帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【185話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は185をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

185話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【184話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は184話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 聖女の訪れ

「・・・メダルですか?」

デジールの問いかけに、ユタ中佐が微笑む。

微笑んだ。

「ええ。終戦時には、授賞式が正式に⾏われるそうです」

ユタはいくつかの困難な作戦に成功した優秀な指揮官であり、彼の下で仕えた兵⼠たちから強く賞賛されていた。

そして、デジールの要求に応じて⽀援した唯⼀の指揮官。

「この⼤陸のすべての指揮官によって満場⼀致で承認されたそうです。私は40年間軍隊で過ごしましたが、こんな出来事は初めてです」

ユタがデジールの近づき、彼の肩を叩く。

「この機会を利⽤して、今後も皆様との良好な関係を維持していきたいと思いますよ。アカデミーを卒業した後、軍隊に参加したい場合は、遠慮なく私に連絡してください。あなたのような才能のある⼈はいつでも⼤歓迎です」

「光栄です。あなたの申し出を慎重に検討させていただきますね」

「それと、あなたの⽀援要請を拒否した司令官を悪く思わないでいただきたい。彼らは、厳格な身分制度に縛られた兵⼠でもありますから」

「もちろんです。私もそれは理解しています」

「それを聞けて良かった。さあ、あなたはもう休んでください」

 



 

ユタに別れを告げた後、デジールは部屋を出た。

次の⼀歩を踏み出す前に、コミュニケーションパッドが鳴る。

[聖女様が訪問したわよ!できるだけ早く戻ってきて!]

ロマンティカからのメッセージ。

彼⼥のテキストには明らかな緊急性が表れていた。

「もう到着したのか?」

プリシーラ・ハイシルカイト。

シャドウラビリンスで生き残った最後の6⼈の1⼈であり、現在は⼤陸で最⼤の宗教であるアルテミス教会の聖女として賞賛されている。

そして、5カ国で構成される⻄王国連合の6番⽬の王とも呼ばれていた。

昨年の夏のデルタハイムでの事件以来、デジールと彼⼥は良好な関係を保っている。

アゼスト・キングクラウン。

ジョード・エグザリオン。

プリシーラ・ハイシルカイト。

ドナペ・アスラン。

ラファエロ・チェリガー。

そして、デジール・アルマン。

4⼈と出会い、それぞれとの良好な関係を築くことに成功した。

「残っているのはソードマスター、ラファエロだけだな」

そう考えながら、プリシーラの元に急ぐと。

「敬礼!」

出会ったすべての兵⼠がデジールに敬礼する。

カシュカ騎⼠団とライオンのたてがみを倒すのに最⼤の貢献をして、第6級魔術師のドラクル・ラブテ・エルカエラを倒すことで、供給ルートを保護した功績。

ダデニュートを倒したときとは異なり、多くの⼈が⾃分の⽬でその戦いを⽬撃した。

その戦いは、⼈々の視線を変えるのに⼗分な効果をもたらしたのだ。

英雄。

兵⼠の⼠気を⾼めるのにこれほど効果的なものはないでしょう。

(軍隊に加わることはそれほど悪くないかもしれないな・・・)

シャドウラビリンスが到着するまでの時間はあまり残されていない。

デジールは⾃分の選択肢を感じながら、軍隊の⼀部としてシャドウラビリンスをクリアし、兵⼠を可能な限りリードすることはそれほど悪い考えではないかもしれないと感じていた。

 



 

宿泊していた建物に到着した後、デジールはアルテミス教会の聖女を護衛ていていると思われる騎⼠と顔を合わせる。

部屋に⼊ると、ロマンティカとプリシラがお茶を飲んでいる光景に出迎えられ、部屋はぎこちない雰囲気に包まれていた。

「デジール」

ロマンティカが駆け寄ってきて、彼に囁く。

「後はあんたに任せるわ」

彼女はプリシラに別れを告げ、急いで去っていった。

「久しぶりです、デジール」

「お時間を割いて直接お越しいただき、誠にありがとうございます」

デジールが彼女の反対側に座る。

「それで?今⽇私を呼んだのは、何か重要な問題が発生したのでしょうか?」

「これから説明するのは、おそらく聖地の内部で対処しなければならない⼤きな弱点です」

最近クリアしたレベル3の影の世界での経験を説明する。

主に預⾔者と呼ばれる人物について、デジール⾃⾝の考えと分析も話した。

「彼は最後の教皇かもしれません。彼は何百年も⽣きており、ホムンクルスの創設に携わっていたことを考えると、現時点ではアウターの⼀員である可能性が⾼いです」

その発言医、プリシラの声が震える。

「・・・事実なのですか?」

「はい。私は彼の顔を⾃分で確認しました」

彼女の顔は複雑な表情を浮かべていた。

「それで、なぜ私にこのことを?」

「彼についての確かな情報が必要だからです。彼について記録された情報が全くありません。できる限りの情報を⼊⼿する必要があります」

それはシャドウラビリンスとは別に存在した脅威。

デジールの直感が、この問題を調査しなければならないと告げていたのだ。

「私よりも魔塔に情報を要求したほうがいいかもしれません」

「すでに魔塔には要請済みです。しかし、もっと詳細な情報が必要なのです」

「詳細な情報・・・」

プリシラはしばらく考えた。

「分かりました。私も調査に最善を尽くします。当時、聖地に住んでいた⼦孫もいますから。しかし、あまり希望は抱かないでくださいね?」

「どんな情報でも⼤丈夫です。ありがとうございます、聖女様」

預⾔者の話題に関する会話は終わった。

「解散する前に、私も伝えておくことがあるの」

今度は、プリシラの番だ。

「私は⻄王国連合からあなたを引き抜くように頼まれました」

「⻄王国連合全体を代表して?私はそこまで有名になったのですか?」

「私は頼まれただけよ。しかし、私は引き抜くつもりはないわ。どちらの選択をしても問題ありません」

「・・・理由を聞いてもよろしいですか?」

「私はあなたが味方だと信じています。どちらを選んでも、アルテミス神殿はあなたをサポートします。これは、あなたが私たちのために⽬を犠牲にした瞬間から決定されていたことよ」

無意識のうちに左⽬に⼿を触れる。

「それはあなたが私たち全員のために犠牲にした証拠。何があなたを動かしているのか分かりませんが、その⾏為のおかげであなたを信頼することができます」

それがプリシラの正直な意⾒。

「もちろん、参加してもらえるなら嬉しいと思っているわ」

「ありがとうございます。可能な限り前向きに検討させていただきます」

その後、プリシラは部屋を出ていった。

デジールは椅⼦にもたれかかって、この⼀⽇で何が起こったのかを考えた。

「いつの間にか有名人になっていたようだ・・・」

彼の⽬標は、⻄王国連合と帝国軍の連合。

前世では、シャドウラビリンスがもたらした巨⼤な災害に遭遇したにもかかわらず、各部隊が必然的にお互いを信⽤しなかったため、無意味な損失が大きかった。

そのような出来事の再発を防ぐために、アウターとの戦争で軍隊を結集させたのだ。

今のところは順調。

「そして、これはほんの始まりに過ぎない」

問題は、この同盟がいつまで維持されるのか、そして本当に強⼒なのかということ。

「私は2つの間の仲裁⼈として⾏動しなければならない」

⻄王国連合から⾮常に前向きに⾒られている間に、帝国軍から⼤きな信頼を得る。

彼の目標に現実味が帯びてきた。

 



 

ユタ中佐は良い上司ですね♪

これからも登場してくれることを願っています!

そして、久しぶりのプリシラの登場。

ラファエロとの接触も気になりますね。

帰還者の魔法は特別です【186話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は186話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...