帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【172話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は172をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

172話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【171話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は171話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ドナペとの再交渉

アゼストは剣をしっかりと握り、それを⽀えとして⾃分を直⽴させる。

デジールが彼⼥に駆け寄った。

彼⼥の凍った銀の髪はゆっくりと元の⾊に戻っていく。

「⼤丈夫ですか、アゼスト?」

「ああ・・・」

アゼストはかろうじて唇を開いた。

彼⼥の唇は⻘くなっている。

「正直なところ、私は死にかけていました」

「私に寄りかかって」

アゼストはデジールの申し出を拒否せず、彼に寄りかかった。

自分を支えるものが出来たので、彼⼥はより簡単に呼吸し始めた。

率直に⾔って、ドナペとの戦いの後よりもはるかに悪い状態にあるように⾒えた。

アゼストの顔は信じられないほど⻘⽩く、すべてのエネルギーを使い果たしたかのように思える。

しかし、それでも彼女の顔には満足感が浮かんでいた。

「私は成功したのだな」

デジールはアゼストの⼿にある剣を⾒る。

氷の剣はもはや激しい北極の寒さを発していなかった。

彼女は完全に支配することに成功したのだ。

デジールは、アゼストがどれだけの可能性を持っているかに驚かざるを得なかった。

その名声にもかかわらず、剣はシンプルに⾒える。

剣の⻑さは彼女が慣れていた剣と同じで、扱いにくいということはないだろう。

戦闘スタイルを変更せずにそれを使⽤できるはず。

違う点は刃だけ。

それは溶けない氷から鍛造されていた。

刃の彫刻は⾮常に滑らかで、⾦属よりも⽔晶の宝⽯に似ている。

僅かなそよ⾵が剣の周りを渦巻いて、弱く、しかし隠された野⽣の⾃然の痕跡を残していた。

「これが氷の剣」

アゼストが剣を軽く振り回す。

剣から押し出されるエネルギーを⽌めることはできなかった。

威力が強すぎたため。

「これはアーティファクト?」

刃からにじみ出るエネルギーは並外れたものだ。

軽く振ってこの威力ならば、最大限に振った場合は、S級アーティファクトと同等の力を持つでしょう。

「これで、野蛮⼈を説得することができるのか?」

「そうです、アゼスト。よくやった」

デジールは素直に彼⼥を賞賛した。

アゼストの努⼒のおかげですべてが完璧になるのだから。

彼らは今回の任務の成功をほぼ保証していた。

今から急ぐ理由はない。

そう考えて、ゆっくり帰ろうとしたとき。

何かが天井から滴り落ち、デジールの肩に着地した。

見上げると、氷柱がゆっくりと溶けているのを発見する。

「・・・水?」

亀裂音が聞こえる。

二人は⾳源を追跡し、背後を⾒た。

「・・・まさか」

寺院がどこにあったかを考える・・・。

ここは湖だった。

氷の剣から発せられた冷たいエネルギーは湖全体を凍らせ、寺院はその氷の上に建てられていた。

「しっかり掴まってて」

デジールはアゼストを抱える。

「ま・・・、待って!」

アゼストは何かを⾔おうとしたが、デジールはすでに実⾏に移していた。

「・・・」

天井の破⽚が落ち始め、⽔が急速に上昇し始めたが、アゼストはまったく緊張していなかった。

デジールの腕の暖かさが彼⼥を落ち着かせたから。

 



 

寺院が完全に崩壊する直前にアゼストとデジールはなんとか逃げることができた。

頭からつま先までびしょ濡れになり、必要な休息とリラクゼーションのために部屋に戻ることに。

すぐにドナペと話をしたかったが、北の王に会うことは不可能であることを知っていた。

デジールがドナペと話をする次の機会は、剣を⼿に⼊れてから2⽇後のこと。

彼らは最初の⽇に会ったのと同じ場所に⽴っていた。

しかし、その雰囲気は最初の会議とは微妙に異なっている。

氷の剣がハロウインドに存在する限り、野蛮⼈はその所有者を⾒つけるという誓いに縛られ、この場所を離れることを拒否してきた。

そのため、前回の会議は不⼗分な⽅法で⾏われたのです。

誓いが優先されたので、援助を求めて野蛮⼈に訴えるどんな外交官も無視してきたのだから。

しかし今回は状況が全然違う。

多くの部族⻑は混乱していた。

彼らは、本⼟の人間が氷の剣を引き抜くことができるとは決して予想していなかったから。

野蛮⼈の中で最も穏やかに⾒えたドナペが、最初に⼝を開く。

「あなたは本当に氷の剣を抜いたのですか?」

デジールは丁重に答える。

「はい。氷の剣の回収に成功しました。証拠として提⽰させていただきます」

アゼストに合図し、彼⼥は氷で構成された剣を提示した。

世界で唯⼀の剣を。

「信じられない・・・」

野蛮⼈は彼らがメルガーの約束を果たすために選ばれたものであると信じてきた。

彼らは、野蛮⼈ではない誰かが剣を抜くことができるだろうという考えさえも持たなかったのだ。

部族長は、アゼストが氷の剣を⼿に持っていることを受け⼊れることが出来なかった。

多くの部族長が不満を表明する。

「これを受け⼊れることはできません」

部族長の⼀⼈が、残りの部族長を代表して話をする。

「氷の剣は、メルガーが彼の友⼈と共有した約束を表しています。あなたのような本⼟の⼈々にその神聖さを侵害させることはできません」

群衆は同意して咆哮を解き放った。

⼀⼈が冷静さを保つことができず、アゼストに近づく。

その直後、兵⼠の何⼈かがデジールたちを取り囲んだ。

「部族長のロデリスは、氷の剣の守護者として、あなたがそれを私たちに返すように丁寧に要求します」

「辞退したらどうなる?」

アゼストがそう尋ねた。

「実力行使で」

ロデリスが答えると、デジールはにやにや笑った。

「⾯⽩い冗談ですね。私たちはすべての⼿順を適切に実⾏し、正式に許可を得た後、氷の剣を解放しました。私たちからそれを奪うなんて、あなたはどのような理由で⾔うことができますか?」

「氷の剣はメルガー⾃⾝から私たちに受け継がれています。私たちはこの剣を長い間守ってきた。あなたは状況の不条理を理解することさえできません。誰かがこの剣に⼿をするなら、それは私たちの⼀⼈でなければなりません」

アゼストは自身の考えを追加した。

「では、私たちがあなたに剣を渡したらどうなるでしょうか?あなたは私たちからそれを取ることができると思いますか?」

剣に対するコントロールを緩めることで、その猛烈な冷たいエネルギーの一部を群衆に漏らした。

アゼストの近くに⽴つことができなかった⼈々は、まるで⾻まで切り裂かれたかのように感じた北極の強⾵に襲われる。

 



 

「鎮まれ!」

ドナペは状況が悪化していることに気づき、状況を改善するために介⼊した。

「その必要はありません」

ロデリスはドナペに向かって叫んだ。

「彼らが氷の剣を使っても⼤丈夫だと⾔っているのですか?」

「私もそれについて満⾜していません」

ドナペは少し間を置いて話を続ける。

「・・・しかし答えてくれ、ロデリス。今まで守ってきた誓いは何でしたか?」

<剣を抜くことができる⼈が現れるまで剣を守ってください>

これは、メルガーが氷の中⼼を後にしたときに友⼈に頼んだこと。

「しかし・・・、しかし・・・」

彼と彼の先祖が代々守ってきた剣を部外者に譲る必要があるという事実を受け⼊れるのは⾮常に困難でしょう。

しかし、ロデリスは何も⾔えず、頭を下げた。

ドナペの権威は絶対的なのだから。

ドナペは誓いに⾔及し、アゼストを剣の新しい所有者として受け⼊れることでこの問題をまとめた。

剣の正当な所有者が誰であるかをあえて疑う⼈は誰もいない。

氷の剣の所有権の問題が解決したので、デジールは会議の主な理由である次の問題に移る。

「メルガーの仲間への誓いが果たされたことは素晴らしいことです。アウターに対する共同協⼒について、あなたの回答を聞く準備ができました」

ドナペは⽴ち上がって周りを⾒回す。

「私の最も偉⼤な戦⼠たちよ。私たちは過去の誓いを守るために、冷たい雪の中に⻭と⽖を埋めてきた。この誓いのおかげで、私たちは不正から⽬を逸らしてきたのだ」

もともと、野蛮⼈は公正で信頼のおける種族。

彼らは貧しい⼈々を助け、義を守る勇敢な戦⼠。

ドナペは斧を振って地⾯に激しく振る。

「私たちの神聖な使命は今や達成されました。私たちの⽬の前には、私たちが最も偉⼤な戦⼠の⾎を受け継いだ兵⼠であることを証明する舞台があります。今こそ私たちの⻭と⽖を明らかにする時だと⾔ってください!今こそ不当を罰する時です!」

「ヤァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!」

すべての野蛮⼈は武器を振り回し、⼤声で叫び続ける。

正直なところ、彼らの多くは宣誓によって抑圧されていると感じ、世界から孤⽴することを余儀なくされていたのだ。

以前⼤声で不平を⾔っていた⼈々も、再び⼀⻫に叫んでいた。

ドナペ・アスランは、彼の権威と⾎統だけに頼って、この王位に到達するために社会階層を上っていない。

彼は、⼈々を結集させ、彼らを興奮させる⽅法を理解していたのだ。

デジールは⻑年の友⼈を賞賛した。

「聞け、帝国のライオン。あなたの皇帝に、ハロウィンドの最も偉⼤な戦⼠があなたの必要な時にあなたを助けるためにそこにいるであろうと彼らに⾔いなさい」

野蛮⼈が公式に同盟に加わった。

 



 

S級アーティファクトを手に入れたアゼスト。

このまま順調に進めば、彼女が過去の自分を超えるのは必然ではないでしょうか?

プラムとロマンティカも新たな武器を手に入れて欲しいと思います♪

そして、無事に同盟を組むことができたデジール。

アウターに勝つ算段はできているのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【173話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は173話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...