帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【199話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は199をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

199話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【198話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は198話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 絶望の壁

魔法⼯学の中⼼地、都市国家アルティア。

皇帝から授けられた⾦⾊の盾のおかげで、彼は都市間を自由に行き来できている。

ジョードの実験室を訪ねる。

実験室は、ほんの数⽇の間に⼤きく変化した。

ホムンクルスを拘束する装置の数は2倍になり、ホムンクルスからのさまざまな読み取り値を詳細に⽰すパネルが設置されている。

「研究の進歩はあまり進んでいないようですね」

デジールの問いかけに、ジョードは大きくため息をついた。

「ええ。まったく進歩はありません」

彼は続けて、⽬の前のスクリーンを指さした。

「これは、ホムンクルスの体の構成にすぎません」

「これは・・・」

初見でも複雑なことが分かる。

未来からの知識を備えたデジールでさえ、ほとんどのことを理解するのが難しいと感じた。

「研究すればするほど、理解しにくくなります。ホムンクルスは、魔塔の現在の技術的能⼒をはるかに超えています」

ジョードは⾃虐的な表情で微笑む。

彼の声には怒りが混ざっている。

それは⾃然な反応だろう。

ジョード・エグザリオンは、この時代で最も強⼒な魔術師であり、最⾼の魔法技師。

彼のプライドはひどく傷つき、彼の理解できない何かがあったことを認めていた。

「このままでは、実質的な進歩はありません。不本意ですが、最善の⾏動は、これに取り組むチームを作ることですね」

「あなたの不満は理解していますが、このプロジェクトには最⼤限の秘密が必要です。彼らの邪悪な⼿が邪魔するのを許す余裕はありませんから」

邪悪な手とは、アウターのこと

ジョードは言葉の意味を理解し、かすかに微笑んだ。

「信頼できる助っ人を雇います。ですから、⼼配しないでください」

「しかし、一つだけ成功がありましたね」

画⾯には、ホムンクルスの⼼臓部付近の円が表⽰されている。

それは、ホムンクルスのマナサークル。

「今でも信じられないよ。本当に⼈⼯的にマナサークルを埋め込んでいるなんて・・・」

各魔術師は個々のマナサークルを持っている。

これは決して変わらない真実。

「デジール、私はあなたの理論を聞いた後、これに備えていましたが、それでも信じられません」

ホムンクルスにさまざまな魔術師からマナサークルが奪われている。

それらは、ホムンクルスの⼒の重要な鍵だった。

「錬⾦術師がどのようにそれらを移植したか分かりましたか?」

「はい。ホムンクルスが因果関係をどのように操作するかを理解しようとすることは不可能に思えますが、マナサークルがどのように埋め込まれたかは理解できます」

デジールは、ジョードを心から賞賛する。

ほんの数⽇で結果を得ることができたのは、ジョード・エグザリオンだけだろう。

デジールの心は期待で満たされていた。

「・・・ついに、私は第4級に到達できる」

越えられない壁。

彼と第4級の間に⽴っていた通⾏不能のバリケード。

「マナの互換性の悪さを克服できるとは思ってもみませんでした」

マナの互換性。

それは魔術師の可能性と才能の主要な尺度。

マナの互換性が優れている⼈は、⾼いマナサークルを達成できる。

計算速度であろうと状況判断であろうと、魔術師の他のすべての側⾯は、訓練と経験によって改善される可能性がある。

しかし、マナの互換性の限界を超えることは不可能だった。

魔術師の最も貴重なリソースであるマナプールの大きさは、魔術師としての才能を本質的に決定するのだから。

その結果、⻑い間第4級に到達することを諦めていたデジールは、今、この天国に挑む機会を与えられたのだった。

喜びを隠せずにはいられない。

「しかし、私はあなたの体にマナサークルを不⽤意に移植することはできません」

ジョードの警告で、デジールの⼼は⼀瞬で空虚になる。

 



 

氷のように冷たい絶望に覆われた。

「ホムンクルスからマナサークルを抽出すると、他の研究が妨げられるからですか?」

「いいえ。マナサークルは、その⼒を動員することだけを許可します。そのうちの1つを抽出しても、調査するのにそれほど問題にはならないはずです」

「では、何が問題なのですか?」

デジールは、ジョードがなぜ躊躇しているのか理解できないでいた。

「サークルを埋め込むことは難しい部分ではありません。その後に起こることが問題なのです」

ジョードは椅⼦にもたれかかった。

「理論的には、マナサークルをコントロールすることは不可能ではないはずです」

「ええ。⼗分な時間があれば、可能でしょうね」

「・・・?」

困惑の表情がデジールの顔に忍び寄る。

どうしてジョードはこれほどまでに躊躇しているのだろうか?

「失敗するとマナサークルが爆発します」

彼が望んでいた答えは予想外の情報源から来た。

 



 

ホムンクルスが⽬を開けていた。

ホムンクルスが⽣きていると呼ぶことは、部分的な真実にすぎないだろう。

その⾁と器官の塊は、⾎流のためのチューブと神経刺激のためのワイヤーで相互接続されていた。

その光景は恐ろしく、⾮⼈道的。

実験対象が⼈間だったとしたら、デジールとジョードはおそらく戦争犯罪で起訴されるでしょう。

「あなたは意識がなかったのでは?」

「話す必要がなかったのでじっとしていましたが、何か⾯⽩いことが聞こえましたから。私のマナサークルの1つを移植する予定なのですか?」

ホムンクルスはくすくす笑い出す。

「マナサークルが埋め込まれているためにマナの互換性が強制的に増加すると、マナが崩壊して体にマナが溢れるまで⻑くはかかりません」

「しかし、あなたは成功している」

「ええ、そうですね。私は成功しました。正確には、能⼒を98回使⽤した後に」

それはおそらく因果関係の原則を制御する能⼒のこと。

そして、98回死の危機に瀕していたことを意味したに違いなかった。

ジョードはため息をつく。

「その通りです。マナサークルを移植するリスクが⼤きすぎます。ホムンクルスは、その馬鹿げた能⼒があったから成功しました」

もしデジールが失敗したら・・・、彼は死ぬでしょう。

⼈⽣ほど貴重なものはない。

そのような遠い可能性で彼の命を危険にさらすことは非常に愚かだった。

それを諦めることは、10⼈の魔術師のうちの10⼈が選ぶ選択だろう。

しかし、デジールは違った。

「私なら可能です。マナをコントロールする私の能⼒は、ホムンクルスよりもはるかに優れていますから」

「デジール、私はあなたの能力を理解しているつもりです。けれど、リスクが⼤きすぎるという私の⾒⽅を変えるつもりはありません」

爆発が体を破壊する前にマナを制御できるようにするには、⾮常に短い時間ですべてを完了する必要がある。

マナの分析、計算、操作の両⽅を。

これは、他の誰かの呪⽂を妨害したり逆算させたりすることとはまったく異なる次元にあった。

ジョードの懸念は当然だろう。

それでも、デジールは後退しなかった。

ようやく第4級第に到達する⽅法を⾒つけたのだから。

この⼈⽣でも⼿の届かないと思っていた領域。

「ジョード、私はこのチャンスを諦めることはできません」

ジョードは深呼吸をした。

まるで⻑い会話の準備をしているように。

「あなたはすでに⼗分に強いです、デジール」

彼は本気でデジールのことを⼼配していた。

「あなたの戦闘⼒は第6級に匹敵します。魔法の決闘で何⼈の⼈があなたと対決できると思いますか?」

デジールは⾸を横に振る。

「しかし、私はすでに壁に直⾯しています。フェザーマスクと戦ったとき、⾃分の限界を感じました。ここで⽌めることはできない」

ジョードの声はかつてないほど深刻だった。

「すべての⼈間には限界があります。それが私たちがパーティを形成する理由です。あなたにはあなたのメンバー、ヘブリオン帝国、⻄王国連合、ハロウィンドの野蛮⼈、アルテミス教会の聖女、そして魔塔の主、私がいます」

これは、デジールの最も重要な成果。

調和。

彼の努⼒の結果、⼤陸全体で権⼒を握っている全てのグループが団結し始めたのだ。

デジールは、その重要性を誰よりもよく理解している。

ジョードは話し続けた。

「残りのアウターが不安な場合は、⼼配しないでください。現在の状況なら、どんな災害にも簡単に対処できます。レベル1の影の世界でさえ、私たちの前では何の意味もありません」

(しかし、あなたはシャドウラビリンスについて何も知らない)

「・・・そうじゃない。私は他の理由で強くならなければなりません」

デジールは躊躇し、本当の動機を明らかにしないことを選ぶ。

「デジール、別の⽅法を⾒つけましょう」

(別の⽅法?のんびりして何年も待つ余裕はない!)

その瞬間、彼の考えは中断された。

何かが倒れたような音が聞こえる。

いつの間にか、ジョードはデジールを⾒上げて地⾯に横たわっていた。

ようやく、自分が殴ったことに気づく。

「えっと・・・」

自分の行動が信じられなかった。

(なぜ私はこんなにも怒っている?)

ジョードは自分のことを心配してくれていただけなのに。

「申し訳ありません。私は・・・」

「分かっています、⼤丈夫ですから」

ジョードは埃を払い、椅⼦を⽴て直す。

「今、急いで決めることはできません。⼀週間後にまた話しましょう。それまでに、よく考えていただければ幸いです」

デジールはこの申し出を拒否できなかった。

 



 

第4級の壁にはデジールも苦悩していたのですね・・・。

確かに第4級の壁を越えれば、デジールは実質的に第7級に近い能力を手にする可能性があります。

しかし、リスクが大きすぎましたね。

デジールは1週間後、どのような決断を下すのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【200話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は200話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...