帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【216話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は216をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

216話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【215話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は215話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 正体不明の怪物

空を隠すのに⼗分なほど密集した密林は、認識できないほどに被害を受けていた。

⽊や草は⽊炭、灰、⽯粉に。

瓦礫の⼤部分はすでに強⾵に流されている。

それは混沌と呼べる光景だろう。

炎は可能な限り広がり、⼭全体を燃やす恐れがあったが、⼤きな寒気がその地域を囲み始めた。

ほんの⼀瞬で、アゼストの氷の魔法が炎を和らげ、戦いは終わりを告げる。

「俺たちの勝利だね」

ムクドリパーティの中⼼に散らばっていたのは、巨⼤なバジリスクのグループの残骸。

彼らの体はそれぞれ異なる⽅法で切断されていた。

⽊炭の塊のように黒焦げになっているモンスターもいれば、頭が貫通しているモンスターも。

そして、体が氷の塊としてバラバラになっている姿も見られる。

バジリスクは⾮常に強⼒なモンスターだが、ムクドリパーティは怪我をすることなく勝利を収めた。

戦いの間、ロンドは⾒事に彼の役割を果たした。

それは彼の最初の実戦であり、命を脅かす戦いだったが、彼はデジールの期待を裏切ることはなかった。

デジールがロンドに話しかける。

「これがあなたの最初の戦いであることを考えると、あなたは落ち着いてうまく反応していました」

「あ、ありがとうございます、兄貴」

息を呑むようなロンドの顔に笑顔が塗られた。

彼はひどく緊張していたが、デジールの賞賛でリラックスする。

「もう少し様子を見ましょう」

周囲にダメージを与えたにもかかわらず、戦いは完全には終わっていなかった。

バジリスクのうちの二匹は、仲間が虐殺されている間に逃走したのだ。

「私たちはすぐに彼らを追いかける必要があります」

デジールの言葉に全員がうなずく。

逃げたのは二匹だけだが、バジリスクは脅迫的なモンスター。

さらなる被害を防ぐために、彼らを追いかけて殺す必要があった。

幸いなことに、デジールたちは事前に追跡呪⽂を発動していた。

ロマンティカが⽬を閉じ、バジリスクの追跡呪⽂によって残されたマナの痕跡に焦点を合わせる。

「一匹は⻄に向かって逃げていて、もう一匹は北東に向かって逃げているわ」

「分割して追いかけましょう。ロマンティカ、アゼスト、ロンド、君たちは⻄に。プラム、あなたと私は北東に向かいましょう」

デジールは、これが最もバランスの取れた組み合わせであると信じた。

「分かりました!」

「任せなさい!」

 



 

デジールとプラムは北東に向かった。

バジリスクを追いかけることは特に難しい作業ではない。

追跡呪⽂がすでに配置されているだけでなく、彼らの巨⼤な体によって明確な道が残されていたから。

「彼らは私たちが思っていたよりも早く逃げていますが、すぐに捕まえることができるでしょう」

プラムに状況を説明しながら加速呪⽂を配置する。

追跡は簡単だったが、気になる点が一つ。

「デジールさん、この⽅向は・・・」

「彼らは街に向かっているのではなく・・・、崖のふもとに向かっています」

バジリスクが崖の底に向かっていることに気づいたデジールは、⽼⼈が⾔ったことをもう⼀度思い出した。

強⼒なモンスターが崖の下に住んで以来、他のモンスターがノルディンの領⼟に近づくことはない。

「・・・あのバジリスクは必死であるに違いありません。私たちから逃げようとして完全に正気を失い、その絶望の中で強い怪物の領域に⾝を投げているのですから」

⽼⼈が⾔った通りだったとしたら、バジリスクをこれ以上追わなくても、崖の下の怪物に対処されるでしょう。

しかし、彼らはそれを当てにすることができなかった。

今バジリスクを放っておけば、突然町に向かって曲がり、⼤混乱を引き起こす可能性があるのだから。

「追いかけ続けましょう」

「分かりました!」

バジリスクは機敏でしたが、負傷した体でこれ以上加速することは難しいだろう。

デジールたちとバジリスクの間の距離が徐々に減少する。

⽊が倒れ、埃の雲が渦巻いていた。

「見えた!」

「デジールさん、僕も発見しました!」

プラムは剣を抜き、前に進む準備をする。

しかし、逃げていたバジリスクによる震えは突然⽌まった。

「疲れたのでしょうか?」

「そんなまさか」

彼らはバジリスクが⾆を弾く⾳を聞く。

それは逃げることを諦め、戦うために⾃分⾃⾝を震え立たせたのでしょう。

「私たちにとっては好都合です。一気に抑制しましょう」

デジールとプラムはゆっくりとバジリスクに近づき、警戒を怠らなかった。

「Keeyyyyeeek!」

バジリスクの悲鳴がその地域を埋め尽くす。

しかし、音はそれだけではなかった。

地⾯が揺れ、恐ろしい⾳が聞こえてくる。

バジリスクは他の何かと戦っている最中だった。

(敵は私たちと戦おうとしたのではない?)

近づくにつれて、地⾯の震えはより酷くなる。

到着したとき、彼らはバジリスクが倒れるのを⾒たから。

 



 

「「・・・」」

困惑を隠すことができない。

戦いが始まってから1分も経っていなかった。

しかし、彼らを迎えた光景は壮⼤すぎて、想像⼒の及ぶ限りでは、短い戦いであると結論付けることは不可能だった。

プラムはレイピアを構えながら眉を顰める。

「いったい何が・・・」

それは悲惨としか言えない光景。

バジリスクの体は完全に損傷されていた。

頭は破裂し、⾁のもつれが至るところに散らばっていた。

バジリスクはムクドリと対峙した後、すでに怪我をしていたが、それでも1、2分で簡単に制圧できるモンスターではない。

「怪我をすることなくバジリスクを抑えることができるのか・・・?」

デジールは至るところに⾶び散った⾎を調べた。

緑の⾎は触れたものすべてを⽯に変える。

もちろん、それはバジリスクの血。

実際、地⾯を塗った⼤量の⾎は完全にバジリスクのものだった。

バジリスクと戦っていたモンスターはどこにも⾒つからない。

戦いの直後にこの場を去ったようだ。

「どんな怪物なのでしょうか?」

「調べれば分かるでしょう」

デジールが⽼⼈からモンスターについて最初に聞いたとき、彼はそれを殺すことは緊急の仕事ではないと判断していた。

しかし、このレベルの⼒で、それはまったく別の話でしょう。

モンスターがどのように⾏動するかを知ることは不可能だ。

このモンスターが持っていたリスクは、それが領⼟にもたらした保護をはるかに上回っている。

さらに調べるためにバジリスクの死体に近づく。

デジールはシャドウラビリンスでの10年間で、無数のモンスターに直⾯した。

彼がバジリスクを攻撃したものを理解することは簡単な仕事でしょう。

しかし、デジールは⼾惑いを感じずにはいられなかった。

「これは・・・」

「どうしました、デジールさん?」

デジールはバジリスクの体のすべての裂傷を指さす。

「これを⾒てください、プラム。ここの⽪はきちんとカットされています。何か鋭いもので切り裂いたように」

そして、デジールはその体の別の領域を指さした。

そのエリアは、他の怪我とは異なり、明らかに何かによって押しつぶされた痕跡が。

「そして、この箇所を⾒ると、バジリスクが⾮常に強いものと衝突したことが分かります」

バジリスクの鱗の間に挟まれていたもの。

それは⾦⾊の⽻。

「⾮常に硬い⾦⾊の⽻を持つ鋭い武器を持ったモンスター・・・」

デジールはかなりの数のモンスターを知っていたが、これらの⼿がかりのセットに直⾯したとき、彼は空⽩を描く。

どんな種類の怪物を扱っているのか⾒当がつかなかった。

「デジールさん、これは・・・」

バジリスクの体の⼀部から煙が上がる。

⼭の洞窟に潜む強⼒な武器と強⼒な体を持つモンスター。

モンスターには通常、独⾃の強みがあった。

しかし、このモンスターを1つの特徴だけで定義することはできない。

多くの異なるモンスターの強みを組み合わせて作成されたモンスター。

「・・・キメラ」

提⽰された証拠に基づいて最終的に結論に達した後、デジールは空に向かって呪⽂を発動する。

濃い煙が渦巻く。

しばらくして、ようやく煙が消えたとき、以前は隠されていた実体が明らかに。

その姿は、多数のモンスターが押しつぶされた形をしていた。

外観は奇妙で、異星⼈のように見えて、⾃然の法則に従った⽣き物とは⽐較にならない。

「・・・!」

その瞬間、モンスターは跳躍し、信じられないほどの速さでデジールとプラムに接近した。

プラムは新たに獲得したクラウドストライダーを使⽤して、瞬く間にデジールの前に現れる。

そして、彼はレイピアを前に突き刺した。

⽖と剣がぶつかり合い、⽕花が⾶び出す。

 



 

バジリスクを一瞬で倒すキメラ。

キメラは前回の影の世界で登場しましたね。

これはアウターの研究の成果なのでしょうか?

当時のキメラとは別次元の強さでしょう!

帰還者の魔法は特別です【217話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は217話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...