帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【202話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は202をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

202話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【201話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は201話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • マナサークルの移植

魔塔の実験室。

ジョードは困惑した表情でデジールを⾒ていた。

「もう⼀度止めようと説得するつもりでしたが、あなたの気が変わるとは思えないですね」

「はい」

デジールは決意の表情を浮かべる。

彼の目には断固たる意志が感じられた。

(彼は衝動的になっていると思っていたのだが・・・・)

それがジョードが1週間の猶予を与えた理由。

しかし、これ以上の時間は必要ない。

ゾッドは彼の決意を尊重することに決めた。

「ホムンクルスと背中合わせに座っている間、ここで少し待っていてください」

 



 

デジールはホムンクルスがいた場所に到着した。

ホムンクルスはひざまずく体勢で縛られたまま、デジールを睨みつける。

「ふ〜ん・・・、あなたは自分から自殺行為を選んだのですね」

ホムンクルスの状態は完全に回復していた。

しかし、特殊な拘束具により彼女は力を発揮することはできない。

完全に動くことができない少⼥は、戦争中に多くの命を奪った怪物とは思えなかった。

見た目からは想像もつかないだろう、因果関係の原理を操作する神のような⼒を備えた最も強⼒な敵とは。

デジールはホムンクルスと背中合わせに座る。

少し後、ジョードが近づき、始める準備ができていることを知らせた。

「ジョード、それは?」

「これは、移植中にあなたとホムンクルスを整列させ、マナサークルが崩壊しないようにするための安全装置です。マナサークルとの調和を助けるための補助装置も⽤意しました」

ジョードもこの1週間で、デジールのために様々な対策を考えてくれたようだ。

「どんなに⾟くても、ホムンクルスから離れることはできません。出⾎した場合は、⾎を流し続けるだけ。集中⼒を失うわけにはいきません。悲しいことに、⿇痺魔法は選択肢から外れているのですが・・・」

デジールは、その言葉に同意する。

⿇痺魔法は、⾼速で正確なマナコントロールの妨害をしてしまう恐れがあるからだ。

「最も重要なことは、すべてを迅速に⾏わなければならないということです。すぐに調和させないと、マナサークルが損傷して破損する可能性があります」

「分かりました」

ジョードは2⼈を縛り付け、準備が完了したことを⽰す。

「3のカウントから始めましょう。123!」

同時に、巨⼤な帯状の装置が光り始めた。

デジールは、ホムンクルスのマナサークルを以前よりも強く感じる。

ホムンクルスの体内に存在するすべてのマナサークルの中で、ジョードは⼼臓に近い特定のサークルに気づく。

それがデジール自身のマナサークルと最も波長の合うものだった。

しかし、このマナサークルは第6級。

ジョードはホムンクルスのサークルを分解し始めた。

ホムンクルスはマナサークルが引き裂かれる痛みで震えていたが、彼⼥の体は無傷のまま。

そして、第4級のマナサークルまで分解することに成功する。

ここまでくれば、デジールに移植しても問題はない。

さらに、ジョードはマナを4つに分割することで、マナをさらに⾼いレベルの精度と繊細さで制御した。

「デジール、準備をしなさい」

分解されたマナサークルが、ホムンクルスからデジールへと⼀つずつ移植し始める。

二つ目までは順調だった。

しかし、三つ目を移植すると、デジールの体が有害反応を示し始める。

「マナ互換性の限界か・・・」

拒否反応が予想以上に大きい。

ジョードの集中力が一瞬でも揺らぐと、デジールの体はバラバラになるだろう。

しかし、彼の集中力は凄まじかった。

彼の圧倒的な第7級の力で包みこみ、それをデジールの体に⼒強く押し込んだ。

その偉業は、大陸で唯一の第7級魔術師であるジョード・イグザリオンにのみ可能なこと。

間もなく、マナサークルのピースがすべてデジールに移された。

 



 

デジールは⼼臓が⽌まるような⼤きな痛みを感じる。

何かが彼の⼼臓をつかみ、それを窒息させようとするかのように。

外部からのマナサークルは彼の体に衝撃を与えていた。

しかし、1週間の徹底的な準備の結果として、痛みはそこで終わる。

(これ以上の痛みで集中力を途切らすことはできない!)

ジョードは本能的に眉を上げたが、黙って働き続けた。

「デジール、残りはあなた次第です」

反発⼒を抑えていたジョードのマナが完全に消えると、埋め込まれた第4級マナサークルが暴動を起こし始める。

マナサークルは、ホムンクルスに影響を与えるマナ抑制装置によって鎮圧されなくなったため、周囲からマナを吸収し始めた。

デジールは急いでマナサークルの制御を始める。

「速い・・・!」

ジョードの眼差しは賞賛に近いものだった。

過去に数回、彼はデジールが異なる周波数を制御するのを⾒たことを思い出す。

しかし、今回の彼は大きく異なっていた。

デジールが新しい周波数を読み取り、自身のマナを強制的に埋め込まれたマナサークルと共鳴させ始めるのにかかったのは1秒だけ。

過程の部分は、ジョードが想定したよりも⾼速で。

しかし、完全に順調とは言えない。

「変化が早すぎる」

ジョードの顔色が悪くなる。

埋め込まれたマナサークルがジョードのマナを少し吸収したため、予想よりも早く変化している。

それは不運としか言えない。

制御を取り戻そうとした後、デジールは最終的に諦めて、プロセスをもう⼀度再開した。

神経質になっていたジョードとは異なり、デジールはまったく動揺していない。

成功も失敗も自分自身の責任なのだから。

落ち着いてもう⼀度周波数を読み、マナをコントロールする。

しかし、マナサークルの周波数は再び変化した。

それでもデジールは諦めずに、もう一度挑戦しようとするが・・・。

「ゴフッ!」

口から血を吐き出す。

崩壊の過程にあったマナサークルが彼の体に影響を与え、深刻な内傷を負わせたのだ。

マナは想像していたよりもはるかに混沌として暴れ回っていた。

小さな亀裂が生じる。

今は⼩さな⻲裂だが、その⼩さな⻲裂がいつ成⻑してマナサークルを破壊するかを誰も予測できない。

ジョードには見守るしかできない。

彼が下手に干渉すれば、状況が悪化する可能性があるからだ。

デジールは自分自身で解決しなければならない。

(もしも彼が失敗しそうになったら・・・)

ジョードはマナを集める。

状況がさらに悲惨になって、デジールの命が危険に晒された場合、彼は⾃分の⼿でデジールのマナサークルを壊そうと決⼼した。

結局のところ、それは死ぬよりも良い運命なのだから。

しかし、ジョードはデジールの表情を見て驚く。

「彼はどうしてそんなにリラックスしているんだ・・・?」

同時に、ほんの少し前まで狂ったように暴れていたマナが、デジールの体内で確実に衰え始めていた。

それはマナサークルとの調和に成功したことを意味する。

 



 

無事にマナサークルの移植を終えたデジール。

彼の実力はどこまで伸びるのでしょうか?

そして、マナサークルを抜かれたホムンクルスは?

彼女の行動は見逃せませんが、味方になって欲しいと思います。

帰還者の魔法は特別です【203話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は203話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...