの⼈々を影の世界から安全に導き、最終的には輝かしい死を遂げたであろう⼈物。

しかし、今回の終わりを迎えた⽅法は、誇りを持った騎⼠にとっては恥ずべきことだった。

デジールの中で怒りが沸き起こる。

違法にキメラを作っただけでなく、キメラの材料として⼈間を使ったスカルマスクに怒りを向けた。

彼はもう⼀度、アウターをできるだけ早く終わらせることを決⼼したのだ。

アーロンの死は多くの疑問を引き起こし、その多くはデジールが望んでいた⼿がかりを明らかにすることを脅した。

(アーロンが街から追放されてからそれほど⻑くはない。これがその直後に起こったという事実・・・)

デジールは、これが引き起こしたすべての可能性をふるいにかけた。

(王室の騎⼠のリーダーを⽀配することができ、ディバイド国の政治情勢に深い繋がり、または直接関与しているアウター」

著名な商⼈グループを⽀配できる誰かがディバイド国の経済にも⼿を貸していたと⾔っても過⾔ではない。

しかし、誰かが経済を操作するだけでなく、政治に多⼤な影響を与えることができたという事実は、デジールを⾮常に不安にさせた。

(最悪の場合、ディバイド国⾃体が・・・、アウターに含まれている可能性がある)

潜在的な最悪のシナリオが頭に浮かんだとき、背筋が冷たくなるのを感じた。

(すぐに詳細に調査する必要があります)

デジールの渦巻く思考は、ロマンティカによって中断される。

「デジール、これですべてが終わったのよね?」

この事件は確かに主要な出来事のほんの⼀部だが、当⾯の作業は終わったと考えることができるでしょう。

ここに来た彼らの最初の⽬的は、ディバイド王国とノルディン伯爵の間にどのような関係が形成されたかを理解すること。

彼らの義務は、⼤量の物資とそれらを守るために設置されたキメラを⾒つけることによって、ノルディン伯爵の計画を特定した瞬間に終わったのだ。

「ええ。これで、ムクドリパーティの任務は終了です」

デジールの答えを聞いて、アゼストは彼の⼼を読んだ。

「デジール、あなたはノルディン伯爵を逮捕することを考えていますね」

デジールは頷く。

ノルディン伯爵は、帝国の⻄部地域を守ることを任された侯爵。

彼が⻄部地域で持っていた⼒のレベルは、軽視されるべきものではなかった。

行動が遅れる時間が⻑ければ⻑いほど、状況はより困難になるでしょう。

「彼が動く前に、私たちは最初に⾏動を起こす必要があります」

ノルディン伯爵が反逆罪で有罪であるかどうかに関係なく、捕らえられる必要があると考えまた。

アウターがこの事件に関係していることを知っている限り、彼らはノルディン伯爵から可能な限りの情報を⼊⼿しなければならないでしょう。

デジールのコミュニケーションパッドが、彼が次の⾏動⽅針を考えていたときに鳴り響く。

 



 

「敵の攻撃です!」

⼀⼈の騎⼠がノルディン伯爵のカロスの前にひざまずき、報告をした。

「彼らはすでにアウターベーリーを突破し、領⼟に⼊り、今この道を進んでいます!」

カロスは冷静に尋ねた。

「敵の数は?」

「約100人です」

「軍隊全体を動員しなさい。彼らをこの場所に⼊らせないでください」

「かしこまりました」

騎⼠が退出した後、カロスは彼の軍⽤装備を装備する。

ノルディン家に受け継がれたアーティファクトを⾝につけたカロスは、頭を上げて、現在彼を守っている騎⼠団⻑を⾒た。

「最前線の主⼒はいつ到着するだろうか?」

カロスは崖の下の森からの途⽅もない爆発を⾒て、何かがおかしいことに気づく。

彼はすぐに急いで、国境に配置されていた彼の主⼒に連絡した。

近い将来、ディバイド王国との戦いでヘブリオン帝国の栄光を取り戻すために彼が準備した軍隊。

彼らがここに到着した場合、敵をブロックするのは簡単なこと。

カロスは、ほんの少しの時間を買うだけで⼗分だと信じていた。

「彼らはここに全速⼒で向かっています。約1時間で到着するでしょう」

「・・・そうか」

カロスはうなずき、彼の騎⼠が前に並ぶ。

数⼗⼈の騎⼠がすぐに集合して陣形を作る。

カロスはこれよりはるかに多くの騎士を所有しており、軍隊の⼤部分は現在彼の城全体で重要な防御的地位を保持していた。

彼ほど多くの騎⼠を持っていた貴族はあまりいないだろう。

しかし、カロスは⽬の前に騎⼠が並んでいるのを⾒ても不安を感じていた。

爆発⾳が⾵によって運ばれる。

「慎重に準備してきたはずなのに・・・」

なぜ順調に進まない?

すべてが完璧に準備されていた。

カロスは、捕まらないように、そして強⼒な助⼿の助けを得ることができたとしても、⻑期間にわたって慎重に準備してきた。

これらの準備は全てまもなく終了する予定であり、計画はまもなく実⾏される予定。

しかし、予期せぬ変化が。

「あのような軍事⼒が突然攻撃するだろうとは思ってもいなかった・・・」

森を平らにした爆発を思い出す。

森から何マイルも離れていたにもかかわらず、彼の領⼟を激しく揺さぶった破壊的な⼒。

この観察だけでも、カロスは敵軍の中に信じられないほどのスキルを持つ魔術師がいると判断した。

落ち着いて⾃分の気持ちを隠そうとしたが、揺れる⽬が不安を露わにしている。

爆発と致命的な悲鳴の⾳があらゆる⽅向からこの部屋に届き続けた。

これらの⾳は、敵が着実に近づいていることを⽰しているでしょう。

それはただ⼀つのことを意味する可能性が。

ノルディン領⼟に駐留していた軍隊は⼀掃されていた可能性が。

「たった100⼈じゃなかったのか?」

カロスは理解できなかった。

敵の数は、たった100人のはず。

しかし、カロスによって導入された兵⼠の数は、敵の数倍。

たとえ敵の能⼒が並外れたものであったとしても、彼の兵⼠がこのような速度でどのように打ち負かされることができるかを理解することは困難だった。

カロスの疑いはすぐに解決する。

 



 

ドアが壊されて、男の⼦が入ってきた。

「あなたは⾃分の領⼟内で私が思っていたよりも多くの軍事⼒を準備したのですね、ノルディン伯爵。キメラだけに頼るだけでは不⼗分だと感じたと思いますか?」

カロスはこれまで、この少年と顔を合わせたことがなかったが、彼はすぐに相手が誰であるか理解する。

「デジール・アルマン・・・」

アウターと連合軍との戦争で最も著名な戦線記録を持った英雄。

ヘブリオンアカデミーがこれまでに⽣み出した中で最も天才的な魔術師として知られる⼈物。

⼤陸全体の誰もが、彼が率いたパーティが、⼤陸で最も強⼒な魔術師であるジョード・エグザリオンと互角に戦ったホムンクルスを打ち負かしたという事実を知っていた。

⿊い鎧を着た騎⼠がデジールの後に部屋に入る。

カロスの隣の騎士団長はすぐに彼らを認識した。

「サイドガード!?」

サイドガードは、ロイヤルガードをサポートするために設⽴されたグループ。

彼らはロイヤルガードの影に隠れていたため、⼀般の⼈々にはあまり知られていない存在。

しかし、彼らはルーククラス以上の騎⼠と第4級以上の魔術師からなる軍事グループ。

「私はロイヤルガードの杖であるデジール・アルマンです。ノルディン伯爵、あなたは逮捕され、裁判を待つ間、あなたの爵位は剥奪されます」

デジールの言葉を理解したくないかのように、カロスは激怒して叫んだ。

「殺せ!」

彼の前に並んでいた騎⼠が動き始めた。

同時に、サイドガードも⾏動を起こす。

騎⼠団の魔術師とサイドガードの魔術師の呪⽂が衝突した。

この爆発の間に、両側からの剣⼠が近接戦闘に突⼊する。

「ノルディン伯爵を制圧せよ!」

「彼らを私たちの主に近づけさせないでください!」

強⼒なサイドガードと対峙しても、ノルディン領土の騎⼠たちは屈服することを拒否した。

彼らは死ぬ覚悟ができていたのだ。

「ヘブリオンのために!」

デジールの後に続くサイドガードは5人だけ。

残りは、カロスによって階下に駐留している軍隊と対峙していた。

「フォーメーションを維持しながら、1つずつ落ち着いて抑制してください」

デジールは後ろに続くサイドガードに命じた。

サイドガードは異議を唱えることなく彼の命令に従う。

ロイヤルガードからの命令だったので当然のことだが、それは彼の称号だけではなかった。

彼らはデジールの能⼒を尊重していた。

サイドガードは並外れた軍事グループだが、デジールの⼒があったからこそ、このような短期間でこの場所まで突破できたのだ。

デジールの呪⽂が彼の前に展開される。

【ファイアストーム】

サイドガードとの戦いに夢中になっていた多くの騎⼠を吹き⾶ばす。

デジールは、さまざまな呪⽂を配置しながら、徐々にカロスに近づいた。

 



 

影の世界で活躍したアーロンを失ったのは大きな損害ですね・・・。

そんな彼をキメラの材料にしたアウターの実力も未知数ですが。

スカルマスクの力は計り知れないです。

ノルディン伯爵の切り札はキメラだったのでしょうか?

デジール以外だったらキメラを倒すことは難しかったかもしれませんね(汗)

帰還者の魔法は特別です【223話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は223話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...