帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【204話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は204をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

204話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【203話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は203話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ディバイド王国の現状

⻄王国連合の主要国であるディバイド王国。

かつては世界の⽀配をめぐってヘブリオン帝国と直接戦争をした強⼒な国。

ディバイド王国は、⻄王国連合の中で最も強⼒な軍隊を誇っていた。

平民たちは、強⼤な国の過去の偉業を決して忘れないだろう。

いつの⽇か栄光を取り戻し、ヘブリオン帝国を倒し、世界を⽀配することは間違いないと。

アーロンもその感情を共有した一人。

彼はディバイド王国の⼒を信じていた。

「あの⽣意気なヘブリオン帝国を粉砕する⽇はすぐに訪れるだろう」

かつての多淫で贅沢な王は変わり、国が再び繁栄することを可能にした。

プリレチャでの衝撃的なテロ攻撃の後、彼らの王は根本的に変わったのだ。

まるで神からの啓示を受けたかのように、彼は抜本的な改⾰を始める。

腐敗した将校は解任され、搾取的な貴族は追放され、⻑い間浪費されてきた⼟地の豊富な資源を効率的に利⽤するための新しい政策が導⼊された。

その間もずっと、彼は王国の兵⼠を熱⼼に訓練し、軍隊を現代の⽔準に引き上げた。

平民と政府⾼官は、現在の王を称賛する。

ディバイド王国の⼈々は、現在の王国がこれまで以上に強⼒だと確信していた。

そして、アーロンは国王からの召喚に喜ぶ。

アーロンは宮殿に⾜を踏み⼊れ、⽟座の間に向かう。

 



 

「待っていたぞ、アーロン卿」

壮⼤な宮殿の中。

廊下の終わりには、アーロンが今誇らしげに仕えている王の姿が。

アーロンは王への敬意を示すためにひざまずく。

「我らの努⼒の結果、ディバイド王国は戦争で重要な役割を果たすことができ、⻄王国の事実上の指導者としての地位を確⽴した」

国王はアウターとの戦いに言及している。

「我らはついに、ヘブリオン帝国に再び匹敵する評判と⼒に到達した。これらの祝福はすべて、あなたが素晴らしい指導をしてくれたイェニチェリのおかげです。王の名において、私はあなたが王室のためにしたすべてのことを認めます」

イェニチェリ。

彼らはディバイド王国のエリート武装組織。

国王の改⾰以前から、彼らは広く知られており、ディバイド王国だけでなく全世界で最も強⼒な武装組織の1つと呼ばれていた。

イェニチェリは、王室に奉仕することを唯⼀の⽬的として訓練されて、誕⽣から⼀緒に育てられた才能のある個⼈で構成される。

王族のためにすべてを喜んで犠牲にした彼らは、忠誠の化⾝とも言えるでしょう。

彼らの絶え間ない訓練の結果として、彼らの純粋な強さは畏敬の念を起こさせていた。

そして、アーロンはイェニチェリの指導者なのだ。

「私たちの存在意義は、王室のためだけのものです。私たちは義務を果たしたまでです。それ以上のことは何もありません」

「あなたの言葉は⾮常に信頼できますね」

国王はアーロンの答えに満⾜しているように、頭をうなずく。

(プリレチャ事件は本当に衝撃的だったのだろう)

アーロンは、国王の過去との微妙な違いに気づいていた。

過去には欲求不満と怒りしか表現していなかった国王が、今では奇妙な静けさを漂わせている。

「アーロン卿、私があなたを呼んだ理由はかなりシンプルです」

その瞬間、誰かが⽟座の間に⼊った。

彼は顔全体を隠す仮面を着けている。

イェニチェリは国王を守るために結成された組織。

当然のことながら、アーロンは王国のすべての事柄を内外を問わず把握していた。

しかし、仮面の男の正体は分からない。

アーロンがその男を信頼していないのは当然の反応だろう。

なぜ、彼が現れたのか分からない。

「アーロン卿、あなたはこれまで王室のために精⼒的に働いてきました。そろそろ休む時間でしょう」

その言葉を聞いた瞬間、アーロンは胃の中に⽳が空いたような感覚に陥る。

「ロンゴート地⽅に旅⾏することをお勧めします。そこで簡単な任務をお任せします」

「陛下」

「今後、イェニチェリはこの男の指揮下に置かれます」

「陛下、私の無礼をお許しください」

アーロンは自分の発言が王への違反であることを知りながらも、王に発言する。

「それが陛下のご命令であるならば、私は喜んで受け入れます。しかし、イェニチェリは王室のためだけに存在する組織です。私たちは、絶対的な忠誠⼼のために誕⽣から訓練されています。⾎統不明の男に命令させることはできません」

外国⼈は⾔うまでもなく、そのメンバーでさえなかった誰かにイェニチェリのリーダーを任せることは、あまりにも無謀な行いだろう。

それは、何世紀にもわたって王室に仕えてきたイェニチェリの信憑性を否定することと同等だった。

「王国のために多くのことを変えなければなりません」

「陛下、この男はただの外国⼈です。彼へのあなたの信頼について多くの疑問があります。もしも・・・」

「これはお願いではなく、命令です。アーロン卿、あなたの義務を怠らないでください」

「・・・」

それ以上の発言が許されない雰囲気が流れる。

アーロンは、国王の命令を受け入れるしかなかった。

彼はひざまずき、⻭を⾷いしばって答えた。

「それが全能の王、ソリンの息⼦の意志であるならば」

 



 

「突然だったかもしれないな」

アーロンが去った後、⼆⼈の男は⽟座の間に残った。

「しかし、それは必要な仕事。この決定的な瞬間に、彼が私たちの本当の正体を調べる可能性があるのだから」

ディバイド王の正体を引き継いだピエロマスクが席から⽴ち上がる。

「ディバイド王国は完全に私たちの⼿にあります」

1年。

彼らはたった1年の間にディバイド王国を徹底的に⾷い尽くした。

王に反対した役⼈は密かに殺害または追放されて、彼らはそれらの位置に無⼒な人員を投入する。

さらに、地⽅の領主を彼らに有利に振って、彼らの絶対主義に反対する⼈々を抑圧するように巧みに操作したのだ。

これはすべて、国に対する彼らの⽀配を強化するため。

疑惑を抱く⼈もいたが、今ではごく僅か。

クロウマスクは平民の間に、帝国に対する憎悪をかき⽴てた。

歴史的な敵で、古いライバル。

「共通の敵」が⽣まれた。

「クロウマスク、あなたの政治的才能は本当に素晴らしいですね・・・」

「私は計画に従って進んでいるだけです」

計画。

これはクロウマスクが達成したかった真の⽬的のほんの⼀歩にすぎない。

「しかし、まだいくつかの変数が残っています」

ピエロマスクの批判に対して、クロウマスクはため息をついた。

「デジール・アルマン」

完璧な計画に汚れを残した棘。

「まず第⼀に、デジール・アルマンは最近第4級を達成しました」

「彼はおそらくホムンクルスの能⼒を分析することで到達したのでしょう」

クロウマスクはすぐに結論に達した。

彼は少し深呼吸をする。

「急ぐ必要はありません。デジール・アルマンを排除する機会は、必ず再び来るでしょう」

「それは彼のことですか?」

スカルマスク。

誰も彼の正体を知らない。

彼と同じ側にいたクロウマスクとピエロマスクさえも知らないのだ。

彼については無数の質問がある。

スカルマスクは、ホムンクルスの能⼒に匹敵するレベルの⼒を備えた戦略兵器を持っていた。

常識に反する実⽤性を備えた想像を絶する数のアーティファクト。

「スカルマスクは、⼀度も彼の本当の⽬標が何であるかについて話したことはありません」

「『アルテミスのためだけに・・・』と⾔っていた」

「彼の⾏動は最近さらに不規則になっています」

ピエロマスクは窓の外を指さした。

完全に鋼で作られた奇妙に⾒える巨⼤な彫刻。

「彼はそれを作るために全国から魔法⽯を注⽂しました」

「知っています。彼はそれが何のためにあるのかさえ私たちに教えてくれない」

「彼は明らかに私たちが考えているものとは異なる⽬標を持っています。私たちを駒として使うことで、彼は着実に⾃分の計画を進めているのでしょう。そして彼の計画が何であれ、それは間違いなく私たちに有利ではありません」

懸念点の一つ。

スカルマスクは独自の計画を明らかに進めていた。

不安な気持ちがあるにもかかわらず、クロウマスクはため息をつくだけ。

「彼の⽬標が何であれ、私たちは彼に従うしかないのです」

クロウマスクの選択は、忠誠⼼のような無駄なものではない。

「彼が提供するリソースを利⽤することは、彼がもたらすリスクをはるかに上回るのだから」

 



 

ホムンクルスが敗北した以上、アウターの計画は大幅に狂ったのかと思っていましたが、そうではないようですね。

特にスカルマスク。

彼の力は、影の世界で戦ったとき以上の戦力を誇っているのでしょう。

第4級に到達したデジールですが、シャドウラビリンスをクリアする前の障害はとてつもなく大きいものですね。

帰還者の魔法は特別です【205話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は205話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...