帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【168話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は168をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

168話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【167話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は167話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ドナペ・アスラン

⻘空の⾼原。

⼀⾒終わりのない猛吹雪は、旅の2⽇⽬にようやく収まった。

カルカルス山の素晴らしさは圧倒的に美しく雄⼤だ。

「前の狼男がいる」

彼らの遥か先を⾒ると、デジールが全員に知らせた。

ムクドリパーティは武装し、これらのモンスターとの戦いに備える。

アゼストが呪⽂を開始した。

【アイスブラスト】

氷の球がパーティに近づくオオカミのほとんどを凍らせる。

彼女は凍ったオオカミまで接近し、剣で彼らを切り裂いた。

体が固く凍った状態では、どのモンスターも抵抗することができなかった。

狼男の⾎が雪を真っ⾚に染める。

戦いはほぼ⼀撃で終わった。

パーティが警戒を緩めたとき、プラムが突然叫ぶ。

「アゼストさん!」

おそらく群れの中でリーダーである⼤きな狼男が群れの後部から⾶び出し、アゼストの露出した背中に突進する。

それはすべて⼀瞬で起きた出来事。

彼女は身を守ろうとしたが、間に合わない。

その瞬間、影が空中に⾶び出し、狼男の頭に衝撃を与えた。

狼男は頭の⼀部が凹んだまま地⾯に倒れる。

このすべての損傷を引き起こした銀⾊の⼤理⽯は、すぐに所有者の元に戻った。

この⼤理⽯はデジールの周りを回転し、時々外側に急上昇し、彼に近づく狼男の体を貫いていた。

リーダーが地⾯に倒れているので、グループの残りを倒すのは簡単な作業だ。

戦いが終わったとき、銀の⼤理⽯はデジールの⼿に優雅に着陸した。

「本当にそのアーティファクトは便利よね」

ロマンティカが彼の元に向かいながらそう話す。

⼿の上でそっと休んでいるアーティファクトを⾒る。

柔らかな光は、その表⾯に印刷された複雑なパターンやシンボルを通して放射されていた。

これは、レベル3の影の世界をクリアすることで獲得したアーティファクト。

ルネル。

最強の⾦属、ブランクシュムから作られたAクラスのアーティファクト。

所有者への危険を察知し、⾃由に動き回ることができる。

それは素晴らしい盾であると同時に強⼒な武器。

それは、所有者の認識と所有者からの命令に基づいて、あらゆる危険を攻撃した。

ルネルは、中距離から⻑距離で戦う魔法使いにとって完璧な防御アーティファクト。

そして、白兵戦にも対応している。

ロマンティカとディールにとって完璧なアーティファクトだった。

しかし、ロマンティカは呪⽂なしでいくつかの呪⽂を唱えることができたので、全員一致でデジールが持つべきだと提案したのだ。

「険しい道のりだな」

アゼストの指摘にロマンティカが同意してうなずく。

⼭岳環境の厳しさはよく知られていました。

彼らはこの旅が⼤変だと予想していたが、実際には想像を遥かに超えていた。

案内人もいないので、道は決まっていないから、彼らは自分たちで道を探し、見つけなければいけなかった。

常にモンスターに囲まれ、頻繁に戦闘が発生する。

この絶え間ない状態は、彼らのスタミナを大きく消耗させることに。

その上、激しい猛吹雪が彼らを襲う。

ジョードからの贈り物を持っていなかったら、彼らは今まで⽣き残っていなかっただろう。

北への旅に出る前に、彼はデジールたちに新たなクローズラインを贈った。

新しい第3世代のクローズライン。

パワー⾯ではあまり向上していないが、加熱機能などいくつかの機能が追加されている。

「どれくらいかかると思いますか?」

プラムが、⼀歩⼀歩前に進みながら尋ねる。

「もうすぐだと思うよ」

 



 

同⽇の正午ごろ、雪山⾃体が落ち着き始め、ようやく旅が楽に。

ロマンティカは激しく喘いでいたが、それにもかかわらず、なんとかいくつかの⾔葉を絞り出した。

「ようやく到着したの?」

彼らの前には、旅に出てから初めて見る道が見えた。

道は⽂明の⼈々が近くに住んでいたことを⽰している。

この道を辿れば、彼らはおそらく野蛮⼈の⼊植地を⾒つけるでしょう。

「これは・・・」

プラムは遠くの何かを⾒つめながら呟いた。

彼の視線の⽅向には、昔、野蛮⼈の⻩⾦時代を⽀えていた巨⼤な柱や遺跡が。

それは、過去に亡くなったメルガー・カーンが率いる偉⼤な⽂明の歴史。

「姿を見せなさい」

柱の一つを見つめながら、アゼストが声を上げる。

しばらくして、誰かが柱の後ろから出てきた。

彼⼥の顔の半分は⿊い跡でひどく傷ついている。

「あなた方は本土の人間でしょうか?正当な理由がなければ、ここを通すことはできません」

彼女の声には敵意がある。

彼⼥の姿勢には、状況が悪化した場合、すぐに背中の槍を引き抜く準備ができていることを⽰しているようだ。

デジールは彼⼥を知っていた。

ユリア・グレイブス。

ブラックウルフの称号を与えられた戦⼠。

前世で、彼⼥は信じられないほど有名な傭兵として名を馳せていた。

シャドウラビリンスが現れたとき、彼⼥はドナペの側近として活動していたのだ。

それがデジールが彼⼥を知るようになった理由。

彼女に丁寧に話しかける。

「ヘブリオン帝国の皇帝、ギルティアン・ゼドガー・F・ログフェラス陛下の命令により、私たちは尊敬されているドナペ・アスランと話をするためにここにいます」

「あなたが公式の使者であることを証明するものはありますか?」

デジールは⾦のメダルを取り出し、ブラックウルフに⼿渡す。

彼⼥は、信憑性を検証するかのように、メダルを注意深く観察した。

メダルには、ワシであるヘブリオン帝国のシンボルが刻まれている。

この⻩⾦のメダルは、皇帝が信頼した⼈々にのみ与えられたもの。

一般人はメダルの重要性に気付いていないかもしれません。

皇帝⾃⾝からメダルを授与されることは、信じられないほど稀で神聖な出来事。

しかし、ユリアの過去の経歴をよく知っていたデジールは、彼⼥が彼らをヘブリオン帝国の合法的な使者として認めることを知っていた。

ユリアはうなずいた。

「あなたが嘘をついていないと思います。ついて来てください」

ユリアは近くの⼤きな⽯を横に押し、パーティを地下深くに通じる隠された階段に案内した。

すぐに彼らはドナペ・アスランに会えるでしょう。

 



 

パーティがようやく外に出ると、⾃然の光で再調整された彼らの⽬は眩しくなる。

数秒後、彼らは⾃分たちが何に囲まれているかを認識した。

「うわあ!」

プラムが歓声を上げて叫ぶ。

彼らはついにハロウィンドに到着した。

街は⾃然と⼈⼯の建造物の両⽅が調和して融合し、純粋な美しさを作り出していた。

ユリアはパーティをある場所に案内すると、⼝を開いて彼らに勢いよく指⽰する。

「ここで待っていてください」

彼⼥は天井の開いたドームがある場所に連れて⾏った。

光線がドームを照らし、この場所をさらに神秘的にしている。

内部では、数⼈の⼈々が巨⼤な⽕の周りに座っていた。

彼らは素晴らしい体格を持ち、それぞれが強力な戦士に見える。

その中には⽯で作られた⽟座が。

ユリアは王の前にひざまずき、王位に就いた⼈に忠誠を⽰した。

デジールたちもそれに続く。

「頭を上げよ」

頭を上げ、話している⼈と向き合う。

王位に就いた人物の体は固い岩のように強く、強力なオーラを放っていた。

ルビーで飾られた⾦⾊のイヤリング。

野蛮な部族でこの種のアクセサリーを⾝につけることができたのはたった⼀⼈。

⾚いルビーは北の⽀配者を表しているから。

「帝国の⼈々よ。どうして私に会いに来た?」

⻑い間会っていなかった古くからの友⼈と向き合うと、デジールは思わず感傷に浸ってしまう。

しかし、彼はすぐに感情の⾼まりから解放された。

彼には達成する使命があるのだから。

「陛下、私たちはヘブリオン皇帝、ギルティアン・ゼドガー・F・ログフェラスの指揮下で同盟を提案するためにここにいます」

「あなたは私たちを戦いに巻き込もうとしているのだな」

ドナペは、言葉の意味を即座に理解した。

アウターと連合軍が現在戦っていた戦場は、ハロウインドからそれほど遠くはない。

彼らが気づかないはずがなかった。

「その通りです、陛下。ヘブリオン皇帝は、あなたがこの戦いで私たちを⽀援することを望んでいます」

「私たちは、本⼟が現在誰と戦っているかを知っている。もちろん、アウターがこの戦争に勝った場合、⼤陸は混乱に陥るでしょう」

「はい、そしてアウターは彼らの⽬標を達成するために何でもします」

デジールの言葉は正しい。

アウターは、野蛮⼈や⼤陸の他のすべての⽣活への黙⽰録として機能した。

ドナペもこれを理解しているからこそ、連合軍を⽀援するのに⼗分な理由がある。

「確かにその通りだ。我らも関与し、アウターと戦うべきだ。しかし、私はこの要求を受け⼊れられない」

 



 

デジールの新たな武器、フ○ンネル!(笑)

ますます強くなりましたね♪

ドナペはなぜ要求を受け入れてくれないのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【169話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は169話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...