帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【181話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は181をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

181話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【180話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は180話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アゼストvsレイデン

デジールとドラクルが激しい戦いをしていた時、尖塔の上でも同様に激しい戦い行われていた。

床は所々沈み、壊れた柱が至るところに散らばっていた。

戦いの痕跡は、これまでの戦いがどれほど激しいものであったかを物語っている。

「私はあなたのような、魔法剣⼠と呼ばれる⼈々が好きではありません」

レイデンは、半壊した凍った宮殿を⾒ながら話す。

「どちらの側にもコミットできない半端者。彼らは魔術師や剣⼠としての誇りを持って
いません」

彼は頭を上げた。

「それがあなたが負ける理由です」

それはかなり意図的な挑発。

ほとんどの⼈は、プライドが攻撃されると、冷静を失い、必死に攻撃しようとする傾向がある。

当然、優れた魔法剣⼠であるならば、彼らは計り知れないプライドを持っているでしょう。

アゼストは氷でできた柱の上に⾜を置き、レイデンを⾒下ろしている。

それが⾃然なことであるかのように、まるで彼⼥がすべての⼈間を⾒下ろしているかのように。

⼥王。

すべてを⾒下ろす氷の皇后。

「馬鹿げている」

「・・・?」

「あなたはせいぜい盗賊のリーダーにすぎない。まずは⾃分の滑稽さに気づいてはどうですか?」

レイデンは眉をひそめた。

「あなたには理解できないでしょう。私たちは・・・」

「黙れ」

アゼストは彼の言葉を断ち切る。

「私はあなたの仕事についてまったく興味がありません。馬鹿げている。あなたは犯罪者なのですから」

レイデンは慌てていた。

彼は、⾃分より何倍も若い⼈からの予想外の発⾔に反論することができなかった。

「時間の無駄です。早くかかってきてください」

 



 

肌寒い嵐がレイデンを襲う。

アゼストが抜いた剣から北極の強⾵が流れ出るのを感じた。

彼女は氷の剣を使用したのだ。

それは、近くのすべてのものを凍らせる膨⼤な量の寒気を生み出す。

寒さは減速することなく広がり続けた。

部屋の温度は数⼗度下がる。

アゼストの以前に呼び出された氷の呪⽂と⽐較にならない。

「くっ!」

レイデンは体が硬くなるのを感じた。

オーラを引き出して全⾝を覆うためにできる限りのことをしたが、それでも寒さが⾻に達するのを感じる。

しかし、これはほんの始まりに過ぎない。

アゼストはさらに呪⽂を発動した。

【氷の皇后】

銀⾊の眩いばかりの光が輝く。

周囲の冷たい空気を吸収することで、使⽤者の⾝体能⼒を急速に向上させた秘密兵器。

アゼストの体から発せられる魔法の⼒と氷の中⼼から放出される寒さを組み合わせると、超越的な⼒が生み出されたのだ。

彼⼥の輝く⾦⾊の輝きはその⾊調を失い、⽩く染まる。

強⼒な冷たい空気が嵐のように猛威を振るい、アゼストを覆った。

「・・・」

レイデンは無意識のうちに少し震えていた。

彼女の近くに⽴つだけで全⾝が冷える感覚。

フェザーマスク。

少し前まで、レイデンは彼⼥からこの種の感覚を感じていた。

これが何を意味するのかを知ったレイデンは、不安を取り除こうと⾸を横に振る。

「・・・そんなはずがない!」

レイデンは、目の前に⽴っている少⼥を⼀瞬恐れていたという事実で怒りに満ちていた。

彼のオーラが炎のように煌めく。

氷のように冷たい空気が襲っていたにもかかわらず、レイデンは自分が負けるとは思っていなかった。

彼は⾃分のスキルに⾃信を持っていたのだから。

次の瞬間、その考えは津波に流されたかのように消える。

アゼストの存在が⽬の前から消えた。

「・・・!?」

レイデンは本能的に武器を背中に向けて振る。

大爆発が起きた。

そよ⾵に渦巻くプラチナの髪。

アゼストは後ろから彼に近づき、無防備な背中に剣を振ったのだ。

(私が見失っただと!?)

レイデンは、⼀時的に視界を離れたという事実に愕然とする。

偶然・・・。

それが唯⼀の⾔葉。

数え切れないほどの戦場を経てきた彼の体が本能的に動き、そのおかげで死をかろうじて免れた。

アゼストは休むことなくレイデンを押し戻し続ける。

彼女の攻撃はすべて重くて迅速だった。

レイデンは⾃分が今いる状況を信じられなかった。

彼⼥はルーククラスのはずなのに、自分の⼒とスピードを超えている。

(そんなバカな・・・)

⾃分が防戦一方であることに気づいた。

レイデンは剣技でまだ優位に⽴っていたので、アゼストの攻撃に耐えることができていた。

しかし、パワーとスピードに関してゆっくりと遅れをとっていく。

ゆっくりだが確実に。

少しずつ、彼を困難な状況に追いやった。

それは不快で防御的な戦い。

時間が経つにつれて、レイデンの顔はゆっくりと歪んだ。

 



 

⼀⽅、アゼストは落ち着いた表情をしていた。

「私はすでに私よりも⾼度なスキルを持つ⼈と戦った経験がある」

それはドナペとの戦い。

⼤陸全体で最強の⼈々の⼀⼈と対決した経験。

しかし、当時とは違うことが2つある。

「第⼀に、この⼈はパワーとスピードの点でドナペよりもはるかに弱い」

山賊王のレイデンは明らかに強い剣⼠だった。

しかし、彼はドナペ・アスランのような超越的な存在と⽐較して明らかに⽋けている。

そして、彼⼥はドナペから感じたような圧倒的な壁の存在を感じなかった。

「第⼆に、私は以前よりもはるかに強くなっている」

アゼストは⼀歩踏み出し、全⼒で剣を振る。

氷の中⼼にぶつかった手斧の刃が折れ、破⽚が四⽅⼋⽅に⾶んだ。

レイデンはすぐに⼀歩後退する。

パニックになる時間はない。

彼はすぐに新しい斧を取り出した。

彼の体は何らかの理由で減速している。

アゼストと打撃の交換を共有するだけで、そして、彼⼥の近くに⽴っているだけで・・・、ダメージがゆっくりと蓄積されていた。

レイデンのオーラは絶えず消費されていて、容赦ない寒気が彼の⾻の奥深くに潜り込んでいる。

彼の体は、彼が望むように動かなかった。

思考も遅くなっていく。

別の斧が粉々に砕けた。

彼にはもう予備の武器が残っていない。

レイデンは最後に持っていた⼿斧をしっかりと握った。

レイデンは残りのオーラを地⾯から集め始めた。

彼が可能な最強の攻撃を解き放つ準備をし・・・、死に備える。

それはキングクラスに匹敵する威力。

レイデンが持っていたすべての力でスイングするために⼀歩を踏み出した瞬間。

アゼストの剣が彼の心臓を貫いた。

現在、氷の剣によって串刺しにされたレイデンの体は、ゆっくりと凍り始めた。

彼が全⼒で集めたオーラは無惨にも空中に散らばっていた。

少しずつ⼒を消耗させることで、すでに弱体化していたレイデンの全⼒に対抗するのは難しくなかったのだ。

「くそ・・・」

レイデンは、アゼストの冷淡な顔からその事実に気づいたようだった。

「あなたの・・・、勝ちです」

彼の体は完全に凍って彫像のような形になる。

アゼストが剣を抜くと、彼はガラスのようにバラバラになり、破⽚が床に散らばった。

「ふう・・・」

散らばった破⽚を⾒た後、アゼストはため息をついた。

その後、呪⽂をキャンセルし、氷の中⼼内の⼒に対する制御を始める。

髪が元の⾦⾊の外観に戻ると、周囲の温度は通常に戻った。

その瞬間、それほど遠くないところから爆発⾳がする。

アゼストは振り返って、爆発が聞こえた場所に⽬を向けた。

「デジール・・・」

残るは、デジールとドラクルの戦いだけ。

 



 

アゼストがとても強くなっています!

ムクドリパーティでの現時点での最強は彼女かもしれませんね♪

ドナペとの再戦はないのでしょうか?

次回はデジールとドラクルの戦いの続きですね。

帰還者の魔法は特別です【182話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は182話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...