帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【188話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は188をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

188話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【187話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は187話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ゲリラ部隊

(彼は第5級にいるのに名前を思い出せないという事は、彼はそれほど魔術師としては優れていないのだろう)

少なくとも、デジールはシャドウラビリンスで活躍した人物を全員覚えている。

しかし、サルデク・ジェノイザという名前に心当たりはなかった。

これは、彼がシャドウラビリンスの初期に亡くなったことを⽰す⼗分な証拠だろう。

サルデクの言葉には皮肉が込められていた。

「まだヘブリオンアカデミーに通っている後輩が素晴らしいことを私は知っています。しかし、優秀な兵⼠は、指揮官の役割でも同様のスキルを発揮できるのでしょうか?」

「私が指揮官に相応しくないと?」

「相応しくないとは言ってません。このような重要な任務にもう少し適しているかもしれない、より多くの経験を持つ誰かが他にいると⾔っているだけです」

デジールはサルデクが⾔おうとしていることを理解した。

「あなたは⾃分こそが適任だと言いたいのですか?」

「その通り」

彼の表情には傲慢さが見える。

「私は、今回のゲリラ部隊が考案される前から、ホムンクルス対応部隊を率いてきました。多くの⼈員を率いてきた経験と、ターゲットであるホムンクルスとの戦いで重要な役割を果たす可能性が⾼いという事実から、私がより適任だと思っています。そうではありませんか?」

その質問を断ち切る。

「あなたが指揮を執ることを申し出ているなら、お断りします。あなたの豊富な経験を⽣かして、積極的な役割を果たしてください」

すると、サルデクの⼝調が脂っこいものに変わった。

「私はヘブリオンアカデミーを卒業し、第5級に到達しました」

彼は突然、まったく別の方向に会話を移す。

「ヘブリオンアカデミーのエリートは特別な扱いを受けるべきだと思いませんか?」

これ以上の会話は無駄だと、デジールはそう判断した。

「これは、今議論する価値のある話題ではないようです。私たちの⾏動計画は決定されており、時間が何よりも重要です。今すぐ出発の準備を始めてください」

「私が部隊を導くことに成功すれば、私は間違いなく昇進するでしょう」

「・・・」

彼のしつこい要求が続く。

「私たちは同じヘブリオンアカデミーの出⾝なので、お互いに助け合いましょう」

サルデクの発言に、デジールは笑う。

「・・・つまり、あなたはヘブリオンアカデミーの先輩なので、私があなたに命令権を渡すべきだと?」

信頼できない指導者の命令に従って、⽣と死の戦場に導かれることほど悪いことはない。

デジールはそれを何度も経験してきた。

そのため、サルデクに訴訟を起こすつもりなどなかった。

しかし、彼は、デジールの能⼒への不満ではなく、ヘブリオンアカデミーの卒業⽣である立場を利用して、指揮権の移転を要求したのだ。

何千⼈もの⼈々の命がバランスよく保たれている状況で。

「私はあなたがこのユニットを指揮するのに必要なものを持っているとは思わない」

「何?」

「ホムンクルス対応部隊が任務を遂⾏していたら、この部隊は作られなかったでしょうから」

そう言い残し、立ち去り始める。

「私はあなたの協⼒を必要としません。あなたを今回の部隊から除外します」

「は?」

サルデクの⽬が⼤きく開いた。

彼は、デジールがこれほど不合理だとは思ってもいなかったのだ。

自分をチームから落とさないことを確信していたので、彼はあえてこのように⾏動しただけ。

「あなたは⾮常識な人間だ!私は第5級魔術師です。そのような魔術師を部隊から除外するだと!?」

確かに、第5級魔術師の⼒は⼤いに役⽴つでしょう。

しかし、無能な味⽅がどの敵よりもはるかに恐ろしいことを、デジールは知っていた。

「私はあなたが他の場所で良い結果を達成するのを⾒たいと思っています。あなたに相応しい昇進を得ることを⼼から願っています!」

「くそっ!」

サルデクは醜い表情を浮かべて去っていく。

(彼は第5級のスキルを持っているが、あのような⾏動では、これ以上昇進することは出来ないだろう)

優れた兵⼠が優れた指揮官であるとは限らない。

その考えを、サルデクは⾃分⾃⾝で証明することになるのだが。

 



 

東部の戦場。

近くの丘では、アウターと帝国軍の間で激しい戦いが進⾏中だった。

ヨルムンガンド城塞の包囲の最前線に、アウターと攻撃を交わす砲兵部隊とは異なる、孤独な低級魔道⼠が⽴っている。

彼は迫り来る攻撃を急速に逆算させ、砲兵の魔道⼠と側に配置された騎兵隊の両⽅を保護していた。

もちろん、その兵⼠は他ならぬデジールであり、彼のエリート部隊は現在⾺に乗っており、すぐに突撃する準備ができていた。

戦いの展開状況を⾒下ろす。

戦争は現在、帝国軍に有利な状況だ。

砲兵隊が良い位置を獲得するにつれて、帝国軍は重⼤な損失を被ることなくアウターの⼒を削り続けている。

「この状況が続けば、最⼩限の損失で戦争を終わらせることができるでしょう」

しかし、ホムンクルスが再び攻撃したとき、連合軍は⼤いに苦しむはず。

砲兵部隊の指揮官がデジールに話しかけた。

「もうすぐ、あなた方のために道を作ります!」

その言葉を合図に、デジールはメンバーたちの様子を伺う。

みんな緊張していたが、ムクドリパーティは特に緊張していた。

この作戦の重要さが、特に彼らを圧迫しているようだ。

「この任務を早く終えて、学校に戻りましょう」

デジールの励ましで、プラムとロマンティカは少しリラックスした。

再び前⽅を⾒つめようとしたが、突然誰かが隣に現れるのを感じる。

振り返ると、アゼストがそこにいた。

「えっと・・・」

滅多に話さない彼⼥は、何かを躊躇ってい。

「アゼスト、調⼦はどう?」

「・・・今回は怪我をしないでください」

「え?」

アゼストは少し慌てているように⾒えた。

「何かが起こったときはいつでも、あなたは傷つき、時には瀕死の状態で戻ってきます」

彼⼥は明らかにデジールを⼼配していた。

「あなたもです、アゼスト。お互いに注意しましょう」

そう言って、デジールは微笑んだ。

 



 

砲兵司令官の声が聞こえる。

「残り30秒です!ゲリラ部隊、準備をしてください!」

時間になった。

砲兵部隊の指揮官が命令を出す。

「ゲリラ部隊への道を開いてください!」

多くの魔術師が呪⽂を唱え始める。

数⼗の呪⽂が形成され、空中を噴出するマナの流れは膨⼤だった。

同時に発射された呪文が、アウターに衝突する。

「うわぁああああ!」

悲鳴が聞こえる。

それが彼らの合図だった。

「進め!」

約40⼈が混乱した敵に突撃する。

アウターは急いでその場しのぎの防御体制に突入し、魔術師は急いで呪文を準備した。

彼らの不幸は、デジールがこの状況を予測していたこと。

アウターが脅威を与える前に、彼は彼らの呪⽂を逆算させた。

デジールが存在する限り、このレベルの呪⽂は役に⽴たない。

ゲリラ部隊が難なく壁を突破する。

従来の考えでは、騎兵は歩兵の攻撃に対して⽐較的弱いとされていた。

しかし、そのような考えは、アゼストの魔法の前には役に⽴たない。

【ウィンタークリスタル】

呪⽂詠唱者が望む形で⾼強度の氷を作り出す呪文。

氷のような隔壁がゲリラ部隊の側⾯に急上昇する。

短時間で⽳を開けることは不可能だろう。

アウターには、ゲリラ部隊を⽌めるための選択肢がなかった。

 



 

重要人物かと思われたサルデクですが、特に重要そうではありませんね。

今後の登場の可能性はあるのでしょうか?

しかし、デジールの逆算はチートレベルだと思います(笑)

帰還者の魔法は特別です【189話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は189話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...