帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【197話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は197をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

197話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【196話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は196話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 恥ずかしがり屋のヒーロー

「帝国は、⻑年の敵である⻄王国連合と和平を結び、アウターの敗北に⼤きく貢献しました。⼤陸は今、過去に前例のない平和な状態にあります」

レナドナー。

これは、ヘブリオン帝国内で歴史的に最も重要なイベントのためだけに開かれた場所。

⼤理⽯の床は煌びやかな光の下で明るく輝いていて、華やかな⼤理⽯のライオンはとても鮮やかに⾒えた。

壁には過去の皇帝の肖像画が飾られており、それぞれが⾦⾊の額縁で均等に強調されている。

「彼の卓越した業績により、多⼤な尊厳を与え、この帝国の壮⼤な誇りの源となった⼈がいました。彼の卓越した能⼒の結果により、彼は無数の兵⼠の命を救いました。彼の貢献は、この戦争の迅速な終結の⼤きな要因です」

レナドナーには、⼤勢の⼈が集まっていた。

アユルス新聞社のヴァンもその一人。

「帝国の⾸都ドレスデンは、戦争が終わってから2週間以内に完全に正常に戻りました」

帝国が正常に戻ったとき、皇室は授賞式を開くためにレナドナーを開いた。

たった⼀⼈のためにレナドナーを開くことは、皇室がこの若い英雄を⾮常に⾼く評価したことを意味している。

ヴァンはペンと紙で細部を精⼒的に書き留めていた。

彼が代表してここにいた新聞社であるアユルス社は、帝国で最も有名な報道機関。

そして彼は、最も才能のある記者の⼀⼈。

「デジール・アルマンの登場です!」

⼤きな拍⼿が鳴り響く。

「私たちの恥ずかしがり屋のヒーローがついに到着しました」

恥ずかしがり屋のヒーロー。

記者は⼈々を誇張するのが好きで、デジールも例外ではない。

連合軍がアウターに勝利した最⼤の要因はデジール・アルマンであり、彼の宣伝価値は計り知れなかった。

彼は今では有名⼈なのだから。

しかし、戦争が終わった後、彼は顔を⾒せることを拒否して、隠れていた。

今⽇の式典まで。

多くのジャーナリストが、彼との独占インタビューを得るために奮闘したのは明らかだ。

しかし、彼はどこにも⾒つからなかった。

まるでこの世界から姿を消したかのように。

世紀の英雄が顔を⾒せることを拒否したので、多くの記者は⼼配していた。

「彼はこれを引き出して⾃分の価値を⾼めようとしていると思ったが・・・」

レナドナーの前に現れたデジールは、まさに普通の少年のイメージであり、ヴァンが期待していたものとは正反対だ。

デジールが意図的にメディアを操作しているという推論を裏切られることに。

「彼の怪我はひどいものだったに違いない」

ヴァンは問題を取り下げることを決意する。

「ヘブリオンの偉⼤な太陽、ギルティアン・ゼドガー・F・ログフェラス。天皇陛下は入場されます」

その言葉に、全員が⽴ち上がった。

ギルティアンは部屋に⾜を踏み⼊れ、彼の並外れたオーラがすぐに部屋を満たした。

ヴァンのペンは、再びノートを横切って滑⾛し始める。

「帝国の守護者であるギルティアン・ゼドガー・F・ログフェラスは、今も元気で、これ母も帝国を守り続けることができます」と。

ギルティアンがスピーチを始めるのに少し時間がかかった。

彼のスピーチは、洗練された優雅さで滴り落ちる、栄光に満ちた表現で満たされる。

哀愁を重ねて、この国にどれほどデジールが忠実であったかを強調したのだ。

そして、メダルを授与する時が来た。

ギルティアン⾃⾝が、銀とルビーをはめ込んだメダルをデジールの胸に固定する。

シルバーライオンのメダルは、権威ある賞の一つ。

それは皇帝⾃⾝によってのみ提⽰することができた⼀種の名誉。

レナドナーが拍手喝采で満たされた。

 



 

ギルティアンは、メダルセレモニーの終了直後に姿を消した。

それはデジールも例外ではない。

ヴァンはすぐに彼に近づこうとしたが、⼀歩遅かった。

デジールはすでに記者や賞賛者の群れに囲まれていたのだ。

複数の記者がインタビューを求めて叫び、中には彼が去ることを物理的に阻⽌する人間までいる。

それだけの価値がデジールにあることを物語っていた。

ヴァンは群衆の中に巧みに潜り込み、彼に近づこうとする。

「・・・!?」

しかし、それはすべて不要だった。

なぜなら、デジールが群衆の中から自分に近づいてきたのだから。

「あなたはアユルス新聞社のヴァン記者ですか?」

「・・・私のことを知っているのですか?」

「私はあなたの記事に⾮常に興味があります。前回あなたが書いた私についての特集記事もとても印象的でしたから」

ここで浮かれているようでは本物のプロにはなれないとヴァンは知っていた。

「光栄ですが、まだ改善の余地があります。それを修正するためにも、あなたにインタビューをしたいのですが」

「承知しました。ついて来てください」

デジールはヴァンを個室に連れて行った。

物事がとてもスムーズに進んでいるように思えたので、ヴァンは内心で歓声を上げていた。

 



 

「飲み物は何にしますか?」

ヴァンは即座にペンを取り出す。

「ああ、⼤丈夫です。できるだけ早くインタビューをしたいので」

そして、レコーダーを引き出した。

「インタビューを録⾳しても⼤丈夫ですか?」

「いいえ。インタビューを始める前に、話したいことがあります」

デジールは両⼿を握りしめ、ヴァンに微笑む

「はい、何でしょうか?」

彼はベテランのジャーナリスト。

相手の機嫌を悪くさせるような行為はしない。

「私はあなたがここにいることを知っていました」

「デジールさん、まるで私があなたに近づくのを待っているかのように聞こえますね」

「ええ、その通りです」

デジールの答えにヴァンは動揺した。

「どうして私を・・・?」

「多くにインタビューを受ける時間もありませんので、私のことをよく理解している方に絞ったのです」

その言葉は、独占インタビューを提供していることを示していた。

ヴァンにとって絶好のチャンス。

(スクープの予感がするぞ!)

恥ずかしがり屋のヒーロー、デジール・アルマンにインタビューすることは、彼のキャリアを著しく上昇させることだろう。

「分かりました」

「それならば、私が行うことを理解していただければ幸いです」

「え?うわあ!」

ヴァンのペンが⼿から落ちる。

ペンの温度が突然上昇したのだ。

そして、落ちたペンから⼩さな爆発が発生する。

ヴァンの表情が明らかに固くなる。

汗が彼の背中に流れ落ちた。

(どうして分かった?)

そのペンは、録⾳魔法がかけられた魔法の道具。

ヴァンはペンを使って密かに録⾳しようとしていたのだ。

「・・・」

彼はようやく目の前の少年について理解した。

マハユの⾎戦で敵の司令官を⽀配した男。

アウターの秘密兵器であるホムンクルスを粉砕し、ヨルムンガンド城塞への最後の襲撃で組織を粉砕した主⼈公。

これらはすべて⼀個⼈の業績。

ヴァンは落ち着いてデジールに尋ねた。

「あなたが欲しいものは何ですか?」

「あなたの記事によると、帝国と⻄王国連合の間の関係についてのあなたの⾒解は⾮常に前向きです」

「⻄王国連合との戦争はずっと前に起こったことです。今こそ彼らとの平和な関係を正常化する時だと思いますから」

「それでも、⻄王国連合に対して敵対的なままでいる⼈々はまだ大勢います」

ヘブリオン帝国と⻄王国連合は⻑い間敵同士であり、⼈々は当然彼らに対して否定的な感情を抱いていた。

アウターに対する同盟が結成されたとき、かなりの数の不満があったのも事実。

デジールは苦笑いで話を進めた。

「状況に対する誰かの視点をすばやく変えることは簡単ではありません。それは古い習慣を破るようなものですから」

「彼らは真の脅威を予⾒することはできませんからね。もしも、今回⻄王国連合を⽀援しなかったとしたら、⼤陸全体が炎に包まれていたでしょう」

デジールはヴァンの意⾒にうなずいた。

「同意します。今回のインタビューを通じて、ヘブリオン帝国と⻄王国連合の同盟関係を⽀持する⾒⽅を進めていきます。そして、あなたの編集の⽅向性を私の考えと同じにしたいと思っているのです」

「もちろんです!良い記事を書くために最善を尽くさせていただきます!」

デジールは⼿を差し出した。

「これからもよろしくお願いします」

これから。

ヴァンは、このフレーズが意味することの完全な重みを理解していなかった。

彼は躊躇うことなくデジールの手を握りしめる。

 



 

デジールはもともと参謀家ですからね。

裏からの情報操作は彼の得意分野でしょう。

ヴァンを利用して、デジールは何を計画しているのか楽しみですね♪

帰還者の魔法は特別です【198話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は198話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...