帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【194話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は194をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

194話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【193話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は193話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 戦いの終止符

[ファイアストーム]

ホムンクルスを襲う猛烈な炎の塊。

デジールの集中した呪⽂は想像を絶する⼒を持っていた。

城塞のすべての部分が溶け始める。

それはホムンクルスも例外ではない。

彼女の体は激しい炎の中で松明のように燃え上がった。

悲鳴を上げる機会さえも得る前に灰に焼かれる。

しばらくして、炎の嵐が晴れ始めた。

ホムンクルスはその恐ろしい⽕傷から再⽣し始める。

しかし、修復された⼿⾜は完全な状態に戻らなかった。

彼⼥は因果関係の⼒を適切に利⽤するのに⼗分なマナを持っていなかったのだ。

「あ、あなたは本当に・・・、私の能⼒を理解したのですか?」

過去5秒戻ることによって現在を変更する能力を。

この能⼒により、世界そのものに因果関係を操作することができた。

しかし、その能⼒は単なる学⽣によって分析され、利用されてしまう。

不条理な現実。

もし彼⼥のマナがもう少し少なければ、彼⼥は死んでいただろう。

いいえ、ホムンクルスはまだ死の危機に瀕していた。

これ以上の攻撃を受ければ、死を免れることは出来ない。

ホムンクルスは無意識のうちに⼀歩後退する。

彼⼥はデジールを恐れていた。

初めての恐怖。

ぎこちない沈黙が続く。

ホムンクルスはもはや⾃分⾃⾝を回復する能⼒を持っていなかった。

それはデジールにとって絶好の機会。

しかし、彼は動かなかった。

ホムンクルスは何かに気づいたかのように⽬を開く。

恐怖が安心に変化した。

「あなたもマナがほとんどないのですね?」

自身もマナをほとんど使い果たしていたが、それはデジールも同様だったのだ。

「ハッハッハ。これは愉快です」

ホムンクルスは⼤笑いした。

デジールは今や弱い⼈間に過ぎず、戦うために生み出されたホムンクルスとは⽐較にならない。

マナがなくても、彼⼥の体は強⼒なのだから。

呪⽂を発動できない⼈間は魔術師とは⾔えない。

これは、ホムンクルスの圧倒的な優位性を⽰すチャンスだった。

「あなたがしたことはすべて無駄になってしまいましたね」

ホムンクルスはゆっくりとデジールに近づく。

それでも、彼の表情は変わらない。

デジールはただ彼⼥を観察し続けた。

それは、まるで彼が何かを待っているかのように。

 



 

ホムンクルスがかなり距離を縮めた後、デジールはついに⼝を開いた。

「他に選択肢がないようですね」

彼の⾔っていることが理解できず、ホムンクルスは眉をひそめる。

デジールはポケットから何かを取り出した。

それは複雑に⾒える機械。

それを取り出した瞬間、密集したマナの波が噴出し、⾄る所に広がった。

波の源はオーロラシステムの電源。

「ああ・・・」

ホムンクルスはその場に固定する。

「ははははは!」

彼女の笑いは、すぐに狂⼈の笑いに変化した。

ホムンクルスは完全に闘志を失っていたのだ。

オーロラシステムは、致命的な打撃を防ぐために設計されたシールドであり、緊急時に武器として使⽤できる道具でもあった。

デジールのバックアップマナとして。

[稲妻の渦]

ホムンクルスに向かって、いくつかの稲妻の球が撃たれる。

すでに半壊状態にあるホムンクルスの脚は、衝撃に耐えることができなかった。

[バーストファイア]

そして、何⼗もの⽕の⽟がホムンクルスに直撃する。

決着がつく。

デジールは彼女に近づき、ホムンクルスが完全に無力化したことを確認した。

「ふう・・・」

戦いが終わった今、倦怠感の急増を感じる。

ホムンクルスはなんとか⼝を動かし、⾃分が置かれている状況に疑いをもつ。

「あなたは私を殺すつもりはないのですか?」

「はい」

「どうして?私はあなたの仲間や友⼈を殺そうとしました。どうして私を殺したくないの?」

「本当は今すぐ殺したいです。あなたが誰かの命令に従ったとしても、あなたがしたことは恐ろしいことですから」

ホムンクルスは無数の兵⼠の命を奪った。

彼らは全員、シャドウラビリンスをクリアするために必要な存在。

デジールの計画は、彼⼥によってひどく台無しにされていた。

しかし、彼は感情に左右されない。

一時の感情を和らげるためだけに、このような強⼒な存在を⾒逃すわけにはいかなかったのだ。

「しかし、あなたには利用価値がある」

「・・・何?」

「あなたが死にたいとしても、死ぬことは許されません」

深淵のように真っ⿊な⽬は完全に光を失っている。

ホムンクルスは不気味な感覚を感じ、思わず⾝震いした。

そして、階段から無数の⾜⾳が響き渡く。

「こっちよ!」

ロマンティカの甲⾼い声が聞こえる。

その直後、東ゲリラ部隊が突⼊した。

戦争がようやく終わった今、デジールはようやくリラックスする。

 



 

犯罪グループであるアウターは、ホムンクルスと呼ばれる⽣物兵器を使⽤して、連合軍との激しい戦争を繰り広げた。

しかし、野蛮⼈が連合軍に加わった後、彼らの抵抗は⻑くは続かなかった。

ついに、アウターはホムンクルスを餌として使⽤し、東部戦線の供給ルートを⽬指しながら、連合軍を中央戦線に引き付けることを計画する。

しかし、そのような状況でさえ、アウターの計画は破られた。

ヘブリオンアカデミーのデジール・アルマンによって。

彼は単独で供給ルートを保護した。

この戦いはマハユの⾎戦と呼ばれ、ムクドリパーティが世界の注⽬を集めた最初の戦いでもある。

連合国は優位性を押し上げ、アウターは後退することを余儀なくされた。

しかし、追い詰められたアウターは、ホムンクルスを使⽤して⻑距離の広域効果攻撃を開始する。

同盟国は後方に侵⼊し、ホムンクルスを排除するために2つのエリート部隊を送った。

その一つは、ムクドリパーティのデジール・アルマンを中⼼に構築される。

彼が率いる東ゲリラ部隊は、最⼩限のダメージで敵の戦線に侵⼊した。

彼らはなんとかホムンクルスの遠距離攻撃を阻⽌し、ホムンクルスを打ち負かすという壮⼤な成果さえ達成したのだ。

それは⻑い戦争に終⽌符を打った。

⼤陸が平和な状態にある今、彼の名前を知らない人は誰もおらず、誰もが彼を称賛する。

デジール・アルマン、「勝利の英雄」と。

 



 

オーロラシステムを使うのを渋ったのは、貴重すぎたからなのでしょうか?

ホムンクルスは生かされましたね。

彼女の行動は許されませんが、今後は味方として活躍してほしいです。

実験対象として扱われてほしくはないかな・・・。

難しいかもしれませんが(汗)

帰還者の魔法は特別です【195話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は195話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...