帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【173話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は173をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

173話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【172話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は172話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • フェザーマスクの狂気

野蛮⼈と同盟を結んだ後、ムクドリパーティは⼭を下った。

幸い、登⼭時とは異なり、ユリアの案内で簡単に降りれた。

「ここがあなたの話していた都市です」

彼らがデジールの要請で到着した都市は、⼭の下にある野蛮な都市、ピリウム。

それは他の国々にも開かれた地域。

野蛮⼈は耐久性のある⽯の⼿⼯芸品や⾼品質の鉱⽯などの商品を販売していたため、多くの商⼈がこの地域に頻繁に訪れた。

「案内ありがとうございます、ユリア」

「それでは、戦場でお会いしましょう」

ユリアは彼らに別れを告げ、⾃分の道を進んだ。

「しかし、私たちが聞いたこととは異なり、この街はそれほど活気がありませんね」

プラムが⾔ったように、通りは奇妙に暗かった。

これは連合軍とアウターの間の戦争のもう⼀つの副作⽤だろう。

「旅館で休んでてください。私はミッションの完了について報告します」

デジールが向かった場所は、ヘブリオン帝国の⼤使館。

⼤使館で、⾦のバッジで⾝元確認をして、⼤使館の通信デバイスを使⽤してエルセンブランに連絡をとる。

「動員できる7千⼈の野蛮な兵⼠。そして、それらのすべては騎⼠になるのに⼗分熟練しているのですか?」

野蛮⼈との同盟に成功した知らせは、エルセンブランを⼤いに興奮させた。

「それだけの⼒だけでも、⻄王国連合によって提供された軍隊の側⾯全体に相当します。私の予想を超えていますね」

「現在の状況はどうですか?」

デジールの質問に、エルセンブランは独り⾔を⾔う。

「良いとは言えません」

彼は話し続けた。

ジョード・エグザリオンとホムンクルスとの戦いの後、連合軍の司令官は戦争が落ち着くと判断した。

しかし、その判断は間違っていた。

アウターがこの状況を利⽤して連合軍に予期せぬ攻撃を仕掛けてきたのだ。

彼らが攻撃を実⾏した理由。

ホムンクルスが最前線に戻ってきたからだ。

「それは影の世界でのあなたの情報と正確に⼀致しました。ホムンクルスの回復は本当に並外れたものでした。魔塔主との戦いの間で破壊されたはずなのに、すでに完全に回復し、最前線に戻ってきたのだから」

デジールの表情が固まる。

ホムンクルスの並外れた再⽣⼒は、すでに知っていた。

しかし、その速度は彼の予想を超えている。

「連合軍はそれを排除するために特殊部隊を設⽴しました、しかし、彼らはそれを抑制しようとしているだけですでに忙しいです」

「ジョードと同じくらい強くなければ、それに⽴ち向かうのは難しいでしょう」

ホムンクルスが存在するだけで、こちらの戦略を変更させるのに⼗分であり、それだけで状況を逆転させる⼒があった。

しかし、ホムンクルスは決して無敵の⽣き物ではない。

⼤陸で最も強い軍隊で構成された連合軍は、単⼀の存在のために崩壊するほど弱くはないのだから。

⻄王国連合とヘブリオン帝国の同盟がかなり順調に進んでいることを確認し、デジールは現在の状況はそれほどひどいものではないと判断した。

「急いでラグリウム平原の戦いに参加する必要があります」

「分かりました」

 



 

報告を終えたデジールは、通信機を使って旅館を⾒つけ、⼤使館を去る。

旅館に到着すると、プラムが外で彼を待っていた。

「どうでしたか?」

プラムは⼦⽝のように駆け寄ってくる。

彼がいつものように可愛く振る舞うのを⾒て、デジールは笑顔を浮かべたが、お喋りをする時間はなかった。

「プラム、二人を呼んでくれるか?」

プラムは、デジールの⼝調で懸念を感じ、急いで他の二人に声をかけた。

全員が到着すると、デジールは聞いていた知らせを語り始める。

状況はあまり良くなく、ムクドリパーティは戦争に参加しなければならないことを。

話し終えたとき、空気は緊張して重く感じた。

不安を感じるのは⾃然なことでしょう。

彼らが影の世界で何回の戦闘を⾏ったかに関係なく、「戦争」という⽤語が持つ重みはまったく異なるものなのだから。

しかし、誰も怖がってはいなかった。

ロマンティカが口を開く。

「戦争は嫌い、けれど敵がアウターであるならば、私が出来ることは何でもする」

ロマンティカの故郷。

その結果、都市は破壊され、多くの命が失われた。

彼⼥がその時に感じたに違いないショックは、⾔葉では⾔い表せないでしょう。

アゼストも彼⼥の意⾒に同意した。

「アウターの無差別テロは許されない」

アウターはまた、帝国の若い有望な才能のすべてで満たされた多くのパーティを排除することを⽬指して、ヘブリオンアカデミーの⼤会を操作した。

その事件を通して、何⼈かの学⽣が命を落とした。

今後も、彼らはそのような無差別なテロ⾏為を実⾏し続ける可能性が⾼い。

プラムも口を開く。

「彼らを⽌めることで将来の被害を防ぐことができれば、私たちも戦わなければならないと思います」

全員が同意した。

躊躇する理由はないでしょう。

デジールはうなずく。

「この戦争をできるだけ早く終わらせましょう」

 



 

⾚い⾎でいっぱいになった浴槽。

⿊い⾎の壁、⻑い間乾燥して元の⾊を失った⾎。

⾶び散った⾚と⿊の⾎で飾られた部屋で、男が座っていた。

彼は⼝に猿轡を嵌められて、⼿⾜は動かないようにロープで縛られていた。

彼の⽬は恐怖に満ちていた。

そして彼の隣には、⽻と宝⽯で飾られたマスクをかぶった⼥性の姿が。

マスクは顔の半分以上を覆っていたが、それでも彼⼥の美しさは溢れ出ている。

恐怖で凍りついた男とは異なり、彼⼥はあまりにも落ち着いていた。

誰もが怖がるような部屋にいるにもかかわらず、まるで家にいるかのように快適に⾒える。

彼⼥が男に近づくと、フェザーマスクは軽く微笑んだ。

彼⼥の笑顔は官能性に溢れていた。

「どれくらい持ちこたえれるかしら?」

男の喉から⾎が噴出する。

彼は苦しみながら⽬を広げた。

「うーん!ううううううう!」

「怖がらないで。そんなに簡単には殺さないから」

フェザーマスクの⼿には、新鮮な⾎が滴る短剣が。

「あなたの⾎は⼤いに評価されるでしょう」

フェザーマスクは腰をかがめ、男の喉を流れる⾎を舐める。

「うううううう!」

彼⼥の唇は、かつては⾮常に魅⼒的だったが、⾎で汚れていたので彼を恐怖に陥れる。

男は、吸収できなくなるほど出⾎した後、呼吸を⽌めた。

ほんの少し前まで興奮に満ちていた彼⼥の⽬が鈍くなる。

がっかりしていると、誰かがドアを開けて⼊ってきた。

筋⾁質の男だ。

彼は⼤陸の中央部にある5つの⼭を征服した盗賊グループのリーダー、レイデン。

ビショップクラスに到達した男。

部屋の様⼦を⾒た瞬間、彼は眉をひそめた。

「クロウマスクから電話がありました」

「やっと?」

フェザーマスクはレイデンに続いて廊下に向かう。

彼らはもともと野蛮⼈と戦うために前の王国によって建てられた古代の城にいた。

戦争が終わると、城は役に⽴たなくなり、現在はアウターの基地として使⽤されている。

レイデンはフェザーマスクの肩の⾎痕を⾒て話しかけた。

「その悪趣味をやめたらどうですか?」

「なぜ?戦いが始まる前のちょっとした娯楽よ。それすらできないの?」

「あなたは⾏き過ぎです。私はあなたの倒錯した趣味のために部下を犠牲にするのにうんざりしています」

45⼈。

それは、フェザーマスクが先週犠牲にした⼈々の数だ。

「私の芸術を侮辱しないでちょうだい」

「芸術?う・・・!」

一瞬で、フェザーマスクから耐え難いほどの濃厚な⾎の⾹りが漂う。

レイデンは全⾝が圧迫されているように感じた。

⽻や宝⽯で飾られたマスクの下には、魅惑的な笑顔が咲いている。

「あなたは私があなたに手を出していないことに感謝すべきです。もし私が衝動に⾝を任せていたら、私はあなたの腸をリボンに織り、数週間前にこの城を飾っていたでしょう」

フェザーマスクが前を向く。

周囲の圧⼒がなくなると、彼は無意識のうちにひざまずいた。

フェザーマスクはレイデンを無視し、階段を上る。

城の⼀番上の部屋の1つから声が聞こえる。

[その場所での⽣活はどうですか?]

それはクロウマスクの声。

「この仕事は私にはまったく似合わない」

[もうすぐ終わります。計画通りに進んでいますか?]

「言われたように動いているわ。計画を妨げるものは何もありません」

クロウマスクの計画は広範囲でありながら詳細だ。

フェザーマスクは、彼の機知を認めている。

「なぜ今回私に連絡したのですか?」

[時が来た今、あなたは⾃由に暴⾛することができます]

その⾔葉で、フェザーマスクの表情に笑顔が浮かぶ。

「あなたがそれを⾔うのを待っていました」

 



 

ホムンクルス強すぎません!?

ジョードと同等の強さを持つ人物は中々いないでしょう。

アウターの力もまだ底が知れていません・・・。

デジールたちの介入で有利に働けば良いのですが。

帰還者の魔法は特別です【174話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は174話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...