帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【190話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は190をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

190話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【189話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は189話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヨルムンガンド城塞

アウターは、もはやデジールの軍隊を⽌めることができなかった。

結局のところ、彼には軍隊が残っていない。

(彼らは、彼ら⾃⾝の軍隊を完全に排除した)

デジールには、おそらく彼らの⾏動を理解することは出来ないだろう。

嫌悪感だけが⾼まった。

その結果、ゲリラ部隊はすぐにヨルムンガンド要塞に到達する。

⽩い閃光が発射された砦の頂上を見上げた。

「発射するのに12時間も必要ないかもしれないが、あれだけのマナを集めるには確かに時間がかかるはず」

ホムンクルスが再充電するのに時間が必要であることを確信していた。

⼈間に⽐べて全能に⾒えたホムンクルスにも限界はある。

(結局のところ、ホムンクルスは⼈間の努⼒から⽣まれたのだから)

しかし、因果関係を制御するホムンクルスの能⼒を過⼩評価するのは愚かな考え。

デジールは、対戦相⼿の戦闘スタイルを分析し、その⻑所と短所を測定してから、戦闘に参加することを好んでいる。

過去に戻った後、シャドウラビリンスでの数え切れないほどの経験のおかげで、未知の敵と戦う機会はほとんどなかった。

少しの分析の後、敵のほとんどは解釈可能だ。

しかし、因果関係を操作するホムンクルスの能⼒は、⼈間が理解できる領域をはるかに超えている。

(しかし、ジョードによれば、戦闘で打ち負かすことは不可能ではないと聞いた。この部隊で確実に対処できるはず)

デジールは、第2⼩隊のメンバーに、検出魔法を使⽤してヨルムンガンド城塞内の敵の部隊を特定するように命じた。

「要塞内にはまだ軍隊がいます」

アウターの多くは逃げたはず。

それは当然の結果だろう。

ホムンクルスは、敵味方関係なく攻撃をするのだから。

それにもかかわらず、ホムンクルスを保護するために残った⼈々がいた。

彼らがアウターの上級ランクの直接の⽀配下にある軍隊であるかもしれないと推測する。

「砦を襲撃するのは難しいでしょう」

デジールのグループは、連合軍内で最もエリートな軍隊で構成されていた。

能⼒は最上位と⾒なされていたが、軍隊の数は、要塞を守っている軍隊と⽐較して少ない。

「⻄側のゲリラ部隊が到着していたなら、はるかに簡単だったのだけど・・・」

当初の計画はフェイント作戦だった。

ホムンクルスを同時に排除するために東⻄からゲリラを送る作戦。

⻄側のゲリラ部隊が到着していれば、数の劣等感は軽減されたでしょうが、彼らはどこにも⾒られない。

残念ながら、待っている時間はない。

今は静かだが、あの広域攻撃がいつ再び発⽣するかは不明なのだから。

「私たちは分隊する必要があります。ムクドリパーティは、ホムンクルスを排除するという当初の⽬標を継続します。他の皆さんは、城塞内の軍隊の対応をしてください」

「危険すぎます。敵の強さを確信できない限り、私たちは⼀緒に行動し、要塞を着実に押し進める必要があります」

それは合理的な対位だった。

ヨルムンガンド要塞は、アウターの最後の砦。

どれだけの罠が彼らを待っているのかを知ることは不可能だ。

しかし、デジールの決断は断固としていた。

「ホムンクルスがもう一度攻撃を仕掛けた場合、私たちがそれを⽌めることは不可能です」

彼らには、⽩い閃光をもう⼀度防御するのに⼗分なオーロラシステムを持っていない。

そう説明すると、全員が同意してうなずく。

「私が留守の間、アルジェリアが指揮を執ります」

「お、俺が?ここの⼈々に命令するのか?」

アルジェリアは完全に困惑していた。

その反応は理解できる。

彼の周りの兵⼠の多くは、軍全体で才能があり、有名な人物たち。

アルジェリアはブルームーンパーティを率いていたことで有名だったが、現時点では、彼は⼠官候補⽣だ。

「アルジェリア、私はあなたが上手くできると知っています」

アルジェリアは、ブルームーンパーティのメンバーを率いて、困難な影の世界への多数の遠征を攻略した経験がある。

「学⽣パーティと軍事作戦を指揮することはまったく異なる!それに・・・」

「アルジェリア」

「はい?」

「私があなたを選んだ」

「・・・!」

「出来ますか?」

デジールの⾔葉を聞いて、アルジェリアはようやく冷静になる。

「もちろん。私は決してあなたを失望させません」

「良かった」

ヨルムンガンド城塞を保護する外壁を指して、最終的な命令を出す。

「突破⼝に備えましょう」

 



 

爆発が起きた。

ヨルムンガンド城塞が⼀度揺れる。

要塞は防御魔法に囲まれていたが、余波はひどいものだった。

「全員!防御態勢に!」

揺れの原因を発⾒した⼈々は、壁が燃えている場所に向かう。

兵⼠たちは頭からつま先まで⿊い服を着ており、⾐装の⾊合いとデザインは⿃に⾮常によく似ている。

カラス。

死と不幸を象徴する不運の⿃。

彼らは、クロウマスクに忠実なエリート兵⼠。

彼の理想に共感を共有した兵⼠、彼の意志を共有した兵⼠、彼の⽬的に全⼒を尽くした兵⼠。

他のすべてのアウターが逃げた後、彼らはヨルムンガンド城塞内に籠り、ホムンクルスを守るという使命に取り組んでいた。

戦争が勝利で終わったのか敗北したのかは、彼らにとって何の影響もない。

彼らは、クロウマスクの願いを叶えるための道具なのだから。

2回⽬の爆発が鳴り響き、壁が崩れ始めた。

要塞がどれほど堅固であったとしても、エリート連合軍の持続的な攻撃に耐えることは出来ない。

崩壊した壁を通って、ゲリラ部隊が侵入してきた。

クロウマスクの軍隊は攻撃の命令を待ち望んでいる。

両⽅の部隊は、お互いに⽬を合わせながら魔法を準備していた。

いつでも紛争に発展する恐れのある緊迫感が生まれる。

「・・・」

クロウマスクの部隊のリーダーは、目の前のグループの迅速な評価を⾏う。

個々の能力は⾮常に強⼒だったが、その数は少ない。

彼は⾃分たちのアドバンテージに⾃信を持っていた。

勝てなかったとしても、彼がしなければならなかったのは戦いに引きずり出すことだけ。

彼らはホムンクルスの攻撃で敵と⼀緒に死ぬことを決意したので、それはもっともらしい計画だった。

東部ゲリラ部隊のリーダーであるデジール・アルマンの死を確実にすることができた限り、彼が自分⾃⾝を犠牲にしたかどうかは問題ではないのだ。

しかし・・・。

「・・・?」

どこを⾒ても、デジールの姿はどこにも⾒られなかった。

「そんな・・・、まさか!」

彼の頭は、ホムンクルスが保管されていた場所に向く。

考える機会も与えられることなく、彼は敵の声を聞いた。

「攻撃開始!」

アルジェリアが命令を出した瞬間、彼の指揮下にあるゲリラ部隊が攻撃を開始した。

剣がぶつかる⾳とともに魔法が空気を満たす。

⿊⾐の部隊のリーダーは唇を噛んだ後、命令を出した。

「できるだけ早く彼らを撃退し、最上階に向かいましょう!」

彼はこの戦いをできるだけ早く終わらせ、ホムンクルスがデジール・アルマンの死を確実にするのを⼿伝うしかなかった。

デジールの代わりに軍隊を率いていたアルジェリアも同じように考えている。

彼は次々に近づくアウターを虐殺した。

 



 

ムクドリパーティは、彼らの周りのマナの密度のような恐怖の成⻑感を感じていた。

固い表情で砦の頂上に向かう。

そして、彼らが最上階に到着したとき、圧倒的な鉄の⾨が彼らの道を塞いだ。

デジールは深呼吸をし、決意を強める。

「みんな準備はいいですか?」

ロマンティカはライフルを取り出し、後方に配置した。

アゼストとプラムは両⽅とも剣を抜き、デジールの両側に配置した。

みんなの決意を確認して、デジールは鉄の⾨を押し開き、敵と対峙する準備をする。

ヨルムンガンド城塞の頂上では、冷たい⾵と雪が吹いていた。

その中央には⼥の⼦がいた。

彼⼥は完全に静⽌していて、銀の髪が⾵になびいている。

⼀瞬、彼⼥は死んだと思ってしまうほどに。

幽霊のような⽩い肌、無反応な⽬。

まるで人形のようなイメージ。

デジールは、少⼥から発せられる暗い存在を感じた。

それはジョードが彼⼥と対峙したときに感じたのと同じ感覚。

少⼥は攻撃の準備をしていて、⽬の前にあるすべてのものを⽩い閃光で破壊する準備をしていた。

「攻撃を!今すぐに!」

デジールが攻撃の合図を出すとすぐに、ロマンティカのショットが発射された。

 



 

デジールがアルジェリアを信頼しているのが良いですね♪

一度は自分を陥れた相手ですが、その後の彼の活躍は目覚ましいものですから。

クロウマスクの姿は見えませんが、途中で介入するのでしょうか?

ホムンクルスだけでも勝てるか分からないのに、ホムンクルスまで加わったらかなり厳しいですね・・・。

帰還者の魔法は特別です【191話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は191話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...