帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【176話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は176をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

176話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【175話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は175話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 違和感の正体

⾺の蹄の⾳で地⾯が揺れる。

カシュカ騎⼠団は、帝国軍の歩兵全体を⼀掃した。

帝国軍の兵⼠は、何の抵抗も出来ないまま押しつぶされた。

彼らが戦術は大きな効果をもたらした。

「奴らを⽌める!⻲の隊形に⼊って騎兵隊を⽌めろ!」

司令官の命令に従い、帝国軍が⼀⻫に動く。

盾と槍が⼀緒になって、彼らの周りに堅固な壁を形成した。

しかし、そのような隊形は、敵が魔法の武器で重武装しているときには役に⽴たない。

帝国軍の槍は敵の鎧を突き破ることができず、彼らが使⽤した盾は簡単に破壊された。

盾の壁は簡単に崩れ、多くの兵⼠が敵に踏みにじられる。

カシュカ騎⼠団はすぐに中⼼を突破し、砲兵に向かい始めた。

この速度では、砲兵は敵の攻撃に対して露出され、無防備なままになるでしょう。

砲兵は騎兵隊の接近に対処するのに⼗分なエネルギーを持っていなかった。

危機に陥ったにもかかわらず、デジールは慌てず、ゆっくりと敵を調べる。

考えを整理し終えた後、ロマンティカに命令を出す。

「ロマンティカ、正⾯から3分の1を⽬指して」

デジールが指していた敵は、他の騎兵隊と⽐較して特に優れた武器で武装されていた。

ロマンティカもマナの流れの違いで装備の優位性に気づき、すぐに狙撃モードに⼊る。

そして、ターゲットが彼⼥の視線に⼊った瞬間・・・。

バアン!

弾丸はカシュカ騎⼠団のリーダーの頭をまっすぐに突き刺し、彼は縫いぐるみのように⾺から転がり落ちた。

ロマンティカの弾丸は、ライフルと呼ばれる武器を使⽤してかなりの量の⼒を1つの弾丸に集中させるので、強さの点でマナの限界をはるかに超えていた。

「立ち止まるな!」

「リーダーの命令を実⾏し続けろ!」

カシュカ騎⼠団はリーダーの死に⽬をつぶって突撃を続けた。

デジールの命令は続いた。

「敵の動きを⽌めてください」

すぐに、アゼストの目の前に多数の魔法配列が現れる。

【泣く⽩いカラスの森】

第4級氷呪文

カシュカ騎⼠団が辿った軌道に沿って、何百もの氷の柱が浮かび上がった。

「・・・!」

彼らの動きはすぐに遅くなる。

どこからともなく現れた壁は、ルートを素早く変えることを余儀なくさせたのだ。

指揮を執るリーダーがいなければ、迅速かつ統⼀された決定を下す⽅法はない。

デジールは躊躇するカシュカ騎⼠団に向かって⼿を挙げた。

【炎の嵐】

通常は第3級に分類される呪⽂が、第6級の呪⽂の⼒でカシュカ騎⼠団に向かって急上昇する。

⽿をつんざくような轟⾳とともに巨⼤な⼤⽕事が起こった。

激しく燃え続けている炎の中で⽣き残ることができる⼈は誰もいないでしょう。

爆発の中⼼にいたカシュカ騎⼠団は、周囲の敵軍を⽀援するとともに、完全に⼀掃された。

圧倒的な魔法の⼒を⽬の当たりにして、アウターはパニックに陥る。

帝国軍はその機会を逃さなかった。

たくさんの鬨が鳴る。

アウターの瞬間的な優勢は、迅速に帝国軍に戻った。

「私たちは⼗分にやったと思います」

プラムの言った通りだ。

ムクドリパーティは敵の攻撃を無⼒化し、アウターの主要な軍隊を完全に全滅させたのだから。

彼らが現在の状況を作り出したと言っても過言ではない。

「プラムが⾔ったように、私たちは⼗分にやりました・・・。残りは・・・、歩兵に任せましょう・・・」

ロマンティカが尋ねる。

「最後まで見通さなくていいの?」

「今のところこれで⼗分です。これが最後の戦いではありませんから」

魔術師によるマナの管理は、騎⼠が体⼒を維持するよりも重要だった。

マナのない魔術師は、訓練を受けていない普通の⼈と何ら変わりはないのだから。

しかし、それだけがデジールが撤退を命じた理由ではない。

「何かがおかしい」

圧倒的な勝利にもかかわらず、彼はあまり嬉しそうには見えなかった。

 



 

司令室の後⽅に⾏くと、ムクドリパーティは砲兵隊内で活動していたラドリアとケルトと合流する。

ブルームーンとレッドドラゴンのパーティが砲兵部隊の⽀援を終えた後、彼らは司令室に撤退したのだ。

ムクドリパーティに気づき、ラドリアが彼らに近づく。

「皆さんは元気そうね。あなた達のおかげで、砲撃の戦いは本当に簡単でした。後ろにテントがあるので少し休憩してください」

アゼスト、ロマンティカ、プラムはラドリアが指していたテントに向かう。

しかし、デジールは違った。

固い表情で、彼は戦場を見つめている。

その様子に気づき、ラドリアは彼に話しかけた。

「どうしたんだ、デジール?」

「思ったより簡単に進んでいる気がします。私たちの主⼒部隊が⽀援を提供するために中央戦線に派遣されたので、状況はもっと困難だと予想していたのですが・・・」

「それは明らかにあなた達がいたからでしょう」

「いいえ、そう言いたいのではありません」

もっと根本的な状況そのものについて。

⼤陸中の犯罪者のグループによって作成されたアウターは、現在、戦場で最強と呼ばれるのに⼗分な⼒を持っているだろう。

⻄王国連合によって提供された軍隊と直接対決するのに⼗分な戦力。

そして、この戦争のために動員された帝国軍の現在の軍隊は、連合軍の⼒のわずか5分の1。

 



 

ラドリアとデジールの間を流れる緊張した雰囲気を感じて、ケルトが彼らに近づく。

「確かに。⻄部と中央部に派遣された部隊はかなり多かったが、彼らがどれほど強⼒な⼒を持っているかを考えると、ここに派遣された部隊の数は少なすぎる」

ケルトは何かがおかしいことに気づいたようだ。

「・・・確かにそうです」

「彼らがリスクを冒したくないからでは?全⼒を尽くして負けた場合、それは彼らにとって大打撃だからでしょう」

ラドリアの推測に、デジールは⾸を横に振った。

アウターがこの戦いに負けた場合、彼らは切り札としてホムンクルスを持っていたが、彼らが状況を覆すことはほぼ不可能だろう。

彼らの⽬標は何だろうか?

デジールはすぐに結論に達した。

「・・・供給ルートだ」

「え?」

「中央戦線のホムンクルスが連合軍の主⼒を拘束する役目を果たし、⻄部戦線と東部戦線の補給ルートがアウターの主な⽬標だったとしたら・・・」

ラドリアとケルトは⻘ざめた。

⼤陸の最も偉⼤な国々で構成された連合軍は巨⼤だ。

補給ルートが敵に占領された場合、それらすべての軍隊を維持することは不可能になるでしょう。

敵と適切に戦う機会さえも得られずに負ける。

ラドリアはデジールに緊急に話しかけた。

「偵察パーティを送るわ。すぐに指示します」

「時間がありません。ロマンティカ!」

デジールの呼びかけに驚いて、ロマンティカが⾶び出した。

「どうしたの!?」

「ロマンティカ、港の供給ルートの周りで検出魔法を呼び出す必要があります」

その言葉にラドリアは慌てた。

「ロマンティカだとしても、そんな距離で検出魔法を使えるわけが・・・」

「私たちはいつもその範囲内で練習してきたので⼤丈夫です」

ロマンティカは彼女の⾔葉を断ち切り、検出魔法を呼び始めた。

⾵が彼⼥の周りを吹き、すぐにそれは⼀点に集中して伸びた。

⾵が戦場の隅々まで捜索していると、ロマンティカが顔をしかめる。

「これは・・・」

デジールが慌てて尋ねる。

「何が見える?」

「約2,000⼈の装甲者が補給ルートに向かっています」

ロマンティカの反応で、ヘブリオンアカデミーのリーダー達の表情は固まった。

ケルトが呟く。

「全ては陽動だったのか・・・」

かつて加熱されていた雰囲気は⼀瞬で冷たくなった。

 



 

ロマンティカの活躍は嬉しいですね♪

正確な射撃で、敵の重要人物を狙える彼女の役目は非常に役立ちますから!

デジール達もまだ余力は残っています。

しかし、補給ルートを断たれれば、いくらデジール達がいると言えども、戦争に勝つことは出来ないでしょう。

そして、2,000人の部隊に対して、彼らはどのような作戦を立てるのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【177話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は177話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...