帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【196話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は196をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

196話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【195話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は195話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ホムンクルスの研究

デジールは、ドナペに自分が何を経験したかを説明した。

プリレチャの⾸都デルタハイムで発⽣したテロ事件。

その首謀者、クロウマスク。

影の世界で出会った錬⾦術師が⾏った⼈体実験。

ホムンクルスの研究。

アルテミス教会の教皇や魔法王国の預⾔者など、複数の別名を持つスカルマスク。

「彼は多くの⼈を惑わし、数え切れないほどの国々の背後にある崩壊の原因となってきました」

「信じがたい話だな・・・」

ドナペは歌いの表情を浮かべているが、それは自然な反応だろう。

犯罪組織や凶悪犯の集団によって形成された「アウター」

ある人物が頭に浮かぶ。

クロウマスク。

アウターはこの戦争でほとんど⼀掃されたが、彼はまだ姿を現していない。

想像魔法を使⽤できる第6級魔術師が戦場に登場した場合、そのニュースはすぐに伝わるはず。

しかし、クロウマスクの⾒た⽬や能⼒に匹敵する人物は誰も現れなかった。

(ホムンクルスが負けたときでさえ、彼は現れなかった。ラグリウム平原の近くにいたはずにもかかわらず)

クロウマスクは宇宙魔法を使用している。

ラグリウム平原にいなかったとしても、彼が現れるのは難しいことではなかったでしょう。

これが示すのは、彼がそもそも登場するつもりはなかったということ。

(彼は⼀体何を計画している?)

スカルマスクとクロウマスクが何も計画していないはずがない。

彼らの⾏動の背後にもっと⼤きな⽬的があるという仮定に基づいて動かなければならなかった。

「彼らを追跡するために、より多くの⼿がかりが必要です」

デジールは説得を続ける。

「したがって、ホムンクルスが北の戦⼠を傷つけただけだと単純に言うことはできません。このすべての背後にある⾸謀者に到達するには、ホムンクルスを利用する必要があるのです」

「⾸謀者・・・、確かに、それは間違っていない。しかし、それだけでは、ホムンクルスを与えることができない理由にはならない」

ドナペの⽬が冷たく光る。

「私たちは彼らを追いかけるための⼿がかりをほとんど持っていません。今こそ、私たちができるあらゆる情報を収集する時なのです」

「・・・つまり、ホムンクルスは私たちが⾸謀者を捕らえることを可能にする⼿がかりだと?」

「その通りです。ですので、私たちはあなたの要求を受け入れることができません」

「ふ〜む」

ドナペの表情が突然明るくなり、彼の顔に⼤きな笑顔が浮かぶ。

「つまり、あなたは私を戦いの場に出したいのですね?」

彼はデジールの意図を⾒抜いていたのだ。

「そのように聞こえましたか?」

「小癪ですが気に入りました。私はあなたを信じます。ホムンクルスについて、これ以上質問しないことにしましょう」

彼はプリシラを⾒た。

「プリシラ、私は⻄王国連合の同盟の要請を受け⼊れます」

「賢明な決断をありがとうございます、ドナペ」

「そしてデジール、私たちは帝国との同盟を維持します。それでも、部下の復讐を諦めることはできないので、条件が1つあります。⾸謀者を⾒つけたら、すぐに知らせてください。それが条件です。私は彼らに⾃分の⼿で復讐したい」

デジールの表情も明るくなる。

「もちろんです、必ずお知らせします」

ドナペは聖女、そしてムクドリパーティを⾒た。

「あなた方が私たちの⼟地を訪れたら、私が⾃分で作ったワインを提供しましょう」

それは野蛮⼈が好意を表明する⽅法。

そして、前世の親しい仲間であるドナペ・アスランとの会談は終わりを告げた。

 



 

「野蛮な王を見事に説得したのだね、デジール」

ジョードは、今では完全に健康に⾒えた。

「彼は、その選択が正しいと判断しただけです」

デジールとジョードは、アルティアの塔に向かう廊下を歩いている。

「オーロラシステムは役に⽴ちましたか?」

「あなたのおかげで、私はまだ⽣きています。しかし、4つすべてが壊れてしまいました」

そんなに⼼配する必要はありません。この戦争のおかげで、今ではたくさんの注⽂が寄せら
れているのだから。デモンストレーション費⽤として帳消しになるでしょう」

この戦争の結果、デジールがホムンクルスの攻撃を阻⽌するために使⽤した防御装置であるオーロラシステムの⼒がすべての⼈に知られることに。

彼らは最終的に施設の中の離れた場所に到着した。

近くには誰もいない。

ジョードは一つの鉢の前で⽌まった。

花びらを引っ張ると、近くの壁が開き、隠された階段が現れる。

「あなたはシルバーライオンメダルを授与されていると聞きました」

「国々の間で⼀般的な慣習ですから。戦争中は常に英雄が必要です。英雄は世論を駆り⽴て、軍隊の募集率を⾼めるための素晴らしい宣伝として機能します」

「しかし、それはとても名誉なことです。学⽣がそのメダルを授与されることは⾮常に稀なのだから」

「まあ、それを受け取って嬉しくないと⾔ったら嘘になるでしょうね」

賞を受賞したことで、個⼈的な喜びを得るだけでなく、さらなる計画を⽴てることができるのだから。

「授賞式はいつですか?」

「ヘブリオンアカデミーでの活動を再開した直後です。残り約2週間ですね」

「アカデミー・・・」

ジョードの⾜が⼀瞬⽌まった。

「もうアカデミーに留まる必要はありませんよね?」

「今のところ、まだアカデミーでやるべきことがありますので」

アカデミー内の出来事にあまり注意を払っていないが、ヘブリオンアカデミーは⼤陸の隅々から多くの才能のある⼈々を魅了した教育機関。

学期が再開したとき、ヘブリオンアカデミーの才能を本格的に育成することを計画していた。

「それに、当分の間そこに留まることにはそれほどの⽋点はありませんから」

デジールは陛下に愛され、魔法塔の技術顧問も務めていたので、アカデミーに残っていても、⾃由と快適さの⾯で⼤きな損失を被ることはなかったのだ。

 



 

二人は階段の⼀番下に到達する。

この秘密の実験室は塔の中に隠されていた。

この場所は、ジョードが⼼と魂を込めて建てた部屋。

デジールは周りを⾒回す。

実験室は繊細で⾼価な機器で満たされている。

そしてその中央には、⽬をしっかりと閉じた、銀髪の美しい少⼥がいた。

彼⼥の全⾝は鎖で拘束されている。

マナの循環を妨ぐ鎖。

他の何⼗もの特殊な機器によってしっかりと拘束されていた。

この実験室は、ホムンクルスを研究するための部屋。

ジョードは実験室の道具のいくつかを操作し、目の前のスクリーンを熱⼼に操作している。

「このホムンクルスは、私たちの理解をはるかに超えた技術を使って作られたと断⾔できます。あなたが以前に共有した知識は膨⼤でしたが、これはすべての⽐較を超えています」

デジールはホムンクルスから⽬を離すことが出来なかった。

(5秒前の過去に戻る能力)

過去に戻る。

(私も帰還者です・・・)

これまでは自分の境遇を調べることも出来なかったので、自然に受け入れていた。

しかし、ホムンクルスは過去を操作する⽅法があったので、これはもはや⾒過ごしていい問題ではないだろう。

そして、もう一つ。

それは、ホムンクルスのマナソース。

6つの円球がホムンクルスの⼼臓の周りに浮かんでいて、膨⼤な量のマナを蓄えている。

「私たちが知る限り、安全に収集できるマナの量は出⽣から決定されます。そして何百年もの間、魔術師の成⻑の限界は出生した時点で決められてきました」

これはデジールが毎⽇直⾯している現実であり、どんな戦闘でも常に直面してきた。

「しかし、ホムンクルスはその常識を打ち砕きましたね」

「影の世界で遭遇したときは第3級程度だったのに、今では第6級に成長していますからね」

「これは、個⼈のマナ能⼒を拡⼤するために、⼈⼯的にマナを埋め込むことができると意味するだろうな」

「これを再現する⽅法を理解できれば、単なる才能が許す以上の⼒を得ることができるでしょう」

「非常に興味深い」

ジョードの声は少し興奮していた。

「因果関係を操作する能⼒を分析するのはかなり難しいので、現時点では、ホムンクルスのマナ研究に焦点を当てたほうがよいと思います」

「それでは、すぐに仕事に取り掛かりましょう」

 



 

デジールが過去に戻ってきた理由はこれまで気にしていませんでしたが、ホムンクルスの能力と何か関係があるのかもしれませんね。

しかし、ホムンクルスは5秒前ですが、デジールが戻ってきた時間は比較すら出来ません。

それでも研究を進めれば、何かの答えを得ることが出来るかも知れませんね!

帰還者の魔法は特別です【197話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は197話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...