帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【167話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は167をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

167話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【166話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は166話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 連合軍とアウターの戦い

[⼤規模な⼒がラグリウム平原で検出されました]

連合軍とアウターの戦いが、北王国アルデイナのラグリウム平原で発生する。

小規模な戦いはこれまでにも起きていたが、これほど大規模な戦いはこれまでに一度もない。

しかし、影の世界がさまざまな国で同時に出現したため、アウターはこの機会を利⽤して独⾃の侵略を開始した。

24⽇、連合軍とアウターの間で⼤規模な戦闘が発生する。

戦いの初めは、連合軍が優位に⽴っていた。

圧勝の可能性が⾼い状況だったはずなのに、たった⼀⼈の登場で戦闘の流れが急速に変化することは誰も予測できなかった。

その⼈物は無敵の⼒を発揮し、連合軍の騎⼠たちを簡単に破壊した。

幸いなことに、ジョード・エグザリオンがいたことで、全滅は免れた。

⼤陸で最⾼の魔法使いの⼀⼈であるジョードは、国宝物のような存在。

だからこそ、彼が戦闘後に姿を消したとき、同盟は彼に関するすべての情報をしっかりと把握し、極秘に状況に対処した。

アルデイナの北にあるアポピス⼤学病院。

ジョードはベッドに横たわり、疲れ果てているように見えた。

⾁体的には、彼は重傷を負っているようには⾒えない。

しかし精神的には、彼は壊滅的な状況に陥っていた。

目の前のチェス盤に視線は固定し、ジョードの顔は苛⽴ちで歪んでいた。

待っていた人物が到着し、彼はようやくリラックスした表情を浮かべる。

「本当に、あれはホムンクルスなのですか?・・・君が⾔ったことが真実であるならば、ホムンクルスが因果関係の原則を⽀配しているということも納得できる」

「影の世界では100年前に発⽣しました。何が起こったのか分かりますか?」

「あれは第6級と同等の⼒を持っていたよ」

「クソっ」

デジールとジョードは直⾯した状況について話し合う。

ジョードはラグリウム平原でホムンクルスと1対1で戦い、その結果重傷を負った。

実際、彼の怪我はひどく、体を動かすことすら出来なかった。

ホムンクルスも同様に重傷を負っている。

その結果、アウターはホムンクルスを牽引してすぐに撤退し、連合軍も撤退しなければならなかった。

「君が⾔ったように、預⾔者はまだ⽣きていて、アウターとして活動しているのだろう」

預⾔者。

無数の⼈々を欺くことによって多くの王国を破壊した人物。

彼は間違いなく脅迫的な⼈物であり、アウターの中心だろう。

預⾔者は無数のアーティファクトを所有しており、デジールはそれらのアーティファクトの1つを使⽤することで寿命を延ばしていると確信した。

「アウターの寿命は私が予想していたよりもはるかに⾼いです」

前世では重要なアウターの接触がなかったので、アーティファクトの有⽤性はアウターを団結させることに限定されていたと感じた。

デジールはアウターの排除を最優先事項として考える。

明らかに、シャドウラビリンスのクリアに関しては、彼らが障害になるだろうから。

「ヘブリオン帝国はアウターに対して真剣に動き始めました。私たちのパーティも、彼らに関連する任務を完了するために北に向かっています」

スターリングパーティーは、レベル3の影の世界を⾃分たちでクリアすることに成功したことで、騎⼠と同等で名誉ある資格を獲得した。

その結果、彼らの活動領域は、帝国を越えて外国へと拡⼤したのだ。

完璧なタイミングで、ヘブリオンの皇帝であるギルティアン・ゼドガー・F・ログフェラスは、デジールを特定の任務に割り当てる。

「私たちの使命を完了することは、この現在の状況を克服する上で価値があることを証明するはずです」

「幸運を祈ります、デジール。北に向かっていると⾔っていましたよね?」

ジョードはデジールの服を観察する。

「近くの魔塔に⽴ち寄ってみませんか?いくつかの贈り物を渡したいので」

 



 

デジールたちは⼤陸の北部、より具体的にはアルデイナ王国の最北端に向かっていた。

窓の外の⾵景は次第に⽩くなっていく。

ヘブリオンアカデミーの校⻑であるジャスティンは、⻑引く⼩競り合いと連合軍とアウターの全⾯的な戦いのために学校を閉鎖することを決定した。

連合軍は現在、軍事⼒を回復している。

ジョードが怪我をしたと聞いてデジールは驚いたが、それが⽣命を脅かすものは何もないと聞いてリラックスできた。

「王は北の野蛮⼈の⽀持を得ることをあなたに任せました」

野蛮⼈は巨⼤な⼒を持った巨⼈。

彼らは通常、北部の都市から遠く離れた寒い地域に住んでいる。

つい最近、彼らは隣国との交流を始めたが、彼らの信頼と協⼒を得ることは決して簡単な仕事ではなかった。

デジールは躊躇うことなく任務を受け⼊れた。

これがチャンスだと感じたから。

この任務を無事に完了することは、アウターとの最後の戦いのために連合軍の軍事⼒を強化する絶好の機会をもたらすでしょう。

そして、この任務を受け⼊れることの背後にも⼆次的な動機がある。

バーバリアンズの地、ハロウインド。

ドナペ・アスランの家。

悲惨なシャドウラビリンスの終わりまで⽣き残った6⼈のうちの1⼈。

道を塞いだすべての敵を打ち砕き、巨⼤な斧を振るう最強の戦⼠。

彼の勇敢な軍隊は、不運な遠征で先駆者を形成するのに⼗分な強さを誇っていた。

彼の軍隊との関係が信頼をもって築かれたならば、アウターとの戦いに備えるだけでなく、シャドウラビリンスの最終的な侵⼊のための⼟台としても役⽴つでしょう。

「これは素晴らしいチャンスだ」

デジールは、ドナペと接触する機会を設定するために舞台裏で動いていたが、率直に⾔って、単なる学⽣として野蛮な部族の王に会うことは困難だった。

この任務を無事に完了した場合、シャドウラビリンスのクリアの成功に⼀歩近づくことができるだろう。

ドナペを⾸尾よく説得するために、彼の可能な選択肢を素早く試そうと考えていた。

「アゼスト・・・」

彼女がこの問題を解決する⼈物になることを確信して。

窓の外を⾒ると、雪に覆われた美しい街がすぐに近づいてくるのが⾒えた。

 



 

城を囲む⾼い壁は雪で形成されていた。

これらの頑丈で機能的な防御構造は、野蛮⼈との数え切れないほどの戦いの街の歴史の証拠。

デジールたちは、美しい景⾊で有名な街、ここに滞在することにした。

旅館での軽い⼣⾷の後、今回の使命について簡単に説明する。

「野蛮⼈は⼭に住んでいます。ここから窓の外に⾒えるカルカルスに」

雪に覆われた⼭は、訪問者や外国⼈にとって⾮常に過酷であり、その⼤きさの点で他の国と⽐較することさえできるほど⼗分に大きかった。

カルカルス山は常に頂上近くで吹雪のような状態に巻き込まれ、地形は⾮常に険しかった。

公共の安全を維持するために、旅⾏者は⼊場を禁じられている。

デジールたちには時間がない。

そのルートが危険である可能性があることを知っていたが、彼らは急がなければいけなかった。

「理由により、この⼭への⽴ち⼊りは禁⽌されています。この⼭は未知の危険に満ちています。登るときは注意が必要です」

デジールは⼭についてできるだけ多くのことを共有しようとし、警告を出してこの会話を終了した。

 



 

第6級相当のホムンクルスとは・・・。

影の世界で戦ったホムンクルスは第2級。

彼女がアウターの最終兵器なのでしょう。

帰還者の魔法は特別です【168話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は168話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...