帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【174話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は174をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

174話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【173話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は173話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 新たな戦場

ラグリウム平原の東側には、⼤陸の中⼼を流れるマハユ川が流れている。

マハユ川は、⼤きな船が航⾏できるほど広くて深い川。

ヘブリオン帝国の軍隊は、マハユ川の河⼝を⾒下ろす、イオレタ王国の国境近くに駐屯していた。

⻄王国連合の⼀部であるイオレタ王国は、アウターが突然敵になった後、ヘブリオン帝国が国境に駐留することを容易に許可したのだ。

新たな戦場を考慮して、ヘブリオン帝国は⼀時的な帝国軍事本部を建設した。

そこで、デジールは⽚眼鏡をかけた中年の司令官と対⾯している。

パイアン中尉。

彼は帝国軍を指揮した空軍少佐。

パイアンはスリムな体型で弱く⾒えたが、彼はかなり有能な男だった。

彼はシャドウラビリンスで軍隊を率いて⽬覚ましい成果を上げ、死ぬ直前に中佐の階級にさえ達したのだから。

パイアンの視線は目の前の⽂書に固定されていた。

「⽂書によると、あなたのパーティの25⼈のメンバーのうち、あなたを含む4⼈のメンバーが戦争に参加すると書かれています。これは正しいですか?」

アウターとの戦闘中に部隊が失われたことを補うために、ヘブリオン帝国はヘブリオンアカデミーにも⽀援を求めていた。

しかし、それはすべての学⽣が戦争に配置されるという意味ではない。

各パーティから、⼗分なスキルを持った者だけが軍隊に徴兵されるのだ。

そして、ムクドリパーティから動員されたメンバーは、アゼスト、ロマンティカ、プラム、デジール。

⾃分を含めた4⼈を除いて、まだ誰も戦闘に適していないとデジールは判断した。

パイアンは⽂書を調べたとき、唖然とする。

「レベル3の影の世界をクリアした騎⼠以上のスキルレベルを持つパーティ。はあ・・・、しかし、彼らは4⼈しかいない・・・」

ムクドリパーティの評判はヘブリオン帝国で広まり、パイアンでさえ彼らのことを知っていた。

プリレチャ帝国でアウターのテロを阻⽌し、⻄王国連合の王たちを救った英雄たち。

多くの誇り⾼きシングルランカーを含むアカデミーの学⽣を率いて、アウターの凶悪な計画を妨害した将来の司令官。

たった4⼈でレベル3の影の世界をクリアする能⼒があることは⾔うまでもないだろう。

しかし、パイアンは⼼配せずにはいられなかった。

「自力でレベル3の影の世界をクリアしたので、あなたのパーティは騎⼠のように独⽴して移動する権利があります。しかし、4⼈だけでは危険かもしれません」

個々がどれほど優れていても、数が少なくては、たった1つの間違いでさえ彼らにとって致命的である可能性がある。

それがパイアンが⼼配していたことだった。

「あなた達は帝国の未来のために絶対に必要な存在です。独⽴して移動する権利を放棄し、軍隊に加わることについてどう思いますか?」

「私たちを好意的に考えてくれてありがとうございます。しかし、私はあなたの申し出を断ります」

パイアンは⽬を細めた。

「具体的な結果を出すには、4⼈で⼗分だとは思えません・・・」

「通常であればです。ですが、私たちの少数を利⽤する戦略を使⽤すれば、私たちは良い
結果を⽣み出すと確信しています」

パイアンの⽬に興奮の感情が浮かぶ。

彼はすぐに落ち着きを取り戻した。

「と言うと?」

「私たちは、⼤きなグループよりも移動の⾃由度が⾼く、後⽅から敵を攻撃するための強⼒な特異な⽕⼒を備えています」

「あなた達だけで?」

「私たちはたった4⼈でレベル3の影の世界をクリアすることに成功したパーティです。より少ない数で実⾏される戦略に関しては、品質の点で私たちに匹敵することができる他の軍隊はいないでしょう」

「それでも、後方からの攻撃は⾮常に危険です。敵がいつでも向きを変えるリスクを冒しているのですよ?」

パイアンは、デジールがその質問に慌てることを期待していたが、彼の反応は完全に予想
外だった。

「問題ありません。私たちに任せてください」

躊躇いはなかった。

「噂に聞いたとおりだね」

パイアンは、デジールに回答に非常に満足しているように見えた。

「ムクドリパーティのリーダー、デジール・アルマン。噂が⾔うほど有能かどうか⾒てみましょう」

 



 

兵⼠たちの間でホットな話題。

ヘブリオンアカデミーのムクドリパーティが加わったというニュースだ。

ヘブリオンアカデミーは、⼤陸で最⾼の教育機関であり、ヘブリオン帝国の誇り。

その卒業⽣の多くは、⼤陸全体で有名な名前だった。

もちろん、レッドドラゴンパーティのリーダーであるラドリア・フォン・ドリスやブルームーンパーティのリーダーであるニプレカ・ケルトのような在学⽣は、卒業する前からすでにかなりの⼈気があった。

ルトリア城の兵⼠たちの注⽬が集まるので、ムクドリパーティは不快感を感じずにはいられなかった。

最悪の瞬間を選ばなければならなかったとしたら、それは⾷事中だろう。

キャンプでの⾷事は、兵⼠全員が集まる⼤きな場所で⾏われ、多くの兵⼠が⼀流のパーティーを⼀瞥しようとして頻繁に詮索したり、⾃⼰紹介の機会を待ってうろついたりするのだから。

「・・・ここで食べるのは不快ね。このままだと病気になるわ」

ロマンティカが頬を膨らませながら不平を言う。

他の⼈たちは何も⾔わなかったが、彼らは皆同意した。

誰かが陽気な声で彼らに呼びかける。

「それはあなたたちが注⽬されているからよ」

「私もあなたのサインをお願いするべきですか?」

馴染みのある声に振り返ると、プラムの顔が明るくなる。

「ラドリア!ケルト!久しぶり!」

「ええ、久しぶりです」

「私たちもここに座ってもよろしいですか?」

拒否する理由はなかった。

ラドリアとケルトは、ムクドリパーティが座っていたテーブルに座る。

ヘブリオンアカデミーの最も有名なパーティのリーダーが⼀か所に集まっていた。

「私たちはすぐに注目に慣れたわ。1週間で平気になるでしょう」

ケルトはスープを味付けしながら話した。

「今⽇の⾷事はかなり美味しいので、⾷欲がなくてもたくさん⾷べてください」

「いつもは、これほど良くないのですか?」

ロマンティカの質問で、ラドリアは深いため息をつく。

「メニューは有効期限によって決まります。すぐに、ジャーキー、堅パン、レーズンをたくさん⾷べて、うんざりするでしょう」

ヘブリオン帝国軍によって消費されていた⾷品は、ほとんどが保管しやすい⾷品で構成されている。

彼らがケルトとラドリアの二人と話し続けると、ムクドリパーティは彼らが受けていた注目を忘れ、会話に集中していた。

 



 

その時。

甲⾼い鐘の⾳が鳴り響く。

ベルが3回鳴ったとき、ホールに座っていた兵⼠たちは急いで⾏動を起こし、途⽅もない速度でどこかに向かった。

3つの鐘。

ムクドリパーティは到着する前にいくつかの合図に精通していた。

そして、3つの鐘は・・・。

「敵の攻撃」を意味する。

これ以上話すことはないでしょう。

誰もが⾷べていた⾷べ物を落とし、席から立ち上がる。

「中央司令部でお会いしましょう」

ラドリアとケルトは急いでそれぞれのパーティに戻る前に、ムクドリパーティに別れを告げた。

デジールは、メンバーの表情を調べながら話す。

「私たちも動き始めるべきです」

ロマンティカは動揺して⾒えた。

 



 

ついにデジール達も戦線に立つのですね!

ラドリアとケルトもいますし、また共闘もあるのでは?

ロマンティカが少し緊張しているように見えるので、デジールにはフォローしてもらいたいですね。

帰還者の魔法は特別です【175話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は175話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...