帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【193話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は193をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

193話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【192話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は192話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ホムンクルスの切り札

床と柱には激しい戦いの痕跡が残っていた。

そして、部屋の真ん中にホムンクルスの姿が。

彼⼥は諦めていないデジールを⾒て、冷たく笑う。

「あなたは間違いなく厄介な対戦相⼿でした」

戦闘でこれだけのマナを消費したのは、ジョード・エグザリオンと対決したときだけ。

ムクドリパーティはホムンクルスの攻撃パターンを徹底的に分析し、戦闘全体を通して⾒事に適応してきたのだから。

因果関係を制御する能⼒を使い続けるようにプレッシャーをかけられて、彼⼥の弱点は暴露される。

無限のマナを持っているように⾒えるかもしれないが、実はそうではない。

「あの能⼒」がなければ、彼⼥は間違いなく敗北してだろう。

(しかし、彼らがどんなに⼀⽣懸命努⼒しても、この能力を⼈間が理解することは不可能です)

ホムンクルスは、自分の能⼒を⼈間では理解できないと確信していた。

その能力は、現代の技術のレベルをはるかに超えた⼒なのだから。

「私の勝ちです」

ホムンクルスの優位性は明らか。

ムクドリパーティの最前線の戦闘⼒はすべて無⼒化されている。

残りのメンバーは、近距離戦闘に適していない。

ホムンクルスがデジールに向かって疾⾛したのと同時に・・・。

【ウィンドブラスト】

彼女に向かって突き刺さる⾵の弾丸。

それは強⼒な呪⽂ではなかったので、ホムンクルスは攻撃を避けないことを選択し、防御するために腕を組む。

しかし、彼⼥が反応する前に、別の呪⽂が発動された。

[千の翼]

ロマンティカは、ホムンクルスを所定の位置に保持することを⽬的として、もう⼀度即座に別の呪⽂を発動する。

千⽻の⿃が、上空からホムンクルスに降り注ぐ。

【ワンダートワイライト】

今度はデジールの番。

その次にロマンティカ。

彼らは魔法の弾幕を絶えず解き放っていた。

途切れることのない攻撃により、ホムンクルスの体がどんなに硬くても、因果関係を使って⾃分⾃⾝を回復しなければならないだろう。

(本当であれば、この攻撃を無視できるが・・・)

ホムンクルスがアゼストとプラムを圧倒したとき、彼女は因果関係を使⽤していた。

しかし、現時点では、そのような戦略を使⽤することはできない。

(マナがあまり残っていない・・・)

彼⼥はまた、「あの能⼒」を3回も使⽤していた。

あの能⼒はすべての概念を超越するが、それを成功させるには膨⼤な量のマナが必要なのだ。

ここで焦って⾏動した場合、その消費量は彼⼥が回復できる量を⼤幅に超えるだろう。

マナを使い果たしてしまえば、敗北は間違いない。

これらの理由のため、ホムンクルスは後退することを余儀なくされた。

【アバロサストーム】

【⾵弾】

しかし、デジールとロマンティカの継続的な呪⽂は、終わりの兆しを⾒せない。

その結果、ヨルムンガンド城塞は崩壊し始めた。

彼らの謎の行動を観察し、ホムンクルスが微笑む。

(彼らは自殺しようとしているのですか?)

彼らは勝てる見込みがないから、マナをすべて使って多くの破壊を引き起こすようだ。

しかし、彼らの戦略を見逃すホムンクルスではない。

彼⼥はマナ消費を節約しようとしていたが、まだ完全になくなったわけではなかった。

数回は回復することができる。

彼⼥が何もしなかったとしても、状況がホムンクルスにとってますます有利になっていることは明らかだ。

(しかし、彼らは本当に幸運ですね)

彼⼥は東ゲリラ軍が接近するのを感じていた。

彼らはクロウマスクの部下との戦いの後で勝利を収めたのだ。

このような状況下で、もし彼らが到着すれば、後退することすら難しいだろう。

(マナの量が気になりますが、 『あの能⼒』があれば、マナがなくなる前に勝つことができます)

そう決意して、ホムンクルスは前に⾶び出す。

防御することを意識せずに、より速く動くことに全⼒を注いだ。

デジールの呪⽂の1つが彼⼥を襲い、彼⼥の⾸が折れる。

ロマンティカは、腕、膝、さらには胴体さえも破壊する正確なショットを撃ち続ける。

しかし、ホムンクルスはただ微笑んでいた。

彼⼥はすでに⾃分の能⼒を⾏使していたのだ。

他の誰も認識できない能⼒を。

そして世界は変化した。

原形をとどめないほどに。

デジールに向かっていた彼⼥の体が姿を消す。

その代わりに、この認識できない世界では、完全な状態のホムンクルスがいた。

デジールは全く反応しない。

防御的な魔法すら⾒えなかった。

「終わりです」

いかなる形の防御⾏動もない⼈体は、信じられないほど弱い物体。

ホムンクルスがデジールの心臓に向かって⼿を伸ばす。

その瞬間、彼女は彼のマナが循環しているのを感じた。

【パリー・アルンド】

そして、ホムンクルスの体が爆発する。

 



 

因果関係の⼒が、彼女の周囲で捻れた。

再び、ホムンクルスは最⾼の状態に戻る。

その直後、彼⼥はデジールから撤退した。

「一体何が起きた?」

ホムンクルスの両目が激しく震えている。

彼⼥の表情は純粋な驚きに変化していた。

これまでの⼈⽣で初めての衝撃。

「何が起こった?何が起こっていた?何だった?何が?ど、どうやって・・・?どうやって?」

「あの能⼒」を使うことによって、彼⼥は無敵を保証され、己に⽴ち向かう愚かな存在の⼈⽣を刈り取ることができる。

誰も反応することは基本的に不可能だった・・・。

完全な⽀配の保証。

誰も動くことのできない空間。

れがホムンクルスの最後の切り札。

敵がどんなに強くても、勝つことの出来る確実な⽅法。

彼⼥はこの惨めな気持ちを受け⼊れることができなかった。

そのため、これは偶然として受け入れるしかなかったのだ。

「あ、あなたは⾮常に幸運でしたね。しかし、今度こそあなたを終わらせます」

デジールは、仲間の二人を無⼒化した敵を⾮常に冷たい⽬で⾒る。

「私はあなたの能⼒がどのように機能するかについて確信しています」

「嘘よ」

ホムンクルスは彼の主張を強く否定した。

彼女は彼の⾔葉を否定し続け、攻撃態勢に入る。

 



 

デジール・アルマンはホムンクルスの能⼒を把握していた。

提⽰された僅かなヒントから。

ホムンクルスとデジールが下に落ちたとき、[パリー・アルンド]を使って彼女の体を破壊した場面があった。

その爆発でデジールに⾶び散った⾎は、その不吉な能⼒を使⽤した後に消える。

因果関係と⽐べると、行動が消去された結果ではなく、行動⾃体がキャンセルされたかのように。

それは微妙な違いだが、これが彼⼥の能⼒を理解するための鍵だったのだ。

(ホムンクルスは過去に戻ることができる)

それは馬鹿げた結論。

誰もがそのような非常識を信じることが出来ないだろう。

(能⼒が何であるかを知っていれば、カウンターを作成できる)

デジールはロマンティカに、ホムンクルスに当たるかどうかに関係なく、魔法を使って部屋にできるだけ多くのダメージを与えるように指⽰したのだ。

その結果、部屋は⽯粉で溢れる。

そして、ホムンクルスの攻撃軌道が⾒えるようにした。

彼はその軌道を分析することに全力を注ぐ。

その結果により、デジールはホムンクルスの能⼒を確信したのだ。

(ホムンクルスは、間違いなく過去の空間で少なくとも5秒間動くことができる)

つまり、ホムンクルスは過去に戻り、攻撃された呪⽂を躱し、⾃由に距離を縮め、敵を素早く殺すことができた。

デジールは先制的にマナを循環させ始め、呪⽂を唱える準備をする。

「⼀瞬だけ⾒える」

変化した過去が現実を上書きする⼀瞬。

ホムンクルスが⾏ったどんな変化にも対応しなければならなかった唯⼀の機会。

過去と現在が結合する瞬間を予測し、ホムンクルスがどのように動き、⾏動するかを考え、すべてに集中した。

彼の集中⼒は今までに到達したことのないレベルにまで高まる。

そして、瞬時に場所を把握した。

デジールは、その瞬間に呪⽂を発動する。

【ファイアーストーム】

 



 

時間を巻き戻すのは強すぎる!

それを予測するデジールも化け物レベルですが(汗)

ホムンクルスの行動予測を把握して、その場所に攻撃魔法を放つとは・・・。

果たして、彼女との決着はついたのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【194話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は194話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...