帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【213話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は213をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

213話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【212話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は212話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ディバイド王国の不穏な動き

ヘブリオンアカデミーで⾏われた最も注⽬すべきテストの1つであるプロモーション試験が始まった。

それは、新入生が直⾯する最初のテスト。

また、事実上ではあるが、新⼊⽣が初めて影の世界を体験するチャンスでもある。

新入生にとっては間違いなく最も重要なテストだったので、毎年、学⽣たちは元気いっぱいにこのテストに参加していた。

しかし、これまでは、アルファクラスにのみ当てはまること。

今年は、デジールの影響で、ベータクラスも熱狂に満ちていた。

ロマンティカがため息をつく。

「彼らがうまくやっているかどうか⼼配」

ムクドリパーティの新⼊⽣は、デジールによって個⼈的に指導されてきた。

その結果、彼らはスキルに⽋けていなかったが、彼らの先輩として、彼⼥はそれでも⼼配せずにはいられなかったのだ。

ロマンティカの心配に、デジールは笑い声を上げた。

「私たちと同じように、彼らはうまくいくでしょう」

「確かに・・・、彼らは厳しい訓練を受けたものね」

ロマンティカは誇らしげに肩をすくめた。

同時に、彼⼥の前に魔法の呪⽂が配置された。

銃声に続いて、遠くから悲鳴が鳴り響く。

[1⼈が排除されました。残り24⼈です]

2年生も、1年⽣と同じように昇進試験の真っ最中。

しかし、彼らの試験内容は異なっていた。

各パーティは、誰がそれぞれに割り当てられているかを知らずに要塞を割り当てられている。

敵の要塞を占領するために、各パーティは激しい⼼理戦と⾼度な戦略スキルを必要としたのだ。

しかし、ムクドリパーティのメンバーの誰⼀⼈として、緊張の兆候を⽰さなかった。

「これがすぐに終わることを願っているわ」

⼀⼈倒した後、ロマンティカが誇張して伸びをする。

彼⼥はリラックスするという点を超えて、完全に退屈しているようだ。

ムクドリパーティの対戦相⼿はヘブリオンアカデミーの2年⽣だったので、それは驚きに値しない。

学校には⼤陸で最も有望な若い才能が存在していたが、彼らはまだ原⽯のダイヤモンドにすぎない。

彼らが、実践や死の戦いを何度も経験したムクドリパーティーに匹敵することはなかった。

「はあ、また来たわ」

誰かがロマンティカの探知呪⽂に巻き込まれたとき、デジールが⽴ち上がる。

「何⼈?」

「3」

彼⼥の前にもう⼀度呪⽂が配置された。

呪⽂は、相⼿に反応する機会さえ与えない。

[2⼈が排除されました。残り22⼈です]

同僚全員を失った後、野外に⼀⼈で残された残りの侵⼊者は、死に⾄るほど⻘ざめていた。

痕跡を残さずに素早く発動される狙撃魔法。

ヘブリオンアカデミーで、この種の魔法を仕掛けることができたのは1⼈だけだ。

「こ、ここはムクドリの要塞だったのか・・・?」

彼が無謀に近づいた要塞がムクドリパーティのものであることに気づいた瞬間、彼の⽬は絶望に満ちていた。

「くそ〜!」

そして、別の銃声が鳴り響く。

[1⼈が排除されました。残り21⼈です]

そして、彼らは全滅した。

ムクドリパーティーの要塞に近づいた⼈は誰もが跪き、⽬の前の圧倒的な⼒の前に⽴つことができない。

ロマンティカの速射、⻑距離狙撃を処理できる⼈は誰もいないのだから。

ムクドリパーティの主要メンバーは、今年もシングルランカーのトップに留まる予定だった。

 



 

皇居の静かな⼀⾓に、どこか場違いに⾒えたエレガントな建物がある。

それは帝国の最強の軍隊として知られていたロイヤルガードのために予約されたスペース。

そこでは、窓から差し込む暖かい⽇差しを浴びながら、デジールとアルフレッドが話していた。

「試験の結果はおめでとうございます、デジール卿」

数⽇間続いたトーナメントから始まるプロモーション試験は、今年は特にエキサイティングだった。

これは、3者間の激しい競争によるもの。

常に最も権威のあるブルームーンパーティとレッドドラゴンパーティ、そして昨年突然登場したムクドリパーティーがランキング1位を獲得したのだ。

「結果は、私たちがどれだけの作業を⾏ったかを反映しているだけですから」

「なんて謙虚なんだ、デジール卿。今年はメインパーティのメンバー全員がシングルランカーになっただけでなく、初年度の5⼈もアルファクラスに昇格しませんでしたか?」

ムクドリパーティの業績は、アルフレッドが感銘を受けるほど称賛に値するもの。

試験の結果、全員がアルファクラスに昇格したのだから。

「⼈々は特に、1年⽣を率いたその学⽣への称賛を隠すことができませんでしたね」

アルフレッドが⾔及したのはロンド・フィズルバン。

常に優秀だったロンドは、デジールの指導の下、弱点を克服し、強みを向上させることができた。

彼は卓越した魔術師になり、同年代の他の⼈よりもはるかに強⼒になる。

ロンドは、昇進試験中の優れた業績で、最初の数年以内に最初にランク付けすることによってそれを証明した。

「彼はまもなくメインパーティに参加します。次回私たちが⾏動するとき、彼は私たちの仲間⼊りをするでしょう」

昇進試験の終わりで、デジールは、パーティが機能し続けることを可能にするためにいくつかのガイドラインを作成し、彼は次の問題の世話をするために出発した。

 



 

デジールは次のトピックを取り上げる前にお茶を⼀⼝飲む。

「⼩さな話は終えて、要点を正しく説明します。これを⾒てください」

アルフレッドは、デジールがテーブルに置いた⽂書を調べる。

「これは・・・」

「最近、ディバイド王国の雰囲気は⾮常に珍しいものになっています」

提⽰した⽂書は、ヴァンザールから提供されたさまざまな⽂書。

毎⽇の抗議と出⼊りする無数の噂。

その⽂書は、ヘブリオン帝国に対するディバイドの市⺠の感情を明確に明らかにしていた。

「控えめに⾔っても、帝国に対する彼らの敵意は懸念されています」

「それは特別なことではありません。結局、彼らは帝国に⽴ち向かおうとはしませんから」

アルフレッドの意⾒は、ヘブリオン帝国の市⺠の⼤多数が⼀般的に考えていたもの。

誰が帝国に逆らうことを敢えて行うと?

「彼らが今まで沈黙していたからといって、将来もそのように留まるという意味ではありません」

しかし、デジールは少し異なった⾒⽅をしていた。

彼が知っていた歴史の中で、不可能なことが起こったのだから。

(アーロンが追放されていた)

アーロンは、複数の世代にわたってディバイド王に仕えた忠実な剣。

それだけでなく、彼は⼤陸で数少ないキングクラスの剣⼠の⼀⼈になるのに⼗分なスキルを持っていた。

そのような男を追放することは常識を超えていたのだ。

「書類を確認すると、リストが表⽰されます。これは、最近帝国の貴族と接触したディバイドの商⼈のリストです。⾯⽩いことに、ここにいるすべての⼈々は帝国に対する敵意を抱いており、悪意のある噂を広めるだけでなく、抗議を主導してきました」

それを聞いて、アルフレッドは最早これを⼿放すことはできないことに気づく。

⾜元に不吉なものがあることは明らかなのだから。

「これが本当なら、私たちはいくつかの調査を実⾏する必要がありますね」

再び⽂書を注意深く調べたとき、アルフレッドは厳粛な声でデジールに尋ねる。

「この情報の出所を尋ねてもいいですか?」

「アユルス新聞社です」

「・・・これがアユルス新聞社からのものである場合、それはかなり正確であるに違いありませんね」

⼆⼈の間に⼀瞬の沈黙が生まれた。

「あなたがこれを提起した理由は何ですか、デジール卿?」

「ロイヤルガードとして、私はこの状況を調査する予定です」

アルフレッドは賞賛してデジールを⾒つめる。

「あなたは⾮常に重要な何かを発⾒しました、デジール卿。陛下は間違いなくこれに満⾜するでしょう。何か必要なことがあれば、遠慮なく教えてください」

彼の言葉に、デジールは満⾜して微笑んだ。

悪条件にあったディバイド王国とヘブリオン帝国の関係を改善することは、デジールの⽬標の1つ。

しかし、それをロイヤルガードの任務として受けることにより、彼は皇帝の⽀援を受けて計画を進めることができたのだ。

 



 

ついにロンドがメインパーティに入るのですね!

かなりバランスの良いチームになるのでは?

ディバイド王国の調査は、4人で向かうのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【214話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は214話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...