帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【205話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は205をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

205話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【204話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は204話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side プラム

空中を突き刺す剣の⾳が、その地域に突き刺さる遠吠えを残す。

刃に吹き込まれた強⼒なオーラは、各攻撃の鋭さを何倍にも⾼めていた。

プラムは数秒ごとに繰り返し剣を突き刺している。

⾒知らぬ⼈の視点からは、通常の訓練のように⾒えたかもしれないが、刃に精通した鋭い⽬には、⼤きな違いを⾒ることができる。

攻撃の終わりに達した瞬間、刃の中に隠れていたオーラが突然破裂し、剣に巻き付く。

オーラの消費を最⼩限に抑え、その強さを最⼤化した推⼒は、オーラを制御するプラムの能⼒が完全に成熟したことを意味したのだ。

ヘルセンブランから剣術を学びながら、彼は理論とスキルを学び、状況に適応する能⼒を⼤幅に向上させた。

彼はルーククラスの頂点に達していた。

ヘルセンブランは彼に教えるものは何も残っていないと言ったが、これは彼が剣⼠として完璧であるという意味ではない。

プラムは過去の会話を思い出す。

『プラム、これが私があなたに教えることができるすべてです』

『し、しかし、私はまだビショップクラスに到達していません!』

『ビショップクラスは教えることができるものではありません。それはあなたが⾃分で理解する必要がある道です』

ビショップクラス。

才能のある⼈とそうでない⼈を区別するための敷居。

努力だけでは乗り越えられない壁。

武器にオーラを吹き込むだけでなく、解放できる状態を表す。

そのようなレベルに達した⼈々は、木の棒で鋼を切り、数メートル離れたところから敵を斬ることができた。

そのような驚異的なパワーは、優れた体格とスキルを持ち、オーラを簡単に操作できることだけでは到達できない領域。

「今のところ、これが私にできることのすべてです」

繰り返しの動きに疲れていたが、プラムは止まらなかった。

最もシンプルでインパクトのあるスキルを何度も熱⼼に練習する。

「次のレベルに到達するための道筋がないからといって、練習をやめることはできません!」

彼はビショップクラスに到達するために何をする必要があるのか分かっていなかった。

しかし、彼は諦めていない。

「今できることは何でもします」

 



 

デジールはいつも忙しかったが、第4級に到達して以来、彼の⽇常⽣活はさらに忙しくなった。

忙しいスケジュールにもかかわらず、彼はまだすべてのパーティ訓練に参加する時間を作っていた。

「ケルトとラドリアは間違いなくやる気があるな」

彼らはデジールに挑戦するために最善を尽くし、デジールは毎回彼らを倒すために全⼒を尽くしていた。

デジールにとってさえ、同時に両⽅と戦うことは簡単な仕事ではない。

彼らの弱点について建設的な批判をし、彼らに異なる呪⽂の適⽤を教えることも、かなり⾯倒な仕事ではあった。

しかし、第4級の呪⽂を使って、切望していた練習もできるので、常に決闘する時間は確保している。

「なぜ第4級の呪⽂に適応するのがとても難しいのだろうか?」

2年間の経験で、デジールはほとんどのものを簡単に⼿に⼊れることができた。

しかし、第4級を直接使⽤することは、彼にとってさえ、完全に未知の領域。

卓越した計算能⼒にもかかわらず、彼のマナの互換性は、これまで克服できなかった不可能な壁にも思えた。

単に呪⽂がより強⼒になっただけではない。

最⼤の違いは、デジールが現在使⽤できる呪⽂の数にある。

ケルトとラドリアとの決闘は、彼が学ぶのを助けるのに⾮常に有益だった。

第4級に慣れるのに約2週間。

「コツをつかんだので、テクニックを変える時が来た」

デジール特有の呪⽂システムにより、彼は既存の呪⽂の⼒を⼤幅に⾼めることができる。

彼の権限を与えられた第4級呪⽂が、第6級呪文を簡単に上回り、第7級呪文に到達し始めるのではないかと思えるくらいに。

「第3級ほど単純ではないけれど・・・」

第3級呪⽂を修正するための構築も、それほど単純ではない。

魔塔でジョードを⽀援している間、デジールは限られた時間と⾮常に多くのリソースを、たった1つの第3級呪⽂を完成させるために注ぎ込んだのだから。

しかし、彼が⾏った努⼒は、第4級呪⽂を修正することに⽐べれば簡単と言えるだろう。

第4級呪⽂の修正は、第3級呪⽂よりも数倍困難だったのだ。

呪⽂がはるかに複雑だっただけでなく、そもそも呪⽂の配列⾃体も信じられないほど⼤きい。

第4級呪⽂を完全に修正するには、途⽅もない時間が必要であるように思えた。

しかし、デジールは、投資した努⼒はそれだけの価値があると信じていた。

「私はジョードのレベルに達することができた」

第7級。

全世界でたった⼀⼈のランクに到達することが出来たのだ。

しかし、デジールは自分の魔法だけに集中することはできない。

彼はアウターについても調査を続けていた。

彼らの⽬標が何であるかについて明確な⼿がかりがないので、デジールができることは、さまざまな仮説を探求しながら警戒することだけ。

彼らを警戒していたデジールは、計画を⽴てていた

アウターの計画へのほんの少しの⼿がかりを得るために。

 



 

ドレスデンの郊外の奥深くにある⼈⾥離れたカフェ。

デジールはそのカフェの隅に座って誰かを待っていた。

それはアユルス新聞社のヴァン。

デジールは彼との独占インタビューを契約した見返りとして、世界中の様々なニュースを受け取ることを望んでいたのだ。

各国の新聞の最新の記事と却下された記事。

その中には写真も含まれている。

(あまりにも多くが変わった)

アウターと連合軍の間で世界⼤戦が発生。

歴史は完全に分岐していた。

デジールが今後数ヶ⽉について知っていたすべてのことは、ますます関連性が低くなるでしょう。

もちろん、これらの変化の⼤部分は、アウターの失踪の結果として、前向きな結果ではある。

デジールは静かにもう一度記事を読み直す。

彼は何度もアウターに関連する情報をチェックした。

しかし、新聞社で最高峰のアユルス社の情報網をもってしても有力な情報は見つからない。

犯罪は起こっているが、デジールが知っていたアウターとは明らかに異なっていた。

「今日も目立つニュースはないですね・・・」

デジールが諦めかけようとしたとき、ヴァンが興味深い話をする。

「最近、ディバイド王国でいくつかの興味深い出来事がありました」

「え?」

「伝えられるところでは、ヘブリオン帝国に対する敵意は⽇ごとに⾼まっているそうです」

記事には、ヘブリオン帝国についてディバイド王国内で現在広まっているすべての噂の整理されたリストが含まれていた。

「現実的には、ディバイド王国は⻄王国連合の現在のリーダーです。この緊張が続くなら・・・」

「それは平和を作ることへの深刻な障害になるかもしれません」

デジールは内心で動揺していた。

(彼らはすでに最大の問題だった・・・)

⻑い歴史を通して、ヘブリオン帝国に対して最も多くの戦争を⾏ったのはディバイド王国であり、両者の関係は可能な限り捻れていた。

「⼼配はしますが、今のところ⼤きな問題にはならないはずです」

国⺠が依然として和平交渉を⽀持していることは決定的なのだから。

「アユルス社もこの情報を追跡していますので」

「ええ、よろしくお願いします」

ヴァンは別れを告げる軽いうなずきの後に去っていく。

デジールは書類を置き、カフェに⼀⼈でいる間、考えに没頭した。

しばらくの間解決策を考えようとしていたが、すぐには何も思い浮かばない。

「とりあえずこれは延期しよう」

席を離れたとき、ディバイド王国に関する⽂書の隅に書かれた何かが⽬にとまる。

「アーロンが国会議事堂から⽴ち退いた?」

デジールはアーロンの存在をよく知っていた。

むしろ、彼がアーロンを知らないことは不可能でしょう。

生き残った6人の1人ではないが、彼はシャドウラビリンス遠征の中⼼で重要な役割を果たした偉⼤なヒーロー。

彼の⼒はラファエロの⼒と⼀致するでしょう。

「なぜ彼が⽴ち退かされた?」

歴史は劇的に変化していたが、この変化は見過ごせなかった。

アーロンは王室への絶対的な忠誠を誓う人物。

「・・・何かがおかしい」

 



 

最近、プラムの成長があまり描かれていませんでしたが、彼も壁にぶつかっているようですね。

そういえば、プラムの父親は登場するのでしょうか?

レイピアを贈った人物ですので、今後の登場に期待できますね♪

デジールの成長も順調のようですし、ラドリアとケルトの二人相手に勝利するのは素晴らしいですね!

アウターの動向は心配ですが、デジールならば彼らの動きに気づくはずです。

帰還者の魔法は特別です【206話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は206話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...