帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【214話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は214をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

214話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【213話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は213話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ノルディン伯爵の領土

デジールはメインパーティのメンバーを呼び集め、アルフレッドとの会話について語った。

ディバイド国の動きが異常であり、ディバイド国の商⼈たちと密かに接触していた帝国の貴族がいたという事実。

そして、この問題を⾃分たちで調査することに決めたという事実を。

「ディバイド王国の商⼈たちと接触したことのある⼈は全部で6⼈います。そのうちの1⼈、ノルディン伯爵の領地に潜⼊することを考えています」

デジールがノルディン伯爵を調査することを決めた理由は⾮常にシンプル。

ノルディン伯爵は、ディバイド王国との交易が最も多かった、名⾼いノルディン州を統治していたから。

「デジールさん。それはロイヤルガードの義務なので、皇室からのサポートがあるのですか?」

プラムの質問に、デジールは首を横に振る。

「いいえ、これは公式の任務ではありません。私がまだロイヤルガードであることを明かすわけにはいきませんから」

ロイヤルガードは皇帝の直接の⽀配下にある軍隊。

ノルディン伯爵は、ロイヤルガードが⾃分の領⼟に⼊ったと聞けば、すぐに警戒態勢を敷くでしょう。

「ロイヤルガード」という称号は必要に応じて⾃由に使⽤出来るが、今は隠す⽅が有利だった。

「ヘブリオンアカデミーのメンバーとして、モンスター抑制要求を実⾏するためにノルディン伯爵の領地に向かいます」

「主な⽬的は調査であるため、そこに向かう⼈をあまり多くできません」

「アゼストが⾔ったように、私たちはできるだけ少ない⼈数でグループを形成することを⽬指すべきです」

単にモンスターを制圧するという名⽬なら、新⼊⽣も連れて⾏ったほうがいいだろう。

しかし、現時点では、デジールの⽬標はノルディン伯爵を調査すること。

「私たちはノルディン伯爵の領地に⾏くので、かなり⻑い間不在になると思うわ。準備することがたくさんありますね」

ロマンティカはまるで旅⾏に⾏くかのように興奮しているようだった。

彼⼥が興奮しているのを⾒て、デジールがニヤリと笑う。

「明⽇出発します。事前にすべての準備を終えてください」

 



 

馬車の品質は正直かなり悪かった。

インテリアは窮屈で、ショック緩和の呪⽂がインストールされていなかったので、乗り⼼地は最悪。

せいぜい、歩くより少しだけマシな程度。

しかし、ムクドリパーティに他の選択肢はなかった。

ノルディン伯爵領にはテレポートゲートはなく、設置されていたとしても、使⽤した瞬間にノルディン伯爵に自分たちの存在が知られてしまう。

さらに悪いことに、領⼟への道は狭くて険しいので、その道を定期的に通過するバスや電⾞
がなかったのだ。

窮屈な馬車には合計5⼈が乗っていた。

ムクドリパーティの中心メンバーであるデジール、アゼスト、ロマンティカ、プラムの他に、もう一人。

「あんた大丈夫なの?」

ロマンティカが不安げな⼝調で話すと、隅に座っていたロンドがすぐに⼿を上げた。

「私は役に立つと確信しています!姉さん、私を信じてください!」

「まあ、がんばってね」

「はい!」

ロンドはこの重要な任務に参加したことで少し緊張しているように⾒えたが、彼はデジールと⼀緒に任務を遂行することを知ってやる気に満ちていた。

「ロンドは大丈夫」

ムクドリパーティの中心メンバーを除いて、パーティーメンバーのほとんどはデジールと一緒に任務を遂行する機会がなかった。

同じパーティの下に所属していたとしても、これが憂鬱な現実。

それは、デジールがいつも忙しく、彼が引き受けた任務がすべて難しすぎたから。

したがって、⼀緒に任務を実⾏することは、ムクドリパーティの一年生にとって夢でもある。

デジールがロイヤルガードになった後、彼らの熱意はさらに⾼まった。

デジールは、ロンドが有能であり、問題がないことを確信していた。

ロンドは、昇進試験で⾃分の価値を証明したのだから。

窓の外を⾒つめる。

外の景色は、底なしの崖の⾮常に不快な景⾊。

彼らの⽬的地であるノルディン伯爵の領⼟は、⼤きな⼭頂に存在した。

「ここからはノルディン伯爵の領⼟なので、注意が必要です」

ヘブリオン帝国の⻄部地域の⼀部は、ディバイド王国と国境を共有している。

ディバイド国は帝国に敗れ、現在は⻄王国連合と⼒を合わせていたが、それでもヘブリオン帝国以外で最⼤の軍事⼒を持つ国。

ノルディン伯爵の領⼟がヘブリオンの⾸都ドレスデンから最も遠いことを考えて、ノルディン伯爵は彼の領土を管理するために⾃治権を強化する必要があった。

そのため、彼は侯爵という⾼貴な称号を与えられていたが、それはまた、彼がディバイド国を⽀援していた場合に隠すのに⼗分なコントロールを彼に与えていたことになる。

「デジールさん、ノルディン伯爵の領⼟は本当に⾼い場所にありますね!」

プラムが窓の外を⾒ながら叫ぶ。

帝国の⻄部地域には多くの危険な⼭が存在した。

危険な通路を通って鉄道を建設することは不可能でしょう。

「あれ?」

窓の外を見ていたプラムが耳を抑える。

彼は頭を外に突き出し、崖の下を⾒た。

「どうした、プラム?」

「風の音でしょうか?何か奇妙な音が聞こえたような・・・」

プラムが混乱して頭を傾ける。

「気のせいじゃないの?」

ロマンティカの答えを聞いた後も、プラムはまだ疑っていた。

彼女はプラムからデジールに向かって頭を向ける。

「デジール、領⼟に到着したら何を調査するかを考えているの?」

「ディバイド国からの輸⼊が不可解に増加しています。どこからでも始めるのに良い場所だと思いました」

「ふ〜ん・・・。それがどの商⼈か分かっているの?」

「私が持っている情報によると、彼らはエラカ、ナプティル、ネプシロンの商⼈です」

「ネプシロン?」

「ロマンティカ、知っているのですか?」

「彼は私たちの商⼈グループと数回取引したグループです」

ロマンティカの家族は、⻄王国連合内で最⼤の商⼈グループの1つであるエルコングロマリットを率いていた。

しかし、彼らが⻄王国連合のさまざまな商⼈グループと取引したとしても、そのような出来事は珍しいことではないでしょう。

「それで、あなたは何か知っていますか?」

「ネプシロンの商⼈グループがヘブリオン帝国に対して猛烈な悪意を持っていることを知っています。彼らは彼らとの取引を拒否しますから。それらが帝国であまり知られていないことは驚くべきことではありませんが、⻄王国連合ではかなり有名なままよ。最近、事業規模が拡⼤していると聞いています」

 



 

「到着しました」

騎⼿の声とともに、⾺⾞の動きが⽌まる。

領⼟に⼊るには、簡単なセキュリティチェックを⾏う必要があった。

彼らが城⾨に近づくと、警備兵が出迎えてくれる。

「あなたたちはヘブリオンアカデミーの学⽣ですか?」

「はい、その通りです。モンスターの制圧で訪れました」

警備兵は、デジールが引き渡した要求書の内容を確認する。

「国境の近くに⼿に負えないモンスターがいるのは本当のことです。この問題をうまく処理していただければ幸いです」

「もちろんです」

城⾨が開き、ムクドリパーティは簡単にノルディン領⼟に⼊ることができた。

領土内は⾮常に悲惨な雰囲気。

通りは空っぽで、ほとんど誰も歩き回っていない。

街の⼤きさを考えると不思議だった。

「この場所はそれほど魅⼒的ではないわね」

パーティ全員がロマンティカの言葉に同意する。

すでに太陽が沈んでいたので、彼らは⼀時的な宿泊施設のための宿を⾒つけることに。

宿に⼊ると、宿屋の主⼈が温かく迎えてくれた。

「⼀泊はいくらですか?」

「10シルバー」

「2つの部屋が欲しいです」

デジールは⼗分な⾦額を⼿渡す。

「部屋番号301と302をどうぞ」

宿屋の主⼈に質問する前に鍵を⼿に取った。

「この場所は外国⼈が訪れることはめったにありませんか?」

「⼭のさらに下に村があるので、故意にこの場所にやってくる外国⼈はしばしば伯爵と取引をします。君たちのように私たちの宿を訪れた外国⼈が最後に来てから数ヶ⽉が経ちました」

 



 

今回の任務はロンドも加わっているのですね。

彼の活躍を期待しています!

プラムが聞いた音とは?

何か嫌な予感がしますね・・・。

帰還者の魔法は特別です【215話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は215話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...