帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【210話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は210をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

210話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【209話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は209話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ロイヤルガードの役割

デジールはため息をついた。

「ふぅ・・・」

攻撃⼒と射程を最⾼の効率に上げながら、通常のマナ消費レベルを維持するようにいくつかの呪⽂を変更したが、結果として⽣じる呪⽂の配列は複雑で⼤規模になる。

これが、修正された魔法が通常の魔法よりも⼤きな負担であった理由であり、そのような呪⽂をマルチキャストした結果、彼が疲れ果てたのは当然のことだろう。

倦怠感に圧倒されていると、興奮した⼥性の声が聞こえてきた。

「今回は改修費がかなり⾼額になるわね!」

カテリーナの⾔葉で、デジールは周囲を調べた。

「・・・やり過ぎたか?」

床は完全に粉々に砕かれ、戦闘の余波はドリルホールの防御システムを突破し、外まで感じることができるようだ。

ここはもはやドリルホールとは⾔えないでしょう。

カテリーナは焦っているデジールの背中を軽く叩いた。

「⼼配する必要はありません。破壊された後、ドリルホールを修理しなければならないことはよくあることですから。そうですよね、ラファエロ?」

ラファエロはドリルホールをちらっと⾒ながら微笑んだ。

「このチャンスを利⽤して、魔法を伴う戦闘のために適切に改造する必要がありますね」

結局のところ、デジールがドリルホールに⾜を踏み⼊れるまで、彼らは物理的な攻撃とオーラによるダメージを軽減することに集中するだけで済んでいた。

この戦いによって、魔術師に対応する必要性を認められることに。

ラファエロが⼿を差し伸べる。

「デジール・アルマン、ロイヤルガードへようこそ」

「ラファエロ卿に感謝します」

ロイヤルガードのリーダーであるラファエロ・チェリンガーがデジールのスキルを認めたので、参加する⼿続きはこれで完了した。

「聖騎士を倒した感想はどうですか?」

カテリーナの言葉に、首を横に振る。

「私は勝ったとは思わない。この戦いの間、彼は明らかに不利な⽴場で戦っていましたから」

今回の戦闘は、攻撃側がはるかに⼤きなアドバンテージを持つように構成されていた。

相⼿を倒すという単純な戦いだったとしたら、今頃、デジールがドリルホールの床に広がっていたのかもしれないでしょう。

それだけではない。

ラファエロが持っていた剣。

聖騎士のオーラを保持するには、単なる鉄の剣では不⼗分だった。

「もし彼がいつもの武器を使っていたら…」

本来のラファエロであれば、デジールの全⼒を問題なく扱える武器を持っていたはず。

もし彼が今⽇それを使っていたら、結果は違っていたかもしれない。

実のところ、デジールはすでに満足していた。

これまでの努⼒の結果が実を結んだのだから。

彼はラファエロに匹敵することができた。

(ここまで成長できるなんて・・・)

自分がとても進歩したことに圧倒される。

しかし、デジールはここで⽌まるつもりはなかった。

もっと強く成⻑する余地があると感じていたから。

「いつの⽇か、私たちは平等な条件で競争できることを願っています」

「いつでも⼤歓迎です。あなたとなら、楽しい時間を過ごせるはずです」

すると、カテリーナがデジールの腕を引っ張る。

「それで?何が食べたいですか?」

「え?」

確かに、戦いが始まる直前に、彼女はそんなことを話していた。

デジールはそれが冗談だと思っていたが、カテリーナは本気だったようだ。

しかし、今は食欲がないので、デジールは首を横に振る。

「いいえ、⼤丈夫です。特に⾷べたいものはありませんから」

「何も⾷べたくないのなら、他の何かでも⼤丈夫です。良い戦いを⾒せてくれた報酬だと思ってください」

「本当に⼤丈夫で___」

辞退しようとしたちょうどその時、ある考えが思い浮かぶ。

スワン・カテリーナ。

明るい⼝調とのんきな⾏動のためにしばしば忘れてしまうが、彼⼥はキングクラスに到達した才能のある女性。

デジールは、これまで抱えていた問題を解決する良い機会になると判断した。

「でしたら、1つお願いがあります」

 



 

カテリーナとデジールが去った後、ラファエロはドリルホールに⼀⼈残っていた。

恐ろし強⼒な魔法で荒廃したドリルホールの被害を⾒て、ラファエロは考えに迷う。

「今回はなんとか彼を⽌めれた・・・」

最後に、ラファエロはデジールの最強の呪⽂と思われるものをなんとか防いだ。

もしこれが死ぬまでの戦いだったとしたら、ラファエロは確かに勝利者だったでしょう。

しかし、それでも、彼は⾃分の力が不⾜していると感じていた。

「彼が今よりもさらに強くなった場合、私は彼を再び⽌めることができるのだろうか?」

ラファエロは通常の武器を⼀切使わずに戦闘に参加した。

それでも、頭の中には疑問が残っている。

いつもの武器を振るい、全⼒を発揮した場合、条件を設定せずに競争した場合、成⻑する時間がもっとあったデジールを打ち負かすことができるでしょうか?

ラファエロは⾸を横に振った。

近い将来、デジールが自分を確実に凌駕し、魔法を⽌められなかったために自分を跪かせると想像する。

「今までは、これ以上強くなる理由はないと思っていました」

ラファエロは聖騎士の称号を授けられている。

その時代の最⾼の騎士にのみ与えられる称号であり、彼はまた、帝国で最強の盾として皇帝から認められていた。

誰も自分を1対1で超えることはできない。

自分が突き刺すことができなかった盾はなく、自分を突き刺すことができる槍も見たことはなかった。

そのような馬鹿げたレベルの強さで、自分に平等に向き合うことができる⼈は誰もいなかったので、彼の⼈⽣はやや退屈と思えていたのだ。

しかし今⽇、彼はついに自分を超える可能性のある誰かに会った。

そして、その出会いはラファエロに⼤きな変化をもたらす。

「遊んでいる時間はないな」

拳を握りしめた。

これまで以上に成長して、不可能だったものに到達することを決⼼する。

 



 

「ロイヤルガードの中で杖の地位を保持していた男は⾰命中に殺されました」

デジールのガイド、アルフレッドは⽼⼈だ。

彼はサイドガードに属していた。

それはロイヤルガードをサポートするために形成された集団。

「それ以来、ポジションは空席になっています。新しい⼈が現れてから13年になりますね。ロイヤルガードのポジションがすべて埋まったことに感激しました」

サイドガードは、ロイヤルガードの任務とその全体的な活動を⽀援している。

ドリルホールの修理もサイドガードの魔術師が担当していた。

「デジール・アルマン卿、ロイヤルガードの就任おめでとうございます」

「ありがとうございます」

「デジール卿、ロイヤルガードについて簡単に説明しますね」

ロイヤルガードの歴史。

ロイヤルガードの⾏動⽅針。

それはすべて基本的な知識。

名誉ある称号であったことを除けば、ロイヤルガードに加わった後に課せられる制限はほとんどなかったと⾔っても過⾔ではない。

しかし、ラファエロは例外。

盾として、彼の主な任務は皇帝を護衛することなのだから。

彼は常に皇居に留まらなければならなかった。

「デジール卿、あなたの役割の最も重要な部分は、陛下に忠実であり続けることです。ロイヤルガードは皇帝の命令のみに従い、皇帝が命じたものは全て引き受けなければなりません。陛下もあなたの忠誠を楽しみにしているでしょう」

アルフレッドの説明から、彼の天皇への強い忠誠⼼を感じることができた。

「デジール卿、あなたが特別な注意を払わなければならないことの⼀つはあなたの⾏動です」

「貴族のためにですね?」

「その通りです。多くの貴族は、ロイヤルガードに加わった最初の庶⺠として、あなたに注意を向けます。⼩さな⾏動でも陛下の尊厳を損なう可能性があることを忘れないでください」

「はい」

「それでは、ロイヤルガードの特権について説明しましょう。まず、アーティファクトを保管している帝国倉庫をご案内します」

倉庫に到着するのにかなりの時間がかかった。

これは、彼らが途中で通過しなければならなかった厳しいセキュリティによるもの。

絶え間ないセキュリティの流れは、ほとんど過剰にも思えた。

「到着しました、デジール卿」

しかし、デジールが倉庫に⾜を踏み⼊れた瞬間、彼の気持ちは即座に変化する。

膨⼤な数のアーティファクトを⾒た瞬間、このようなセキュリティの必要性を認めざるを得ないでしょう。

 



 

カテリーナへのお願いとはプラムに関することでしょうか?

キングクラスの教えがあれば、今悩んでいる壁を突破できるかもしれませんから。

膨大な数のアーティファクト。

デジールはどんなアーティファクトを選ぶのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【211話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は211話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...