帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【170話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は170をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

170話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【169話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は169話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アゼスト vs ドナペ

アゼストはすぐにドナペと正⾯から向き合うことができないと判断した。

キングクラスのドナペに対して、ナイトクラスのアゼストが正攻法で勝つチャンスはない。

[アイスオーブ]

ドナペに向かって氷の弾丸を放つ。

そして、アゼストはドナペの斧に備えて防御魔法も呼び出した。

【キザードのため息】

不⼗分な剣術を魔法で補う。

剣術を魔法で支援する戦闘方法は、彼⼥の戦闘⼒を数桁増加させる。

魔法でダメージを与えることで、ドナペとの衝突を避けることができた。

「オラァアアアアアアア!!」

しかし、ドナペはそれでも立ち止まらなかった。

執拗に追いかけ、距離を離すことを許さない。

彼の斧はアゼストの防御魔法を簡単に粉砕する。

「・・・!」

氷の柱が破裂すると、訓練場が振動した。

【⽩いカラスの森】

ドナペはすぐに氷柱に囲まれ、投獄された。

かなりの⼒を加えた拳を使っても、アゼストが生み出した氷の柱はわずかにひびが入るだけで、崩壊はしない。

⼤きなマナを呪⽂に注ぎ込んだ結果、⾮常に弾⼒性のある柱が生み出された。

これまで二人の決闘を⾒ていたユリアが感嘆する。

「彼⼥は私が思っていたよりも強いですね」

アゼストは、⾃分に利益をもたらし、敵に有害な環境を構築する戦略を採⽤することで、⾃分よりも効果的に強⼒な敵を倒すために必要な鋭い戦闘感覚を⽰した。

しかし、それでもドナペはその上をいく。

彼は史上最強の野蛮⼈の⼀⼈であり、最⾼レベルのパフォーマンスに達していたのだから。

斧を全⼒で振り、⼀気に6本の柱を破壊した。

言葉は使用しないが、ドナペはアゼストに「これで終わりなのか?」という視線を送る。

彼は、攻撃を逸らしたり、躱したり、防御したりするのではなく、すべてを真正⾯から受け⽌め、再び斧を振る機会を生み出していた。

その衝撃は避けられないと判断して、アゼストは攻撃を逸らすための最後の力を振り絞り、剣を振った。

斧と剣がぶつかるとすぐに、あちこちで⼤爆発が起こる。

ドナペはそこで⽌まらず、代わりに斧を振り続けた。

アゼストは攻撃に耐えることができず、彼⼥の膝は圧⼒の下で座屈した。

【後悔の冠】

巨⼤な氷の冠がドナペの頭上に形成される。

彼女が必死に呼び起こした魔法の冷気は⾮常に強⼒だった。

⽣涯にわたって野蛮な北に住んでいたドナペでさえ、その攻撃によって解き放たれた極寒に耐えられなかった。

ドナペは執拗な猛攻撃を撤回せざるを得なくなる。

それでも彼は倒れなかった。

アゼストの呪⽂を直撃したにもかかわらず、彼は深刻な怪我を負わなかったようだ。

パワーと能⼒の圧倒的な違い。

ほとんどの⼈は諦めて無⼒感に陥るだろう。

 



 

しかし、アゼストは違った。

(デジールはこの戦いに勝つために私を信頼してくれた。彼を失望させることはしたくない)

彼⼥は冷静さを保ち、⽬標である勝利に集中し続けた。

彼⼥の反応を観察していたドナペは、アゼストの強い決意を認める。

「私はあなたの⽬が好きです。しかし、これを見ても維持できますか?)

⼆⼈の距離が遠いにもかかわらず、ドナペは巨⼤な斧を持ち上げて、攻撃する姿勢に移る。

その瞬間、彼から猛烈なプレッシャーが生み出された。

プレッシャーだけで、アゼストは呼吸困難になる。

「何か危険な攻撃が来る!」

ドナペは上げられた斧をまっすぐ地⾯に叩きつけた!

破壊された土が空中に舞い上がり始め、⾚みを帯びたオーラを染み込ませ始めた。

戦いを⾒ている⼈々の⼝は無意識のうちに開く。

しかし、デジールだけは不安な静けさの中で状況を分析していた。

「マウンテンスタンプ・・・」

ドナペが[マウンテンスタンプ]を使うところまで進んだという事実は、彼がアゼストを認めたということでしょう。

これまで扱ってきたものと⽐較して⽐類のないレベルの攻撃。

ドナペの全力攻撃に対し、アゼストも全力で応えるつもりだった。

【雪の⼥王】

空気が凍りつく。

空中を舞う雪が、アゼストの⽀配下で不⾃然に集まり始めた。

戦場の真ん中に、煌めく⾒事な氷の宮殿が現れる。

数⼗の素早く作られた氷の壁が瞬く間にアゼストの前に生み出され、その直後に⼤規模な崩壊が起きた。

層状の氷の壁は、壊れるよりもさらに速く再構築され、ドナペの攻撃を完全に打ち消す。

やがて、吹雪が落ち着き始めた。

天候はそれほど変わっていないが、アゼストの周りの雪は凍り始めていた。

【魔法剣:氷の祝福】

魔法剣⼠ならではの魔法であり、魔法の⼒と体⼒の両⽅を融合させて攻撃を仕掛けることができる呪⽂。

アゼストは剣を野蛮⼈の王に向け、もう⼀度最⼤の攻撃技術で彼に正⾯から放った。

しかし、ドナペも同時に攻撃を解き放つ。

彼は両⼿で斧を発射した。

⾚いオーラの波が彼の体から⾶び出す。

彼のオーラは獣のように猛烈だった。

二人の攻撃は拮抗している。

しかし、アゼストの魔法剣の冷気は、ドナペの体を凍らせ始めた。

「まだ足りない・・・!」

どんなに⼀⽣懸命頑張っても、全⾝を包み込む⾚いオーラに致命的な打撃を与えることは不可能。

新しい戦略が必要だと気づき、アゼストは⼀歩下がった。

「彼女は諦めたのか?」

とはいえ、彼女の⽬に敗北の痕跡は含まれていない。

雪原の寒さは、あたかもそれ⾃⾝の意志を持っているかのように、アゼストに向かって収束し始めた。

通常は磨かれた⾦のように輝いていた彼⼥の髪はすぐに凍った⽩に変わり、銀⾊の光が彼⼥から発生する。

ドナペは彼の中で何か異常な動揺を感じた。

常にリラックスしていると思えた彼の表情は、ゆっくりと固まり始める。

「クンロナ」

ドナペの斧は精巧さと器⽤さを失う。

代わりに、純粋な⼒と集中したオーラを染み込ませた。

キングクラスに到達した強⼒な野蛮⼈がオーラを振るうと、結果として⽣じる⼒はほとんど⾃然災害のようなものだ。

⼆⼈が衝突した瞬間、⼤地震があったかのように地⾯が揺れ、雪が津波のようにいたるところに吹き荒れた。

アゼストは余波に流され、雪に埋もれたが、彼女はすぐに立ち上がる。。

壊れた剣をドナペに向け、決闘を続ける準備をしたが、それが無意味であることに気づく。

勝者と敗者は決まっていたのだから。

 



 

ドナペは⼿の甲で頬の⾎を拭き取る。

しばらくの間、彼は驚いた⽬でアゼストを⾒た後、斧を取り戻し、その場から去った。

アゼストが負けたのは明らかだったが、部族⻑の多くは驚きの表情で彼⼥を⾒ていた。

彼らは彼⼥がドナペに対してそれほど耐えていたとは信じられなかったから。

ドナペが⾒えなくなるとすぐに、アゼストはその場で倒れる。

その光景を見て、デジールたちは急いで彼女に駆け寄る。

彼女は全員に謝罪した。

「申し訳ありません。勝てるかどうかは分かりませんでしたが、私たちの能⼒にこれほど⼤きな違いがあるとは思いもしませんでした」

デジールは微笑んで、彼女を支える。

「彼はクンロナと⾔った。それは彼が戦⼠としてあなたと戦ったことを意味します。それは彼があなたを真の戦⼠として認めたこと、そして私たちが剣を抜く権利があることを意味します」

「そうですか・・・。それなら安⼼です」

アゼストは安堵のため息をつく。

彼らの元にユリアが近づく。

「あなたがかなり強いと認めます。しかし、私たちがメルガー・カーンに誓った誓いは、ハロウィンドがこれほど⻑く耐えることを可能にしたものです。剣を抜こうとするのは無駄な努⼒です」

彼⼥は話し続けた。

「私はあなた方が滞在する場所を⼿配します。元気になったら、聖域に案内しましょう」

 



 

現時点ではドナペには勝てないアゼスト。

しかし、それでもかなり善戦したのは間違いないでしょう!

後は、無事に剣を抜けるかどうかですね。

帰還者の魔法は特別です【171話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は171話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...