帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【203話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は203をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

203話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【202話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は202話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 二人の第四級魔術師

マナの急速な変化は衰えていた。

デジールには無駄にする時間がない。

彼は冷静にマナサークルの周波数を制御し始めた。

周波数が再び変化したとき、彼はその変化に適応して、もう⼀度それを分析する。

難易度は⼤幅に低下し、制限時間はその後⼤幅に増加した。

マナサークルを⽀配下に置いた後、デジールは疲れ果てる。

「・・・成功したと信じたいですね」

デジールは近づいてきたジョードにそう告げる。

ジョードは落ち着きを保ちながら、彼の状態を観察した。

「私が知る限り、あなたがこれを⾏う最初の⼈間でしょう。マナの互換性を⾼めることに加えて、サークルを進化させてくれて、おめでとうございます」

デジールは笑顔を隠すことが出来なかった。

彼は前世で直面した限界を超えて強くなったのだから。

 



 

ヘブリオンアカデミーの⽣徒は、毎⽉、⾃分の成績をアカデミーに報告する必要がある。

「あり得ない・・・」

報告を受けた後、アカデミーの教授たちは皆ショックを受けていた。

「アゼスト・キングスクラウンからわずか数か⽉後、もう1⼈の第4級魔術師が現れるなんて・・・。実際には2人だが」

第4級を達成した人物は⾼ランクの魔術師と⾒なされる。

そして、そのような段階に到達できた⼈はほとんどいなかった。

⼤陸全体で開花している才能の⼤多数の中⼼であるヘブリオンアカデミーでさえ、その数は少ない。

「それで・・・、彼らの名前は?」

「1人目はデジール・アルマンです」

第4級を達成した魔術師の1⼈はデジール・アルマン。

彼のことを知らなかった教授は誰もいないだろう。

デジールは、戦争への貢献で⼤陸中で有名な⼈物だったのだから。

「⼊試で得た互換性の結果からすると、彼が第4級を達成することは不可能だと思っていましたが・・・」

デジールのマナの互換性は酷いものだった。

真実であると考えていたことに基づいて、彼が第4級を達成することは不可能だと確信していたのだ。

誰もが混乱していたが、エルセンブランの一言で空気は変化する。

「しかし、デジールですから」

その言葉で、彼らの考えは揺さぶられたかのように、会場の雰囲気は大きく変化した。

疑惑は⼀瞬にして治まる。

むしろ、デジールが第4級に到達したため、会議は少しお祝いの気分になり始めた。

 



 

デジールが第4級を達成したというニュースは、すぐにアカデミー全体に広まる。

今日は、三者が三隅の戦いで対決する予定の⽇。

ムクドリパーティ、ブルームーンパーティ、レッドドラゴンパーティが本格的に準備していた。

仮想の影の世界は、海の世界に設定されている。

この外洋には3隻の船が浮かんでいた。

各パーティの指導者であるデジール、ラドリア、ケルト訓練を⾒守っている。

ケルトが質問をする。

「デジール、私は正直恐れています。どうやって急速に成⻑したのですか?」

デジールは戦いから⽬を離さずに答えた。

「まあ、ハードワークで不可能なことは何もありません」

マナサークルの移植は秘密裏に⾏われていたので、彼は⾃分がどのように強くなったのかを正確に伝える余裕がなかった。

ラドリアは肩を軽く肩をすくめた。

「まあ、デジールだから驚くべきことではありませんね。しかし、ロマンティカが第4級を達成したことは、多少驚きました」

第4級にたどり着いたもう⼀⼈の魔術師はロマンティカ・エル。

彼⼥の表情を曇らせていた暗闇は完全に消えていた。

【アヴァロサの嵐】

第4級に到達したものの、第4級の魔法はまだ⼗分に扱えなかった。

彼⼥は今でも主に第3級の魔法を使っている。

しかし、ロマンティカに⼤きな変化があったことは明らかだ。

以前と同じ魔法を実⾏したときでさえ、第3級だったときと現在の間の⼒の違いは驚くべきもの。

ロマンティカは、デジールの支援のおかげで、前世のロマンティカと⽐較して壊滅的な速度で成⻑していた。

「成功の秘訣は何ですか?」

「秘密です。あなたが私のパーティに参加するなら、教えるかもしれませんね」

ラドリアは⽬を瞬き、爆笑した。

ケルトは隣の会話を聞きながら、優しい笑顔で話す。

「あなたとロマンティカだけではありませんが、あなたのパーティ全体は⾮常に急速に成⻑しています。彼らのスキルはかつてないほど向上していますね」

「ええ!彼らはかなりタフになっています。以前は、一年生は30分も続かなかったのだから」

ムクドリパーティの一年生は、他の2つのパーティの激しい攻撃に耐えることが出来なかった。

しかし、それは過去の話。

今の一年生たちは、アカデミーの権威あるパーティーに追いついている

ケルトは真⾯⽬な顔で⼝を開いた。

「学⽣がこれほど成⻑するのを助けることができる教授はいないでしょう」

それから彼はアゼストを指さす。

「アゼストが第4級第に到達したとき、それは彼⼥の才能のせいだと思いました。しかし、あなたのパーティメンバー全員が成⻑している⽅法、そしてロマンティカがどれほど早く第4級に達成したか、私は彼らへのあなたの影響がその⼤きな部分であると感じずにはいられません」

ケルトは深呼吸して続けた。

「・・・私たちにも教えてくれませんか?」

デジールは、彼が少しも予期していなかった言葉を聞いて驚く。

彼は向きを変えてケルトと目を合わせた。

ラドリアはケルトの後、これが彼らが事前に計画した遊びであるかのように言葉を付け加える。

「スパーリングを通してね」

ラドリアとケルトは、デジールよりも早く第4級に到達し、それぞれのパーティ内で指導的地位を獲得し、デジールの先輩でもあった優れた魔術師。

彼らがプライドを飲み込んで彼に頼むのは簡単ではなかったでしょう。

デジールは状況を⾮常に前向きに受け⽌めた。

(これは予想外の利益だ)

ブルームーンパーティとレッドドラゴンパーティは、来たるシャドウラビリンス襲撃の核となる⼒。

彼らの⼒を⾼めることは、ヘブリオン帝国の準備を改善することに直接繋がるでしょう。

「承知しました」

「本当?」

「2⼈は合同トレーニングを受け入れてくれました。そのお返しと考えてください」

「ありがとう、デジール」

「私も感謝するわ」

ケルトとラドリアはデジールに感謝した。

「デジール、第4級に到達してからテストはしてみたの?」

「いいえ、まだです」

デジールはパーティメンバーの世話をし、彼らの訓練の強度を増している間、彼⾃⾝のための時間が取れなかった。

ラドリアの顔が明るく輝く。

「今、ここでテストしてみませんか?私たち2人に対して」

「それが良い考えかどうかはわかりません」

「あなたは私たちを過⼩評価しています。私たちも成長しているのですよ、デジール」

ケルトが⼿を前に伸ばすと騒⾳が響き渡った。

循環しているマナの量は信じられないほどだ。

この場所は海。

それは⽔属性の魔術師にとって最⾼の戦場。

ラドリアもまた、彼⼥⾃⾝の魔法を呼び始めた。

⼿を軽く叩くだけでその地域の空気が沸騰し始め、すぐに船の⼿すりが発⽕する。

「分かりました」

ラドリアとケルトは、前世のシャドウラビリンスでかなり⻑く生き残った素晴らしい魔術師。

デジールは彼のマナを呼びだす。

以前の能⼒を完全に超えた、彼が利⽤できるマナの量を感じることができた。

彼の周りに形成された呪⽂の配列は、かつてないほど広い領域をカバーしている。

その直後、呪⽂が衝突し、不敬虔な不協和⾳が⽣まれた。

巨⼤な爆発が戦場全体に響き渡る。

 



 

デジールとロマンティカの2人が第4級に達成しました!

これは凄いことですね♪

2人が第4級に慣れれば、アウターの壊滅も近いのでは?

残るはプラムですが、彼の悩みはまだ見えていませんね。

そして、ラドリアとケルト相手の模擬戦。

デジールの力はどれだけ成長したのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【204話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は204話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...