帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【198話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は198をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

198話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【197話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は197話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side ロマンティカ・エル

早朝、⼀⼈の⼥の⼦が訓練場で⼀⼈で訓練していた。

ロマンティカ・エル。

彼⼥の周りには、円の形をした10枚の鉄板が。

指をはじき、鉄板が⼀定の速度で彼⼥の周りを回転し始める。

ロマンティカは⼤気圧を調整しながら唇を噛んだ。

そして、ある特定の光景が思い出される。

ヨルムンガンド城塞でのホムンクルスとの戦い。

彼⼥の仲間は次々と危機に直⾯した。

プラムが倒れ、アゼストが倒れ、デジールは危機的な状態に。

「私は何もできなかった・・・・」

呪⽂をノンストップで唱えたが、ホムンクルスに対しては役に⽴たなかった。

全力の一撃は、ホムンクルスを1回だけ行動不能にした程度。

これまでの必死の努⼒は、ほとんど意味がなかったのだ。

「哀れね・・・」

友⼈が危険に晒されていたとき、彼⼥は何もできなかった。

あのときの戦いを思い出して、少し息苦しくなる。

ロマンティカが⼿を握り締めた瞬間、すべての鉄板が崩れ始めてボールの形に変化した。

⼤気圧の上昇によって鉄板が押しつぶされる⾳が訓練場を満たし、不協和⾳を⽣み出す。

一年前と比べると、彼女自身の成長は著しいものだ。

それでもなお、ロマンティカは苦しんでいた。

「私は単なる第3級魔導士」

1年前に第3級に到達し、それ以来⼤きな進歩はない。

それだけの速さで第3級に達成するには、驚くべき才能と献⾝が必要なことは間違いない。

⼤陸全体から才能ある⼈々が集まったヘブリオンアカデミーでは、ほとんどの⼈が卒業する直前に第3級にたどり着くのが通常なのだから。

しかし、ロマンティカが自惚れることはなかった。

それは彼女の性格が謙虚だったからではない。

「アゼスト・キングスクラウン」

魔法と剣術。

両⽅に⼤きな才能を持っていた真の天才。

アゼストの隣に⽴っている間、自惚れることができる⼈は誰もいないだろう。

誰よりも圧倒的な才能を持つ少⼥。

彼⼥の新しい武器である氷の中⼼を⼿に⼊れた後、彼⼥は⼤陸で最もエリートな人間に。

「どうして私は・・・」

剣を振り、流れる⽩いブロンドの髪をたなびかせるアゼストは、ロマンティカが彼⼥を直接⾒ることさえできないと感じたほど眩しく⾒えた。

彼⼥は太陽だ。

ロマンティカがその眩いばかりの感覚を感じるときはいつでも、彼⼥自身の暗闇が深まるだけ。

「強くなりたい」

強く。

彼⼥は熱⼼にそれを望んでいた。

しかし、深く考えるほど、暗闇はさらに深まっていく。

まるで絶望の⾃由落下のような感覚。

穏やかな訓練場に突然爆⾵が響き渡った。

鉄板が爆発し、鉄くずが地⾯に落ちたのだ。

ロマンティカは地⾯に倒れ、彼⼥の髪は爆⾵で押し戻されまる。

無意識のうちに過剰な量のマナを注⼊したことが爆発の原因だろう。

「・・・迷惑よ」

ロマンティカは地⾯に横たわっている間、空を⾒上げた。

太陽は澄んだ空に輝いていて、雲は⾒えない。

⼿を太陽に向かって伸ばしたが、当然のことながら、それに到達することはできない。

太陽はとても⾼いので、どこまで伸ばしても太陽には届かなかった。

 



 

ドレスデンの夏は蒸し暑い。

ヘブリオンアカデミーはいつも通りだ。

いつものように授業は退屈で、たくさんの課題が与えられる。

けれど、今では奇妙なことに興奮しているように⾒えた。

彼らが集まるたびに、彼らは連合軍とアウターの間の戦争について話した。

もちろん、デジール・アルマンが最も⼈気のあるトピック。

学⽣がシルバーライオンメダルを授与されることは例外的なことなのだから。

彼らがデジールについて話すときはいつでも、彼らはアユルス新聞社からのインタビューにも⾔及していた。

この2つの名前は密接に関連している。

アユルス新聞社は、デジールが公に取り上げられた唯⼀の新聞社。

デジールのインタビューが公開された後、ヘブリオン帝国と⻄王国連合の間の同盟に反対した⼈々の間で、かなりの数の⼈々が彼らの⾒⽅を変え始めた。

反対意⾒を持っている⼈を説得するのは⼤変だったが、自分自身の意⾒を持っていない⼈を揺さぶるのは⽐較的簡単なこと。

デジールが同盟を⽀持する理由を提⽰するとすぐに、国⺠の感情は劇的に変化した。

時間が経つにつれて、関係は改善されていくだろう。

⽬標の1つを達成すると、デジールは別の問題に取り組む事にする。

 



 

授業の後、ムクドリパーティのメンバーを招集した。

フリーチェルとタキランはメンバーを暖かく歓迎している。

彼らは昨年の秋にムクドリパーティに参加した。

当時、彼らのスキルは明らかに貧弱だった。

ただし、デジールから1対1の指⽰を受けた後、すぐに彼らは成長したのだ、

「お久しぶりです。お元気でしたか?」

「はい。お久しぶりです」

それは燃える炎のような⾚い髪の少年、ロンド・フィズルバン。

彼の特徴的な爆発タイプの魔法は、その卓越した⽕⼒でよく知られていた。

彼は現在、ムクドリパーティの一年生のリーダーだ。

デジールは、それがかなり素晴らしい変化だと思っていた。

パーティーメンバー全員が集まると、今回の議題が始まる。

「これからは、より実践的なトレーニングを⾏う予定です」

メンバーたちは彼が発表した新しい訓練体制に興奮したが、同時に⼼配もしていた。

なぜなら、それはデジールのトレーニングだから。

「可能な限り現実に近い模擬戦闘を行います。ブルームーン、レッドドラゴン、ムクドリの各パーティのメンバー間の交代での戦いで構成されます」

⼀年⽣たちの顔は⻘ざめた。

ムクドリパーティ、ブルームーンパーティ、レッドドラゴンパーティはヘブリオンアカデミーで最⾼のパーティ。

それらのパーティの中核メンバーは皆、アウターとの戦争で素晴らしいことを成し遂げた。

そんな彼らとの戦闘経験の差は歴然だ。

彼らは皆、絶望の表情でデジールを⾒た。

「ああ、⼼配しないでください。模擬戦闘は影の世界で訓練のために開催されます。死ぬことを⼼配する必要はありません。模擬戦闘の翌⽇は、⽋点を改善しましょう。その翌⽇、それに基づいた理論と戦略を学びます」

部屋の中がざわめきだす。

学業スケジュールとパーティトレーニングの両⽅を兼任することは過酷過ぎた。

⼀年⽣の誰かが⼿を挙げる。

「そ、それはあまりにも残酷なのではないでしょうか?」

「君たちが弱いので仕⽅がない」

弱い。

最近ムクドリパーティに加わった一年生は理解していない。

ムクドリパーティーはアカデミーで最⾼のパーティ。

「私たちはアカデミーで⼀番のパーティーですが?」

デジールは冷淡な⽬で彼を⾒つめた。

「パーティの⼒を⾃分の⼒と間違えないでください。1対1で対峙した場合、ブルームーンパーティ、又は、レッドドラゴンパーティとの戦いに勝つことはできないでしょう。最初、私たちは模擬戦闘に負け続けるはずです」

結局のところ、デジールはヘブリオンアカデミーでナンバーワンのパーティになることを⽬指していない。

「最初は難しいでしょう。しばらく負け続けるでしょうが、これはあなた⽅全員を成⻑させることになると確信しています」

デジールは、彼らがまもなく発生するシャドウラビリンス攻略の中核になると確信していたのだ。

 



 

ロマンティカの闇落ちフラグが立ってしまったような気が・・・。

彼女は戦闘面よりも、索敵などで大きく貢献しているので、ムクドリパーティに必須のメンバー。

けれど、どうしてもアゼストの存在が大きくのしかかっていますね。

そして、二人ともデジールに対しての思いがあるようですし、いずれは何か起きるでしょう。

帰還者の魔法は特別です【199話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は199話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...