帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【206話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は206をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

206話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【205話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は205話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • スワン・カテリーナ

⼣⽅。

⼣暮れが落ちてきて、家に帰る時間。

デジールもまた、アカデミーの寮に戻る途中。

彼は一人ではなかった。

誰かが後ろをついて来ているから。

「・・・」

それはストーカーではない。

明らかに、相手は自分の存在を気づかれることを望んでいた。

後ろを歩いていた⼈は、デジールよりも体格が⼩さい。

フードのせいで顔が⾒えなかった。

(どうしてもっと早く気づかなかった?)

デジールは常に警戒を怠らず、疑わしいものがないか周囲を監視している。

そのような習慣は必然の結果。

シャドウラビリンスに10年間住むことを余儀なくされた⼈は誰でも同じになるだろう。

それでも、デジールはすぐに気づけなかった。

彼の本能が、フードの人物はヘルセンブランよりも強いと訴えている。

「このような⽥舎でジャーナリストと個⼈的に会うのは、英雄として称賛される人物としては少し疑わしい⾏動ではありませんか?」

フードの人物の声は女性だった。

デジールが歩みを止めたのは、相手の声に馴染みがあったから。

(⼩さい⼥性の⾝⻑、南部のアクセント、帝国の誰か、そしてこの強烈なオーラは・・・)

「⼼配する必要はありません。私は他⼈の私⽣活には興味がありませんから」

まるで踊るように、彼⼥は回転しながら、デジールの道を塞ぐ。

フードの中の顔が見える。

格好良く、はっきりとした顔の特徴。

「何かお⼿伝いできることはありますか?あなたは私のことをよく知っているようですが、あなたについて同じことを⾔うことはできません」

「デジール・アルマン、すぐにわかるでしょう」

彼⼥は⾃分が誰であるかを明らかにしないが、デジールはすでに彼女について詳細に知っていた。

(スワン・カテリーナ、クイーンクラスのアーチャー。そして、ロイヤルガードの⼀⼈)

ヘブリオン皇帝の直接のボディーガード。

メンバーは4⼈だけだが、ヘブリオン帝国の中で最もエリートな部隊と⾒なされている。

「なぜロイヤルガードが私を探すのですか?」

「うーん・・・、顔と全部を隠していたので、驚くと思っていたのですが」

「要件は何でしょうか?」

カテリーナは肩をすくめた。

「心外ね。私はあなたの顔を⾒るためだけに来たのですから」

デジールは⾔葉を失う。

おそらく嘘ではないのだろう。

彼⼥はかなり衝動的な性格を持っていたから。

彼⼥の性格のおかげで、ロイヤルガードのキャプテンは苦労していたことを思い出す。

「また会いましょう」

カテリーナは笑顔で後退し、すぐに夜の街の闇に溶け込む。

 



 

ロマンティカはオフィスのソファに腰を下ろしていた。

⻑い間読んでいた本に飽きて、それを指の周りで振り回す。

彼女は気晴らしに呪文を唱え始めた。

突然、⾵がオフィスに吹き込む。

⾵の流れは、デジールが研究していた⽂書や、ロマンティカが読んでいた本に影響を与えることなく、その強さを維持している。

印象的なレベルのコントロール。

その光景に、デジールは笑顔を浮かべた。

「本当に良くなった」

オフィスには2⼈しかいない。

戦後、アカデミーの昇格戦は延期されていたが、通常の⽣活が再開された今、全員が準備のための訓練を⾏っていた。

様々なプレッシャーにもかかわらず、ムクドリのメンバーはなんとか⾃信を維持するが出来ている。

それは自信過剰などではない。

彼らはトレーニングの結果として⼤幅な成⻑を遂げたのだから。

ブルームーンパーティとレッドドラゴンパーティの両⽅に対してしっかりと⾃分たちの⽴場を保つことができていた。

デジールの地獄の訓練を⽣き延びた後、彼らを怖がらせることができるものは世界に残っていないでしょう。

ロマンティカが突然ため息をつく。

「あぁ・・・、1年⽣の頃に戻れたらいいのに」

彼⼥の不満は合理的だった。

1年⽬とは異なり、2年⽬と3年⽬は、すべての試験が昇格バトルに置き換えられるわけではなく、同時に複数の筆記試験を受ける必要があったのだ。

結局、落第を避けるためには熱⼼に勉強する以外に⽅法はない。

シングルランカーでも例外はなかった。

それにもかかわらず、ロマンティカがオフィスで勉強するのに⾏き詰まった理由は、他の⼈たちがずっと熱⼼に練習していたので、追加の詰め込みを必要としなかったから。

「だから、プラムは実際にビショップクラスに到達しようとしてトレーニングエリアに住んでいて、アゼストは氷の中⼼を制御することに取り組んでいますよね?」

デジールはペンを置き、あくびをした。

「今⽇の仕事はこれでおしまいだと思います」

ロマンティカが座っていたのとは反対のソファにデジールが座る。

涼しいそよ⾵が彼の顔を優しく迎えた。

ロマンティカは本に焦点を合わせながら沈黙を破る。

「時間があれば、⼀緒に買い物に⾏きませんか?」

しばらく考えた後、デジールは彼⼥の申し出を受け⼊れた。

「もちろん。欲しい機器がいくつかありますので」

席から⽴ち上がると、彼のコミュニケーションブレスレットが鳴り始めた。

それはエルセンブラン教授からの呼びかけ。

[デジール、今忙しいですか?]

ロマンティカを⼀瞥すると、彼⼥はがっかりしたため息を吐き、肩をすくめる。

「いいえ、私はちょうどいくつかの⾃由な時間を持っています」

[良かった。急いでお伝えしたいことがありますので、ぜひお越しください]

そして、通話が終了した。

「ごめんなさい、ロマンティカ。後で買い物に⾏きましょう」

「まあ、仕⽅がないわよね」

ロマンティカは平気であるかのように振る舞っていたが、彼⼥の失望は明らかだった。

「今度は必ず⾏きますから」

「いつ?今から⼀年後?」

ロマンティカのからかいにデジールは微笑んだ。

「今週」

「それは約束よね?」

喜んでいるロマンティカを残して、デジールはエルセンブラン教授のオフィスに向かった。

 



 

「あなたは皇帝に会うでしょう」

デジールが皇帝のために働き始めて以来、エルセンブランは両者間の連絡役を務めていた。

「前回の仮⾯舞踏会でのプライベートミーティングとは異なり、今回は公式の召喚です」

これまで、皇帝とデジールの間の会話は国家秘密だった。

平⺠と貴族の間の分裂を依然として推進している貴族から二人の関係を秘密にしておくことが重要と考えたため。

しかし、状況は変化した。

デジールが自分自身で名前を世界に広めたことで、皇帝は、帝国がデジールと協⼒していることを明らかにした⽅がよいと判断したのだ。

「皇帝は私の評判を利⽤したいと思っているのですね」

「おそらく、そうでしょう。あなたは今この国で重要な⼈物ですから」

「このままでは、国⺠は私が皇帝側にいると信じるでしょうね」

それが起こった場合、デジールは皇帝を軽蔑する貴族とのすべての関係を失うでしょう。

しかし、今回の会合はそれ以上のものを生み出すだろう。

貴族のほとんどは庶⺠を軽蔑したものであり、彼らの多くはデジールを脅威と⾒なすでしょうから。

皇帝の申し出を拒否する理由はなかった。

「できるだけ早く準備をします」

しかし、デジールの頭に浮かんだ質問がある。

皇帝が公に両者の関係を確⽴したいのなら、なぜ彼は私的な会合を選ぶのだろうか?

突然、昨⽇の出来事が頭に浮かぶ。

「スワン・カテリーナ・・・」

ロイヤルガードは、帝国ではなく王室に属する組織。

彼らは皇帝だけのために振られた皇帝の剣。

デジールは、カテリーナとの出会いが皇帝との私的な会合に関係しているのではないかと疑っていた。

 



 

ロマンティカとのデートは無事に成立するのでしょうか?

皇帝からの召集で、デジールの名声はさらに上昇することは間違いないですね!

平民からの支持も急上昇するのでは?

帰還者の魔法は特別です【207話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は207話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...