帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【200話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は200をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

200話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【199話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は199話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • デジールとロマンティカ

「デジールさん。・・・それだけですか?」

ムクドリパーティの中心メンバーは、実戦訓練の⼀環として、ルーキーメンバーと戦っていた。

ここはバーチャル空間の影の世界。

設定は熱帯林であり、多数の⼤きな⽊々が視界と動きを損なう。

極端な湿度と熱が混ざり合ったため、全体的に蒸し暑く、かなり不快な環境。

影の世界には、多くの有毒な昆⾍や暴⼒的な動物が⽣息している。

猛暑の中で常に警戒を怠らないことは簡単なことではなかった。

デジールは冷静に、彼の呪⽂の1つに捕らえられた1年生に話しかけた。

「あなたの野⼼は称賛しますが、あなた自身がどんな利点を持っているかについて慎重に考えてください。ブレスレットの通信機能を使⽤できるのはあなただけなのだから」

雷が1年生を襲うと、彼の形はすぐに不明瞭になり、消えていった。

[1⼈が排除されました。12⼈が残っています]

デジールは、学⽣の弱点をどのように改善するかについて苦しんだ。

「私たちが彼らの呪⽂の詠唱速度を上げることが出来れば、それは彼らがはるかに強くなるのを助けるはず」

強く、その言葉で昨日の出来事を思い出させる。

「残り6⽇か・・・」

ジョードは、物事を冷静に考えるために、デジールに1週間を与えた。

「あの場で決定を下すことは、間違いなく無知な行為だったな」

いつものデジールであればすぐに気づけただろうが、あの⽇、彼は潜在意識のレベルで、怒りに囚われてしまったのだ。

その結果、ジョードに失礼なことをすることに。

「焦っていたのだろうか?」

その時、⼈が葉を踏むのを聞くと同時にマナの痕跡を感じて、すぐに呪⽂を発動する。

しかし、相手は、こちらが先に発動したにもかかわらず、デジールの前に呪⽂を完了させた。

⾵の弾丸が後ろの⽊の中⼼に当たる。

しかし、デジールは反撃しなかった。

「反撃しないの?」

「私はあなたが誰か知っていますから」

デジールとロマンティカが出会ったのは偶然。

訓練中、中心メンバーの検出魔法と通信魔法は禁⽌されていたから。

純粋な偶然の結果として、デジールとロマンティカは、残りの中心メンバーが集まる前に⼀緒になってしまった。

「彼らの調子はどうですか?」

ロマンティカはデジールの質問に肩をすくめた。

「基本的なスキルは⼗分だと思うけれど、彼らは別々に働いているわ」

「うーん・・・。おそらく、これは彼らが⾃分自身で実現するには難しすぎるものでしょう。しかし、私は彼らに話し合うのに⼗分な時間を与えました」

「彼らに直接伝えるほうがいいんじゃ?」

デジールは⾸を横に振る。

「彼ら⾃⾝で状況の意思決定スキルを学ぶ必要がある。⾃分で学んだことを忘れるのは難しいから」

「まったく気づかないよりはましね」

「もう少し時間を与えてください。彼らはそれを理解するでしょう」

「・・・分かったわ」

 



 

遠くから爆発音が聞こえた。

デジールは、トレーニングに集中することに。

[1⼈が排除されました。11⼈が残っています]

「ロマンティカ、プラムとアゼストの場所は分かる?」

「通信盗聴によると、プラムは東の方向にいるわ」

二人が爆⾵の⽅向に近づくと、デジールとロマンティカは周辺地域の温度が突然下がったことに気づく。

まるで蒸し暑さが嘘であるかのように肌寒い。

気温がさらに下がって不快な寒さの範囲に⼊ると、二人は⾮常に強いマナの動きを前⽅に感じた。

冷たいそよ⾵は間違いなく氷の魔法。

デジールとロマンティカは巨⼤な⽊の後ろに⾝を隠す。

他の巨⼤な⽊々がその周りで倒壊し、熱帯林の⼀部が氷の魔法で凍って粉々になった。

ロマンティカは、⾃分の周りで繰り広げられる光景を見ながら、短い感嘆の声を上げる。

「わあ・・・」

一年生のうち6⼈が、アゼストと対峙していたのだ。

彼らはこれまでに遭遇したものとは異なっている。

前に3⼈の剣⼠、後ろに3⼈の魔術師。

それぞれの役割の強みを最⼤化するためにフォーメーションを作っていたのだ。

アゼストは氷の中⼼を使用していない。

通常の鋼の剣と、いつもの氷の魔法で彼らと対峙していた。

氷が集まって、彼⼥の頭の近くに球を形成する。

その後、氷の弾丸を四⽅⼋⽅に射出した。

「散開して攻撃しろ!」

彼らを率いていたのはロンド・フィズルバン。

デジールは満足そうな声で話した。

「彼らはこのトレーニングの⽬的を理解したと思います」

彼らはデジールの賞賛に値するものだった。

「観察を続けましょう」

デジールとロマンティカは戦いを観戦し続けることを決める。

⼀年⽣はアゼストの呪⽂の猛攻撃に苦しんでいた。

「アゼストは、⼿動で呪⽂をコントロールしているわ」

ロマンティカは戦いから⽬を離さずに話した。

アゼストは、彼⼥の最⾼のテクニックである想像魔法を使⽤していない。

代わりに、彼⼥は通常の呪⽂と剣技だけに頼っていた。

「彼⼥が全力を出した場合、それは彼らのためのトレーニングにはならないからな」

彼⼥は力を抑えていたが、それでも優勢だった。

【バーンアウト】

空からの⽕の⽟が、アゼストがほんの少し前にいた場所を平らにする。

圧倒的な⽕⼒を誇るロンドの爆撃魔法。

しかし、アゼストは無傷だ。

彼⼥の周りには氷の柱がそびえ⽴っている。

 



 

「予想通り強いわね、アゼストは」

「アゼストが?ええ。この⼤陸では、アゼストより強い⼈を⾒つけることはできないでしょう」

「・・・どういう意味?」

二人はお互いに顔を見合わせた。

まるで鏡のように、お互いの表情が反射される。

「ロマンティカはそう思わないのか?アゼストは、氷の中⼼と想像魔法を使⽤して、ビショップレベルの剣⼠を打ち負かした」

「あんたの方が強いわ」

その言葉で、デジールは息を止める。

ロマンティカが慰めの言葉を言わないことを知っていたから。

「それよりも・・・。アゼストがここにいる限り、私は必要ないでしょうね」

彼⼥の声が暗く深まる。

「・・・」

デジールは、彼⼥が今どのように感じているかを理解していた。

「ホムンクルスとの戦いの時。パーティのメンバーが⼀⼈ずつ落ちて、何もできなかったとき、私は哀れな気持ちになったわ」

氷が破裂する⾳が響き渡る。

「仲間を守るために、どんなに頑張っても登れない壁を⾒つけてイライラしたのか?」

デジールの質問に、ロマンティカが不安定な声で答えた。

「どうして分かったの?」

「私も同じだったから」

ロマンティカは⽬を⼤きく開いた。

「嘘よ。あなたはアゼストを倒すのに⼗分な強さを持っているわ」

デジールは笑った。

「本気でそう思っているよ」

彼の⼝調に虚偽の痕跡は見つからない。

彼の前世での彼の⽴場は、ロマンティカとそれほど変わらなかった。

シャドウラビリンス。

⼤陸を破壊し、デジールの⼈⽣をひっくり返した災害。

遠征の⼀環として、彼の仕事は後⽅に留まりながら敵の攻撃を阻⽌することだった。

デジールは敵の攻撃を無⼒化することにおいて並外れた能力を備えていたから。

しかし、逆算させる前にそれらの呪⽂を分析するのにかなりの時間を必要とした。

仲間の何⼈かは彼の命を救うために命を捧げさえした。

同志が目の前で死んだ後、デジールは何千回も⾃分⾃⾝を⾮難し続けた。

彼は常に保護されていた人物。

同僚の犠牲によって、敵の呪⽂を繰り返し逆算させてきたのだ。

時が経つにつれて、デジールは犠牲に⿇痺する。

それが当たり前になっていた。

それでも忘れることのなかった気持ち。

(たぶん、その怒りがジョードに向かって燃え上がった。なぜなら・・・」

デジールはついに前⽇の気分を乗り越えた。

彼はもっと強くなりたかった。

それは、第4級に到達することによって限界を超えたかったという理由だけではない。

隣に⽴っていた仲間を護りたかったから。

ロマンティカをまっすぐ⾒つめながら、デジールは話した。

「同じ経験を持つ⼈として、私はあなたにこれを話します。焦らないでください」

それは自分自身にも言ったこと。

「急いでいるだけでは何の役にも⽴たない。落ち着きを保ちながら前進すれば、いつでも改善することができるはず」

「・・・けれど、私の才能は単なる第3級に過ぎないわ」

デジールは頭を横に振る。

彼はロマンティカが何ができるかを正確に知っていた。

「⾃分の限界を⼝述しないでください。あなたはもっと上に行ける」

ロマンティカは眉をひそめた。

「だけど、あなたは私にその⽅法を教えてくれない。あなたは私が本当に第4級に到達できると私に保証していないわ。第3級を達成したときのように・・・」

「私ロマンティカを信じている」

デジールは断定的な⼝調で話した。

「ロンド・フィズルバンに何も⾔わなかったのと同じように。私は彼が私の意図を理解すると信じていました。彼と同じように、ロマンティカも⾃分自身の力で第4級を達成できると信じています」

 



 

ロマンティカの悩みを聞いたのはデジールでしたね。

具体的な方法は明かされていませんが、ロマンティカが第4級に到達できる日も近いのではないでしょうか。

一方のデジールも、ホムンクルスのマナを移植することは諦めたようですね。

別の方法が思い浮かんだのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【201話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は201話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...