帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【175話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は175をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

175話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【174話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は174話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 初めての戦争

ムクドリパーティは彼らのために準備された物資を確認していた。

⻭ブラシ、⻭磨き粉、⽑布、軍⽤ブーツ、および夜に必要なその他の道具。

デジールはすでに準備を終えたので、渡された書類を読んでいた。

「アウターの最前線のユニットの1つはカシュカ騎⼠団です」

理由は不明ですが、彼らは国を出てアウターに加担した。

「彼らがプリオン会社を襲撃した後に⼊⼿した最新の装備で武装しているという事実は⾔うまでもありません・・・。軽視することはできない」

いくつかの産業で活動していた魔塔とは異なり、プリオンは軍事産業のみに⼒を注いだ軍需企業。

彼らの軍⽤技術は魔塔と真っ向から対峙することができた。

その実験室を奪ったので、彼らの魔法の鎧が強⼒であったことは間違いないでしょう。

すでに危険であることが知られている敵が成⻑し、倒すのがさらに難しくなった。

ロマンティカは自身の不安をかろうじて隠して話す。

「東部戦線を強化するために帝国軍を東部戦線から撤退させるのは間違いではなかったの?」

アゼストが応答する。

「彼らがホムンクルスに対処したいのなら、彼らには選択の余地がなかったのだろう」

アウターの攻撃がラグリウム平原の東部戦線に集中していることを確認し、帝国軍は急いで軍隊を編成した。

そして、彼らが⻄部と中央部に駐屯している⻄王国連合の連合軍に援軍を要請しようとしていたとき、予期せぬことが起きる。

中央戦線の部隊は東部戦線からの援助を要請していたのだ。

アウターは東部戦線から前進しただけでなく、⻄部戦線と中央戦線にも接近していた。

今回の数は以前よりも少ないが、それでも⼗分に⼤きく、軽視することはできない。

連合軍の最⼤の武器であるジョード・エグザリオンが最前線に戻る前に、アウターは戦いを終わらせようとしているようなのだ。

アウターの数は⻄部戦線と中央戦線に集中していたが、東部戦線に向かう勢⼒は⽐較的⼩さい。

「問題は、ホムンクルスが中央正⾯に向かっているアウターの⼒の⼀部であるということだ」

結局、ヘブリオン帝国軍の正しい戦術的な動きは、彼らの軍隊を中央戦線に送ることであり、東部戦線を維持して負傷した部隊を置き換えるのに⼗分な⼒を送ることであると決定した。

物資の整理が終わった後、プラムはデジールに⽬を向ける。

「それでは、東部戦線を守っている帝国軍の数はアウターの数とそれほど変わらないということですか?」

「そのとおり。そして、主⼒部隊は中央に派遣されたので、これは簡単な戦いではないでしょう」

中央戦線に派遣された部隊は、帝国軍の主要部隊と呼ばれる可能性のある最強の部隊で構成されている。

(これは、アウターの思い通りに引き込まれているように感じる・・・)

アウターの動きに応じて軍隊を操作することは⾃然なことだが、デジールは不安を感じずにはいられなかった。

(考えすぎなのだろうか?)

⾸を横に振って不安を押し下げる。

 



 

「呪⽂を発動してください。砲兵を発射せよ!」

司令官の命令で、無数の魔法が空を満たし、呪⽂が敵に降り注ぐ。

「レッドドラゴンパーティは、アウターを押し戻すための砲兵魔法の完全な動員を!」

「ブルームーンパーティは、通常の砲兵隊と協⼒してさらなるサポートを提供してください!」

砲兵レベルの魔法を利⽤できる第4級以上の魔術師は、⽕⼒の主要な源として機能した。

戦場では、砲兵の役割が⾮常に重要なのだ。

戦いの流れは彼らのパフォーマンスに依存していると⾔っても過⾔ではない。

勝利を収めた者は、両陣営の第4級魔術師によって決定されていたと⾔える。

しかし、ムクドリパーティは砲兵隊ではなく、最前線の歩兵の中にいた。

主要部隊の1つを担当する⼩隊⻑は、それが奇妙だと思ったかのようにデジールに話しかけた。

「あなたはとても熟練しているのに、なぜ歩兵部隊に加わるのですか?きっとあなたは砲兵隊に加わるだろうと思いました」

「砲兵は今のところ⼗分な⼒を持っています。したがって、私たちがもっと必要な場所で軍隊に加わるのは⾃然なことです」

デジールの返事を聞いて、⼩隊⻑は感動していた。

「・・・私たちはあなた方を助けるために最善を尽くします」

思いがけない闘志に、デジールは前に戻る前に微笑んだ。

⽚側で爆発が発生する。

それは敵の魔法砲撃。

こちらの砲撃の準備ができていたにもかかわらず、与えられた損害は重⼤だ。

⼤規模な戦闘が勃発する。

ムクドリパーティも反撃を開始し始めた。

第3級の魔術師にとってかなりのレベルに達したロマンティカの魔法は、アゼストの第4級魔法と⼀緒に、砲兵隊に遅れをとることはなかった。

【冬のささやき】

アゼストが発動した魔法は、アウターの集団の真ん中に落ちる。

それは爆発した後、その煙は結晶化したように⾒え、多くの兵⼠を凍らせた。

【ヘブンリースピア】

ロマンティカの魔法が追い討ちをかける。

歩兵のエリアから砲兵レベルの魔法が予期せず発射されたとき、アウターたちは完全に無⼒だった。

しかし、彼らも黙ってはいない。

デジールは空を舞い上がるアウターの砲撃魔法を⾒つめた。

それは信じられないほどの破壊⼒を持っている。

第4級で発動した砲撃魔法。

位置と弾道を確認して、デジールは空に⼿を伸ばし、マナを循環させ始めた。

一瞬で計算を完了し、砲撃魔法の約30%が即座に逆算されて、無力になる。

それはほんの始まりにすぎない。

デジールの計算範囲はどんどん⼤きくなった。

アウターの2回⽬の砲撃攻撃の半分以上が逆算される。

帝国軍を打ち倒すために呼び出された無数の魔法の呪⽂は、その⼒を発揮する前に消えていく。

次第に優位に⽴つのは最前線の歩兵。

彼らは、デジールが達成したことに気づいて⼤喜びした。

魔法を逆転させる能⼒は、このような⼤規模な戦いでその不条理な⼒を知らしめた。

「敵の魔法軍は何が起こっているのかわからないに違いない」

アゼストは改めてデジールの能⼒に驚く。

どんな魔術師も同じように反応したでしょう。

やがて、アウターの魔法の80%以上が逆算されていた。

デジールが積極的な役割を果たしたおかげで、帝国軍は⼤砲の戦いで圧倒的な魔法の覇権を獲得する。

現時点では、状況は帝国軍を⼤いに⽀持しているように⾒えた。

しかし、アウターは後退しない。

彼らが撤退した場合に彼らを待っていたのは死だけなのだから。

 



 

アウターの最前線の兵⼠は、第2級と第3級の魔術師によって強化され、歩兵部隊が先頭に⽴って突撃を仕掛けてくる。

「彼らは乱闘に変えることを計画したのだろうか?」

デジールはすぐに敵の指揮官の計画を理解した。

歩兵部隊が全⾯的な乱闘で混ざり合うと、帝国軍の砲兵部隊を⼗分に活⽤することが難しくなるから。

「突撃!」

両者が衝突した。

叫び声と武器が互いに衝突する⾳が広がり、戦場を覆い尽くす。

乱闘の中でさえ、アウターはムクドリパーティを標的にした。

歩兵の中で魔法を使っているのは彼らだけだったので、彼らの居場所が簡単に⾒つかるのは当然でしょう。

「プラム!」

プラムが正⾯に⽴ち、デジールたちを守る。

彼は向かって来た敵を綺麗に切り倒した。

デジールは彼らに注意を払うことはなく、砲撃の魔法を逆算させることに集中していた。

彼に向かっていた敵は、空中を切り裂く⾳で倒れる。

ルネル。

銀の球はデジールの周りに浮かんで、彼を脅かそうとしたすべての敵に対処した。

その時、地面が揺れ始める。

「・・・!」

多数の騎兵隊が出現した。

⼈々は魔法の鎧で重装備されただけでなく、彼らが乗っていた⾺も同様に。

カシュカ騎⼠団の登場。

彼らは騎兵隊のようではなく、装甲列⾞のように⾒えた。

帝国軍の歩兵は踏みにじられ、その編成は短期間で崩壊し始める。

 



 

いよいよ戦争が始まりました。

中央戦線が不安ですね・・・。

クロウマスクはどんな計画を立てているのでしょうか?

デジールの逆算は、大勢の敵に対応できるので真っ先に倒したい敵でしょう。

帰還者の魔法は特別です【176話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は176話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...