帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【209話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は209をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

209話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【208話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は208話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • vs ラファエロ・チェリンガー

【サンダースピア】

視界が⽩くなる。

同時に、5本の槍が実体化し、ラファエロに向けて発砲された。

デジールが計算を修正した魔法のマナ消費量や発動速度に違いはなかったが、そのパワーは他の追随を許さない。

ラファエロがオーラを集中し始めたとき、後ろの鋼棒を隠した。

盾の前にオーラの輪が形成される。

2つの追加ホイールが登場し、オリジナルと連動した。

3つの回転が互いに連動して、荒れ狂う⾵を完全に分散させる。

デジールの魔法はラファエロにダメージを与えなかったが、もちろん、彼はそれだけに留まらない。

ラファエロは息を呑むために⽴ち⽌まることさえせず、盾で⽀え始めた。

同時に、デジールがさらに別の呪⽂の計算を終了する。

第6級魔法の⼒による攻撃がラファエロに執拗に降り注いだ。

「ど、どうして?彼はどうやってそのような強⼒な魔法を何度も呼び出すことが?あのスピードはどうして?」

カテリーナの絶望の叫びは、ラファエロの考えと完全に一致していた。

「陛下がなぜ彼を推薦したのか理解できたわ」

デジールの攻撃は、ラファエロの計り知れない経験に完全に逆らった⼒を持っているように感じる。

対戦相⼿を舐めていないが、第6級呪⽂が第4級の魔術師から来ていたという事実は、ラファエロを完全に不意を突かせた。

しかし、彼を本当に驚かせたのは、驚異的な呪文速度。

ラファエロの知る限り、第6級魔法は発動するのにかなりの時間がかかるはず。

しかし、1つの呪⽂が終了するまでに、デジールはすでに次の呪⽂の計算を完了していた。

第4級魔術師であるはずのデジールが、これら2つの不可能な偉業をどのように実現したのだろうか?

「私はこれまでに、このような魔法を呼び出すことができる魔術師に会ったことがありません・・・」

デジールの存在は、ラファエロの魔術師への認識を完全に打ち砕く。

正直に⾔って、ラファエロはすでにデジールを認めていた。

これまでに戦った無数の魔術師の中で、彼は群を抜いて最も脅威的なのだから。

「しかし、今は過去の戦いを回想する時ではないな」

デジールの魔法がどれほど印象的だったかに反して、鋼棒はまだ損傷を受けていない。

ラファエロ・チェリンガー。

この演習の単純さは、ヘブリオン皇帝のロイヤルガードの1⼈の腕前を例⽰する絶好の機会。

ラファエロは帝国の最強の盾。

ホイールの形を体現する彼のオーラは、ホイールの回転によって⽣成される分散⼒で攻撃を中和することができる。

第6級の呪⽂でさえ、ラファエロに実質的な脅威をもたらすことはなかった。

デジールが現在持っている唯⼀の利点は、魔法の計算速度。

魔法のラッシュを再びブロックした後、ラファエロは勝利の声で話した。

「残り5分です」

彼が話し終えるとすぐに、デジールが魔法を再び呼び起こす。

【パリー・アルンド】

ラファエロに向かって強⾵が吹き荒れ、ドリルホールの内部が引き裂かれた。

ラファエロは即座にオーラを集めて衝撃に備えたが、魔法の⽬的は彼を打ち倒すことではない。

【ファイアストーム】

デジールはすぐに別の呪⽂で追随する。

「あなたの戦略は悪くありません」

ラファエロのあちこちにオーラのベールが広がっていた。

ベールを作るのに必要なオーラの量は、盾を強化するためにこれまで使⽤していたものよりもはるかに多い。

オーラは再び円形に圧縮され始めたが、今回はドリルホール全体に数⼗メートル伸びた。

鋼棒は完全に保護され、ホイールが再び回転し始める。

デジールの両⽅の呪⽂はホイールの⼤規模な回転によって無効にされた。

「残念ながら、それだけでは⼗分ではありません」

その光景を⾒て、デジールは激しく微笑んだ。

ラファエロのオーラは、「帝国で最強の盾」という称号を与えるに値する⼒。

 



 

デジールは戦略を変えた。

⼀連のフォーメーションが形成され始める。

しかし、魔法陣の複雑さは以前よりもさらに⾺⿅げていた。

第4級魔術師になったことで、デジールが⼀度に使⽤できるマナの量は増加した。

より⼤きな量を持つことは⼤きな恩恵だ。

呪⽂の⼒を⾼めることができるだけでなく、戦略化に関しては遥かに幅広い選択肢を与えたのだから。

「マルチキャストだと!?」

ラファエロは、デジールが何をしているかをすぐに認識する。

マルチキャスト⾃体はあまり珍しいスキルではない。

しかし、呼び出された魔法が第6級魔法の⼒を持っていたとしたら?

「・・・!」

⾵の魔法から跳ね返ったラファエロは、鋼棒からかなり離された。

彼にとって残念なことに、デジールの最初の呪⽂はすでに完了していた。

ラファエロはすぐに疑問を持つ。

(なぜ彼は防御魔法を発動した?)

[パリー・アルンド]によって作成された⼤きな⽯の塊が空中に浮かんでいる。

やがて、それはホール全体をその影に巻き込むのに⼗分な⼤きさに。

【重⼒制御】

デジールの2番⽬の呪⽂が展開された瞬間、地⾯が吠えた。

それはラファエロを跪かせるのに⼗分な⼒。

空中に浮かんでいた巨⼤な球体が動き始める。

まるで隕⽯が落ちるかのように。

その光景を⾒ていたラファエロが笑顔を浮かべた。

「素晴らしい」

攻撃の猛攻撃から⾝を守るために⽴ち往⽣していたラファエロは、報復として剣を上げる。

そして、⽬が眩むようなオーラが彼の剣から発せられ始めた。

ホイールが円錐形に変化し、流星に近づくほど、ホイールは⼤きくなった。

3つの巨⼤なホイールが轟⾳を⽴て始めるが、それだけではない。

しばらくして、別のホイールが追加された。

ホイールの数は1つしか増えていないが、オーラはさらに⽬が眩むほどに輝く。

それに不満を持って、ラファエロはさらに別のホイールを召喚した。

5つのホイールが回転すると、膨大な強⾵が発⽣する。

ラファエロは、彼に重くのしかかっている重⼒の増加に耐えていた。

腕を上げると、鎧の鋼にひびが⼊る。

ラファエロは空から落ちてくる巨⼤な物体に剣を突き刺した。

すぐに、動かせない壁と⽌められない物体が衝突する

重⼒の増加のおかげで効果的に⼒が倍増したデジールの魔法は、ラファエロのオーラをすぐに圧倒した。

「このような強⼒な魔法と最後に戦ったのはいつでしょうか?」

戦いの当初の⽬的は、ラファエロの脳からすでに消されていた。

残っているのは、⽬の前にいる強⼒な敵を倒したいという願望だけ。

その欲望が彼を⽀配していた。

現在の時代の最強の剣⼠として称賛された聖騎士ラファエロは、彼が持っていたすべての⼒を召喚する。

⼀瞬にして、彼のオーラは爆発的に増大した。

破壊の危機に瀕していたホイールが⼀瞬で復元される。

いいえ、復元されただけではない。

ホイールはスピードを加速するにつれて、さらに盲⽬的に輝き出した。

そして、6番⽬のホイールが現れる。

それは、聖騎士のラファエロ・チェリンガーが発揮できるすべての⼒の集⼤成。

隕⽯が少しずつ割れ始めた。

隕⽯の構造的な弱さを利⽤して、ラファエロは剣を握りしめ、隕⽯を全⼒で撃ち抜く。

オーラの衝撃で激しい爆発が起こり、流星は完全に粉砕された。

 



 

「はぁ・・・、はぁ・・・」

ラファエロは激しく喘いでいた。

疲れ果てていたが、まだ休むことは出来ない。

まだ1分残っていたのだから。

すべての⼒を注ぎ出した後、彼はもはや同じ呪⽂を再びブロックするエネルギーを持っていなかった。

他の選択肢がないことに直⾯して、ラファエロは光速で地⾯から⾶び上がる。

剣をデジールに向けて上げると、相手が落ち着いた表情を浮かべていることに気づく。

「チェックメイトです、ラファエロ」

突然、戦いの勝利条件を思い出したラファエロは、急いで後ろを振り返った。

鋼棒は壊れていた。

ラファエロが全力を出した瞬間に、デジールはその隙を狙って低レベルの呪文を放っていたのだ。

「私は強⼒な魔法をブロックすることができましたが、結局、私を打ち負かしたのは低いレベルの呪⽂だったのですね」

ラファエロは笑った。

 



 

第6級呪文を連発できるということは、ドラクルの血の魔法と同レベル以上ということですね♪

それに対抗できるラファエロも十分に化け物ですね・・・。

試験を無事に突破出来ましたので、これからのデジールの躍進が楽しみですね!

帰還者の魔法は特別です【210話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は210話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...