帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【189話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は189をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

189話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【188話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は188話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 戦場に降り注ぐ光

午前8時。

朝の霧に覆われた冷たい空気が彼らの肺の奥深くまで浸透する。

デジールを含むゲリラ部隊の魔術師は、周囲の兵⼠に関する情報を収集するために、常に検出魔法を発動していた。

「前方に3つの⼤規模な敵部隊がいるわ」

最初に検知したのはロマンティカ。

彼女の検出魔法は、デジールによって訓練されたことで、誰よりも優れている。

彼女がもう⼀度叫ぶ。

「右側にもっと⼤規模な敵部隊がいる!」

デジールはすぐに反応した。

「ロマンティカ、以前に感知したユニットと現在⾒たユニットの間に敵がいないか確認してください」

すでに検出魔法を発動していたロマンティカは、すぐに求められた場所を確認する。

「・・・誰もいないわ」

その言葉を聞いて、デジールは左⼿を少し持ち上げて左を指さす。

「⼩隊2、カモフラージュ魔法の準備を!」

作戦を開始する前に、個々のスキルに応じて4個⼩隊に分割していた。

⼩隊2には、⽕⼒ではなく⽀援魔法を専⾨とする魔術師を。

「発動!」

[猫のカーテン]

[フロストクローク]

いくつかのカモフラージュ呪⽂が同時に呼び出され、部隊全体を即座に覆う。

その瞬間、アウターの探知魔法が発動した。

不吉なそよ⾵がゲリラ部隊を通り抜ける。

しかし、アウターの探知魔法は何も見つけることができなかった。

⼩隊2によって呼び出されたカモフラージュ魔法は完全に機能し、アウターの探知魔法を完全に無効化したのだ。

さらに、濃い朝の霧のため、ゲリラ部隊を⾒つけることは⾮常に困難だった。

⾔い換えれば、アウターがデジールの部隊の位置を正確に特定することは不可能ということ。

攻撃を開始するには可能な限り最良の状況。

しかし、正⾯からぶつかった場合、存在を隠すことはできない。

ここにいるアウターは、突然の攻撃に反応することができるように⼗分に訓練されているだろう。

これらの理由から、デジールは攻撃するつもりはなかった。

進路を維持し、必要に応じて敵のパトロールから無害に通過できるように停⽌する。

その結果、ゲリラ部隊は完全に気づかれずに多数の敵戦隊をすり抜けることができたのだ。

「すべての不必要な戦いを回避できた」

彼らの主な⽬的は、ホムンクルスを⾒つけること。

そして彼らにとって最も重要なことは、ホムンクルスが再び攻撃するのを防ぎ、連合軍が与えるダメージを増やすこと。

ロマンティカの探知魔法は、効率的にホムンクルスに導くのを助ける⼤きな役割を果たした。

 



 

突然、彼らの前にいたアウターの数が急速に増えた。

自分たちの侵入がバレたのだろう。

彼らの位置はバレていないが、戦闘を完全に回避することは不可能だ。

城塞に近づくと、デジールは自分の予測が正しかったことを知る。

「前⽅の敵部隊。横に並んでいます」

これまでに遭遇した最⼤数の軍隊を使⽤して作成された防御線。

この防御線をこっそり通り抜けることは不可能な仕事でしょう。

⼀瞬も休む余裕がなかったゲリラ部隊は、戦術を変えることを余儀なくされた。

デジールは軍隊に突撃の準備をする合図を出す。

ゲリラ部隊は、彼の指⽰でそれぞれの⼩隊に再編成される。

すべての部隊が設定された位置に移動したことを確認し、突撃の合図を出す。

[ファイアウォール]

[サンダーブレイク]

⼩隊1が実⾏した砲撃魔法が、敵の防御線の⽅向に解き放たれた。

アウターは、予想外の方向からの砲撃に対してなす術がない。

それにもかかわらず、防衛線のごく⼀部しか崩壊しない。

しかし、デジールは躊躇うなく攻撃を命じた。

弱いスパイ部隊の侵⼊を防ぐことが⽬標だったとしたら、アウターの防衛線は破られなかっただろう。

しかし、そのような戦術は、⾼品質のゲリラ部隊の前進を妨げることはできない。

そして、デジールは魔法の⼤部分を逆算させることができたので、損失はほとんど発⽣しなかった。

すべてが順調に進み、外周の端に到達することに成功した。

 



 

「・・・!」

そのとき、戦場の魔術師たちは皆、信じられないほどの量のマナの流れを感じる。

ヨルムンガンドの城塞の頂上は霧が半分晴れ、空が地⾯の兵⼠たちに⾒えるようになった。

全員の顔から表情が失われる。

⽬の前の⽩い光が形成され始めたから。

誰かが呟く。

「残り5時間あるはずじゃ・・・?」

ホムンクルスの攻撃は12時間ごとに発動されていた。

⼈々は、マナの量が増えているのを⾒て困惑している

攻撃が予定よりもはるかに早く発動されるためだ。

デジールは状況をすぐに把握した。

「私たちは騙されたんだ。12時間のクールダウンという言葉に・・・」

後から考えると、これは愚かな仮定だ。

計算に12時間かかる呪⽂が、毎回最⼤のダメージを与える正確な場所に着地するにはどうすればいい?

マナを集めるだけであれば、12時間も必要としないのだ。

⽩い光は、現在防御線上にあるアウターの⽅を向いていた。

彼らは、何が起こっているのかすぐに理解する。

「ま、待って!」

彼らは不本意な殉教者であり、デジールが率いるゲリラ部隊を⼀瞬だけ⽌める役割。

コストに関係なく、デジールを殺すためだけに設計された致命的な罠。

光が強まり始めた。

そして・・・。

解き放たれた超⼤規模な呪⽂の圧倒的な光に、両陣営が瞬時に包まれる。

⽩い閃光は周囲を崩壊させ、その前に⽴つすべてのものを貪っていく。

しかし、光が消えたとき、まだ数⼈は⽴っていた。

構造化された巨⼤な盾が⽣存者を囲んでいる。

ひびの⼊った盾は、デジールの⼿にある機器が粉々になったときに粉々になった。

「念のために4つ持ってきて、そのうち3つを⼀撃で壊された・・・」

それは、ジョードに知識を提供したことによって作成された、最強の防御システムであるオーロラシステム。

デジールは、ホムンクルスに対して使⽤するために、いくつかの携帯版を持ってきていたのだ。

しかし、彼の徹底的な準備は⼀撃にしか耐えることができない。

そのような状況下で落ち着きを失うことはなく、デジールは攻撃の原因を⾒つめた。

「なんてくだらない戦術だ」

 



 

ロマンティカの活躍は嬉しいですね♪

戦闘面ではアゼストに及びませんが、支援魔法で彼女の右に出る者はいないでしょう。

そして、ホムンクルスの一撃を防いだデジール。

このまま城塞内に侵入することは出来るのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【190話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は190話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...