帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【182話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は182をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

182話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【181話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は181話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • デジールvsドラクル②

放たれた衝撃波が⽌まり、地⾯の揺れが止まる。

デジールとドラクルの呪⽂の後遺症は周辺地域を破壊していた。

埃が落ち着き、倒壊した建物の⼤きな⽡礫の⼭の上にデジールは立っていた。

彼の体のあちこちは傷ついている。

「そこにいたのですね」

声のする方を見上げた。

ドラクルは⾜を組んで座っていて、建物の屋上からデジールを⾒下ろしていた。

周りを⾒回すと、灰と⽡礫しか残っていない。

街は10分⾜らずで⼤部分が破壊されていた。

この恐ろしい光景はたった⼆⼈によって引き起こされたのだ。

「グォおおおお!」

恐ろしい叫び声が遠くから聞こえる。

爆発にもかかわらず、狂⼈たちの⾏進は続いていた。

帝国軍とアウターの両⽅の兵⼠で構成されるこの軍隊は、規模を拡⼤し続けている。

激しい破壊にもかかわらず、狂⼈の軍隊は成⻑し続けていた。

デジールとドラクルは、成⻑する暴徒にダメージを与えることを意図的に回避しながら戦っていたが、彼らの理由は異なっている。

ドラクルは狂⼈たちに港を破壊してほしかった。

港の防衛は帝国軍にとって最も重要な⽬的。

2つの供給ルートの1つを破壊することは、壊滅的な打撃となるでしょう。

しかし、デジールの目的は違い。

(呪文を破ることが出来れば、彼らは元に戻るはず)

狂人たちが正常に戻る可能性が残っていることを念頭に置いていた。

帝国軍の運命は、ドラクルを打ち負かし、狂った男たちが港を破壊する前に平和的に阻⽌するというデジールの能力にかかっていた。

二人の理由は異なるが、⽬的は同じで、狂⼈に危害を加えることを避け、徐々に戦場を遠ざけていく。

最終的に、彼らはもはや狂⼈に影響を与えることができなくなった地域に到達したのだ。

 



 

「あなたはまだ希望を諦めていないのですか?この絶望的な状況でも?」

「もちろん」

(彼⼥のマナは無限ではない)

デジールは、ドラクルの無限のマナの秘密は⾎の蓄積であると判断していた。

しかし、これは彼⼥が無限のマナを持っていることを意味するものではない。

「いい考えを思いついたわ!あなたの最も強⼒な呪⽂を使ってみませんか?ダデニュートを⼀撃で倒した呪⽂を」

ドラクルが⽬を輝かせて提案した。

「もちろん、それはあなたが呪⽂を唱える時間がある場合にのみですけれど」

ドラクルの前に⾎が集まり始めた。

【⾎の星】

集められた⾎が⼀周し、何万もの⾎の輪が生み出される。

第5級に到達した呪⽂は、すべてを⼀掃する圧倒的な⼒を持っていた。

デジールはそれに応答するために遅滞なく呪⽂を発動した。

「あなたに対して使う価値もありません」

「そんなことをいつまで言えるか試してみましょう」

彼らの⼒のレベルは同等だ。

両者の呪⽂が互いに打ち消し合う。

ドラクルはクロウマスクからデジールについて聞いていたが、第3級魔術師にこれほどの力があるとは思ってもいなかった。

しかし、それだけ。

「私が勝つという事実に変化はありません」

決闘での魔術師間のマナ量の違いは、勝利を決定する絶対的な決定要因であると考えられている。

それは克服できる簡単な要因ではない。

たとえ彼が可能な限りの効率を発揮したとしても、最終的にはデジールのマナが最初に使い果たされるだろうと考えていた。

ドラクルは様々な攻撃呪⽂を発動することによって、徐々にデジールを押し始める。

それはまるで自分の力を自慢しているかのように。

⾎が渦巻いて爆発する。

しかし、デジールは倒れない。

彼⼥の⾃信は衰え始め、少しの不安を残した。

[アウトブラッドブレイク]

「これならどう?」

デジールはそれをもう⼀度中和した。

ドラクルがより強い呪⽂をアレンジしたにもかかわらず、状況は繰り返される。

同じことが次の呪⽂にも当てはまった。

ドラクルは、この奇妙な状況について疑問に抱き始めた。

(待って・・・。彼はどうやって、私のパワーとスピードに合わせているのだろうか?)

彼女が気づいたときには遅過ぎた。

「・・・!?」

ドラクルが現在アレンジしている呪⽂が、⽬の前の空中で粉々に散らばる。

デジールが彼女のアレンジ呪文を解析し、逆算したのだ。

同じ瞬間に、デジールの呪⽂が実現し、ドラクルに向かう。

彼⼥が攻撃的な呪⽂を配置することは今では不可能だった。

どんな呪⽂を発動し始めたとしても、それは逆算される。

【ファイヤストーム】

炎の嵐が空を裂く。

すべてを飲み込む炎がドラクルに降りかかった。

それはデジールが可能な最⼤呪⽂。

⼼と魂を注ぎ込んだと⾔っても過⾔ではない。

「きゃあああああああああ!!」

 



 

⼤規模な衝突が発生する。

ドラクルが座っていた建物は跡形もなく姿を消した。

溶けた岩が⽕⼝の周りに溜まり、奇妙な光景を形成する。

その光景の中⼼で、彼⼥は喘いでいた。

ドラクルの背中から翼が芽⽣える。

彼⼥が攻撃を受ける前にかろうじて発動することができたのは防御呪⽂。

しかし、その防御呪⽂だけでデジールの攻撃を完全に阻⽌することは出来なかった。

⾎で作られた彼⼥の翼は半壊している。

「ごほっ」

ドラクルは極端に歪んだ顔で激しく⾎を吐く。

彼⼥は重度の内傷を負っていたようだ。

ドラクルのアレンジ呪文は、ドラゴニック言語や、クロウマスクの呪文と比較すると簡単すぎた。

デジールにとって、彼女の呪文を逆算させるのは難しい作業ではなかったのだ。

彼はドラクルが攻撃呪⽂をすべて明らかにするのを待ち続けていた。

すべての呪⽂を逆算することができると確信するまで。

ドラクルは⾃信過剰だったので、何の⼼配もなく⼿を明らかにした。

デジールが自分の呪⽂を逆算させることができないだろうという彼⼥のプライドのため。

それが勝者を決める要因と知らず。

「あなたは決闘の基本を無視しました」

ドラクルは基本の基本に気づいていなかった。

プライドを重視して、最初からすべてを明らかにしてはならないということを。

彼⼥はもう笑っていなかった。

「・・・」

ドラクルは右腕を抱きしめたままデジールを睨みつける。

そして、⾎が再び動き始めた。

「私はあなたを彫刻するという考えを諦めます」

⾃分の⾎が発⽕するのを感じる。

⽬の前の男を引き裂き、すぐに殺したいという衝動に満ちていた。

「今すぐ、あなたを殺す!」

ドラクルの態度は完全に変化した。

恐ろしく、⾚いオーラがドラクルの全⾝から発し始める。

しかし、デジールは落ち着いていた。

周辺の⾎がすべて彼⼥の周りに集まり始めるが、彼⼥はすぐに⼀瞬だけ混乱状態に陥る。

「⾎があまり残っていませんよね?」

「・・・!」

⾎の概念に基づいたドラクルの魔法は、⾎が通常地⾯に溢れる戦場では、すべての魔法の中で最強と呼ばれるに値する。

2⼈の兵⼠が互いに衝突した場合、そのうちの1⼈は出⾎することになるのだから。

そして、それがドラクルの⼒の源になるでしょう。

しかし、デジールはこの⼒が無敵だとは思っていない。

それを打ち負かすには、戦術が絶対に必要なのだが。

幸いなことに、戦術は彼が得意とする分野。

彼らが戦う場所は、戦場から遠く離れている。

⾃分たち以外にいない場所では、最強と言われる血の魔法も無力に等しいだろう。

 



 

デジールが当時よりも強くなったのもありますが、ドラクルがクロウマスクよりも強いというイメージはありませんね。

4人で戦えば、デジールたちの勝利は確実な気がします。

もちろん、ドラクルもまだ奥の手が残っていそうですが・・・。

 

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...