帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【191話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は191をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

191話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【190話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は190話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • vs ホムンクルス

ロマンティカの呪⽂は、ホムンクルスに向かう道のすべてを⼀掃する。

⽯の柱と床は、鋭い⾵によって崩壊した。

しかし、真正⾯から呪⽂が直撃したにもかかわらず、ホムンクルスの⽪膚全体に軽い引っかき傷しか見えない。

デジールは眉をひそめた。

それはホムンクルスの防御が恐ろしかっただけではない。

「・・・彼⼥は反撃してこない?」

ホムンクルスは動かないままだ。

その間ずっと、彼⼥はマナを集め続けている。

デジールは、ホムンクルスの意図を理解していた。

「彼⼥は自身の防御能⼒に頼り、あの超⼤規模な呪⽂で反撃しようとしている・・・」

ホムンクルスは明らかに、デジールたちが自分に実質的な損害を与えることができないだろうと確信していた。

ホムンクルス内のマナの濃度を測定する。

すぐに、顔から血の気を失う。

ホムンクルスは、おそらく数分以内に必要なマナを集めるだろう。

「このままだと危険だ!」

必要な量のマナが存在する限り、ホムンクルスは因果関係を回避し、すぐに呪⽂を発動することができるのだから。

呪⽂を計算し、形成し、呼び出す必要がない。

残り時間は僅かだ。

「アゼスト!」

「任せろ」

【氷の皇后】

氷の中⼼からの冷たい空気がアゼストに収束し始め、周囲の温度を急激に下げる。

同時に、彼⼥の髪は⽩く染まった。

アゼストは⼀瞬でホムンクルスに近づく。

彼女の⾝体能⼒は、ビショップクラスのレベルを上回っていた。

【魔剣:氷の波】

ホムンクルスは素⼿だけで⾸に迫る剣を掴む。

攻撃が簡単に阻⽌されたにもかかわらず、アゼストの表情に動揺は見られない。

「・・・!?」

刃を握っているホムンクルスの⼿が凍り始める。

ホムンクルスの無関⼼な表情に僅かな変化が。

ホムンクルスが剣の⽀配権を握ろうとしたが、プラムが一歩先を動いていた。

プラムのレイピアが凍った腕を突き刺す。

右腕がほぼ粉々になったにもかかわらず、ホムンクルスは攻撃を仕掛ける準備をやめない。

もう少しで⽩い閃光が完成し、ゲリラ軍全体を吹き⾶ばす準備が整うからだ。

しかし、ムクドリパーティの連鎖攻撃は、ホムンクルスが予想したよりも強⼒だった。

ロマンティカはホムンクルスの左腕全体を狙撃して妨害する。

次は⾸だった。

アゼストとプラムの剣は、ロマンティカのライフルとともに、ホムンクルスの⾸を狙う。

ホムンクルスの動きが変わったのはこの時点。

彼らの複合攻撃が彼⼥⾃⾝の防御を超えていることに気づき、ホムンクルスは準備をやめて、本格的にそれらに対処し始めた。

それは因果関係を制御するということ。

怪我の結果を排除して、攻撃を受ける前の状態に戻る。

腕を元に戻したホムンクルスは⼀歩後退し、ムクドリパーティをじっと⾒つめた。

そして、彼⼥は彼らの真正⾯に輝く球を形成する。

マナストーム。

呪⽂を呼び出すために必要なすべてのステップを省略し、通常の呪⽂よりも圧縮されたマナの攻撃。

その威力は⽩い閃光よりはるかに弱いが、それでも無視できるものではない。

「あなたがその攻撃を使うことを期待していました」

デジールは密かに呪文の準備を行なっていた。

【ファイアーストーム】

第6級の⼒を秘めた呪⽂が瞬時に完成する。

デジールの魔法とホムンクルスのマナストームが同時に発動した。

⽿をつんざくような爆発が発生する。

衝撃波が四⽅⼋⽅に広がった。

 



 

「残念です。もう1、2分で完了したのに」

次の呪⽂を発動しようとしたとき、塵の雲からはっきりとした声が聞こえた。

「あなたは私が今まで扱ってきた兵士たちよりも数倍強いですね」

デジールは困惑した。

(話せるのか?)

それはとても大きな進化。

百年前に直⾯したホムンクルスは、ただの無知な怪物だった。

「しかし・・・、⽬の前の怪物が最も脅威的な敵であるという事実は変わらない」

準備していた呪⽂を発動する。

ホムンクルスの両⼿から鱗のようなものが芽⽣え始めた。

第7級規模のマナが、ムクドリパーティとの戦いで兵器化されたのだ。

「私たちは、広域攻撃を阻⽌するという望ましい結果を達成しました。私たちが今しなければならないのは、仲間が到着するまで持ちこたえることだけです」

ホムンクルスが地⾯を蹴ると、床がくり抜かれた。

その速度と動きは超越的だった。

ほんの⼀瞬で、ホムンクルスはデジールに接近する。

しかし、アゼストがその道を遮った。

剣と拳が衝突する。

驚いたことに、押し戻されたのはアゼストの方。

想像魔法を使⽤することで、⼈類の限界まで⾝体能⼒を向上させたにもかかわらず、彼⼥は押し戻されていたのだ。

それだけで終わりではない。

ホムンクルスは剣を蹴った後、空中で旋回し、アゼストへのキックの弾幕を降らせた。

アゼストは軌道を読み、巧みにそれらを回避する。

ホムンクルスが壊滅的な攻撃を開始した。

⽣み出される純粋な⼒は、圧倒的だった。

アゼストによるホムンクルスの評価は⼀⾔だけ。

「強い」

彼⼥が影の世界で戦ったホムンクルスと⽐較して、それは⽐類のない強さ。

当時のホムンクルスは、体⼒の強い単なる怪物。

したがって、経験を積む前に処分するだけで対処できたのだ。

しかし、目の前のホムンクルスは、⼈間の武道を習得し、多くの戦いから重要な経験を積んできた。

過去のすべての⽋点が対処されている。

他のパーティが彼⼥を助けなかったら、アゼストはすぐに圧倒されていただろう。

ムクドリパーティがホムンクルスに対処するために採⽤した戦略はシンプル。

プラムとロマンティカがサイドから⽀援し、アゼストは正⾯から向き合った。

そして、デジールは時折、⼤規模な攻撃を発動する。

 



 

攻撃は好調だったが、ホムンクルスを打ち負かすには⼗分ではなかった。

ホムンクルスを殺すためには、ホムンクルスの体を破壊し、因果関係の⼒を使わせる必要があるが、敵が強すぎて⼤きなダメージを与えることができないでいた。

しかし、デジールの気持ちは折れていない。

「我慢できる限り、勝つことが出来る」

戦いを長引かせることが出来れば、⻄ゲリラ軍が到着して戦力の強化が期待できるのだから。

冷静にホムンクルスを攻撃し、その⾏動の背後にあるパターンを必死に分析して解明する。

状況は厳しいように聞こえたが、デジールにはわずかな利点があった。

彼はジョードから、⼩さなヒントを受け取っていた。

ジョードのヒント、彼⾃⾝の分析、そして豊富な実践の組み合わせに基づいて、対応計画が導き出される。

[プラム、右側を]

通信魔法を介してプラムに命令を送る。

プラムの剣がホムンクルスの胸郭の右半分を粉砕した。

予想通り、ホムンクルスは因果関係を制御することで状態を回復する。

デジールの指⽰は続いた。

[アゼスト、正⾯横]

彼はホムンクルスの⾏動を冷静に把握していた。

ホムンクルスは、因果関係に⼲渉する能⼒に依存するため、体を回復し続ける以外に選択肢がないのだ。

攻撃の流れがどんどんスムーズになる。

「・・・」

ホムンクルスは何かを⾔おうとしていた。

とても小さな声なので、聞き取ることが出来ない声量。

ムクドリパーティ員全員が動きを⽌め、ホムンクルスを観察する。

緊張感が⾼まった。

「・・・そのうちの1つを取り出す時間・・・」

アゼストが、ホムンクルスの口の動きを観察して暗唱する。

そして・・・。

チャリン。

音が聞こえた瞬間、彼らのローブの防御⼒が即座に半分になった。

同時に、プラムの⼩さな体が不⾃然に空中に浮き上がる。

ムクドリパーティが状況を理解する前に、プラムは強制的に発射された。

彼の体は岩のように床を⾶び越え、後ろの壁に深く突っ込んだ。

 



 

過去のホムンクルスとの大きな違いは、知能の高さですよね。

無敵の力に高い知性が混ざれば、それは最強の存在としか言えないでしょう。

耐久戦に持ち込んでいたデジールたちですが、ホムンクルスが更なる力を発揮します。

プラムは無事なのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【192話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は192話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...