帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【220話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は220をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

220話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【219話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は219話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 50番目のキメラ

国境防衛の責任者であるノルディン伯爵が常に戦争の準備をしていることは不思議ではない話。

しかし、そうだとすれば、なぜ彼はディバイド王国の商⼈団と密かに取引し、ここに商品を隠したのでしょうか。

デジールは、ノルディン伯爵が別の意図で戦争物資を集めていることを確信する。

考えに没頭していると、ロマンティカが眉をひそめた。

「デジール、向こうに何かがあるわ」

物資の山の向こうに鉄の窓が。

上部に描かれた番号をチェックすると。

50

これは明らかに何かを意味していた。

「もしかして、まだキメラが残っているのか?」

鉄の窓が少しずつ開いていく。

暗闇を超えて、何かが這い出てくる。

敵を特定した後、ムクドリパーティは完璧な陣形を形成した。

敵の顔を確認すると、光が⾜りないためにまだはっきりしていなかったにもかかわらず、デジールは不信に呟く。

「・・・アーロン?」

キングクラスの剣⼠。

シャドウラビリンスにおいて、多⼤な貢献をした英雄の⼀⼈だ。

「なぜ彼がヘブリオン帝国に?」

デジールは、アーロンがアユルス新聞社を通じて都市から⽥舎へと追放されたことについて聞いていた。

なぜ彼がノルディン伯爵の領⼟にいるのでしょうか?

アーロンが暗闇から出たとき、デジールは眉をひそめた。

アーロンは⼈間の形をしていなかったのだ。

ムクドリパーティのメンバーはそのような姿を⾒てショックを受ける。

「モ、モンスターではなく、⼈間?」

体はアーロンの顔が頭に置かれた多くの異なるモンスターで構成されていた。

アーロンは、そのキメラを構成する体の⼀部に過ぎない。

デジールは⾔葉を失った。

アーロンは帝国の敵だったが、彼はデジールの同志であり、名誉ある騎⼠でもあった。

こんな形で出会うことになるとは夢にも思わなかった。

心が痛む。

(どうしてこんなことに?)

何百万もの考えがデジールの頭の中を駆け巡り、結果として彼は目眩を起こし、呼吸困難に陥る。

「くそっ!」

しかし、動揺を引きずることはなかった。

キメラの体から発芽している触⼿を特定したとき、デジールは防御呪⽂を発動する。

【キザードのため息】

氷の盾が実体化し触⼿にぶつかった。

それは明らかに攻撃だった。

「殺す・・・、敵を・・・」

アーロンが呟いていた言葉を理解する。

彼は理性を失ったようだ。

彼はそれを無意味に繰り返している。

⽬は完全に焦点が合っておらず、⾮⼈間的な無関⼼な雰囲気をしていた。

攻撃はその後すぐに続く。

アーロンの⾁体に隠されていた怪物の体の構造が泡⽴ち、グロテスクな形をとった。

「全員、最初に洞窟から出てください」

「え?」

「洞窟が崩壊すれば、それはすべて終わります」

⾼さ3メートルのキメラがムクドリパーティに向かって積極的に動き始めたとき、洞窟の⼀部はすでに崩壊し始めていた。

「ここでは危険すぎます」

他のメンバーもすぐに気づく。

彼らは尻尾を向け、すぐに洞窟の⼊り⼝に向かって⾛り出した。

ここで戦うと洞窟全体が崩壊するのは⾃明の事実でしょう。

「後ろに!鉄の⾨を通って!」

 



 

キメラは巨⼤な体を動かして追いかけてきた。

「振り返らずに走れ!」

巨⼤な姿でありながら、そのスピードは信じられないくらいだ。

崖と地⾯が抗議して叫んでいる。

⽀柱の1つが重量に耐えられず、倒れた。

「向こうは私たちより速く動いています!」

このままでは、彼らは衝突するでしょう。

デジールは振り返り、⼀番後ろにいたアゼストに向かって指示を出した。

「アゼスト、崖を⽀えるために呪⽂をお願いします」

指示を出すと同時に、デジールも呪⽂を唱え始める。

【ウィンタークリスタル】

2つの第4級の凍結呪⽂が呼び出され、結晶の柱のように洞窟の中に氷が形成され始めた。

2本の氷の柱が⼀緒に巻かれ、⽴体を形成し、⽴派な障害を⽣み出す。

砕いた氷の⾳が洞窟に響き渡る。

キメラは、その極端な⼒で氷を砕きながら近づいてきた。

しかし、彼らはそもそもキメラを⽌めようとしていない。

少しでも速度を遅くしようとしたのだ。

「Kaaarrrghh!」

キメラの恐ろしい叫び声が洞窟の壁に響き渡り、デジールの⽿を打つ。

そのような⾻が凍るような悲鳴は、⼈間の声帯から来ていた。

彼は希望を失った。

「私たちは・・・、敵なのですか?」

彼が覚えていた名誉ある同志はもうそこにいない。

⾷⾁処理に夢中になっているモンスターしかいなかった。

「彼を殺す以外に選択肢はありません・・・」

 



 

洞窟の外には開けた森が。

最初に洞窟から出てきたムクドリパーティは、キメラが続く前に場所を⾒つけてフォーメーションを確⽴する。

フォーメーションを確⽴した直後、砕いた氷の⾳がどんどん近づいてきた。

⾜⾳が出口に達すると、ムクドリパーティの攻撃が洪⽔のように解放される。

【アナと雪の⼥王】

アゼストのイメージマジックで、宮殿が現れた。

綺麗だが、実際は何百もの呪⽂が同時に実体化する無尽蔵の空間。

巨⼤なキメラに数⼗の第3級呪⽂が配置され、発射される。

⾮常に低い温度の中で撃たれた呪⽂は、その動きを封じるためにキメラに接近した。

キメラが腕を上げると、氷でできた槍と巨⼤な氷球が腕を打ち、純粋な霜の層が⾜に侵⼊し始める。

「Kreeuuk!」

魔法の波が終わった後、キメラが動き始める。

「えっ!?」

キメラが腕を地⾯にぶつけたとき、凍った宮殿の⼤部分が崩壊した。

これほど簡単に崩壊する場面はこれまでになく、アゼストは眉をひそめた。

彼⼥が展開できる呪⽂の数は⼤幅に減少した。

しかし、ロマンティカは彼⼥の時間を無駄にしない。

狙撃兵とは、予期しないときに最も効果的に機能するのだから。

彼⼥のショットは⼒強く、パワーと正確さの両⽅を備えていた。

ロマンティカの攻撃がキメラの腕を吹き⾶ばす。

「Kekyaaaarghh!」

叫び声が響き、動きが⽌まった瞬間、アゼストは凍った宮殿を復元した。

再び、数⼗の呪⽂がキメラに向かって撃たれる。

「キメラを抑制するのは簡単ではありません」

そう判断して、彼⼥はこの攻撃に全⼒を注ぐことにした。

【氷の皇后】

「氷の中⼼」に込められた⼒を解放する。

アゼストの体の中には、⾮常に冷たい空気が⼤量に集中していた。

⽩いブロンドの髪がプラチナシルバーに変わり始める。

氷の槍が形成され、触⼿を11つずつ狙う。

彼⼥は、この空間内にいる限り、任意の呪⽂を配置し、好きな場所にそれらを向けることができた。

その間に、プラムが行動を開始する。

⼀撃でキメラを殺すことができなかったかもしれないが、レイピアをオーラで満たした後、彼は確実に触⼿を打ち倒した。

そして、剣⼠がモンスターと対峙している間に、魔術師の呪⽂が完成する。

[⼀歩下がって]

それはデジールの命令。

デジールのコミュニケーション呪⽂がほぼ瞬時に配信されたことで、プラムとアゼストは、両⽅とも後退した。

ロンドとデジールの呪⽂が同時にキメラに向かって爆発する。

【⽕⼭⼤砲】

⽕⼭からの溶岩のように熱く、純粋な炎で作られた砲弾がキメラのコアにぶつかった。

激しい爆発⾳とともに、キメラの巨⼤なボディが⼤きく傾く。

【ファイアストーム】

最前線で敵を縛り、魔術師が距離を保つことを可能にしたこの現在の状況では、デジールは魔法の真の⼒を解き放つことができた。

純粋な炎のサイクロンがキメラの全⾝を飲み込む。

暑さを感じて、ロンドは顔を覆った。

キメラだとしても、それは⼈間のように⾁と⾎で出来た⽣物。

そのような攻撃に耐える⽅法はないでしょう。

「やりましたね、兄貴」

「いいえ」

デジールが⾸を横に振ったとき、ロンドは⽕を⾒つめた。

その瞬間、彼は⾃分の⽬を信じることができなかった。

「そ、それは⽣きているのですか?」

キメラの全⾝から⻘みがかったエネルギーが急上昇する。

「あれは・・・」

「オーラだ」

デジールが答えた。

「あのキメラはオーラを振るう⽅法を知っています」

 



 

まさかアーロンがキメラになっているとは想像もしていませんでした。

シャドラビリンスの貴重な戦力が・・・。

そして、これまでのキメラと違い、今度のキメラはオーラを使用します。

しかもキングクラスの力を持つキメラが生まれました。

帰還者の魔法は特別です【221話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は221話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...