帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【212話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は212をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

212話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【211話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は211話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • メンバーへの贈り物

光がデジールの⼿に集まり、⻘みがかった花びらの形をしたヘアピンに変わる。

美しい⻘い⾊合いとエレガントなデザインから⽬を離すことができなかった。

それほどに美しいヘアピン。

「これは⻘いバラと呼ばれるアーティファクトです」

デジールはそれをロマンティカに⼿渡す。

「受け取って、ロマンティカ」

「私にくれるの?ほ、本当に?」

「着けてみてください」

何度⾒ても綺麗なので、ロマンティカはそれを着る前にそれを徹底的に調べた。

「マナを注⼊すると、その能⼒が発動します」

デジールが話し終えるとすぐに、ロマンティカはヘアピンにマナを注⼊する。

そしてすぐに、彼⼥の体はまるで消されていく絵のように消え始めた。

しばらくして、ロマンティカがデジールの後ろに現れる。

彼⼥は彼らの⽬の前で動いていたが、誰も彼⼥の動きを理解していなかった。

「あなたの存在を隠すのは不可視魔法です。外⾒と⾳が隠されるだけでなく、あなたのマナの流れも隠されます。これにより、検出魔法に捕まるのを防ぐことができます」

ロマンティカはその能⼒とデザインの両⽅を気に入っていた。

「・・・デジール、ありがとう」

ロマンティカはそれを⾒せないようにしたが、彼⼥は⼝の隅を引っ張っている笑顔を隠すことができなかった。

温かい笑顔で彼⼥を⾒守っていたデジールは、2番⽬のアーティファクトを取り出す。

次元ポケットが発動すると、⾰のブーツが現れた。

「このアーティファクトはブーツであり、クラウドウォーカーと呼ばれています。即座に最⼤1メートル離れた短い距離をテレポートすることを可能にします」

「そのアーティファクトは先駆者たちに役⽴つでしょうね」

デジールの短い説明から、アゼストは誰がアーティファクトから最も恩恵を受けるかを理解していた。

短距離テレポーテーションは、危機的な状況で⻑距離から戦う魔術師にも役⽴つが、素早く動き回る必要のある剣⼠にはさらに役⽴つだろう。

「⾮常に便利なアーティファクトなので選びましたが、誰に渡すかはまだ決めていません」

デジールはそれを取り出し、アゼストとプラムの間を⾏ったり来たりした。

すると、アゼストが口を開く。

「彼は純粋な剣⼠なので、アーティファクトはプラムにとってより便利です。プラムがそれで⼤丈夫なら、私は彼にそれを喜んで与えます」

「アゼストさん、本当にいいのですか?」

「私はすでに氷の中⼼を持っているので、問題ありません」

アゼストの寛⼤な決定により、プラムがクラウドウォーカーの所有者に。

「ありがとう、アゼストさん。そして、素敵な贈り物をしてくれたデジールさん、どうもありがとうございました」

プラムはすぐにブーツを履くと、ブーツは彼にぴったり合うように縮んだ。

数回アクティブすると、彼の体は毎回約1メートル離れてテレポートした。

継続して使⽤しても、発動間に遅延はほとんど見られない。

⾮常に⽤途の広い素晴らしいアーティファクトだったが、1つだけ問題が。

クラウドウォーカーを数回使⽤すると、プラムはその限界を理解した。

「・・・連続して5回までしか使⽤できませんね」

しばらくして、クラウドウォーカーは能⼒を取り戻す。

「しかし、それは戦闘に役⽴つと確信しています」

 



 

デジールは話す前にメンバーを⾒回した。

「これら2つのアーティファクトと私が使⽤する1つのアーティファクトは、私がロイヤルガードに参加するために割り当てられた3つのアーティファクトです。そして、これで終わりではありません。彼⼥はもう到着すると思うのですが・・・」

「え?」

プラムが混乱していると、部屋に誰かが入ってきた。

「よろしく」

「彼⼥を紹介しましょう。ロイヤルガード内で⼸の位置を保持しているスワン・カテリーナ卿です。スワン卿、彼らが私の仲間です」

「うーん、確かに。彼らはよく訓練されているようですね」

特に興味を⽰さなかったカテリーナは、デジールの隣に座る。

(彼⼥がそれを⾯倒だと思うのは当然のことでしょう)

彼⼥の個⼈的な仕事で忙しいにもかかわらず、カテリーナはデジールの要求を満たすために来てくれたのだから。

「では、どちらがプラム・シュナイダーですか?」

「彼は右端に座っている⼈です」

「右端・・・。うーん?・・・え?」

彼⼥の視線がデジールの指している場所に向かって移動すると、カテリーナは理解できない悲鳴を上げて、彼⼥の席から⾶び出した。

少し前までの彼⼥の無関⼼な態度はどこにも⾒当たらず、カテリーナの⽬は情熱を持って燃えていた。

「デジール・・・。お願いするときは、最も重要な情報を忘れてはいけません」

「・・・どういうことでしょうか?」

カテリーナがゆっくりとプラムに近づく。

「本当は⾯倒だと思っていたのですが、彼がこんなに可愛い⼦だと知っていたら、もっと準備をしていました!」

プラムは体が冷えるのを感じた。

それはあっという間に起きる。

「頬を噛んでもいいですか?」

一瞬でプラムの背後に近づいたカテリーナが、⽢い声で囁く。

「うわあ!?」

「ふふふ。ほんの冗談です。恥ずかしい表情も可愛いですね」

彼⼥はまるでネズミと遊ぶ猫のように⾒えた。

プラムが慌てていると、ロマンティカがデジールに近づく。

「あの⼈は本当にロイヤルガード?」

「まあ、今のところは・・・」

「嘘でしょ・・・」

ロマンティカは⽬に⾒えてがっかりしていた。

ロイヤルガードの業績は、帝国の外でも様々なメディアを通じて知られている。

それを通して、彼⼥は彼らの理想的な⾒⽅を抱いていたのだ。

しかし、彼⼥のファンタジーは完全に破壊されてしまう。

「それで、なぜ彼⼥はここにいるのですか?」

「スワン卿は、当分の間、プラムを訓練するために頻繁にここに来るでしょう」

スワン・カテリーナの教え。

それが、デジールがプラムのために準備したことだ。

「・・・!」

 



 

翌⽇、トレーニングホールでプラムとカテリーナは準備を整えて、それぞれのスタンスを取る。

「ああ、愛らしいプラム。またお会いできて嬉しいです。ご存知のように、これから私が教えていきますね」

プラムが⼼配そうに周りを⾒回す。

神経質な視線に気づいたカテリーナは微笑んだ。

「デジールは私に1週間あなたを訓練するように頼みました。しかし、私はあなたがビショップクラスに到達するまであなたを助けることに決めました。ふふ。今後ともよろしくお願いします」

「・・・」

プラムは彼女がとても怖い⼥性だと思っていた。

獲物のように自分を⾒つめている光景は、彼の背中を冷やすのに⼗分でしょう。

しかし、彼⼥のスキルは保証されている。

プラムの本能が隠れるように⾔ったにもかかわらず、デジールへの彼の信仰は断固として残り、彼は熱⼼に訓練することに決めたのだ。

「それで、オーラをコントロールする⽅法のトレーニングに⼊りますが、その前に、何か質問がありますか?」

「はい。以前に私に教えてくれたヘルセンブラン教授は、⾃分だけでビショップクラスになることができると⾔いました。では、どのように私に教えてくれるのでしょうか?」

ほんの少し前まで悪戯っぽく笑っていたカテリーナが、突然真剣な表情を浮かべる。

「私はあなたがビショップクラスになるのを助けるように教えているわけではありません。
しかし、私から得られるヒントがいくつかあるに違いありません」

彼⼥の説明を受け⼊れて、プラムはうなずいた。

「ビショップクラスに到達するには、まず⾃分のオーラを⾃分のやり⽅でコントロールする⽅法を学ぶ必要があります。これは、他⼈が教えたり、誰かからコピーしたりできるスキルではありません。最初に、いくつかの理論から軽く始めましょうか?」

カテリーナが⼿を出す。

「オーラをコントロールする基本的な⽅法はいくつかありますが、それは個⼈によって異なります。そのための最も⼀般的な⽅法の1つは、補強によるものです。体を取り囲むことによって攻撃を強化するだけでなく、あなたを保護します。典型的な例は、北部地域のドナペ・アスランですね」

プラムはかつて、ドナペが直接戦うのを⾒ていた。

アゼストとドナペの戦い。

彼女の攻撃の後でも、彼は無傷だった。

そして、彼が斧を振るたびに、地⾯⾃体も震えていた。

「別の⽅法は、具体化によるものです。さまざまなオブジェクトを通してオーラを具現化する⽅法です。代表的な例として、オーラでホイールを召喚する聖騎士のラファエロ・チェリンガーがいます」

プラムはラファエロの⾏動を⾒たことがなかったが、オーラを具現化した剣⼠を⾒たことがある。

剣聖、ケイ・ハズマリュン。

花の形でオーラを具現化した技法。

「今のところ、これら2つが最も基本的な形式です。この2つ以外にも、個⼈に応じてオーラを他の形で使⽤することができます。私の場合、私はオーラの蓄積に焦点を合わせています」

「蓄積ですか?」

理解できず、プラムが頭を傾けた。

「ではお見せしましょう」

カテリーナは⼩さな⼩⽯を拾い上げ、床に向かって投げる。

⼩⽯が床にぶつかり、ものすごい爆発を引き起こし、トレーニングホールの床に⼤きな⽳が開く。

プラムはカテリーナの能⼒に驚かざるを得なかった。

「まあ、オーラをコントロールする⽅法はたくさんあるので、ビショップクラスに到達するのに役⽴つ⽅法を自分で探すしかないのです」

カテリーナの教えはプラムにとって重要な助けだ。

彼は⾃分の⽬標に向かって進んだように感じていた。

「さあ、剣を上げてください。結局のところ、剣⼠は戦いを通して訓練します。そうじゃない?」

「はい!」

プラムの興奮した答えに、カテリーナは微笑んで短剣を引き抜く。

「キングクラスに到達した⼈は、いくつかの⽅法でオーラをコントロールすることがあります。そして、私は3つの⽅法で私のオーラを扱うことができます。私とのこの戦いを経験値として使ってください」

「・・・!」

「驚く理由はありません。私はこの⼤陸で数少ないキングクラスの⼀⼈ですから」

プラムは心からデジールに感謝した。

当初、彼はこのトレーニングを⾏うことに少し消極的でしたが、それについて考えると、これは彼にとって本当に⼤きなチャンスなのだから。

 



 

カテリーナの反応が面白いですね(笑)

プラムは女性陣に大人気ですから。

カテリーナとの経験を通して、プラムのオーラはどんな形に変化するのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【213話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は213話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...