帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【165話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は165をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 




 

165話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【164話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は164話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ケイの願い

ケイの野望は馬鹿げていた。

「そんなことは不可能なはず・・・」

デジールはそう考えたが、内心では実際に可能かもしれないと感じていた。

「この力を操作して因果関係を操作すれば不可能ではありません」

ケイはホムンクルスを⾒る。

「今のところ、ホムンクルス⾃体で因果関係の⼒を利⽤することしかできませんが、代わりに外部ターゲットでその⼒を利⽤することができれば、それは⼗分に可能になります」

ケイの計画を聞いて、デジールは恐怖に震える。

世界から魔法の存在を消去することの影響は、あまり深く考える必要なしに簡単に予測できたから。

それはシャドウラビリンスの到着と同じくらい多くの混乱を引き起こすでしょう。

「そのような能⼒を持っていても、因果関係を適切に制御できるという保証はありません」

「知っています。恐らく、それは不可能な願いでしょう。それを追求するために⼀⽣を捧げたとしても、達成できない何か。しかし、それが実現する可能性さえあれば、私は諦められないのです」

ロマンティカが甲⾼い声に上げた。

「魔法を取り除くと、魔法に基づく社会はすべて崩壊します!あらゆる種類の混乱が起こるでしょう!そして、魔法なしで影の世界をクリアすることをどのように計画しているのですか!?」

「私の兵士たちが、魔法がなくても⼤丈夫であるという⼗分な証拠です。実際、私の部下は、エリートであるレッドローズとの戦いに勝ったのですから」

ロマンティカは眉をひそめた。

ケイが⾔ったように、彼の部隊はレッドローズに対して押し戻されたことは⼀度もないのだから。

「それでも、その⼒を利⽤できれば、それを使⽤するためのより良い⽅法がたくさんあります。たとえば、影の世界を取り除くなど・・・」

ケイは⾸を横に振った。

「影の世界は⼈類の団結に必要な要素。私が欲しいのは、選ばれた少数の⼈だけが世界から享受している特権を取り除くことです。こがそれを達成するための最良の⽅法です。」

圭は確固たる意志を⽰すかのように姿勢を変えた。

デジールはケイを気の毒に思いました。

彼もこの時点でそれ以上の会話は不要であると判断しました。

ソードグランドマスターのケイ・ハジュマリュンは、このイベントに⻑い間準備していたはずだが、現代に魔法がまだ存在しているという事実は、彼の計画が最終的に失敗したことを意味している。

この影の世界では、彼の計画が成功の危機に瀕していたにもかかわらず、デジールの関与は預⾔者を⼤いに弱体化させた。

しかし、ここはただの仮想世界。

英雄が間違った道を進んでいたとしても、それらを修正しようとしても無駄。

今重要だったのは避けられない戦いという事実だけ。

ケイがホムンクルスを諦めるつもりはなかったので、彼が力を取り戻す前にこれ以上時間を伸ばすのは危険だと判断する。

デジールは彼に宣言した。

「私はどんな犠牲を払ってもあなたを⽌めます」

「・・・それならば、私はあなたを敵だと認識します」

 



 

  • 膠着状態

この短い時間で、ケイは少し回復したが、それでも彼の最高の状態には程遠い。

ケイは空気を数回切り裂き、オーラを空気中に集め、最終的に花の形を形成した。

それは彼の切り札。

信じられないほど繊細で洗練されていながら、圧倒的な力。

それは攻撃にも防御にも効果的。

魔法使いからの爆撃を防御する上で重要な役割を果たしており、⾄近距離で効果を維持しながら、即座に展開することができる。

この純粋な剣術の花は、⾒た⽬が美しいだけではない。

それらは触れたものを無差別に細断する。

プラムとアゼストは少しも躊躇うことなくケイに攻撃を仕掛ける。

彼らの攻撃は、剣の花の前に防がれる。

⾎が床に⾶び散った。

ケイのオーラは再び燃え上がり、剣の花を何倍にも研ぎ澄ます。

彼はデジールを狙っていた。

「私はあなたが来ることを期待していた」

ケイがどんなに強くても、対処しなければならない選択肢の数は限られている。

彼ができる唯⼀の戦略は、⼀⼈ずつ対処しようとすることのみ。

そう予測していたデジールは、魔法の呪⽂を呼び出すことにすべての努⼒と時間を費やしていた。

不吉な笑顔がケイの顔に忍び寄る。

相⼿の計画を予測しようとしたのはデジールだけではない。

ケイの⽣涯の経験は、最終的にソードグランドマスターの⾼尚な地位に到達することに⾄り、シャドウラビリンスでのデジールの経験と⽐較して決して不⾜していなかった。

デジールの魔法をすでに数回確認したケイは、⽬の前に⾒える呪⽂配列から準備時間、呪⽂の範囲、呪⽂の⼒を推定し終えていた。

ケイは、攻撃範囲外に移動する。

しかし、彼は何か違和感を感じた。

(呪文を止めない?)

デジールは優れた魔術師。

ケイの危険本能が発動し、彼は咄嗟に防御体制に入る。

デジールが狙っていたのがホムンクルスだと気づいたから。

ケイは、⾃分の意志で攻撃範囲に戻る。

[炎の嵐]

デジールの全力攻撃。

すべての暗闇を取り除き、周囲を多数の深紅⾊の⾊合いで塗り尽くす。

ケイは迫り来る炎の嵐を一身に受けた。

魔法を完全にブロックすることができず、全⾝に⽕傷を負う。

しかし、そのような傷ついた体でも、彼は剣を落とさなかった。

ケイはまだ諦めていない。

彼はデジールに向かって⼀歩を踏み出す。

デジールには、もう反撃する力は残っていなかった。

超凝縮した⾵の弾丸をケイは剣で弾き返す。

「ちっ」

ロマンティカは舌打ちをして悔しがる。

それでも、状況はデジールたちに有利。

ケイは自分が狙われているのと同時に、ホムンクルスも狙われていることを理解していた。

ホムンクルスが破壊されれば、彼の計画は失敗するでしょう。

 



 

  • デジールの狙い

しかし、膠着状態は長くは続かなかった。

突然、周囲が騒がしくなる。

デジールは意気揚々と宣⾔した。

「あなたの負けです」

しばらくして現れたのは、⻘いバラの模様が描かれたマントを着た多くの魔術師たち。

彼らはケイとデジールたちを取り囲んだ。

「・・・あなたはこれを狙っていたのか」

ケイの声が怒りに震える。

現在の状態ではブルーローズと戦うのは自殺行為。

ホムンクルスを守ることも不可能だろう。

彼はホムンクルスを⼿に⼊れるチャンスは⼆度とない。

ケイは、この状況に直⾯して、すべての正気を失うだろうと感じた。

ブルーローズの指揮官が現れる。

彼はケイを上下にちらっと⾒た後、何かを取り出してケイに投げつけた。

それはペネン少尉の頭。

痛みで歪み、目は開いたまま縫われている。

ケイは震える声で話す。

「レルゲン司令官・・・、ここまでする必要だあったのですか?」

「これは反政府勢⼒の運命です。⼼配しないでください。あなたはすぐに自分の部下の⾜跡を辿るでしょうから」

それが決定的な瞬間となる。

ケイは、部下の悲劇的な死を⾒て正気を保つことができなくなった。

の怒りは、すぐに部下を残酷に殺害したレルゲンに降りかかる。

ブルーローズはケイだけを狙っていた。

彼がここで最⼤の脅威として認識されていたため。

その結果、プラムに⽬を光らせている⼈は誰もいなかった。

ケイは残りのエネルギーをすべて刃に注ぎ、ブルーローズの指揮官であるレルゲンに向ける。

自分を狙った魔法はすべて空中で切り裂く。

常識を超えたスピードで跳躍したケイは、⼀瞬でレルゲンの頭を切り落とした。

レルゲンは悲鳴を上げることすら出来なかった。

しかし、ケイの活躍はここまで。

彼は完全にエネルギーを使い果たしていた。

数え切れないほどの呪⽂がケイの体を突き刺す直前に、プラムが⾶び出し、⼀撃で頭を取り除いた。

それは、彼が仲間の剣⼠に与えることができた最⼤の礼儀。

[あなたはホムンクルスの将来の製造をすべて阻⽌しました。あなたはこの陰謀に関係するすべての⾸謀者を取り除きました。ホムンクルスの研究は、暗闇の中で多くの混乱を引き起こし、歴史に記録されていません]

[⼀連の隠されたクエストをクリアしました]

 



 

クエストはクリアしましたが、最後は後味の悪い終わり方でしたね。

影の世界ですから、登場人物は全員が仮想人物ですが、それでもやり切れません・・・。

それでも第3級をクリアしたデジールたちの今後の活動は大きく広がるのではないでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【166話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は166話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...