帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【171話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は171をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

171話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【170話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は170話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 極限の氷の部屋

デジールたちはユリアによって空の家に案内された。

プラムは、隅で休んでいるアゼストを心配する。

「アゼストさんが怪我をしていなくて安心です」

彼が⾔ったように、アゼストは大きな戦いを終えたが、重傷は負っていない。

ドナペとの力の差を考えると、それはほとんど不可能な偉業。

ドナペ・アスランは、キングクラスの戦士で、自身の武道をすで完成させていた強敵。

⼀⽅、アゼストはまだ成長途中。

将来は彼と並ぶ戦士になり得るだろうが、現時点で、彼女がドナペに勝つことは不可能だろう。

アゼストの敗北にもかかわらず、デジールは今回の決闘が成功したと感じていた。

メルガーの誓いを果たす権利を勝ち取ったのだから。

これは、⼤陸全体でほとんどの⼈が持っていなかった権利。

(決闘の⽬的は、そもそも彼⼥の能⼒をテストすること)

その考えは正しかった。

ドナペとの戦いは、アゼストに信じられないほどの実践的な経験を与えた。

彼⼥は今、最も強⼒な魔法剣⼠になるという運命に向けて別の⼀歩を踏み出す。

 



 

アゼストが回復するまでに約1⽇が必要だった。

ユリアは戦いから2⽇⽬の朝に彼らを迎えに来た。

「もう動けるのですか?」

彼女の質問にアゼストがうなずく。

「良かった。では、あなたを神聖な場所に導きます。ついて来てください」

ユリアが外に出ようとすると、デジールが彼女を引き止めた。

「ちょっと待ってもらえますか?プラムとロマンティカはここに残って」

パーティー全員が神聖な場所に向かう必要はないと、デジールは判断した。

この任務の成功に不可⽋であるアゼストを除いて、二人は訓練に取り組むべきだと。

「え?どうして?」

ロマンティカの質問を無視して、ユリアに再び話しかけた。

「この2⼈はアゼストと同じくらい才能があります。よろしければ、兵⼠たちと⼀緒にスパーリングをしてもらいたいのですが」

「ええ、専⾨家と⼀緒にトレーニングするのは私たちにとっても嬉しいことです。早速、彼らに知らせますね」

ロマンティカとプラムは、学校を離れていてもトレーニングを続けることに不満を持っていた。

しかし、彼らは最終的にはデジールの提案を受け⼊れることに。

デジールとアゼストは、⽯で作られた寺院のふもとに到着した。

寺院の中は凍えるほどに寒い。

呼吸するたびに肺が裂けるように感じた。

「あなた方がまだ⽣きているかどうかをチェックするために⽇の出に戻ってきますね」

ユリアはそう言って立ち去る。

寺院の奥深くに⼊る⽅法は1つしかなかったので、もはやガイドは不要だったから。

建物に⼊ると、冷たい空気がすぐに氷点に達した。

彼らはローブを着ていたにもかかわらず、サーモ機能は少しも役に⽴たなかったようだ。

約1時間歩いた後、ようやく終わりが見えた。

⽬の前の地⾯にはしっかりと剣が刺さっている。

この部屋は「極度の氷の部屋」であり、メルガーがその未知の男から⼿に⼊れた剣が刺されていて、その正当な所有者を⾒つけることを誓ったのだ。

剣は寺院に広がる極寒の源。

アゼストは、「極限の氷の部屋」の周りに散らばっている氷の塊に気づく。

彼らは皆、剣をつかむために⼿を差し伸べていた。

「彼らは失敗した戦士たち・・・」

「その通り」

彼らは剣を抜こうとした野蛮族の戦⼠たち。

彼らは皆、彼らの世代で最も勇敢で最も有能な戦⼠の⼀⼈だったが、誰一人剣を抜くことができず、代わりに⼤きな氷の塊に変貌したのだった。

「私に可能だと本当に思うか?」

アゼストの不安が伝わる。

チャンスは一度だけ。

失敗した場合、死だけが彼⼥を待っているのだから

避けられない結果に、誰もが恐怖に震えるのは当然だろう。

「⼼配しないでください。アゼストなら大丈夫。練習したとおりに⾏うことを忘れないで」

デジールの疑いのない真っ直ぐな口調に、アゼストの恐怖が消え去った。

「私はあなたを信頼します、デジール」

彼女は剣に近づき、すぐに魔法をかけ始める。

周囲の湿気はすべてアゼストの周りに集まり始めた。

これはまさにドナペとの戦いの間に起こったこと。

デジールは、剣に向かって着実に歩くアゼストを見つめていた。

 



 

アゼストがかろうじて集めたばかりの凍った湿気が突然分散する。

「あなたの理論を理解していますが、それを簡単に⾏うことはできません」

ハロウィンドに向かうことが分かった瞬間、デジールはアゼストに近づいた。

彼は彼⼥に特定のテクニックを教えたかったのです。

[雪の⼥王の宮殿]

この魔法がハロウインドの剣を抜く鍵であると強く信じていたから。

アゼストが魔法をマスターできなかった場合、デジールは野蛮な戦⼠との協⼒を諦めるつもりだった。

友人を失ってまで得るものではないと考えていたから。

「急がないで、アゼスト。ゆっくりやりましょう」

アゼストを励ました後、デジールは呪⽂の背後にある理論を説明し続けた。

[雪の⼥王の宮殿]は、氷から城を作り、その中から投げかけられた魔法速度、パ
ワーを吸収して最⼤化する呪⽂。

「私を信じてください、アゼストなら可能です」

前世のアゼストを思い出す。

彼⼥は冷気を巧みに操るだけでなく、それを楽々と唱えることができるほどの習熟に達していた。

冷たい空気を体に吸収し、「境界」を作りあげる。

これは彼⼥の体の物理的な⼒を最⼤化し、キングクラスの武道家に匹敵するレベルに彼⼥を⾼めていた。

「すべての冷気をうまく圧縮したら、それを⾃分の中に⼊れてくださ・・・」

デジールが説明し終える前に、すでにアゼストは成功していた、

[氷の皇后]

銀⾊の光線が⾶び散り、寺院内の部屋全体を照らす。

アゼストの髪も凍って霜のように⽩い⾊合いになっていた。

周囲の冷たい空気が、すべて彼⼥の体の中に集まり始める。

⾮常に痛みを伴う冷たい空気が、彼女の周りに集めた冷たい空気と激しく衝突した。

生きるか死ぬかの状況。

一瞬でも間違えれば死ぬ可能性があるにもかかわらず、アゼストは非常に落ち着いていた。

寺院の冷たい空気をゆっくりと彼⼥の体に吸収し、それを燃料として彼⼥の⼒を強化していた。

アゼストはデジールの期待を完全に超えている。

これが彼⼥の能⼒の氷⼭の⼀⾓に過ぎないことを知って、彼は微笑んだ。

彼⼥は天才だった。

やがて、アゼストは⼒強い寒さの中を歩き、剣に向かって⼿を伸ばす。

周囲の空気が彼女の⾏動に反応し始める。

激しく衝突していた2つの異なる寒冷前線が混ざり始めた。

「う・・・!」

アゼストは剣をしっかりと掴んだが、⾜の⼒はほとんど失っていた。

氷の中⼼からの冷たい空気を吸収するのは簡単なことではなく、彼女が今やろうとしていたことはこれまでに⼀度も⾏われたことがない。

つまり、剣を抜いたときに何が起こるか誰も知らなかった。

デジールでさえ息を切らして待っている。

しかし、彼が確信していたことの1つは、アゼストに何が起こっても自分が対応するという決意だった。

冷たい空気が常に外からも内からも襲うが、彼⼥は剣との闘いに固執した。

「うぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」

不本意な呻き声がアゼストの密閉された唇から逃げ出す。

これ以上見ていることができずに干渉しようとした瞬間。

突然、冷たい空気がゆっくりと消えていくのを感じたのだった・・・。

 



 

おそらくアゼストは剣を抜いたと思われます。

その剣を使用した彼女はどれだけ強くなることができるのでしょうか?

次回が楽しみですね♪

帰還者の魔法は特別です【172話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は172話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...