帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【192話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は192をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

192話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【191話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は191話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ホムンクルスの力

「プラム!」

デジールは⼀瞬で駆け寄り、プラムの状態をチェックする。

彼は強い衝撃で意識を失っていた。

特に腹部の傷が酷く、明らかに折れた肋骨に加えて、かなりの量の血を失っていたのだ。

このまま放置するのは危険だろう。

ドン!

ホムンクルスを狙うアゼストの剣の⾳で我に返る。

急いで応急処置を施す。

明らかに、状況はムクドリパーティにとって有利だったはず。

しかし、ある時点で、プラムはホムンクルスに突然襲われた。

誰もが気づかない間に。

ホムンクルスが動くのを⾒た⼈は誰もいなかった。

デジールは内心混乱していた。

(ジョードは、決闘中にこのようなことが起こったとは言ってなかった)

⼤きな⾳がする。

アゼストが徐々に押し戻されていた。

プラムを安全な場所に動かした後、デジールはホムンクルスに向けて呪文を放つ。

[落雷]

[重⼒制御]

これまで、彼は長期戦を⾒越してマナを節約してきた。

しかし、今のデジールにそんな余裕はない。

プラムが空いた穴をサポートしなければいけないのだから。

アゼスト一人でホムンクルスの近接戦闘に耐えることは難しい。

彼女は緊急に支援を必要としていた。

(マズイ・・・!このままでは、長期戦に耐えることはできない)

デジールのマナ保有量は急速に枯渇している。

プラムが戦闘から除外されたため、難易度が急上昇したのだ。

もしも、あと一人誰かが欠如すれば、目的達成の希望は失われるだろう。

(そして、私たちはあまり積極的に⾏動する余裕がない)

デジールたちは現在、防御とホムンクルスの攻撃の回避にのみ焦点を合わせている。

これ以上のリスクを冒す余裕などなかった。

ホムンクルスは感情のコントロールを失い、暴れている。

今ではすべてのリソースを攻撃に費やし、ムクドリパーティーに全⼒を注いでいた。

必要なのは無防備な一瞬のみ。

アゼストの攻撃を避けて、ホムンクルスは推進力を使ってデジールに向かって跳ね返る。

「私があなたを無視すると思いましたか?」

一瞬で、ホムンクルスが接近した。

彼女はデジールを直接攻撃するのではなく、床を打ち抜いた。

その結果、床が崩壊する。

マナの壁がデジールの下に投影され、落下の減少を抑えた。

転がり落ち、殺意の波が迫っていると感じる。

ホムンクルスの⼿⾜は、彼がほんの少し前にいたところに激突した。

「私を1対1の状況に陥らせたのか・・・!?」

すぐに⽴ち上がり、検出魔法を展開し、相⼿のおおよその位置を特定する。

「右だ!」

デジールはいくつかの呪⽂を素早く連続して放つ。

⼀連の攻撃は、ホムンクルスに深刻なダメージを与えることができる威力を持っている。

「この隙に対策を・・・」

そう考えて、新たな戦力を準備しようとするが、ホムンクルスはデジールの予想を超えていた。

彼女は腕を組んで、攻撃を避けずに正⾯から接近したのだ。

【パリー・アルンド】

第6級相当の重力呪文。

デジールの周りの⼩さな領域で、重⼒が数倍に増加したかのように⼤気圧が上昇した。

ホムンクルスの体は、反応する前に引き裂かれて、彼女の⾎が⾶び散った。

「この感覚は・・・!」

その瞬間、時間が遅くなっているように感じる。

それは恐怖という感情。

ホムンクルスが何かをしてくるという合図。

遅滞なく防御魔法を発動すると同時に、ホムンクルスの壊れた体を⾒つめた。

[キザードのため息]

ほんの少し後、デジールは上半⾝に激しい痛みを感じた。

氷の破⽚がいたるところに爆発したのだ。

ローブは、警告警報を発することさえできない。

「ごほ・・・」

口から血を吐き出す。

腕は脱⾅したように⾒えたが、幸いなことに、致命傷はない。

ギリギリで間に合った防御魔法のおかげだろう。

明らかに、デジールの重力呪⽂はホムンクルスに当たり、その体を破壊したはず。

因果関係に対する⼒を使って回復する必要があったでしょう。

しかし、ある時点で、彼女は完全に回復し、⼀瞬で攻撃に転じた。

「一体どうやって・・・?」

対処方法が見つからない。

情報が少なすぎたのだ。

(何が起こっているのかを推測する⼿がかりがあれば・・・)

立ち上がるのも困難な状況。

咳をすると、それに混じった多くの⾎液を⾒つける。

そして、突然何か奇妙なことに気づいた。

「血がついていない?」

ホムンクルスから受けた傷は外的ではなく、内的なもの。

何かが間違っていた。

「なぜ?」

これは重要な⼿がかりだった。

「あなたは光栄に思うべきです。私は⾃分の⼒の範囲内で全力を出しました。ジョード・エグザリオンとの戦いでさえ、私はこの力を使わなかったのだから」

ホムンクルスがそう言い終えたとき、どこからともなく剣が現れる。

ホムンクルスの体はその場で凍り始め、急速に崩壊した。

アゼストが天井から降りてきたのだ。

同時に、氷柱が周囲から⾶び出す。

【氷の皇后】

【凍った宮殿】

彼⼥の周りに形成された氷の宮殿。

これがアゼストの全⼒。

彼⼥はデジールを守るために必死に奮闘した。

 



 

たくさんの呪⽂がホムンクルスに降り注ぐ。

ホムンクルスは必死にデジールに接近しようとしたが、アゼストが介入する。

ホムンクルスとアゼストが衝突し始めた。

通常よりも強い氷の宮殿を通して、彼⼥は即座にホムンクルスが持っていた強さのレベルに達したのだ。

アゼストは必死に反撃し、⾃分⾃⾝とデジールの両⽅を守りながら、ホムンクルスを攻撃するためにできる限りのことをする。

デジールは⻭を⾷いしばって⽴ち上がった。

【サモンライトニング】

⼤きな衝撃が生まれる。

デジールが呪⽂を発動し、アゼストを守り始めた。

さらに、ロマンティカも狙撃で彼らをサポートする。

今のところ、彼らは優勢だった。

そして、デジールは再び時間が遅くなっているように感じた。

これに対処することは、現時点では不可能だった。

⼀瞬にして、ホムンクルスがアゼストに接近して攻撃を仕掛けるが、彼女は上手く回避する。

それでも恐ろしいスピードと精度の両⽅を備えた強⼒な攻撃であり、その結果、アゼストのバランスは崩壊した。

「すぐに攻撃しなかった・・・?」

ホムンクルスは再びアゼストに接近する。

凍った宮殿を通して、何⼗もの防御呪⽂が展開されている。

それでもホムンクルスは攻撃を続けて、氷の壁を強引に押しつぶした。

【パリー・アルンド】

ホムンクルスの体を⼀撃で潰すことができる魔法。

彼女ははすぐに因果関係を制御し、被害を逆転させて、その外観は正常に戻る。

そしてもう⼀度。

ホムンクルスの前に形成された純粋なエネルギーの球がすべてを襲った。

アゼストの呪文がすべて破壊される。

彼女はそのまま気を失った。

 



 

その後、ホムンクルスはデジールに⽬を向ける。

その瞬間、信じられないほど強⼒な呪⽂が彼女に放たれた。

もう⼀度、ホムンクルスの形は崩壊したが、すぐに回復する。

「最初にあなたを殺します、デジール。その後、残りの友達を殺しましょう。あなたの力は賞賛に値します。けれど、あなたのパーティ全員が死ぬことは明らかです」

デジールはそれに応えて嘲笑した。

「嘘を言わないでください。あなたもマナがあまり残っていませんよね?」

その言葉は正しかった。

終わりが⾒えないように⾒えたホムンクルスのマナは、5分の1程度しか残っていないほどに消耗されたのだ。

「確かにその通りです。あなたを殺した後、私は逃げ出さなければなりません」

「その馬鹿げた能⼒を使うには、⼤量のマナが必要だと確信しています」

「気づいたからといって、何かが変わったわけではありません。私はまだ因果関係を操作し続けるのに⼗分なマナを持っています。残したマナの量は、2⼈を殺すのにまだ⼗分すぎるほどです」

ホムンクルスが再び戦いの姿勢を取る。

デジールには確かに希望は残されていなかった。

しかし、彼は諦めない。

⾎を飲み込みながらコミュニケーション魔法を操作し始めた。

[これからは私の指⽰に焦点を合わせてください]

 



 

プラムとデジールを攻撃した魔法は、因果関係の制御に関係がありそうですね?

もしかして、時間を止める能力?

それは強過ぎますね(笑)

残っているのはデジールとロマンティカだけですが、二人だけで勝てる勝算はあるのでしょうか?

最後に指示を送ったのはロマンティカへの命令?

帰還者の魔法は特別です【193話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は193話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...