帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【187話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は187をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

187話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【186話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は186話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 緊急作戦

ちょうど1⽇前、戦争は事実上終わったかのように思えた。

主⼒部隊を失ったアウターは、ヨルムンガンド要塞に待機していた。

連合軍は周りを取り囲み、後は持久戦に持ち込むだけ。

アウターの供給ルートは失われているので、連合軍の勝利は確実だった。

さらに、連合軍は部隊の数と質の両⽅でも優れている。

アウターに勝つチャンスは残されていなかった。

しかし、状況は劇的に変化した。

ヨルムンガンド城塞から⽩い光が点滅する。

その光が辿る道のすべてを⼀掃した。

最⼤の問題は、次にどこに撃たれるかを予測することが不可能だったこと。

12時間。

それが次の発射までのクール時間。

連合軍は半⽇ごとに甚⼤な被害を受けていた。

この予期せぬ状況の中、連合軍は緊急会議を開催することに。

最初の攻撃は野蛮⼈を狙ったものだった。

北の戦線で敵の領⼟に深く押し込みながら連勝を収めた彼らの軍隊は、その⽩い光の前に敗北したのだ。

それ以来、⽩い光のビームは⻄王国連合に向けられている。

2回。

たった2回の攻撃で、⻄王国連合に重⼤で壊滅的な被害がもたらされた。

対策は見つからず、この前例のない攻撃に耐え続けるしかない。

「あのビームは、少なくとも第7級以上のものであるように⾒えます」

悲しげな雰囲気が会議場を埋め尽くす。

第7級魔法。

そのような呪⽂を実⾏できることが知られている唯⼀の人物は、ジョード・エグザリオンだけ。

彼以外の存在で思い当たるもの。

それはホムンクルスだけだろう。

アウターの最強武器であり、現状の戦いを脅かすことができた唯⼀の武器。

ある時点で、ディバイド王が会議を主導し始めた。

[敵の攻撃が連合軍のすべての兵⼠を虐殺する前に、彼らのホムンクルスを打ち負かしましょう]

多くの代表者がディバイド王の意⾒に合意する。

「次のビーム攻撃までの残り時間は約10時間です」

[⽬標は、制限時間が切れる前に、ヨルムンガンド城塞内のどこかにいるホムンクルスを倒すこと]

⽬標が設定されると、それをどのように達成できるかについて議論が進む。

ドナペ・アスランはまだ北の戦線に残っていた。

最初の攻撃で部下の⼤部分を失った彼は、怒りに没頭し、現在も、彼は休憩を取らないままの戦いに⾝を投じていた。

そのため、連合軍は北の戦線を彼に一任することにしたのだ。

問題は、誰をゲリラ隊として送るかについてだ。

「彼以外の候補となると・・・」

[ヘブリオン帝国のムクドリパーティを使うべきではないだろうか?]

[ムクドリパーティは、すでにその能⼒を証明しています]

帝国軍の将校たちはその意見に難色を示す。

彼らはそのような貴重な才能を、ほぼ確実な死に委ねたくなかったのだ。

[間違いなく、ムクドリパーティのデジールはこの任務を引き受けるのに⼗分なスキルを持っています]

[ムクドリパーティよりも多くの⽕⼒を⽣み出すことができる人物はいないでしょう]

しかし、⻄王国連合の意⾒は圧倒的だった。

帝国軍の将校が成功の可能性が⾼い別の何かを提案しない限り、この提案を受け⼊れる以外に選択肢はないだろう。

「・・・分かりました。この使命を彼らに知らせます」

 



 

「どう思いますか?」

デジールたちはユタ中佐の事務所にいた。

彼から差し出された写真は、恐ろしい破壊の光景。

まるで、巨⼤な⽖が地⾯をくり抜いたかのような跡が残っている。

「これはホムンクルスの仕業です」

そう結論した。

「その通りでしょう。この攻撃は12時間ごとに発⽣するため、⼒を回復するには時間がかかると思われます。破壊力は、この絵に⽰されているとおりです」

絵を指し示すユタの表情には、さまざまな不快感が込められていた。

「連合軍は、さらなる損害が発⽣する前に、本格的な戦争を開始することを急いでいます。そのため、ヨルムンガンド要塞に潜⼊するためにゲリラ部隊を編成することを計画しました」

それはかなり賢明な判断だろう。

この状況を覆すには、ホムンクルスを素早く撃破するしかないのだから。

「ゲリラ部隊は2つのグループに分けられ、1つは東側から侵⼊し、もう1つは⻄側から侵⼊します。そして、ムクドリパーティには東から潜⼊するゲリラに加わってほしいのす」

ユタの言葉に、デジールがうなずく。

彼ら以上に適任するグループはいないだろう。

「私たちは東部ゲリラ部隊の指揮をあなたに任せることにしました。以前の状況で指揮系統をリードしする能⼒を評価し、そのように決定したのです」

これまで、デジールは上官の命令によって、行動を制限されてきた。

誰かの協力を必要とするときは、上官に尋ねなければいけない。

これは、緊急事態では重⼤な弱点となる。

マハユ港での一件が大きく物語っているだろう。

時間の浪費が原因で、彼らは戦争に負けていたのかもしれないのだから。

しかし今、この種の問題は解決さた。

ユタ中佐がデジールを信頼してくれたから。

「デジール・アルマン。ホムンクルスを倒し、この戦争を終わらせてください」

 



 

「はじめまして。ムクドリパーティのリーダー、デジール・アルマンです。私がこの東部隊を率いる予定です」

東部隊はムクドリパーティを含めて計40⼈。

剣⼠は少なくともルーククラスで、魔術師は少なくとも第4級レベル。

「私たちの使命は、ヨルムンガンドの城塞に隠れているホムンクルスを倒すことです。このミッションの効率を上げるために、このグループを4つの部隊に分割します」

東部隊の構成は、かなりの数がヘブリオンアカデミーで占められている。

デジールが指揮しやすいように、中央司令部が配慮してくれたのだ。

その中にはアルジェリアの姿も。

3年⽣の中でトップのシングルランカーであり、アカデミー最強の剣⼠としても知られていた。

それに加えて、彼はブルームーンパーティのリーダー。

貴族の中でデジールの能⼒を認めた最初の⼈物でもある。

現在は⼠官候補⽣の候補者だ。

短いブリーフィングの後、チームメンバーが散らばる。

彼らより若いデジールが⽀配権を握っていたにもかかわらず、彼らの間には不満はないようだ。

「アルマン博⼠。帝国の偉⼤な英雄」

デジールは声の⽅向を⾒た。

なめらかな髪の若い男が近づいてくる。

「あなたのような魔術師と共に参加できることをとても嬉しく思います」

サルデク・ジェノイザ。

彼は30代半ばの第5級魔術師であり、ヘブリオンアカデミーの卒業⽣。

彼は優しい笑顔を浮かべて、デジールに近づいてきた。

 



 

ドナペが無事で安心しました。

しかし、彼らの部族は大打撃を受けてしまいましたね・・・。

どこかの場面で一矢報いてほしいです!

そして、久しぶりのアルジェリアの登場。

ケルトやラドリアは参加していないようですね。

最後に登場した男性が怪しいと思うのは私だけでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【188話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は188話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...