帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【195話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は195をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

195話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【194話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は194話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ホムンクルスの処遇

[戦争に勝つために⽬覚ましい貢献をした勝利の英雄、デジール・アルマン。彼はヘブリオンアカデミーの学⽣で、⼊試以来脚光を浴び・・・]

デジールは、自分の内容が書かれた新聞を読んでいた。

彼の前には、様々な国からの新聞の⼭が。

それらすべてに共通していたのは、表紙に書かれているデジール・アルマンという名前。

それを見て、デジールは微笑んでいた。

ロマンティカは、腕と脚に軽い包帯を巻いて、⼿を彼に向けて伸ばす。

「私にも見せて」

「すべて計画通りに進んでいるよ」

デジールは、当初から戦争における自分の役割について国⺠の注⽬を集めることを⽬指していた。

もちろん、彼の主な⽬的は、計画の障害となるアウターを排除すること。

しかし、その過程で得られるものがあれば良いとも考えていたのだ。

彼にはこれまで十分な繋がりがなかった。

しかし、今回の功績で、影から味方を操作する必要もなくなる。

むしろ、この名声は将来の計画を進めるための必要条件。

デジールは新聞を置き、プラムのベッドの隣に⾝をかがめた。

彼は眠っている。

「プラムが無事に回復して本当に安⼼した」

⽬を逸らすと、デジールの⽬は彼の隣のベッドに横たわっていたアゼストの⽬に会う。

「体調はどうですか、アゼスト?」

プラムと同様に、アゼストも重傷を負い、しばらくの間彼⼥は動けなくなっていた。

「大分回復しました。けれど、この場所はかなり息苦しいですね」

デジールは、彼女らしい返答に苦笑いする。

「もう少しだけ我慢してください。聖女様⾃⾝があなたを治療したので、すぐに通常の状態に戻るでしょう」

聖女プリシラ。

彼⼥は聖なる癒しの能⼒を使って、ムクドリパーティの深刻な怪我をすべて治したのだ。

アゼストの右腕はギプスで固定されている。

それは、ホムンクルスからの攻撃から身を守った代償。

「氷の剣を取得した後、私はかなり強くなったと思っていました。しかし、
この戦いで、私はまだ不⾜していることに気づきました・・・」

「武器を持っているからといって、コア能⼒が向上したわけではありませんからね」

「私は⾃分の能⼒を向上させることに専念しなければなりません」

デジールは、アゼストが自分の視線を避けようとしていることに気づく。

「どうした?」

「あなたはずっと私を⾒つめ続けます・・・。だから・・・、少し恥ずかしいです」

「え?」

彼⼥の言葉が何を意味するのか理解できなかった。

アゼストは腰まで届いたプラチナブロンドの髪で遊んでいる。

「ご存知に通り・・・、私はベッドにいます。けれど、あなたは軽い怪我だけ。あなたを守ると誓ったのに・・・、私は恥ずかしいです」

彼女は自分を恥じていた。

(可愛い・・・)

デジールは無意識のうちにそう考えていた。

目の前の彼⼥は、彼が前世で知り合った真面目なアゼスト・キングスクラウンとは⾮常に異なる⼈物だ。

「かなり⼤変な戦いだったので仕⽅がないですよ」

デジールが話題を変えると、アゼストはすぐに応答してくれる。

「正直、意識を失う直前はとても不安でした・・・」

それは確かに難しい戦いだった。

デジールが彼女の能⼒を把握していなかったとしたら、ホムンクルスが自分たち全員を簡単に虐殺したであろうことは明らかなのだから。

「⼀⼈だったら、勝てなかったと思います。しかし、ロマンティカの援護が、ホムンクルスを打ち負かすのに⼤きな役割を果たしました。彼⼥のおかげで、私は⻑い間持ちこたえることができましたから」

ほんの僅かだが、ロマンティカの表情が一瞬固まる。

しかし、彼⼥は新聞で顔を覆っていたので、誰も気づいていない。

「そうだよね、ロマンティカ?」

ロマンティカは新聞を下ろし、自然を装う。

「もちろんよ!デジール、私がそこにいなかったら、この部屋には3つのベッドが必要だったでしょうね!」

 



 

突然、ドアがノックされた。

聖女プリシラが、ドアの隙間から顔を出す。

「お会いできて嬉しいわ」

「おはようございます、聖女様」

プリシラは定期的にムクドリパーティを訪ねていた。

公式には、彼⼥は彼らの状態をチェックし、重傷を負ったメンバーを治療するために来ていることになっているが、本当の理由は、⻄王国連合の舞台裏の出来事を知らせるため。

簡単な挨拶を交わした後、彼女は本題に入る。

「来週以内に、西王国連合はアウターの堕落を公式に宣⾔するでしょう」

「アウターの崩壊が確実であることは明らかですしね」

アウターの崩壊。

それは戦争で得ることができた最⾼の結果。

アウターがこれほど強⼒に成⻑することができた理由は、彼らが⼒を集めて、国中の多くの場所に定着したから。

しかし今、彼らの主⼒が⼀掃されたので、残骸だけが残されている。

「現在、⼤都市全体の主要な方針の多くが改善されているわ。犯罪率は低下して、地下市場でさえ縮⼩している。そして私たち⼈類は、新しい仲間を⾒つけたわ」

もちろん、仲間とは野蛮⼈のこと。

カルカルス⼭脈に定住した北⽅の戦⼠たち。

彼らが⼈類の側でアウターと戦ったという事実は、すぐに話題になる。

彼らの戦争への参加は非常に大きかった。

「実際、私が今⽇ここにいる理由は、あなたを友⼈と繋ぐためですから。あら・・・、彼が到着したようね」

プリシラの言葉は正しかった。

小さな震えが感じられて、ドアが開き、一人の男が入ってくる。

ドナペ・アスラン。

「またお会いできて嬉しいです」

デジールは挨拶をしながら、彼に丁寧にお辞儀をする。

「お会いできて光栄です」

ドナペは窓際に座ることを選び、デジールと話す前に、新聞の⼭を覗き見する。

「私はあなたが特別だと知っていました。結局のところ、あなたも戦⼠でしたね」

「お世辞でも嬉しいです」

「謙虚する必要はありません。第⼀次世界⼤戦は終結しました。仲間の戦⼠として、私はあなたに敬意を表します」

ドナペは⼀度外をちらっと⾒た。

「私たちはあなたの要求でこの戦争に参加しました。戦争は終わり、私たち一族はかなりの変化を遂げました。⻄王国連合は私たちにヨルムンガンド城塞とその周辺の平原を提供してくれましたから」

プリシラが彼⼥自身の考えを追加する。

「⻄側は完全な平和を提案しました。私たちは同盟を結ぼうと考えています」

もちろん、野蛮⼈に⼟地を与えるという決定⾃体は簡単ではなかったのだが。

「関係者全員を説得するのは⾮常に困難でした。しかし、北の戦⼠たちは⼈類のために私たちと⼒を合わせてくれたのです。彼らは信頼できる同盟国よ」

「私が同盟の要請を受け⼊れるならば、⼤陸全体で前例のない規模の同盟が形成されるでしょうね」

ドナペの言う通りだった。

野蛮⼈と⻄王国連合の間に同盟が確⽴されれば、極北の野⽣の野蛮⼈から⻄王国連合とヘブリオン帝国に⾄るまでのすべての⼤国の連合が形成されるでしょう。

 



 

「しかし、私が「はい」と⾔う前に、解決すべきことが1つ残っています。それは、魔塔に引き渡されるホムンクルスの存在です」

因果関係をコントロールできる怪物。

ドナペの声色が低くなる。

「あれは私の兄弟である北部の戦⼠を殺しました。したがって、私たちはホムンクルスを殺すことによって復讐しなければなりません。しかし、あなたは私たちに尋ねることさえせずにそれを奪った。ホムンクルスの価値は分かっています。それでも、私たちと同盟を結ぶためにホムンクルスの譲渡をお願いします」

部屋の雰囲気は⼀瞬で凍りついた。

デジールがここで間違った決定をした場合、ドナペは同盟の話を終わらせると脅したのだから。

(それでも、ホムンクルスを渡す余裕はない)

デジールにはそれを避ける理由があった。

ホムンクルスには利用価値があるのだから。

(もちろん、野蛮⼈との同盟も諦めることはできない)

ドナペたちが加わった場合、シャドウラビリンスの成功率は格段に上昇するのだから。

(・・・仕⽅がない)

解決策は簡単だ。

デジールは頭を下げる。

「まず、あなたのことを考えず、何も⾔わずにホムンクルスを取り戻したことをお詫びします。北の伝統を決して無視していないと約束します」

「解決策は簡単です」

「・・・しかし、私はあなたにホムンクルスを与えることはできません」

「あなたは1つのホムンクルスを巡って私たちの同盟を脅かすつもりか?」

「いいえ。あなたの復讐は、ホムンクルスだけに限定されるべきではありません」

デジールはすぐに説明を追加する。

「この背後に⾸謀者がいることをご存知ですか?」

 



 

アゼストとロマンティカ、二人の気持ちがかなり分かりやすくなってきましたね♪

デジールはどちらを選ぶのでしょうか?

それとも別の人物がいる?

ドナペの要求に対して、デジールはどうやって交渉するのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【196話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は196話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...