帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【166話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は166をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

166話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【165話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は165話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アデニアの北部平原

アデニアの北部平原。

⼤陸で最も広⼤な平原の1つで、2つのグループが互いに向かい合っている。

⼀⽅の部隊の中では、7つの異なる旗が誇らしげに掲げられていた。

アデニア、ディバイド、⻄王国からの軍隊とヘブリオン帝国からの軍隊が戦場の同じ側に。

これは、史上最⼤の合力。

そして、戦場の反対側に不規則に並んだ彼らに反対するグループは、アウターだった。

その中には、巨⼤な怪物兵⼠や違法な実験の産物であるキメラも存在している。

連合軍がアウターを簡単に敗⾛させることができた最⼤の理由。

それは、彼らの軍隊間の結束とリーダーシップの⽋如。

アウターの個々のスキルがどれほど優れていたとしても、⾼度に訓練された軍事⼒には敵わない。

しかし、アウターは諦めなかった。

追い詰められた後、彼らはついに団結し、彼らの違いを脇に置く。

さらに、彼らは指揮系統を確⽴し、⼩競り合いで戦略と戦術を実⾏し始めていた。

当初、連合軍を圧倒的に⽀持していた戦闘の流れは膠着状態に陥ることに。

安定した降雪が平原を覆い、戦場全体に滑らかな冬のコートを残す。

膠着状態はほぼ2か⽉間続いた。

連合軍側から、豊かで壮⼤なトランペットが鳴り響き、戦闘の開始を告げる。

連合軍の最前線が動き始めた。

彼らはすぐに全速⼒で前進し続ける。

そして彼らの敵である部外者も動いた。

地⾯が揺れた。

両軍が互いに全速⼒で駆けつける。

彼らは少しも減速しないまま衝突した。

そして・・・。

2つの巨⼤な波が出会い、すぐに混ざり始める。

叫び声、兵⼠同⼠の決闘の⾳、そしてたくさんの悲鳴と死の叫びが平原を埋め尽くした。

彼らは敵を殺すつもりで武器を振るう。

中途半端な措置は許されなかった。

「ああああああああああああああああああああああああああ!」

戦いの最も激しい部分の中⼼で、圧倒的なスペースを確保する部隊。

それはアデニアのエリート騎士団。

彼らは迫り来るアウターを効果的に撃退した。

戦いは熾烈だった。

しかし、アウターも負けていない。

彼らは槍で殴られて刺されたときでさえ、後退することを拒否した。

アデニア軍の⼀部がすぐに崩壊し、⾚い⾎が雪の上にたっぷりと振りかけられる。

⾎に染まったアウターたちは、アデニアの兵⼠たちに地獄のように微笑んだ。

連合軍のこの最前線を指揮していた兵⼠のルパンは、近くの槍を掴む。

彼は恐れていたが、後退することはできなかった。

彼らが倒れた場合、彼らの形成は崩壊し、彼らの中⼼的な指揮は絶滅することさえあり得るから。

突然、⼤きな⾳が戦場のすべての⾳をかき消す。

ルパンの視線は空に向かって引っ張られた。

上空には何⼗もの光が描かれている。

それは両側の魔術師軍からの砲兵魔法。

魔法の覇権をめぐる戦い。

しかし、その中で特に際立つものが。

普通の魔法とは違い、特別な魔法。

空が暗くなり、⽕花が無差別に空から降り注いだ。

暗い空は、閃光によってすぐに再び⽩く染まる。

アウターの真っ只中に巨⼤な落雷が襲った。

強⼤な電気の流れは、道のすべてを燃やす。

それは一発で終わらなかった。

ドラゴンの轟⾳のように、⽿をつんざくような爆⾵が広⼤な平原に響き渡る。

もう⼀度、巨⼤な落雷がアウターに降り注いだ。

数え切れないほどの⼈々が悲鳴を上げる機会もなく即死する。

無⼒な⾒物⼈であるルパンは、これが神罰であるかのように感じたのだ。

彼らは無力だった。

連合軍は戦場で⼤規模なアドバンテージを得る。

最終的に、アウターはなんとか魔法使いを動員して対応できたが、それはすでに⼿遅れだった。

戦況は1つの呪⽂で完全に変化する。

このレベルの魔法を呼び出すことができる魔法使いは⼤陸にほとんどいない。

 



 

  • 最強の魔術師

「ジョード・エグザリオン・・・」

誰かが低い声で呟いた⼀⼈の男の名前が、⼭⽕のように連合軍に広まった。

「彼は偉⼤な賢者です!」

「魔塔主であるジョード・エグザリオンが私たちと共にいるぞ!」

ジョードの名前だけで、連合軍の⼠気は高まった。

⼤陸で最強の魔術師が背中を守っていたことを知り、疲れていた兵⼠は無敵だと感じる。

「おお!」

戦いの叫び声が空を横切って鳴り響いた。

ルパンは槍を近くのアウターの⾸に突き刺す。

アウターは徐々に押し戻されていた。

巨⼤なモンスター軍でさえ、彼らの⼒を適切に発揮することができずに倒れる。

ルパンは確信を持って叫んだ。

「勝てる!」

ジョードの⼒は、平均的な魔術師の常識を完全に超えていた。

彼の一つの力を相殺するために、数人の上級魔術師を動員する必要があるのだから。

アウターはこれに気づき、尻尾を向けて逃げ出す。

「・・・!」

その瞬間、連合軍は旗を掲げた。

これは追跡を与える合図。

ここがアウターの墓になる。

⻑い戦争に終⽌符を打つでしょう。

連合軍の編成中に突然の爆発が発⽣した。

それは、古い魔法の⼤砲とは異なる。

一体何だ?

その質問がさらに熟考される前に、2回⽬の爆発が続く。

状況は再び逆転した。

連合軍の形成が崩壊し始める。

連合軍は時間内に対応することができませんでした。

「何が?」

⾮常に堅固だったアデニアの防御は崩壊した。

ルパンは同僚が死ぬのを⾒るしか出来なかった。

彼は何もできなかった。

⼤きな無⼒感が彼を圧倒する。

それが彼の場所に急速に近づいたとき、何かが彼の⽬にとまった。

ルパンの意識はそこで途絶えた。

 



 

  • 超越的な存在

戦争の状況は、コミュニケーション魔法を通じて、それぞれの国にいる司令官に直接伝えられていた。

ジョード・エグザリオンが戦闘に加わったことで、連合軍に有利な戦闘が徐々に流れている。

勝利は目前だった。

[アデニア、ファランクス師団の50パーセントは戦闘準備ができていません]

最初は、それがほんの⼩さな犠牲だと思って、誰も真剣に受け⽌めていなかった。

しかし、それはほんの始まりに過ぎない。

[レムトンの不死⿃騎⼠団が全滅した]

[第3軍司令官が死んだ]

それは彼らの損失を詳述する報告の急増。

ある種の未知の物体が現れ、兵⼠と連合軍の隊形を虐殺していたのだ。

ジョードは不快で舌打ちをする。

連合軍の対応をコントロールできない。

複数の命令システムが混乱し、発⽣する災害に迅速に対応できないでいた。

⻄王国とヘブリオン帝国の連合は前例のないもの。

そのため、彼らの組み合わされた命令システムは不完全だった。

[全員落ち着け]

厳粛な声が状況を⽀配する。

ジョードはその声を知っていた。

彼はアデニア王国の王⽴騎⼠団⻑。

豊富な経験を持ち、⾮常に有能だったため、かつては⻄王国連合で最もエリートな部隊であるアバロン軍の最⾼司令官を務めていた。

[私たちの最優先事項は、兵⼠へのさらなる被害を防ぐこと。すべての部隊はアウターの追跡をやめるべきだ]

これまでよりも遥かに状況は改善された。

ジョードは、⾃分の⼿で問題を解決することを決意する。

「この速度・・・、反射神経を⾼める能⼒を備えたキメラである可能性が⾮常に⾼いな」

それがアウターの秘密兵器であるに違いないと感じた。

コミュニケーション魔法を介してメッセージを受け取る。

[未確認の物体が、突然戦場を去った!]

ほんの⼀瞬だったが、敵が軌道を変えて、ジョードに向かってる。

彼の近くの兵⼠たちは即死。

ジョードは何とか展開した防御魔法による衝撃に耐えることができた。

かなりの量のマナが消費されており、敵の攻撃がいかに⾺⿅げているかを⽰している。

地⾯に積もった雪は、遠くまで⾶んでいた。

その代わりに、吹雪の中を⾶んでいる⼥の⼦がいる。

雪のような⽩い髪と、気がかりなほど恐ろしい銀の⽬を持つ女の子。

深淵に通じる2つの扉のように、死んだ⿂のような瞳には何も浮かんでいなかった。

彼⼥はゆっくりと⽴ち上がってジョードを⾒つめる。

「あなたは⼈間ではないな」

⼈間のように⾒えるが、⼈間性の痕跡が感じられない。

本能的に理解した。

目の前の存在がこれまで無数の兵⼠の虐殺の原因であったことは議論の余地のない事実であることを知る。

それは超越的な存在感を放っていた。

 



 

最後に出てきた敵の正体は?

果たしてジョードは無事なのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【167話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は167話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...