帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【215話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は215をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

215話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【214話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は214話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 情報収集

ムクドリパーティは性別ごとに分かれ、持ち物をそれぞれの部屋で開梱してから、1階に集まって⼣⾷をとることに。

「ここはかなり快適ですね」

「⾷べ物も美味しいです」

宿の主人も好意的に接してくれるし、施設は十分な環境で、⾷事もかなり美味しい。

⾷事を終えた後、全員が男⼦の部屋に集まった。

「ここ数ヶ⽉で私たちだけが訪ねてきたのは不思議じゃないかしら?」

ロマンティカは彼らの頭の中にある質問を表明する。

宿屋の主⼈は、ムクドリパーティのメンバーだけが、最近この領⼟を訪れた外国⼈だと⾔った。

しかし、これは奇妙な発⾔だ。

「ノルディン伯爵は明らかにディバイド王国の商⼈グループと商品を交換しているはず」

これは、デジールがアユルス新聞社を通じて達成した議論の余地のない事実。

ムクドリパーティを除いて、ディバイド王国の商⼈グループはこの領⼟に⼊ったに違いなかった。

「急いで結論を出すにはまだ時期尚早です。宿屋の主⼈は他の訪問者を知らないだけかもしれませんから」

ノルディンの領⼟は、決して⼩さくはない。

彼らは、宿屋の主⼈が限られた専⾨分野以外の出来事に気付いていなかった可能性を考慮に入れたのだ。

 



 

翌朝、ムクドリパーティは情報収集することに。

ディールは単独行動だ。

(他の⼈を連れて⾏くと、注意を引くのを避けるのがかなり難しくなります)

ムクドリパーティは、外国⼈とはめったに出会うことのないノルディン地域で注⽬を集める存在。

デジールはロイヤルガードとしての地位を隠そうとしていたので、不必要な注意を引くことは彼らの任務を危うくする可能性があった。

他のメンバーは⾃分たちの仕事を選び、彼らは皆、できる限りの情報を集めようと試みることに。

「これはかなり深刻です・・・」

デジールは⼤きな間違いを犯していた。

彼は、⼤規模な商⼈グループの⼿がかりを⾒つけるのは簡単だろうと考えていたのだ。

しかし、多くの⼈が⾏き交う可能性のあるさまざまな場所に⾏ったにもかかわらず、彼はディバイド王国の商⼈グループに関する情報を⾒つけることができずにいた。

唯一手に入れた情報は、宿屋の主⼈が不正確な情報を共有していたという知識だけ。

これが意図的な⾏動なのか、それともここで起こっている出来事を本当に知らなかったのかを判断するには時期尚早でしょう。

⼤量の商品を輸送または取引している商⼈グループを⾒た⼈は誰もいなかった。

ディバイド王国の商⼈グループがこの領⼟に⼊った場合、誰もその規模の何かに気付くことは不可能なはず。

物資と労働⼒を動かすための荷⾺⾞は簡単に気づかれていただろう。

しかし、誰もそれについて何も知らなかった。

「商⼈グループ?知りませんね。彼らが来たら、私は知っていただろう。何故なら、外国⼈がこの場所を訪れることはめったにありませんから」

デジールが途方に暮れていたとき、鍛冶屋の店が彼の注意を引く。

鍛冶屋の壁にはさまざまな種類の武器がぶら下がっていたが、どれも品質が⾮常に⾼い。

考えてみると、この品揃えと品物のレベルは理に叶っていた。

この都市は、⼤陸で最も戦争が発⽣しやすい2つの国の国境近くにあったから。

ハンマー音の安定した継続的なエコーが突然停⽌し、店の主人が現れる。

彼はとても⼩さい⽼⼈で、目を細めて、デジールを見上げた。

「見ない顔だな」

「昨⽇、モンスター制圧の要請を受けてここに来ました」

事前に準備していた答えを提示する。

「モンスターの制圧?」

その⽼⼈はかなり驚いたようだった。

「国境近くの⼿に負えないモンスターの噂がいたるところに届いたと思っていましたが、誰もが知っているわけではないようですね」

「ああ・・・、あなたは国境近くに現れたモンスターについて話していたのですね」

デジールは老人の奇妙な⼝調に気づく。

「国境のモンスター?それは周りに別のモンスターがいるという意味ですか?」

「ええ、そうです。だからびっくりしました。あなたはそのモンスターを抑圧するためにここにいると思いましたから」

「え?」

「ははは、あなたには奇妙に思えるかもしれませんが、そのモンスターは実際にはこの領域に⼤きな助けになっているのです」

⼈間に役⽴つモンスター。

このユニークな物語はデジールの関心を引き寄せることに。

「それについてもっと教えてもらえますか?」

「ここに来ている間に崖を通り過ぎましたか?崖の下には、⾮常に強いモンスターがいます」

底なしの崖。

馬車に乗っているときに通りかかった崖について、デジールは考えた。

「ここ⻄部地域では、モンスターの攻撃がよく発⽣します。村が攻撃され、⼈々が殺されることは異常ではありません。しかし、そのモンスターが落ち着いて以来、この領土での攻撃はほぼ停⽌しているのです」

「それじゃあ、彼らはこの場所をモンスターの領⼟として認識していると・・・?」

「その通り。モンスターはここに来ることをあえてしません」

他のモンスターが近づきたがらないことは理解できた。

本当に強⼒なモンスターがここに定住した場合、他のモンスターはそれを怒らせたくないでしょうから。

しかし、それだけではモンスターの⽣存を保証するのに⼗分な理由ではなかった。

それはまだ脅威なのだから。

「しかし、その強い怪物はかなり危険かもしれません、そうではありませんか?」

「それについては独特な理由があります。彼は崖から上がることはありません。巣を作った崖を下がらなければ、実際に攻撃されることはありませんから。だからこそ、それを抑制する必要は特にありません」

確かに、⼀般の⼈々がそのような危険な崖を降りる必要はなかった。

それが事実である限り、他のモンスターの侵⼊を阻⽌したモンスターと共⽣関係を持つことは、それを抑制するよりも有益でしょう。

「ちなみに、どんな怪物なのか知っていますか?」

「私にもよく分かりません。崖を通り過ぎると時々鳴き声が聞こえるのでその存在を知っていますが、おそらく誰もそれを⾒たことがありません。特に、そうするのに⼗分に近づいた⼈は、おそらく結果として死んだでしょうから」

「そうですか・・・」

デジールは親切に状況を説明してくれた⽼⼈に感謝した。

太陽はすでに沈んでいたので、宿に戻ることに。

部屋で待っていると、他のメンバーも到着する。

あまり明るくない彼らの表情に気づいたとき、彼らの調査の結果も良くないことを知った。

「ごめんなさい、兄貴」

「誰も商⼈グループを⾒たことがありません」

「まるで彼らが地⾯や空に姿を消したかのように、商人たちが作った痕跡を⾒つけることができませんでした」

結果が出なかったため、メンバー全員が顔をしかめる。

「まだ1日目です。今のところこれ以上のアイディアはないので、モンスターの抑制を進めながら調査を続けましょう」

デジールは、翌⽇続⾏するモンスターの抑圧について簡単に説明した後、彼らの⼠気を上げようとした。

 



 

ムクドリパーティが抑圧することを決定したモンスターはバジリスク。

急な峠を越えなければならなかったムクドリパーティは、すぐに怪物の痕跡を発⾒する。

枯れた茂みの跡とヘビの跡のように⾒えるものを発見して、デジールは彼らが正しい場所を⾒つけたと確信していた。

遠くない場所から⽊々が倒れる⾳が響き渡り、騒々しい⾳がすぐに空気を満たす。

⾳だけで判断すると、1つか2つのモンスターが近づいてくるだけではなかった。

「ここに近づくモンスターの数が急速に増加しているわ」

探知呪⽂を発動しているロマンティカが、急いでこの情報を伝えた。

モンスターは10体以上。

バジリスクは⾮常に危険なモンスターで、彼らは知的だ。

彼らの知性は、激しく攻撃してくる他のほとんどの動物ではなく、⼈間のようにコミュニケーションすることを可能にしている。

「気をつけて、バジリスクは体を⽯化させる可能性のある毒を放出します」

アゼストとプラムが剣を抜く。

デジール、ロマンティカ、ロンドは呪文の準備を。

ロンドの様子を見ると、彼は緊張で呪文を上手く発動できていなかった。

彼にとって、これは彼が遭遇した最初の戦い。

緊張するのは普通のことでしょう。

「ロンド」

「は、はい?」

「緊張しすぎないでください」

彼らは、ロンドを中⼼に囲んでいた。

この単純な配置で、ロンドに⼀⼈ではないこと、仲間が彼を保護するであろうことを穏やかに思い出させたのだ。

「ありがとうございます、兄貴」

 



 

プラムが聞いた音は、崖の下に潜むモンスターだったのですね。

どんな怪物なのか気になります。

そして、ロンドの初の実践!

最初の戦いで、彼がどこまで貢献できるのか楽しみですね♪

帰還者の魔法は特別です【216話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は216話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...