帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【208話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は208をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

208話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【207話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は207話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ラファエロ・チェリンガー

「初めまして。すぐにまた会うと⾔ったのを覚えていますか?」

ミーティングの後にデジールが出てきたとき、エルセンブランはどこにも⾒当たらなかった。

代わりに、昨⽇会った彼女が彼を待っている。

スワン・カテリーナ。

彼⼥はさりげなく握⼿を申し出た。

「私の名前はスワン・カテリーナです。そして、ロイヤルガードの射⼿です」

「お会いできて光栄です。魔術師を務めるデジール・アルマンです」

彼の返事に対して、カテリーナは驚きの表情を見せる。

「私はあなたの⾃信が気に入りました。決闘が⾏われるホールに直接ご案内しますので、ついてきてください」

彼らは宮殿の廊下を並べて歩く。

「ご存知のように、陛下が何を考えているのか理解できないことがあります。私の夢の中でさえ、陛下が庶⺠の学⽣をロイヤルガードとして採⽤することを想像することはできませんでしたから」

そう話して、彼女はデジールの方を振り向く。

「ああ、誤解しないでください。私があなたの能⼒に疑いを持っているということではありません。ロイヤルガードに参加する学⽣がこれまでに⼀度も起こったことがないですから」

デジールは彼⼥の言葉が何を意味するのか理解した。

ロイヤルガードの称号の重要性。

庶⺠である若い学⽣がロイヤルガードに加わるという事実は、多くの対⽴を引き起こす可能性のあるもの。

「ですので、あなたを受け⼊れるかどうかについて、ロイヤルガード内でいくつかの内部討論もありました。陛下はそれについてとても頑固だったので私たちは同意しましたが、ラファエロは・・・」

警備兵はセキュリティゲートを通過して、所持品をデジールに返す。

「彼は私を完全に確認したいと思うに違いありません。結局のところ、彼は本当に徹底した⼈ですから」

カテリーナは鋭い⽬でデジールを⾒て尋ねた。

「・・・ラファエロを個⼈的に知っているのですか?」

「聖騎士ラファエロを知らない⼈はいません。彼はメディアでもよく知られていますから」

「いい視点ですね。彼は間違いなくあなたと同じくらい有名です」

カテリーナは話を続けた。

「まあ、そういう理由で⾏われた単なる表⾯的な試合だとは思わないでください。もしあなたが彼の承認を得られなかったら、陛下がそれを望んでいたとしても、ロイヤルガードに参加することは不可能だと考えたほうがよいでしょう」

その後まもなく、彼らは巨⼤なドリルホールに到着する。

王宮内のこれほど⼤きな場所を使⽤することができたという事実から、ロイヤルガードが持っていた特権の規模の⼤まかな感覚を得た。

「ここがリーダーとあなたが対戦する場所です」

ドリルホールを取り巻くマナの⼤きな急増。

それは信じられないほど強⼒な防御呪⽂。

「ここにはオーロラシステムがセットアップされているのですね」

ヘブリオン帝国もオーロラシステムを実装していると聞いていたが、このような場所に設置されるとは想像もしていなかった。

オーロラシステムは、第6級以上の呪⽂から保護するために設計された防御装置。

さらに、固定設置で使⽤した場合、携帯バージョンと⽐較してさらに優れた防御能⼒を発揮した。

単なる訓練場にそのような防御システムを実装することはそれをやり過ぎだと思ったちょうどその時、デジールは多くの戦いの傷跡を発⾒する。

「ロイヤルガードは激しく訓練しているようですね・・・」

カテリーナは肩をすくめた。

「誰もがとても有能なので、彼らは本当に競争⼒があります」

ドリルホールに到着した誰かの⾜⾳に続いて、声が聞こえてる。

「あなたの方が先に到着しましたね、スワン」

 



 

太陽のように明るい⾦⾊の髪の男がドリルホールに⼊った。

男の翡翠の⽬がデジールの⽬と出会う。

ラファエロ・チェリンガー。

現在の聖騎士、そしてロイヤルガードのリーダー。

彼は覚えているよりずっと若く⾒えた。

髪型は異なり、彼の顔は清潔で傷が見られない。

彼と共有した思い出は、デジールがぼんやりと⾒つめてそこに⽴っていたときに⼀瞬点滅した。

「そして、あなたがデジール・アルマンですか?」

「お会いできて光栄です、ラファエロ・チェリンガー」

しかし、それらの記憶は今やデジールにのみ属している。

これらは、ここでは発⽣しなかったタイムラインで作成されたものだから。

今何が起こったとしても、デジールの⾏動が世界をどれだけ変えたかではなく、それらの記憶は決して現れないでしょう。

その考えが少し悲しくなる。

さりげなく、今まで出会ったすべての⼈にしたように、ラファエロに対しても、今まで会ったことがないふりをして挨拶した。

ラファエロは微笑んで、デジールが提供した⼿を握る。

「それは私もです。恥ずかしがり屋のヒーローに会えて光栄です」

外⾒の違いにもかかわらず、彼のユーモラスな性格は同じままだった。

「陛下から聞いていますか?」

「ロイヤルガードに参加するには、あなたの承認が必要だと聞きました」

「あなたは私の承認を得る⾃信がありますか?」

デジールは⾸を横に振る。

「正直なところ、ありません。私たちがここで戦うとしたら、それは私の敗北に終わるでしょう」

キングクラスに到達し、⼈類の領域の外にしっかりと⽴っていた⼈々の間でさえ、ラファエロは賞賛されているのだ。

⾃分を隠す場所のないドリルホールでは、魔法をかける機会さえなくても、デジールが斬られることは明らか。

それは合理的だったが、ラファエロは何かを指摘した。

「もし私たちが 『ここで』戦ったら?他の場所で戦えば勝てるという意味ですか?」

「・・・」

黙っていると、ラファエロは⾯⽩がっているかのように微笑んだ。

「まあ、それは結構です。私はあなたと⼀対⼀の戦闘を要求するのはそれほど不公平ではないでしょう。気楽にしましょう」

ラファエロはドリルホールの隅に積み上げられた棒鋼の1つを拾い上げ、部屋の中央の奥深くに植えた。

「この棒を壊してみてください。私がこの棒を護りますので。10分以内に壊れた場合、それはあなたの勝利です。簡単なことですが、どうですか?」

ラファエロは、ロイヤルガードの盾。

それは彼が防御において帝国全体で唯⼀の最⾼の⼈物として陛下によって承認されたことを意味する。

「試してみる価値はあります」

棒を保護している間、ラファエロの動きは⼤幅に抑制される。

盾としての役割を果たすことはできるが、攻撃を続けるのに苦労するだろう。

「分かりました」

「良いですね。それでは始めましょう」

 



 

ラファエロは⾦属棒の前に⾝を置いたときに剣と盾を取り出す。

デジールは彼から少し離れて⽴っていた。

戦いの雰囲気が始まると、カテリーナはデジールの背中を軽くたたき、⽿元で囁く。

「最善を尽くしてください。あなたが彼の独善的な顔にしわを寄せることができれば、私はあなたを優しく扱いますので」

カテリーナがドリルホールから出て⾏くと、ラファエロは伸びをしながら話しかけてきた。

「⼿段は何でも使⽤できます。結局のところ、ロイヤルガードであるということは、コストに関係なく、皇帝のために何かをすることを意味しますから」

「それなら、遠慮はしません」

ルネル。

最強の⾦属であるブランシウムで作られたA層のアーティファクト。

⾃分への危険を検出し、意識的な指導なしに動くデジールの盾と武器。

銀の球が周りに浮かぶ。

[ギガライトニング]

デジールは、ラドリアとケルトとの訓練のおかげで、第4級に完全に適応していた。

静電気がいたるところに発⽣し、ドリルホール内で稲妻が発⽣する。

第4級の上位の呪⽂の1つとして、ギガライトニングは鋼を簡単に溶かす⼒を持っていた。

しかし、ラファエロに攻撃を躱す素振りは見られない。

しっかりと⾜を踏み⼊れながら盾を上げるだけで、デジールの呪⽂を簡単に防御した。

デジールの攻撃は続く。

さまざまな種類の元素魔法の組み合わせが棒鋼に降り注いだ。

しかし、魔法はラファエロの盾を突き抜けることはできない。

すべての攻撃は、彼の盾の単純な再配置によって無効にされた。

デジールが魔法をかけ続けようとしたちょうどその時。

鋭い⾳がドリルホール全体に広がる。

それは、ルネルとラファエロのオーラが衝突する衝撃波の⾳。

今までは防衛だけに専念していたが、ギアを切り替え始めたのだ。

「このままではフェアじゃないですよね?」

ラファエロの攻撃は続く。

彼の剣は、絶えずデジールを打ち砕く強⼒なオーラを発した。

拘束された状態で使⽤できる攻撃はこれだけだが、ルネルが処理できる限界を打ち破る⼒がある。

【アースバインダー】

第4級呪⽂の中で最も防御⼒のある呪⽂。

地⾯は捻じれて、デジールの周りに壁を形成した。

しかし、壁は攻撃をまったく阻⽌できず、即座に切り開かれる。

ラファエルが攻撃に切り替わると、デジールは攻撃的な呪⽂を唱えることができなくなった。

ラファエロは⾮常にがっかりした声で話しかける。

「これでおしまい?防御に丸3分も費やしていますが?」

ラファエロが勝利に⾃信を持ち、少し警戒を緩めたちょうどその時、何かが彼の視界に⼊った。

「・・・?」

反対側に何かが形成されているシルエットがあったが、壁のひび割れにしか⾒えない。

「・・・呪⽂?」

それは、デジールがこれまでに唱えたどの呪⽂とも異なっていた。

⽐類のない洗練されたフォルムで、エレガントで美しい呪文。

⽬の前で展開する魔法を⾒て間隔を空けたとき、呪⽂はほぼ半分完了していた。

ラファエロの顔が硬直する。

「ラファエロさん、がっかりするのはまだ時期尚早です」

「不味い!」

決断を下したラファエロは、衝撃に備えるために全⾝を覆うことにすべてのオーラを集中させた。

いいえ、それだけでは⼗分ではない。

彼は盾を上げた。

すべてのオーラは盾に向かって溢れ、その周りに乱流の球を形成する。

その後すぐに、オーラは圧縮され、3つのルーンの形に変化した。

それは聖騎士であるラファエロ・チェリンガーだけが持っている独自の防御スキル。

今まで全⼒を尽くしていなかった彼は、ようやく全⼒で防衛に真剣に取り組むようになったのだ。

【ファイアストーム】

ラファエロの周りで激しい炎の波がかき回され、耐えられないほどの熱がドリルホール全体に放射され、レオンハルト宮殿の残りの部分にこぼれる恐れがあった。

⾮常に⻑い数秒後、嵐は収まり、ラファエロは埃の雲の中から現れる。

「・・・」

⾦属棒はまだ良好な状態だったが、ラファエロの顔には余裕は見られない。

デジールはリラックスした表情を浮かべていた。

「これは始まりにすぎません」

 



 

相手が最強の盾ですので、デジールの全力が見られそうです♪

ラファエロの表情を変えることは出来るのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【209話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は209話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...