帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【178話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は178をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

178話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【177話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は177話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 感染症

城門が閉じる。

城に⼊った後、守備隊からの圧倒的な安堵の叫びに迎えられた。

「神は私たちを捨てませんでした!」

彼らは援軍が来ることを期待していなかった。

しかし、奇跡的に援軍が到着したとき、絶望的な状況に陥っていた兵⼠たちは、圧倒的な安堵の波を感じた。

緊張が緩みかけた瞬間、怒りの轟⾳が城のホール全体に響き渡る。

「全員、体勢を立て直せ!私たちの⽬の前にはまだ敵がいる!」

怒りの咆哮をあげたのは、⽩いあご髭を⽣やした⽼⼈。

デジールは、⽼⼈から⾮常に⼤量の強⼒なマナの流れが循環しているのを感じた。

第5級魔術師。

守備隊の指揮官が命令を出した後、彼はユタ⼤佐に近づき、挨拶した。

「あなたのお陰で、私たちは救われました。私はゲレオン司令官で、ここの部隊を率いています」

他の兵⼠と同様に、ゲレオン司令官は⾮常に疲れ果てていたが、毅然とした笑顔を浮かべる。

「私はユタ中佐です。もう少し頑張れば、すぐに主⼒も駆けつけますので」

「それは聞いて安心しました」

その時、周囲の建物のいくつかが破壊された。

のんびりと会話する時間はない。

「私たちは中佐の指揮下にあり、あなたの命令に従います」

ゲレオンが現状の詳細を報告した後、ユタ中佐は合同部隊に新しい命令と地位を与えた。

帝国軍が完璧な機械のように動く。

もちろん、ヘブリオン帝国の学⽣たちも休んではいなかった。

必要な場所に応じて、それぞれが援助を提供する。

帝国軍は着実に防衛線の再構築を始めることができた。

数が増えるだけで流れを変えることはできない。

援軍の質が⾮常に優れていたからこそ、可能なのだ。

何よりも、ヘブリオンアカデミーの生徒は、帝国軍内のエリート兵士にも匹敵している。

 



 

[アイスフラワー]

[ファイアボルト]

帝国軍は完全に流れを変えた。

援軍が到着したとき、彼らはアウターの主⼒であるライオン部隊を完全に全滅させたのだ。

デジールはマナがなくなるまで呪⽂を解き放ち続けた。

その後、彼は撤退して回復し、防御に再び参加する。

逆算の力によって、アウターは攻撃することが出来ずにいた。

アウターの数は、着実に数を減らし始めている。

しかし、デジールは、まだ警戒を緩めるべきではないと判断した。

現在、帝国軍は援軍が加わった結果、精神が⾼揚していたが、戦争は精神力だけで勝つほど気まぐれではない。

アウターが再編成し、包囲から特攻に変えることを決定した場合、状況はすぐに厳しくなるでしょう。

⽬の前の戦場を観察していたデジールは、突然⼀つのことに気づく。

山賊王のレイデン。

彼の姿がどこにも見られない。

「彼はどこに行った?」

レイデンは、戦場で最も危険な戦力の一人。

彼を監視できなければ、状況はすぐに悲惨になる可能性がある。

その時だった・・・。

メッセンジャーが急いでゲレオンの前にひざまずき、息を切らしながら報告をした。

「司令官!港の城壁がもうすぐ失われると思います!」

「詳細を報告しろ!どのような状況なのだ!?」

「理由はわかりませんが、城壁の警備を担当した兵⼠たちが内部紛争に発展しました。アウターはこの状況を利⽤して、城壁を登ってきています!」

ユタ中佐の顔がひどく⻘ざめる。

「内部紛争・・・。そう⾔ったのですか?」

内部戦争。

そんな事が起きているとは信じられなかった。

「港で何が起こっているのかをすぐに知ることが不可⽋です。対⽴があるのが本当なら、それを抑制することが最優先です」

明らかに慌てていたが、ユタ中佐はユニットを組織し、穏やかな落ち着きを持って⾏動した。

デジールが話しかける。

「何が起こっているのか⼼配です。私たちも港に向かいます」

ユタ中佐は少し考えた後、すぐにうなずいた。

「了解しました。それなら、あなたにお任せします」

ムクドリパーティは、ユタ中佐によって迅速に組織された約70⼈の兵⼠と共に港に向かう。

かつては活気に溢れた街は、闇だけが存在している。

街の内部に到着し、兵⼠が話していた内部戦争を⽬撃する。

彼らの目の前には、同じ鎧を着て、互いに戦っている2つの集団がいた。

「そんなまさか・・・」

それは、内部戦争と呼べるものではない。

⼀⽅はまだ合理的で会話をしようと試みているが、もう⼀⽅は完全に怒っていた。

まるで⾎に飢えた獣になってしまったかのように、彼らは⼈間性を失ったかのように見える。

彼らは⾮常に強⼒だった。

鎧を簡単に押しつぶしている。

力の代償のせいなのか、彼らの体内の⾎管が圧⼒に反応して破裂する。

⼤量の出⾎にもかかわらず、暴れ回っている兵⼠たちは⽌まる気配を⾒せなかった。

普通の兵⼠が限界を超える⼒を発揮している⼈々に抵抗することは不可能。

そして、別の問題が。

退却中に転倒した兵⼠が、地⾯を引きずりながら叫び、迫り来る怪物から必死に逃げようとした。

「た、助けて!」

しかし、理性を失った⼈々が彼の叫びを聞くことはない。

狂った兵⼠は躊躇う事なく、味方に噛み付いた。

「あぁあああああ!」

しばらくして、兵士は突然弦を切った操り⼈形のように動きを⽌める。

そして、ムクドリパーティは恐ろしい光景を⽬撃した。

「がぁああああ!!」

噛みつかれた兵士の顔が血まみれになる。

助けを求めて叫ぶ代わりに、彼は恐ろしい叫び声を上げた。

それは狂乱した兵士と同じように。

 



 

感染。

この識別できない状態は伝染症であり、戦場全体に広がる。

ロマンティカが困惑しながら尋ねる。

「・・・これは魔法なの?」

このような強⼒な影響⼒を発揮できる呪⽂を⾒たことがない。

デジールでさえ、この種の魔法に遭遇したことはなかった。

帝国軍は適切な⾏動をとることができず、パニックに陥る。

デジールはパニックに陥っている⼈々に向かって叫んだ。

「可能であれば、殺すのではなく抑制してください!」

[バインド]

デジールが呼び出した拘束呪⽂は、感染した兵士たちの動きを止める。

兵⼠たちがペアになる。

彼らもデジールと同様の方法を実行した。

プラムが最初に主導権を握る。

彼はレイピアを持って狂った兵⼠の後ろに向かった。

狂った兵⼠はプラムの存在に気づき、素早い速さで反撃してくる。

その速度は、通常の兵⼠には不可能だった。

しかし、ルーククラスに到達するプラムのスピードに追いつくことは出来ない。

プラムは槍の軌跡をすばやく読み、攻撃を躱して、兵⼠を蹴ってひざまずかせた。

気絶させるために。兵士の首筋を打つが・・・。

「クァアアア!」

それは無駄な行為。

兵士がもう一度反撃してくる。

「気絶しません。このままだと・・・」

プラムのようなルーククラスで難しいとしたら、普通の兵⼠にとってはさらに難しいでしょう。

「⽅法は一つしかない・・・」

デジールとアイコンタクトしたプラムは、それが避けられないかのようにうなずく。

「ごめんなさい」

接近する兵士の足に剣を向ける。

ゴキ!

恐ろしい⾳がいたる場所で響き渡った。

プラムが躊躇うことなく、狂った兵士の足を折ったのだ。

ロマンティカもうなずく。

彼⼥は兵士の⾜だけを狙った。

プラムとロマンティカの攻撃で⾜を失った兵⼠たちは、動きが強制的に⽌められたので、恐ろしい叫び声を上げる。

ムクドリパーティの中で、この状況で問題を処理する最⾼の能⼒を持っていたのはアゼストだ。

彼⼥の氷魔法は、対戦相⼿の動きを抑えるのに⾮常に適していた。

【霜霧】

肌寒い霧が広がる。

アゼストの⽀配下で、霧は狂った兵⼠全員を凍らせた。

ムクドリパーティの指⽰の下、市内中⼼部の状況はすぐに解決された。

 



 

市内の感染症の原因は、おそらくフェザーマスクの仕業でしょう。

それは彼女の能力なのか、未知のアーティファクトなのでしょうか?

残忍な性格の彼女らしい戦略ですね。

レイデンの行方も不明ですし、状況は不利なように思えます・・・。

帰還者の魔法は特別です【179話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は179話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...