帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【207話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は207をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

207話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【206話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は206話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ロイヤルガード

デジールはエルセンブランと⼀緒に⾺⾞でレオンハルト宮殿に到着する。

レオンハルト宮殿は、仮⾯舞踏会が開催されていたエダーク宮殿ほど豪華ではないが、⾔葉では⾔い表せないほどの⾼貴さを感じさせた。

「ここが王宮・・・」

世界で最も⼟地を占領した国、ヘブリオン帝国とその宮殿は天皇専⽤に作られている。

贅沢な装飾がないにもかかわらず、レオンハルト宮殿はその純粋な存在のために、その境界内に⾜を踏み⼊れた⼈を圧倒させた。

ドアを守っている騎⼠の⼀⼈が前に出る。

「あなたがデジール・アルマンでしょうか?」

「はい。私は陛下の召喚に答えるためにここにいます」

騎⼠はうなずいてドアを開けた。

「ここを通過できるのは、デジール・アルマン氏だけです。エルセンブラン⽒は、ここで待機と命じられています」

しばらく廊下を歩いた後、デジールはさらに別のドアに直⾯する。

その場所を守っている騎⼠は、武器を残すように要求した。

彼は床の⾚い線を指さし、デジールに警告する。

「武器を所持しながらこの線を通り過ぎると、反逆罪と⾒なされます。魔法を使用した場合も、あなたの⽣存を保証することはできません」

武器を手渡して扉を通過した。

通り過ぎた瞬間、魔法が役に⽴たないことの意味を理解する。

まるで岩のような物質で固まったかのように、⼤気中のマナが流れていないのだ。

「アーティファクト・・・」

このような異常現象を⽣み出す⼒は、間違いなくアーティファクトでしょう。

この時点で、宮殿がどれほど厳重に守られているかは明らかだった。

さらに2つのドアを通過して廊下の端に到達した後、デジールはついにヘブリオン帝国の皇帝に出会う。

「この⼤帝国の天皇と守護者に会えて光栄です」

「気軽にしてください」

彼らは向かい合って座った。

皇帝はテーブルの上のカップに⼿を振ってお茶を差し出す。

沈黙を破ったのはギルティアン。

「あなたについての話は、さまざまな情報源から私に届きました。あなたはヘブリオンアカデミーの学⽣のトレーニングに集中していると聞いています」

皇帝はすぐに追加した。

「あなた⾃⾝と競争しているパーティの⼈々でさえ」

「それは、みんなが⼀緒に成⻑しなければならないからです。彼らが競争相⼿であるという理由だけで彼らを排除するつもりはありません」

「思慮深いのだな。そして、あなたが第4級に到達したと聞きました。私はあなたの勤勉さ
が気に入っています」

「過分な褒め⾔葉、陛下に感謝します」

その後しばらくは世間話をする。

 



 

「すべての⼈間には独⾃の価値があります」

陛下が本題を取り上げたとき、その場の雰囲気が突然緊張した。

「正直なところ、私はあなたの価値が限られていると考えました。⼀般的な背景からの優れた魔術師。庶⺠の⽀持を得るための媒体。それは私があなたに相応しいと思った価値でした」

それは当然のことだろう。

皇帝とデジールの関係は、皇帝が述べたのとまったく同じだ。

相互利益にのみ基づいて構築された⼀時的な関係。

皇帝は庶⺠の⽀持を得るためにデジールに⼿を差し出し、デジールは皇帝との繋がりからいくつかの特権を得るためにその申し出を受け⼊れたのだから。

「しかし、私は今回の戦争であなたの本当の価値を発⾒しました。そして、それが私があなたに個⼈的に会うことを要求した理由です」

刻まれた⽩檀のテーブルの上には、轟くような姿勢の巨⼤なライオンが。

ヘブリオン帝国のシンボル。

「ロイヤルガード。おそらく聞いたことがあるでしょう」

轟くライオンの下に置かれている4つの武器。

剣、⼸、盾、そして杖。

「私の知る限り、それはこの帝国で唯⼀の最も強⼒な組織です」

皇帝は彼らの美徳を称賛し続けた。

「彼らは、この国を守る何百万⼈もの戦⼠の頂点です。ロイヤルガードは、⾃分の技能をマスターした⼈のためのポジションしか持っていません」

伝統的に、ロイヤルガードには4⼈のメンバーしかいない。

「剣、ジャン・ユーレムリン。⼸、スワン・カテリーナ。盾、ラファエロ・チェリンガー」

彼らはシャドウラビリンスの最後の部分まで⽣き残った人々。

現在の「盾」であったラファエロ・チェリンガーは最後まで⽣き残り、遠征グループのリーダーを務めていた。

「しかし、帝国にはその地位に相応しい魔術師がいない」

ギルティアンは杖の絵を指さす。

「そのため、この地位は⾰命以来空席のままになっています。第7級に到達できる魔術師は⼀⼈もいませんでしたから」

第7級に到達した唯⼀の⼈物は、現在アルテアに住んでいて、帝国の⼿の届かないところに住んでいた。

魔術師の基準はジョード・エグザリオン。

その結果、杖が空席のままになっていたのは当然のことだった。

全世界に10⼈未満しかいなかった第6級の魔術師のレベルを単体で超える人物。

皇帝は指を上げる。

杖を指していた⼿が今度はデジールを指さした。

「しかし、あなたはホムンクルスを打ち負かしました。それは、ジョードでさえ達成できなかった偉業です」

デジールは⾸を横に振る。

「それは、多くの変数が関係していたためです。私がジョードよりも⾼いレベルにいると断⾔することは出来ません」

「しかし、あなたが彼より下のレベルとも言えません」

ギルティアンは反論した。

「港での戦いで、血の魔法を使った第6級魔術師を倒したと聞きました」

「それは・・・」

血の魔法を操るドラクル・ラブテ・エルカエラ。

彼⼥は、他の第6級魔術師を、その⼒の簡単に圧倒することができるでしょう。

「王室の魔術師であなたに対抗できる魔術師は⼀⼈もいません。可能性のある魔術師が1人⼈いたとしたら、それはジョード・エグザリオンでしょう」

これは、デジールが皇帝の基準を満たしていることを意味した。

「それは陛下が私にロイヤルガードの地位を提供しているという意味でしょうか?」

「その通りです」

 



 

ロイヤルガードになるとはどういう意味なのか?

それは単なる過激派組織ではない。

それは、皇帝のすぐそばで奉仕してきた⻑い歴史のある名誉ある地位。

皇帝は庶⺠がそのような⽴派な役割を担うことを望んでいたのだ。

「デジール・アルマン。私の名前であなたに引き受けてもらいたい⾮常に重要ないくつかの使命があります。そのためには、あなたがロイヤルガードの1⼈である必要があります」

デジールの躊躇いを⾒て、ギルティアンは重⼤な打撃を与えた。

「ロイヤルガードになることで3つの主な特権があります」

(ロイヤルガードとしての特権!)

「第⼀に、王室が保有するアーティファクトを使⽤する特権です。必要なアーティファクトを借りることができます。特に欲しいものがあれば、それを許可します」

それは驚くべき申し出だった。

⻑い歴史に⼤きな誇りを持っていたヘブリオン帝国は、他のどの国よりも強⼒なアーティファクトを所有している。

「第⼆に、あなたはこの国の私の代表と⾒なされます。あなたは公爵の地位に匹敵する権利を受けるでしょう。この特権は、帝国と外交関係にあるすべての国に適⽤されます」

それは帝国における権威と権⼒を意味した。

「第三に、私はあなたが望むものは何でもあなたに与えます。お⾦が欲しいなら、市全体の年間予算に相当する額を差し上げます。⼟地が必要な場合は、地図に示してください」

それらは本当に信じられないほど説得⼒のある申し出。

(しかし、それは正式に皇帝の下にいることを意味する)

それは彼らがこれまで維持してきた単純な協⼒関係と同じ規模ではない。

ロイヤルガードは皇帝によって与えられた公式の称号なのだから。

それは、皇帝の忠実な僕として公式に認められることを意味する。

(任務を引き受けなければならないという事実は少し⼼配だけど、特権は圧倒的に説得⼒がある)

それだけではない。

(ついに・・・、私が今まで会ったことのない唯⼀の⼈に会う機会が・・・。ラファエロ・チェリンガーに」

デジールは決⼼した。

「私はまだ多くの⾯で⽋けていますが、陛下に仕えることに最善を尽くします」

ギルティアンは優雅に微笑んだ。

「良かった。あなたは申し出を受け⼊れてくれたのですね」

「それで、私はもうロイヤルガードなのですか?それほど単純ではないと思いますが」

「役職の重要性を考えると、ロイヤルガードの任命のためにいくつかの公式の⼿続きが残っています。たとえば、ロイヤルガードメンバーの半数以上が任命に同意する必要があります。そして、1つの儀式があります」

儀式?

「ロイヤルガードのすべての新しいメンバーは、皇帝の承認を得た後、ロイヤルガードのリーダーによって直接承認されなければなりません。デジール・アルマン。ロイヤルガードのリーダーであるラファエロ・チェリンガーと対峙する必要があります」

「・・・」

「戦いの準備をしてください。彼はおそらくすでに待っています」

ラファエロ・チェリンガー。

現代の聖騎士。

そして、過去のデジールのパートナーとして賞賛された人物。

(こんなに早く彼に会えるとは思わなかった)

 



 

ロイヤルガードの地位を承諾したデジール。

ムクドリパーティの4人でのチームはどうなるのでしょうか?

これからも4人で行動してほしいですが・・・。

そしてラファエロとの試験。

彼の実力は、影の世界で出会ったケイに近い実力を持っているのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【208話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は208話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...