帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【211話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は211をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

211話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【210話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は210話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 宝の山

「凄いと聞いていたけど、こんなに素晴らしいなんて・・・」

デジールの⽬は部屋の周りを疾⾛し、まるで⼦供がキャンディーショップに⼊るように輝いていた。

の前には計り知れないほどの数のアーティファクトが隅々まで埋め尽くされている。

数え切れないほどのアーティファクトは、ヘブリオン帝国が何世紀にもわたってクリアした膨⼤な数のシャドウワールドの証拠。

そして、国家としての彼らの⼒の証でもあった。

デジールはゆっくりと近づき、周りを⾒回し始める。

武器、鎧、アクセサリーなど、簡単に分類できないさまざまな種類のアーティファクト。

各アーティファクトには、名前、パフォーマンス、グレードが付けられていた。

「すべて少なくともB層以上のアーティファクトだ・・・」

⼤多数はB層であり、時折A層のアーティファクトも発⾒する。

「陛下は、皇室のアーティファクトのうち最⼤3つをロイヤルガードのメンバーに貸し出しております」

「使⽤に制限はないのですか?」

「もちろんです。それらをどのように使⽤するかはあなた次第ですから、デジール卿」

 



 

ラファエロとの戦いよりも真剣な表情で、デジールは各アーティファクトを注意深くチェックする。

⻘い花びらのヘアピン。

* * *
グレード:A層
能⼒:使用者の存在を取り除く不可視魔法の使⽤を許可します。マナの流れをブロックして、検出魔法を無効にします。
* * *

その能⼒を読んだ後、躊躇うことなくそれを選ぶ。

「これはロマンティカにとってかなり良いでしょう」

デジールが別のアーティファクトを調べていたとき、アルフレッドが補⾜的な説明をする。

「このようなものはどうですか?これは、第3次グリーンハルト戦争中にロイヤルガードのスタッフによって使⽤されました。その結果、彼は多⼤な貢献をしました」

アルフレッドの説明は詳細で洞察に満ちており、デジールの選択を形作るのに役⽴った。

アーティファクトを調べながらアルフレッドの説明を聞いていると、彼は空きスペースを⾒つける。

* * *
グレード:Sクラス
能⼒:使⽤者が事前に最⼤5つの呪⽂を唱えることができ、後で即座に呼び出すことができます。

* * *

「・・・クロウマスクが使⽤していたアーティファクト」

アルフレッドは、デジールが⾒ているものに気づく。

「それは、ロイヤルガードの前スタッフが使⽤したアーティファクトでした。彼は⾰命軍の指導者によって殺されたので、それ以来それは失われたままです」

その話を聞いたとき、デジールはパニックにならざるを得なかった。

彼は現在アーティファクトを使⽤している男性を知っていたから。

クロウマスク。

彼は影からアウターを⽀配していると疑われる⼈々の⼀⼈。

「⾰命は失敗に終わり、リーダーは亡くなりましたが、アーティファクトを取り戻すことができなかったのですか?」

「⾸都を占領した⾰命軍の軍隊は処刑されましたが、彼らの残党は⼤陸中の場所に逃げました。そのうちの1⼈がそれを保持していると思います」

デジールは、クロウマスクが⾰命軍の残党の1⼈であるとすでに想定していた。

しかし、今回の情報で別の可能性が生まれる。

(⾰命軍のリーダーであるイカルス・キルゴが、クロウマスクの正体・・・?)

この⼤陸では珍しい第6級魔術師の⼀⼈。

プリレチャの⾸都であるデルタハイムへの攻撃で無数の罪のない⼈を殺そうとする男。

(明確な証拠はない。けれど・・・)

デジールは確信していた。

クロウマスクは⾰命軍のリーダーであるイカルス・キルゴだと。

頭の中でメモをとって、アーティファクトを再び調べ始める。

「今は、これに焦点を当てましょう」

他の考えに気を取られて、⼀⽣に⼀度の機会を逃すわけにはいかなかった。

そして、彼⾃⾝の使⽤に適したアーティファクトを見つける。

* * *

グレード:A層
能⼒:マナを集中させて、使⽤者のマナをすばやく回復します。この能⼒は、使用者のマナサークルが⼤きいほど効果的です。

* * *

「これは私にとって本当に完璧なアーティファクトです」

回復時間を短縮することで、戦闘中のスタミナは確実に劇的に増加するだろう。

そして、次のアーティファクトを探していたとき。

何かがデジールの注意を引く。

それは、他のどのアーティファクトよりもはるかに⾼いセキュリティを備えていた。

それを取り巻くのは、絶えず⾛る強⼒な防御呪⽂。

恐ろしいほど⾚いエネルギーがアーティファクトから滴り落ちていた。

それに近づいた後、その形を認識する。

「・・・槍?」

それは槍。

槍の先から何かが際限なく流れ出ている。

他のアーティファクトとは異なり、説明はない。

しかし直感的に、他のどのアーティファクトよりも強いことを理解した。

「アルフレッド、これはいったい何ですか?」

「これはロンギヌスの槍です。それはヘブリオンの最初の皇帝によって使⽤されました。この倉庫から持ち出せないのはそれだけです。ロイヤルガードでさえこの規則から免除されているわけではありません」

「その理由は?」

「これは⼀⼈の男がヘブリオンの最初の皇帝に与えた武器です。記録によると、⼀撃で海を半分に切り、⼭を簡単に劈開したそうです。帝国の歴史家は、それが戦争の神によってヘブリオンに授けられたと⾔います」

いずれにせよ、ヘブリオン帝国の創設との密接な関係のためにそれを取り出すことは不可能であることを意味した。

「・・・」

デジールはロンギヌスの槍を⾒つめる。

⼀⾒しただけでも、アゼストが現在持っている氷の中⼼と同じくらいの⼒。

(そして、彼らに氷の中⼼を任せたのは外国⼈だと⾔っていなかったか?)

数え切れないほどの伝説に登場した男。

単なる伝説としてそれを書き留めるには・・・、少しずれているように思える。

(しかし、これの背後にある理由は?)

デジールはその背後にある理由も動機も知らない。

明らかなことは、男の痕跡がいたるところに残っているということだけ。

今は⼼に留めて、先に進むことに。

「最後のアーティファクトを探します」

「それは賢明な決断です」

彼らは後退した。

「他にもいくつかお勧めします。これは・・・」

二人がどんどん遠ざかるにつれて、槍は恐ろしい⾚い輝きを放ち続けていた。

 



 

ヘブリオンアカデミーのムクドリパーティーのオフィス。

そこには、ロマンティカ、アゼスト、プラムが集まっていた。

ロマンティカは、ふわふわした⼝調でデジールに尋ねる。

「それで、私たちを呼んだ理由は?」

「私があなたに与えたいことがいくつかあります」

「プレゼントですか?」

プラムが興奮してデジールに尋ねた。

「実は、私は最近ロイヤルガードに加わりました」

「待って、『ロイヤルガード!?』

ロマンティカは驚きを隠すことが出来ない。

しかし、それは彼⼥だけではなかった。

プラムも開いた口が塞がっていない。

ロイヤルガードは信じられないほど有名な存在なのだから。

デジールは自分がどのようにしてロイヤルガードの⼀員になったのかについて簡単な説明をした。

戦時中、皇帝が自分を⾒守っていたという事実と、それが最終的に彼がそれまで空いていたスタッフの地位を引き継ぐことに繋がったという事実を。

デジールの話を聞いて、メンバーは⼀⼈を除いて全員感動する。

アゼストは特に珍しい反応を⽰していた。

彼⼥の⽬は僅かに揺れていたのだ。

しかし、デジールは話をするのに忙しくて、そのような微妙な詳細に気付いていない。

「そして、ロイヤルガードとして、私は帝国の倉庫からいくつかのアーティファクトを取り出す特権を与えられました」

クローズラインから次元ポケットを呼び出す。

 



 

3つということは、一人には渡せないということですね。

アゼストは氷の中心を持っていますから、おそらくプラムにでしょう。

今回登場したロンギヌスの槍は、氷の中心と同格と言われていますので、アゼストがどれだけ恐ろしい武器を持っているか分かりますね(汗)

伝説の男の正体も気になりますが、最後に選んだアーティファクトも気になります!

帰還者の魔法は特別です【212話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は212話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...