帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【217話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は217をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

217話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【216話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は216話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 進化したキメラ

プラムは、レイピアにオーラを注ぐことで、純粋な⼒でキメラを押しのけようとした。

「Keeyyaaaaak!」

しかし、ミノタウロスの脚のように⾒えるキメラの下半⾝の筋⾁は膨らみ、プラムの⼒に簡単に耐える。

プラムは、筋⾁の動きを通してキメラの攻撃を読む。

「ハイキック・・・!」

頭を下げることで攻撃を回避しようとする。

彼はキメラの攻撃を回避したと思ったが、キメラの脚は不⾃然に捻れて、軌道を変化させた。

「・・・!」

プラムが影の世界で遭遇したキメラには、この種の能⼒はなかった。

急いで剣を上げてキメラの硬い肌と互いにぶつかり合うと、⽕花が⾶び出す。

並外れた耐久性を誇るキメラのボディは、ブランクシュムの刃の⼒に簡単に耐えることができた。

キメラは体を半分回転させ、拳をプラムに向けて放つ。

しかし、通常の拳とは異なり、それはワイバーンの頭のように⾒えた。

プラムを丸ごと飲み込むつもりで⼝を⼤きく開ける。

鋭い鋸のような⻭と剣がかみ合うと、甲⾼い⾳が響き渡った。

キメラは⾮常に攻撃的だ。

その領⼟に侵⼊した⼈々を排除するために、それは絶え間なく激しい攻撃を仕掛けてくる。

プラムの体は⾒た⽬ほど弱くない。

⼩さい体にもかかわらず、彼は普通のルーククラスの剣⼠よりも優れていた。

しかし、キメラの攻撃は⽐較を超えて破壊的であり、打撃の1つが当たった場合、プラムは一瞬で破壊されるでしょう。

プラムは、訓練と経験を通じて習得したすべての技術を使⽤して、キメラの猛攻撃から⾝を守った。

「はぁぁぁぁぁぁ!」

何度か攻撃を交えた後、プラムの剣から眩いオーラが浮かび上がる。

暗い森の中で⼀本の光が輝いていた。

「キーヤク!」

キメラが苦しみながら叫ぶ。

その悲鳴にもかかわらず、プラムは容赦しなかった。

キメラの硬い肌は、オーラに満ちた攻撃に耐えられず、怪我の数が徐々に増加していく。

「このまま行けば・・・!」

一瞬の思考の間に、キメラの口が開き、恐ろしい悪臭がすぐに空気を
満たす。

「酸!?」

プラムは、キメラの肩に埋められた剣を戻そうとし、急いで退却しようとする。

しかし、彼がそうすることができる前に、キメラの筋⾁は奇妙に曲がり、プラムの剣を所定の位置に固定した。

次に、もう⼀⽅の⼿を使って剣を掴む。

プラムはたった一回の判断の過ちが、死の⽞関⼝を引き寄せたことに気付く。

「しまった!」

パニックに陥っていると、拳ほどの⼤きさの銀⾊の⼤理⽯がキメラの⾸を打ちつけた。

それはルネルの攻撃。

突然の衝撃に耐えられず、キメラの⾸が折れる。

【ギガライトニング】

落雷がキメラに向かって破裂し、全⾝が真っ暗に燃えた。

「キャアアック!」

プラムは⼒を⾼めて、彼のオーラを集めることによってチャンスを得る。

明るい光が彼の剣の周りを渦巻いた。

プラムは前に突進し、力の全てを振り絞って攻撃する。

何万回も繰り返される⾼速の刺し傷。

キメラは攻撃を阻⽌するために残りの腕を上げた。

その瞬間、プラムはクラウドストライダーの能⼒をもう⼀度呼び出す。

即座にキメラの後ろに移動した後、攻撃を解き放った。

キメラはその攻撃を阻⽌することができず、頭が瞬く間にスイカのように破裂した。

頭がなくなった後もしばらくは体が震えていたが、すぐに活⼒を失い無⼒に倒れる。

 



 

「ふぅ・・・」

プラムはレイピアから⾎を振り落とし、安堵のため息をつく。

キメラの死体を⾒て、デジールは呆然とした。

「ピュアウス・ニフション・・・」

永遠の命を求めて⼀⽣を過ごした錬⾦術師、ピュアウス・ニフション。

ピュアウスは、魔法の王国を⽀配していたスカルマスクの助けを借りて、キメラを作成し、ホムンクルスを完成させた人物。

キメラの後ろに誰がいるのか尋ねるのは無意味でしょう。

それは⾃明の事実なのだから。

(スカルマスクの⽬標は何だ?)

スカルマスクは、魔法の王国で彼の計画を成功裏に完了することができただけでなく、キメラの製造においても⼤きな進歩を遂げた。

このキメラは、遥かに⾼度で洗練された技術で作成され、以前に遭遇したバージョンよりも⽐類のないほど強⼒。

ルーククラスの剣⼠であるプラムでさえ、デジールからの⽀援を受けてキメラを倒すことができたのだから。

ここにキメラを配置することは、それだけ優先順位が高いということでしょう。

「一体キメラは何を守っていた?そして、ノルディン伯爵はキメラのことを知っている?」

キメラが彼の領⼟にメリットを与えていたので、ノルディン伯爵がモンスターを抑圧していなかったことは理解できる。

しかし、彼は少なくともその正体を理解しようとすべきだ。

最初にそれを特定せずにモンスターを無視するのは馬鹿げているのだから。

「彼がその⾝元を⾒つけようとしたが失敗した可能性もあります。しかし、彼がすでにその正体を知っていたのなら・・・」

キメラは⽣きている兵器であり、その研究⾃体がタブーとされている。

もしノルディン伯爵がその存在を知っていて、それを天皇に報告しなかったら、それは⼤きな問題になるでしょう。

「プラム、キメラは何かを守っていたに違いありません。私たちはそれが何であるかを知る必要があります」

警備兵としてキメラを必要とするほど価値のあるもの。

それを知ることができれば、今、デジールの頭の中で燃えている問題を解決することができると確信していた。

二人が動き出そうとした瞬間、通信パッドから通知⾳が鳴り響く。

それはアゼストからの連絡だった。

[バジリスクを排除しました。次はどうしますか?]

「・・・デジールさん」

プラムはレイピアを握りしめて、デジールを見つめる。

彼は緊張した表情を浮かべていて、声には恐怖も混じっていた。

「分かってる」

デジールは通信パッドを通して残りのメンバーに連絡を取る。

[急いで、私たちのいる場所に来てください]

通信パッドが再び鳴ったが、デジールは気づかなかった。

彼の注意は遥かに厳しい場所に集中していたから。

「・・・20。いいえ、それだけではありません」

キメラがその地域に殺到していたのだ。

キメラは、彼らの圧倒的な⾎の欲望と殺⼈的な気性を隠すことさえ気にせずに、二人に近づいていた。

それらの数はおよそ40。

「これは・・・、⾮常に⾯倒かもしれません」

ムクドリパーティは、影の世界で何百ものキメラに直⾯した経験がある。

存在する数は当時と⽐較してはるかに少なかった。

唯⼀の問題は、今回は、デジールとプラムの二人だけだという事実。

 



 

太陽が地平線を越えて降り、⼭は完全な暗闇に沈む。

この暗闇の中で、⽕花が絶え間なく⾶び出す場所が存在していた。

ルネルはデジールの周りを⼀周し、キメラの攻撃から彼を守り、プラムはオーラを使いながらキメラの果てしない波から⾝を守っていた。

[ファイアストーム]

巨⼤な⽕の波が四⽅⼋⽅に押し寄せる。

熱に包まれたキメラはすべて、痕跡を残さずに駆除された。

これらのキメラは過去120年ではるかに強くなったが、デジールとプラムはさらに速く成⻑している。

デジールは第4級に到達し、プラムはビショップクラスになる⼨前。

帝国で最強の魔術師であるデジールは皇帝に認められたほどだ。

この戦いでデジールが積極的な役割を果たしたことで、状況はある程度安定していた。

しかし、それだけ。

「状況は悪いです」

キメラはすでにデジールとプラムをあらゆる⽅向から取り囲んでいた。

⼆⼈だけが全⽅向に警備を続けることは不可能だろう。

彼らはうまく対処していたが、彼らが倒れるのは時間の問題だった。

 



 

一体だけでも強力なキメラが多数も押し寄せるなんて!

アゼストたちの到着はまだなのでしょうか?

それとも、彼女たちもキメラと交戦中。

このままだと全滅の恐れもありますね。

帰還者の魔法は特別です【218話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は218話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...