帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【169話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は169をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

169話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【168話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は168話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • メルガー・カーンの誓い

それは世界には存在しなかった物語。

しかし、その物語はまだ特定の誰かの記憶に残っていた。

シャドウラビリンスが登場してから10年。

「私たちは祖先の誓いに縛られ、あの⼟地を離れることができませんでした」

最後の戦いに先⽴ち、北の⽀配者としても知られる野蛮な王、ドナペ・アスランが彼の物語を語り始めました。

全員が黙ってその話を聞く。

「先祖の誓いを今まで守ってきたということですか?何故でしょうか?」

「⾔葉では、部族での誓いの重要性を伝えることは出来ないな」

ドナペがイヤリングを撫でる。

⾚いルビーのイヤリングだ。

「かつて、私たちの種族の⽣活をかつてないほど明るく輝かせた男がいた」

ドナペの声は、いつもよりも多くの⾃尊⼼と誇りに満ちていた。

「メルガー・カーン。彼は彼の旗の下で多数の部族を統⼀してギルガルス⼭脈の敵を追い出し、私たちの故郷であるハロウインドを設⽴した。英雄として賞賛され、今でも語られているメルガー・カーンの物語は、彼の荒野だけでなく、彼の⼈々を栄光に導くことができることでも有名。しかし、その彼を助けた⼈がいたのです」

どういうわけか、メルガー・カーンを助けた男の話は決して受け継がれなかった。

その男は他の伝説にも登場したが、彼についての具体的な話はない。

歴史家は、その男を、物語で使⽤される脇役と考えていたのだろう。

しかし、ドナペはそう思わなかった。

「その男は素晴らしい人物だった。彼がハロウィンドのために作成した基盤は、それが今⽇でも残っている理由の⼤きな要因だ。その⾒返りに、彼はメルガー・カーンにお願いをしたのだ」

その時点から、この物語は野蛮⼈に受け継がれる。

「男は、いつか世界を災害から救うだろうと⾔って、メルガー・カーンに剣を⼿渡した。彼はハロウィンドを去り、剣を正しく扱える⼈が現れるまで剣の世話をするように頼んだのだ」

「それで、どうなったの?」

話を聞いた後、デジールは彼に尋ねる。

「ああ、私たちの故郷であるハロウインドには、その伝説の男が残した剣がある。剣のある場所を「極限の氷の部屋」と呼ぶ」

ドナペは話し続けた。

「私たちは⻑い間ハロウインドで、剣の真の所有者が現れるのを待って、その男とメルガー・カーンの間でなされた誓いを果たしてきた。もちろん、私たちは⾃分たちでその剣を振るうことも試みたのだが・・・、結局、誰もそれを引き抜くことができなかった」

「ある種の条件があるはずですよね?強⼒な呪⽂?それとも、優れた保護者によって守られているのでしょうか?」

「守護者がいたら、ずっと前に剣を抜いていたでしょう。「極限の氷の部屋」はとてつもない寒さを体現しており、誰もが気軽に近づくことさえできない。多くの偉⼤な野蛮⼈が剣の能⼒を切望しており、剣を振るう試みを数え切れないほど試みている⼈もいるが、挑戦したすべての⼈が失敗したのだ」

しかし、⼈類全体を脅かす災害に直⾯し、宣誓を断念せざるを得なかった。

シャドウラビリンスが登場したからだ。

「今考えてみると、自分たちで探すべきだったのかもしれない。剣の持ち主が現れるのを待つだけではなく」

物語の終わりにため息をついたドナペの視線は、特定の場所に焦点を合わせた。

永久に冷たい⽬。

プラチナ⾊の髪がはためく。

熾烈で⻑引く戦いの後でも、この⼥性は最後まで⾼尚で美しいままだった。

「少し前に出会ったら、別の未来に出会ったかもしれない・・・」

 



 

野蛮⼈が会話の流れに基づいて同盟を受け⼊れると確信していたアゼスト、ロマンティカ、プラムは明らかに動揺していた。

しかし、ドナペがそのように答えることを知っていたデジールは、彼らと⽐較すると穏やかに⾒える。

「私たちはとある理由でここを離れることはできない。だから・・・」

「メルガー・カーンの誓いを果たしたら、同盟を受け⼊れてくれませんか?」

今まで静かに会話を見守っていた彼らが騒ぎ始める。

ドナペの表情が変わった瞬間を、デジールは見逃さなかった。

その反応を通して、彼はそれが正しいと確信した。

「私がその誓いを果たします」

「ははははは!」

彼がそう⾔うとすぐに、笑いが爆発する。

それは野蛮族の族長の⼀⼈から。

彼の笑顔が怒りに変化し叫んだ。

「貴様がどうして知っているのか分からないが、これは偉大なカーンが私たちに残した遺産。貴様のような本土の人間がそんな無謀な発言を許されるとでも!?」

ドナペは静かに⼿を上げる。

静かになるとすぐに、彼は厳粛にデジールに話しかけた。

彼の声には明らかな疑いの痕跡が見える。

「提案に⾔及する前に、宣誓についてどのように知っているか答えてください」

「影の世界でメルガー・カーンの直系の⼦孫に会いました。彼から誓いについて聞いたのです」

「そうですか」

デジールはこの話をパーティにも共有している。

ドナペは納得したかのようにうなずき、すぐに微笑んだ。

「⾯⽩い」

その発言に、各部族の族長が意見する。

「彼らは本土出身です!」

「何年もの間、私たちの誰もそれを成し遂げることができなかった。彼らが試してみるのは問題ない」

「しかし・・・」

「彼らが私たちが出来なかったことをするのではないかと心配しているのか?」

「・・・」

部族⻑は、彼らのプライドのためにこれ以上話すことができなかった。

「私は⻑い間、誓いという言葉に拘束されてきた。私たちが誓いから解放されれば、私たちが帝国と協⼒することを妨げるものは何もない。しかし、誰もが宣誓に異議を唱えることができるわけではない。資格が必要だ」

デジールは資格について聞いたことがない。

それでも彼に後退する余裕はなかった。

ドナペは話し続けた。

「私が彼らの資格を自らテストします」

デジールはすぐにドナペの言葉の意味を理解した。

決闘に勝つことで資格を得ることを。

「誰が私に挑戦しますか?」

デジールは振り返った。

誰を出すかをすでに決めていた。

「アゼスト、お願いします」

アゼストはデジールの呼びかけに躊躇うことなくうなずいた。

彼⼥は⼀歩前進し、ドナペと⼤胆に対峙する。

「私があなたに挑戦します」

「良いでしょう。ついてきてください」

 



 

デジールパーティが野蛮⼈に続いたのは、巨⼤な雪原の真ん中。

厚い雪で覆われているため、地⾯は滑りやすいとは⾔えないが、通常の動きは間違いなく困難だろう。

彼らがいる場所は野蛮⼈の訓練場として使⽤されている。

ドナペが現れたとき、彼らは訓練をやめ、敬意を表して彼に向かって頭を下げた。

デジールは、訓練⽣の中に、後にシャドウラビリンスで活動する野蛮⼈がたくさんいることに気づいた。

ユリアは⼀帯の⼟地を選び、訓練⽣を⼀掃し、そのエリアを決闘場に指定する。

やがて、その地域は満席になった。

彼らは北の⽀配者であるドナペと彼らの王の武道を⾒るために集まっている。

アゼストが剣を抜き、ドナペは巨⼤な斧を肩に持ち上げた。

沈黙が数分間続く。

最初に緊張した沈黙を破ったのはドナペ。

彼が地⾯を蹴ったとき、彼の周りの雪が爆発した。

ほんの⼀瞬で、アゼストとの距離を縮めたドナペは斧を⽔平に振った。

彼女は弾道を読み、攻撃をかわすために横を向いた。

避けられると判断し、ドナペは機敏に体を回転させる。

巨⼤な拳がアゼストの顔に向かって飛び、彼⼥は反射的に剣を上げた。

攻撃と防御の単⼀の交換の真っ只中に、思考の洪⽔が彼女の頭を通り抜ける。

剣を持っている⼿⾸に裂けるような痛みを感じた。

⼀⽅、ドナペは再び巨⼤な斧を振るう。

その後の攻撃から防御した後、アゼストはその⼒を利⽤して跳ね返り、ドナペとの距離を広げた。

 



 

伝説の聖剣のようなイメージがあります!

アゼストの実力はどれほどなのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【170話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は170話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...